プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

弥彦山から寺泊花火を見る 2017

2017年8月7日
この日は寺泊で花火が上がる日でした。

去年弥彦山から見た寺泊花火がなかなかいい感じだったので今年もまた弥彦山の頂上から寺泊の花火を見る事に。

そしてせっかくなので今回は一緒に登山したり遊んだりの”お楽しみ会”のメンバーにも行かないかと声を掛けてみると生憎都合のつかないメンバーが多かったもののYさんとMちゃんが参加する事になりこの日は三人で弥彦山から見る寺泊花火へと行ってきました。

当日、花火の始まる時間は19時30分からでしたが、この日は平日だった事もありみんなの都合も考えて20時前に集合。
道の駅国上を集合場所にして少し早めに着いてみんなを待つ事にし、その間にちょこっと足湯の方を覗いてみると、

先日試用期間だった冷やし足湯が期間延長されてました。
8月いっぱいまでは冷やし足湯となりますが、最高気温が28℃に達さない日は普通の温かい足湯になるようです。
先日の試用期間中には入れなかったので今度は来てみようかな、なんて思いつつ集合時間が迫っていたのでこの日も入らずじまいでした。

そして参加メンバーが集まったところで弥彦山へ向けて出発。
弥彦側の弥彦スカイライン入り口はまだ土砂崩れによる通行止めが続いていたので海側の野積の方から弥彦スカイラインを登りました。

弥彦スカイラインの途中にあり寺泊側の景色が見る事ができる「グライダー基地」は去年は花火を見る人や車でいっぱいでしたが、今年は平日に加え弥彦側スカイライン入り口の通行止めもあってもしかすると人も少ないかも、少なかったら頂上まで行かなくてもこっちでいいかな、という話になりましたが、いざグライダー基地の所まで来てみると…今年も車や人でいっぱい。
むしろ去年は見なかった路上駐車まで出てたので去年より多かったかも!?
という事で自分たちは予定通り弥彦山の頂上まで行く事となりました(笑)

弥彦山頂駐車場に着いてそこからは20~30分程の徒歩。
真っ暗な山道を他のメンバーをナビゲートしながら行く事になりましたが、ヘッドライトとランタン型ライトの二つを使う事で充分に視界を確保しながら登る事ができました。
これなら夜間登山する事があっても大丈夫そうかな、という確認もできたように思いますね。
もちろんその場合は”自分一人の視界を確保するには”という条件付きになりそうですが。

そして弥彦山頂の御神廟のある展望台に到着するとそこには人が3人。
去年は2人だったので一人増えた(笑)なんて思いながらカメラをセットして花火鑑賞と撮影スタート。

一番視界の開けているいい所は先客の3人が居たので何とか花火の見える場所で撮影。
やはり遅く行くと場所取りは不利になりますねf(^-^;)





ネットで確認できる花火の打ち上げ時間だと21時までとなっていたせいか、その頃になると二人の方が片付けを始めて帰っていかれ、いい場所に移動する事ができました。
寺泊花火は去年・一昨年と21時を過ぎても花火が上がった経験があったのでまだ上がるだろうと踏んでしばらく待っているとやはりまた花火が上がり始めました。よっしゃ♪

三尺玉らしき花火2連発の一発目。





2発目。

う~ん、一番綺麗なタイミングは外してしまったかf(^-^;)
しかし大きさはやはり凄いものですね。





そしてラストの花火。



















そしてこの花火が終わると打ち上がっていた辺りにポツポツと明かりが点き、花火の終わりを迎えました。
打ち上げ時間の後半に到着だったのでちょっと短い時間でしたが、それでも結構いい花火を見れたように思いますね。





その後は少し時間を貰って夜景撮影タイム。

花火の上がっていた寺泊や柏崎方面。





国上山・旧分水町・長岡市方面。






この日は薄曇りながら月も出ていたので木の無いところでは月明りも山歩きのサポートをしてくれました。

肉眼では分かりませんでしたが、陸の向こう側には守門岳と思われる山の姿も写す事ができました。





こちらは多宝山と新潟市方面の夜景。

昼も夜もここの景色は好きです。





頂上手前の鳥居の前から越後平野の景色。

すぐ手前の明るい光は弥彦競輪場かと思われます。

といった感じで2017年の寺泊花火でした。
一緒に来た2人のメンバーも山の上から見る花火、そして弥彦山頂からの夜景は初めてだったようで「来て良かった」と言ってもらえたのでこちらとしても誘って良かったですね(^-^)


[PR]
“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

弥彦山 弥彦山頂大平園地から三条花火を見る

前回の「2017年8月5日 弥彦山 登山 表参道コース」と同じ日、午後からの弥彦山登山を終えたあとは夜に開催される三条市の花火を見ようと思っていました。

去年の三条花火は弥彦山の山頂である御神廟のある展望台から見ましたが、今年はもうひとつ弥彦山の”弥彦山頂大平園地”でも花火が見れるかなと気になっていたのでそちらに行ってみる事にしました。

○で囲んだ部分、弥彦ロープウェイ乗り場と多宝山の間にある開けた小高い山が弥彦山頂大平園地です。





という事で登山を終えた弥彦山の駐車場を出発し、弥彦スカイラインを車で登って再度弥彦山の上へ。
ちなみにこの日は7月の中旬にあった豪雨による土砂崩れの影響で弥彦側のスカイライン入口は通行止めとなっていました。

ネットで事前に情報を集めたところでは弥彦山の西の野積側からと北の間瀬側は通行止めが解除になっているようだったのでこの日は山をぐるりと迂回して野積側から弥彦スカイラインを登りました。





花火の開始時間を回った頃に山頂の駐車スペースに到着すると、車を下りてすぐ目の前に三条市側の景色が見える場所には既に数台の車と花火を見ている人の影が。
それを横目に車を降り石階段を登って大平園地へと到着するとそこには先客はナシ。
後から一組のカップルが登ってきましたがこの日はそれ以外にここまで来る人はありませんでした。
意外と穴場かも?

まずは肉眼で見たのとカメラを通して見た時の被写体の大きさが近くなる55mmで撮影した三条花火。
ちょっと距離があるので迫力も小さめですが、「夜景の中に上がる花火」としてはなかなかいい感じではないでしょうか。





カメラにはズームで頑張ってもらいます。

花火の右下には国道8号線の三条大橋も伺えます。





以下花火の写真を何枚か。

























この日は風が結構あって、望遠レンズを使っているとカメラが揺れた時のブレも大きくなるのでなかなか苦戦しましたがこんな感じで。





24mmで撮った大平園地からの夜景を一枚。

去年花火を見た御神廟の展望台は駐車場から20~30分歩かないとでしたがこちらは5分ほどで着くし、御神廟の展望台よりも左右が開けていて夜景もワイドに見えるので、弥彦山から三条花火を見る場合ははここの方がおススメかもしれません。





最後に弥彦山山頂方面の景色を1枚。
ちなみにアンテナの形から考えると左2本のアンテナの中間くらいが御神廟のある弥彦山頂になりますね。

そしてこちらの弥彦山頂大平園地、風のある日の場合は海側からの風が強く、長時間じっとしていると夏でも少し肌寒さを感じるくらいになったので花火や夜景を見る場合は上着などを用意しておいた方がいいですね。

そんな感じで弥彦山頂大平園地から見る三条花火でした。



[PR]



↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

2017年8月5日 弥彦山 登山 表参道コース

2017年8月5日
しばらく悪天候や他の用事が入ったりでなかなか山に行く事ができない日が続いていましたが、この日は久しぶりに天気も良くなり予定も入らずで山へ行く事ができました。

久しぶりの登山でどこの山に行こうかな、新しい山にも挑戦してみたいな、という気もありましたが、前回の登山から少し間が開いてしまったのと、このところの猛暑日もあってとりあえず足慣らしも兼ねて登り慣れた弥彦山の表参道コースへと行ってきました。

この日も午後からの登山。
しかしこの日は夜に弥彦でやりたい事もあったので今回ばかりは計画的な午後登山でした(笑)

という事で15時過ぎに弥彦神社の競輪第一駐車場に到着。
この日も暑い日だったせいか停まっている車の数は少な目な感じでした。





準備を整え駐車場を出発し、この日は登る前の神社の参拝は省略して直接登山道に向かう事に。
その途中で通った小道の途中に弓道場があり実際に矢を射っている姿を見る事ができました。

生で弓道を見るのは初めてだったので少し興味があり見ていきたい衝動にも駆られましたが、さすがにこれ以上登山の時間が遅くなると後の予定にも響くので名残惜しさを残しつつ登山口へと進みました。




途中、弥彦神社本殿横のロープウェイ乗り場までの送迎バス待ち場を通った時に、ガイド(?)のお姉さんに「いってらっしゃいませ~」と声を掛けられたりしながら登山口へ到着。
そんなん言われたの今回が初めてだったのでちょっと動揺してしまったぜ(笑)

なにはともあれここから登山スタートです。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS: