プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

リュックの内張の劣化

今年の7月に購入してお気に入りのリュック。
先日、登山から帰ってきて荷物の出し入れをしながらふとリュックのチェックもしたらリュックの一番天井にあたる部分の内張が破れている事に気づきました。

「そんな荒い使い方してた覚えも無いけどな~、やっぱ購入時2,000円もしなかった安リュックだからかな~」とちょっと凹みましたが機能的にはとても気に入っているこのリュック、何か補修方法はないかなと探していたら補修方法ではありませんがこの症状に似たものに辿り着きました。





「加水分解」というその症状。
カバンや衣類などに使われるポリウレタンコーティングや合皮といった人工皮革、またポリウレタンゴムを使用した靴のソールなどが水分と反応して劣化してしまうというものでした。
この症状、なにも安い品物だけに起こる訳ではなくポリウレタンを使った全てのものに起こる事のようですね。
「加水分解 カバン」などのキーワードで画像検索してみると某高級ブランドバッグで知られるGU〇CIのカバンでもボロボロになった画像が出てきてビックリしました。
劣化は素材が製造された時から始まり、空気中の水分や窒素酸化物、汗に含まれる塩分や紫外線などの影響も受け徐々に進んでいくそうです。

自分のリュックも登山中や登山を終えた時にはこの部分が背中の汗を吸ってビショビショになっていたので劣化が進んでしまったのかもしれません。
一応、登山から帰ってきた後にはリュックの口を開けたまま置いておいて乾燥しやすいようにはしていたつもりでしたがご覧の有様となってしまいました。





ちなみにこちらはウチで使っている別のカバンの内張ですが、劣化が進むとこんな風になってコーティングのカスがポロポロと落ちてくるようになります。
ネットで見た症状だと他に「臭う」「ベタベタになる」などもあるようですが、ウチのだとその辺はナシ。

しかしここまでになってしまうとコーティングを全て落としてしまうのも一つの手になりますね。
コーティングの落とし方は、ぬるま湯に重曹を溶かし、そこに鞄を一昼夜ほど漬け込んだ後にタワシやブラシで擦ると綺麗に落とせるようです。
今度やってみようかな。





リュックの方はそれほど症状は進んでいない、また補修方法も安く自分でできそうなのはあまり効果的なものがないようなので取りあえずはこのまま様子を見ながら使っていく事にしたいと思います。
改めて言いますが、機能面では本当に気に入っているので(笑)

劣化が進んでしまったらまたコーティング剥がしの方法を試してみるか、自分なりに内側に布を貼ってみるか、はたまた新しいリュックに買い替えかを考えてみたいと思います。
買い替えの際には今度はポリウレタンを使っていない製品を選ぶのも一つの選択肢になるかもしれませんね。






↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

新しいリュックを買いました

登山を始めるに当たってとりあえずは家にあった10~15ℓほどの適当なリュックを使っていましたが、もう少し余裕のある大きさのリュックが欲しいなと思っていました。

そして先日、某大型複合スーパーに買い物に行った時にちょこっと鞄コーナーを眺めてみたらリュックも色々あったので物色しているうちに気に入ったものが見つかって衝動買いしてしまいました。
それがこちら。

CLIMBING(クライミング)というメーカーのデイパック。
購入時の価格は1,706円(税込)という安定の安リュックです(笑)
カラーは何色かありましたが、好きな色だったのと万が一でも発見されやすそうという点でオレンジをチョイス。





CLIMBING、あまり聞き慣れないメーカーだったのでネットで検索してみましたがあまり情報が出てきませんねf(^-^;)

山の絵が描かれたロゴがついていました。




今まで使っていたリュックとの大きさの比較はこんな感じ。

こうしてみると気持~ち大きくなったかなといった感じですが、厚みの方で結構変わりました。
サイズ的にはℓ表記はありませんでしたが、左のものより大きく、店頭にあった他の25ℓのリュックより小さかったので20ℓくらいの大きさでしょうかね。
今のところは日帰りの軽登山しか考えてないのでこのくらいでもいいかなと。





背面パッドとショルダーベルトはメッシュ状になってました。

ムレ対策にも期待が持てます。
背面パッドはウレタンパッドが入っているのでクッション性もあります。





ウエストベルトとチェストストラップも付いてました。

ちゃんとした登山用のようにしっかりしたものではないかもしれませんが、背負った時のブレの軽減に期待が持てます。





背面パッドは少し曲線的な作りに。

これのおかげなのか、店頭で試しに背負ってみた時に「あっ、なにこのフィット感(*´∀`*)」ってなってしまったくらい背中へのフィット感にグッと来ましたね(笑)
ここが購入に至った一番のポイントかもしれません。
しかしまぁ、さすがに複合スーパーではスポーツ用品店のように重りを入れて背負ってみる事は出来なかったので実際の使い心地は今後に期待です。





メインの荷室は小物入れもないシンプルな一室タイプ。

左側の内張りの質感は劣化してくるとこうなるやつに似てるので注意が必要かも…!?





サブの荷室は小物入れあり。

ここは片開きのファスナーなんですが、両開きだったら使い勝手がもっと良さそうでしたね。





サブ荷室のフタ(?)部分にはメッシュが。

ここだけは買おうと思った時点でも「う~ん…」と思った点ですね。
中の物が透けそうなのと、雨が降ったらここから水が入りそうかな~と。
しかし雨に関しては降りそうな日は基本的に登らないか、後でザックカバーを買えばいいかと妥協点としました。





両脇にはサイドポケットとコンプレッションストラップ…かな?もあり。

メッシュのサイドポケットは500mlのペットボトルも入るサイズでちょっとした小物の収納にも役立ちそうです。





サイドポケットに試しに父が使っていたT字タイプのトレッキングポールを入れてみました。

T字タイプでも充分収納できました。
両サイドを使えばダブルストックでも余裕で収納できそうですね。





それとシングルストックならピッケルホルダーもあるのでベルトを通してこうでもいいのかな?

収納面でもそれなりに充実してるかと思います。

そんな感じで、気になる点はいくつかあるものの気に入った点も多いこのリュックを登山で使っていってみたいと思います。
気に入った道具があると「早く使いたい!」って感じでモチベーションも上がりますね。






↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

現在の装備品について

登山といえば「リュック(ザック)を背負って山登り~」というイメージが強いですが、そのリュックの中には何を入れていけばいいんだろう?という疑問が自分としても登山を始めようと思った時にありました。
ネットなどで検索すれば紹介されているブログや記事などありますが、そういうものを参考にさせて頂きながら初心者の自分なりに集めてみた装備品・携行品を紹介してみたいと思います。
主にこれから登山を始めようかなと思った方の何かしらの参考になったら幸いです。
ちなみに日帰り軽登山用の"お金を掛けないスタイル"ですのであしからず。(笑)


紹介は上段→中段→下段、左から右への順です。

・リュック 家にあった適当なやつです。10~15ℓくらいかな?
・レジャーシート 休憩や軽い雨除けに。
・割り箸とゴミ袋 食料を持ってきたけど箸を忘れた!という時の為に(笑)
・雨具上下 100均のやつです。無いよりマシかなレベルです。
・カロリーメイト 万が一の非常食。
・懐中電灯 万が一暗くなった時の為に。
・ポケットティッシュ 水に流せるタイプ。
・軍手
・タオル
・水筒
・保冷バッグ 食料をもって行く時に保冷材を入れて。
・応急用品
・ペットボトルホルダー
あと写真に入れ忘れましたが、モバイルバッテリーも入れるようにしてます。

とりあえずこんなところでしょうか。
あと季節や状況に応じて薄い上着を入れたり替えの靴下を入れたりですね。
これだけでも今のリュックに詰めると結構パンパンになるのでもう少し大きいリュックの方がいいのかなとちょっと悩むところです。

といった感じに一通り紹介してみましたが、この中から更にいくつかピックアップして紹介してみたいと思います。








懐中電灯

登山には本当は頭に装着できるヘッドライトがいいようですが、無いよりいいかなと。
ちなみにこれも100均で買えるLEDライトですが、電球部分がパワーLEDなので明るさも結構あってお気に入りです。
ただ、防水が無いのと、別の用事で使っていた時にうっかり1mほどの高さから地面に落としてしまったらライトが点かなくなってしまった個体があったので信頼性は微妙なところです。








ペットボトルホルダー

こちらも100均アイテムで、ペットボトルホルダー+カラビナ二つで合計200円(税別)。
これは正確にはリュックには入れずに腰のベルトに掛けて使用するメインの水分補給用となります。
ホルダーに付けたカラビナ一つでボトムのベルトループに引っ掛ける使い方でもいいですが、カラビナを一つベルトに着けておいてそこへもう一方のカラビナを掛ける方が硬さがあって掛けやすく、吊り下げる位置も微調整できるのでいいかなと思います。
これは登山以外でもウォーキングや遊びに出掛ける時にもペットボトルを持ってても手がフリーになるのでお気に入りで、登山に興味を持つ前から使っているアイテムだったりします。
ただ、腰の辺りで物がブラブラするのが気になる人や、炭酸飲料には向かないかもですね。








水筒

こちらはリュックに入れる、予備の水分用です。
こちらには主に水道水を入れておいてメインの水分が無くなった時のサブはもちろん、ちょっと手を洗いたい時や万が一ケガをした時に患部を洗うのが目的の水として携行しています。
最初は右のステンレス水筒を使っていたんですが、今登っているような山だと帰って来るまで全く使わない事もあるので軽量化と省スペース化で左のプラ水筒+全体を覆えるペットボトルカバー(両方100均)にしてみました。
ちなみに容量はプラが500ml、ステンが610mlです。
夏場なんかはもう少し容量がほしいかな~といったところですね。








応急用品

一番上の写真では丸まってて分かり難そうだったのでこちらで紹介。
まだまだ必要最低限といった感じですが、もしもの為に携行しています。
絆創膏、サージカルテープ、ガーゼ、包帯、そして念の為ハサミ。
雨が降っても濡れてしまわないようにジップロックに入れてます。
ちなみにテープ、ガーゼ、包帯は100均アイテムですね。
100均好き過ぎだな、自分(笑)


いかがだったでしょうか?
全体的に「無いよりマシ」レベルなのは自分でも重々承知していますが、ここからまた必要な物が見えてきたら買い足したり買い換えたりしてレベルアップしていこうかなと思っています。

とりあえずあと欲しいものは、紙の地図と熊よけになるものかな。
熊よけは最近は鈴だと逆にこちらの居場所(エサのありか)を知らせる事になる可能性がある、というのをちょうど先日テレビでやってたので、それ以外で熊よけ効果があるとされていた携帯ラジオを入れておきたいですね。



↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天