プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。
登山アイテムを探すなら

護摩堂山 登山口・駐車場までのルートと道路状況

前回の「菩提寺山 石油の里コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」と同じ日、石油の里でウォーキングガイドを入手したあとは方角的にも近かった事と、お楽しみ会のメンバーと久しぶりに登山しようという話が出ていてそれの候補地が護摩堂山だった事から登山口の状況の確認も兼ねて田上町の護摩堂山の登山口・駐車場まで行き、ついでにこちらの車載動画も撮ってきました。

動画の走行ルートは国道403号線を新潟市・旧新津市方面から加茂市・三条市方面へ向かい、「湯っ多里館」や「護摩堂山あじさい園」の案内板のある交差点で左折し護摩堂山駐車場へ。
その後は護摩堂山からスタートしてもう一つのルートの県道55号線を走り国道403号線へと戻るルートでも走行しました。
主にこれから護摩堂山に登ってみようかなと思われた方の参考にでもなれば幸いです。
日帰り温泉の湯っ多里館側から向かう場合は、ナビがあれば間違う事は無いと思いますが、そうでなく本当に初めてだと一部見落としてしまいそうな交差点があり、また、湯っ多里館側・県道55号線側どちらにも一部道幅の狭い区間を走らないといけない場所があるので注意が必要です。







護摩堂山登山口。

この日は午後5時を回った頃だったのでもうすっかり駐車場も人気もガラガラでした。
ちょっと登りたい気もしましたがすぐに暗くなるしまたお楽しみ会メンバーとの登山までお預け(笑)
雪の状態や登山道のぬかるみ具合が気になっていましたがここだけ見た感じではあまり酷くはなさそうかな。





登山口の左手には「無料休憩所」と書かれた小屋。

今まで3度護摩堂山に登っていますが、そういえば入った事は無かったなぁ。





という事で中もチェックしてみました。

中はイスとテーブルに灰皿があるだけのシンプルな感じでした。
登山で山から下りてきた時はすぐに車に乗っちゃいそうなのであまり使う事は無さそうかな?
護摩堂山でイベントがある時なんかは活躍するのかもしれませんね。





そして駐車場の奥にはトイレ。

水洗式、外には真ん中辺りに靴を洗える水道がありブラシも用意されています。

そんな感じで登山口と道路状況をチェックしつつ次の登山に向けての準備をした日でした。


[PR]


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

菩提寺山 石油の里コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

先日また少し時間のできた日、山に登るほどの時間はないけどどこか出掛けたいな~と思い、先日菩提寺山に登った時に山の麓にある「里山ビジターセンター」でトレッキングガイド的なものを入手できなかったのでそれをゲットしに行こうという事で出掛けてきました。

そしてせっかく菩提寺山の登山口や駐車場の付近に行くという事で、この時も登山口や駐車場までのルートの車載動画を撮影してきました。
動画の走行ルートは、秋葉区の県道41号線を加茂・田上方面から新潟市方面へ向かい、兎谷交差点を右折して石油の里へ向かい、里山ビジターセンターの駐車場までとなっています。
主にこれから菩提寺山に登ってみようかなと思われた方の参考にでもなれば幸いです。






そして前回立ち寄る事ができなかった里山ビジターセンター。

この日も少し遅い時間になってしまい、閉館時間が午後5時の所を4時半くらいに到着となってしまったのであまり細かく見る事はできませんでしたが、館内には山の模型に新津丘陵の説明文を添えたものや山に関するものの紹介パネル、売店コーナーなどもあるようでした。
今度また時間のある時にゆっくり見てみたいですね。





そして今回の主目的だったウォーキングマップをゲット。

こちらは入口を入って左手のご自由にお持ち下さい的なチラシコーナーにあったので無料でゲットする事ができました。
今回貰ったのは三種類。
一番メインのウォーキングマップはA2サイズを折りたたんだ大きさの地図で、木漏れ日の遊歩道・菩提寺山・高立山・護摩堂山のルートマップとなっていました。
次に「緑の回廊 にいつ丘陵の森にようこそ!」と書かれたパンフ、これもA2サイズを折りたたんだ大きさの紙でこちらはにいつ丘陵に生息している鳥や昆虫・植物を写真を添えて紹介したものとなっていました。
そして三つ目がA4サイズの菩提寺山と木漏れ日の森の簡易的なルートマップです。

これを見ながらまたこっちの方の山を歩くのも楽しくなりそうです。


[PR]


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

角田山 浦浜コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

こちらも前記事「2017年3月12日 角田山 登山 福井ほたるの里コース」と同じ日になりますが、登山から下りて来たあとは暗くなるまでもう少し時間があったので角田山 浦浜コース登山口・駐車場までの道中の車載動画も撮ってみました。
今回通ったルートは寺泊・間瀬方面から国道402号線を通り、五ヶ峠コースへ続く小道から浦浜登山口へ。
その後はもう一つの浦浜駐車場から国道402号線へと出るコースで走行しました。
主にこれから角田山に登ってみようかなと思われた方の参考にでもなれば幸いです。
浦浜コース登山口・駐車場付近は車同士のすれ違いが困難なほど細い道になっていますので走行の際はご注意下さい。






おまけ。
浦浜コース道路チェックを終えたあとは近くの五ヶ浜海岸に寄り道しました。

海の向こうには佐渡ヶ島のシルエットが綺麗に見えました。





夕日は空の低い所に立ち込めた雲によって見る事はできませんでしたが、ちょうど陽が沈んだ辺りを見たら船が浮いているようでした。

これ、綺麗に晴れた日にちょうど太陽と船が重なるように撮れてたらシャッターチャンスだったかもしれませんね。





陽の沈んだ夕空をもう一枚。

登山から夕景まで楽しめたいい一日でした。


[PR]


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS: