プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。
登山アイテムを探すなら

夕暮れのシーサイドラインドライブ

ちょっと月日は遡りますが、先月の11日の夕方にまた海沿いをドライブ、その時にまたデジカメで車載動画の方も撮ってみました。
動画の走行ルートは野積橋交差点からシーサイドラインを新潟市方面へ走り、角田浜の角田岬灯台の麓の駐車場まで。
そしてこの日は天気も良く(動画の中盤くらいでは少し雨がぱらつきますが)、途中の田ノ浦海岸の駐車場では水平線に沈む夕日も動画で撮影する事ができました。
よろしかったらご覧ください。




なお、動画のゴール地点となっている角田岬灯台は角田山登山道「灯台コース」の登山口でもありますが、機会があればもう少し明るい時間帯に撮り直して登山口と駐車場の紹介記事としても書けたらなと思っています。


[PR]


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

燕三条系背油醤油ラーメン

先日、友人達とラーメンを食べに行こうという事に。

新潟県の真ん中辺り、燕市や三条市でラーメンというと背脂のたっぷり入ったスープに太めの麺の醤油ラーメン(中華そば)がメジャーですが、今回はそんな背脂系のラーメン屋へ行ってきました。

背脂系ラーメンは好物でありつつも食べるのは結構久しぶりだったので普段は普通盛りの所をこの日は大盛り、そして背油増量の”大油”での注文にしました。

そして来たラーメンがこちら。
背脂に隠れて麺が見えません(笑)

背脂に馴染みがないとこの見た目に驚かれるかもしれませんが、背脂のコクや甘みがスープと合わさってとても美味しいのです。
という事で普段は普通盛りしか食べない自分も大盛りをペロリと完食。
スープまでしっかりと飲み干してしまいました。
ウマかった!!

しかし…背脂系ラーメンをガッツリ食べる友人達にも「この油の量のスープはなかなか全部は飲まない」なんて言われて自分でもちょっとやり過ぎたかなと思ったり(笑)
そのせいか家に帰ってしばらくしてから油酔い(?)のようになってしまったのか気分が少し悪くなってしまいました。
う~ん、個人的には「ラーメンはスープまで飲み干す」がポリシーだけど、このラーメンではやっぱりやり過ぎだったか…f(^-^;)
大盛り大油に限ってはポリシーを曲げる必要があるかもしれません。
でもウマいんだよなぁ…(笑)

という事で、そんな出来事もありましたが今後も懲りずに美味い背脂ラーメンを食べに行きたいと思います。
そして背脂系はカロリー的にも結構なものだと思うので、食べた分を落とす為にもまた色んな山に登りに行きたいと思います(笑)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:今日の出来事 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

国上山 登山口・駐車場までのルートと道路状況

前回の「2017年4月2日 国上山 登山 国上寺登山口~蛇崩」の時にまた、国上山の中腹にある国上山登山のベースとなる国上ビジターサービスセンターまでの車載動画を撮影してみました。

撮影ルートは、県道2号線を燕・分水方面から野積・寺泊方面に進み、青い道路標識の”国上寺・五合庵”を目印に交差点を曲がって国上山の山道へと入っていき、ビジターサービスセンターまでとなっています。
主にこれから国上山に登ってみようかなと思われた方の参考にでもなれば幸いです。
国上山の山道に入ると道路幅が所々で狭くなったり広くなったりするので注意が必要です。


なお、国上山から弥彦山や角田山方面に縦走登山などで長時間車を停める場合はビジターセンターの駐車場ではなく少し下の”第三駐車場”に停めて下さいとの指定があるようですが、今回は自分がまだ第三駐車場の場所をはっきりと認識していなかったので動画の中では触れませんでした。
何となく「ここかな?」って場所は分かっているので、今度また国上山に行った時にでも確認が取れたら改めて編集したいと思います。


[PR]


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS: