プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

OD缶ガス詰め替えアダプター レビュー

登山をした時に、山の上でバーナーを使ってお湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、料理して温かいものを食べたりすると美味しいですね。
しかし何度も使っているとガスも消費し山に持っていくには微妙な感じに残った残量のガス缶も増えてきました。
このままでは場所も取るし捨てるのも微妙だし…とちょっと悩んでいたところ、Amazonを眺めていたらこんな商品があったので買ってみました。

【ガス詰め替えアダプター】アウトドア用ボンベのガスを詰め替える OD缶(T型ボンベ)対応


手前のガス缶の上に付いているものが現物になります。
今回はこれについてレビューしてみたいと思います。




販売はAmazonマーケットプレイスのブラウオンライン。
Amazonで深夜帯に注文し、明けの日中には発送通知があり、翌日には手元に届きました。

梱包・運送は日本郵便のレターパックライトで届きました。





内容物はアダプター本体と取扱説明書、納品書の3点。






アダプターをアップで。

アウトドア用品でよく見るOD缶同士を接続するアダプター。
カセットコンロなどに使うCB缶を接続するには別途そのためのアダプターが必要です。
こちらの商品は日本製との事で、仕上げの見た目なども綺麗ですね。
ゴムパッキンの交換やシリコンスプレーでの手入れもでき、使用方法も取扱説明書に細かく書かれていたので安心感があり長く使えそうです。





バルブを閉めた状態でガス缶とアダプターを接続し、バルブを開くと上の缶から下の缶へと液体ガスが流れる、という仕組み。

アダプターとガス缶を接続する時には少しプシュッと音がしてガスくさい臭いが漂ったので、作業は屋外や風通しのいい所でやった方が良さそうです。
ガス缶を接続してバルブを開ければガスの移行が始まりますが、上の缶はすぐに冷たく冷えたので上の缶を温めながら作業をした方が効率が良さそうです。
少しのガスを移すだけなら手で包んで温めてやるだけでも結構違うかと思いますね。





とりあえず、微妙に残っていたガス缶2つをひとつの缶に纏めてみました。

作業自体はとても簡単でしたね。
これで微妙に残っていたガスを無駄にする事なく余計な缶を捨てる事ができました。





そしてこちらのアダプターのもう一つの使い方としては、大きなガス缶を買って小さな缶に小分けにするという使い方も可能。

こうすれば小型のガスを何個も買うよりコストも安く、山に行く時にも嵩張らない小型の缶を常に満タンに近い状態で持っていく事が可能です。
※この使い方をするには、まず新品の小型ガスの重さを計っておいてそれをオーバーしないように充填する必要はありますが。




ただし注意点として、基本的にガスメーカー側としては再充填は禁止。

↑スノーピーク
↓イワタニ・プリムス

なので、自己責任での使用となります。
(自分の場合はバーナーも社外品なので元々自己責任ですがf(^-^;))

使ってみた感じとしては、正しく使えば特に問題なく使え、ガスもお得に使えるいい商品だなと思いました(^^)v
これでまた気兼ねなく山でたくさんコーヒーを飲んだり料理に挑戦したりできそうです。








↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

レギュラーガスとハイパワーガス

日に日に寒さが増してきて温かい食べ物・飲み物がおいしい季節になりましたね。

登山でもアウトドア用のガスバーナーなどで温かいものを摂れると嬉しいですが、そこで使用するガスにも選択を間違うといざという時に使えない、なんて事もあるようなので気を付けないといけません。

自分もこれからの時期に備えてハイパワーガスを買い足しました。
できれば最初に買ったスノーピークと同じメーカーのガスで揃えた方が分かり易かったと思いますが、近場のスポーツ用品店でスノーピークのハイパワーガスが売ってなかったのでプリムスにしました。
自分が使っているバーナーはブランド品ではない安物なので、使用は完全に自己責任になりますがメーカーを問わずガスを選べるのはちょっと楽な所です。


アウトドア用のガスの種類は大きく分けて「レギュラーガス」と「ハイパワーガス」の二つがあり、それぞれに配合されているガスの違いによって使用可能な条件が異なります。

レギュラーガスに使われるのは主に「ノルマルブタン」と「イソブタン」というガス。
ハイパワーガスには「プロパン」と「ノルマルブタン」または「イソブタン」というガスが使用されているようです。
(ガスの特性についてはスノーピークのhttps://store.snowpeak.co.jp/page/68こちらのページの「ガスの種類と特性」に目を通して頂けると分かりやすいかと思います。)

簡単にいうと、
・レギュラーガスは、コストは安いが秋冬や標高の高い山の上などの寒い所では気化しにくく火が点かない・点いても安定しない。
・ハイパワーガスは、寒い環境でも燃焼しやすいガスが配合されている。ちょっと高い。

という感じですね。


こちらはスノーピークのレギュラーガス。

イソブタンとノルマルブタン(液化ブタン)の混合ガス。
こちらのスノーピークのガスはレギュラーガスながらノルマルブタンより気化しやすいイソブタンが配合されているので多少の寒さには強そうですが、冬本番となるとやはり不安が残るところ。



こちらはプリムスのハイパワーガス。

プロパンとノルマルブタンの混合ガス。
気化しやすく-40℃でも着火できるプロパンガスが配合されているので寒い環境下でも使えるようです。

といったようにガスの特性に気を付けて、いざ使おうと思ったのに火が点かなかった!という事のないように楽しみたいですね。

レギュラーガスとハイパワーガスの使い分けは使用場所の気温が10℃を切るか切らないかが目安になるようです。

そして上の方でも少し触れましたが、ハイパワーガスはレギュラーガスよりちょっと値段が高いので、春や夏・低山はレギュラーガス、秋冬や標高の高い山はハイパワーガス、と使い分けるとコスト的にも抑えて楽しめるかもしれませんね。



各社レギュラーガス

※紹介している商品の内容量はそれぞれ異なりますのでご注意下さい。


各社ハイパワーガス

※紹介している商品の内容量はそれぞれ異なりますのでご注意下さい。

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:♪♪生活を楽しむ♪♪ | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

ランチケースをバーナーケースにしてみました

先日購入したアウトドア用バーナーの一式を纏めておける入れ物は無いかなと探していたら、100均のダイソーでちょうど良さそうなものを見つけたので買ってきてみました。

18.5cm×8cm×11cmほどの大きさのランチケースです。





こちらにバーナー、ガスカートリッジ、ステンレスマグカップの一式を入れてみました。

ガスカートリッジは容量110gの小型のもの、マグカップは100均の350mlのものですがマグカップの中にバーナーを入れれば丁度いい感じに収まってくれました。
内張りにはアルミの保温シートがある事で多少の厚みもありほんの少しだけ緩衝効果もありそうです。
材質も柔らかめなので角や余分な部分もクシャっと丸めてしまえばコンパクトになるのでリュックの中のスペース的にも少なく済みそうでなかなかいい感じでした。

専用のものでなくてもアイディア次第で使えるものが見つかると楽しいですね(^-^)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:アウトドア | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天