プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

新年/弥彦で年末詣とウォーキング

明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログを閲覧して下さった皆様、拍手を押して下さった皆様、誠にありがとうございました。
なかなかブログの更新が進まず昨年の山行のいくつかや書こうと思っていた記事も纏められていないものがあるまま年越しをしてしまいましたが、これからしばらくは時期的に山に行けない日も多くなりそうなのでその間にその分も更新していきたいと思います。

しかし最近はあれですね、身体が寒さに対抗するためにエネルギーを蓄えようとしているのか、食事量が増えたり間食をしたくなる事が増えてしまってうっかりしているとおデブ一直線といった感じですね(笑)
そうならない為にも今年もたくさん山に行って運動したいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。



そして少し日は遡りますが、昨年末の12月30日はまた年末の神社参りをする為に弥彦神社へと行ってきたので、その時の様子を紹介してみたいと思います。

ちなみに大晦日より早いうちに参拝をするのを「年末詣」といって最近は混雑を避けて早めに参拝する人も増えているみたいですね。
そんな言い方があるとは意識はしていませんでしたが、自分も今回で5~6回目になったでしょうか。

12月30日の夜はやはり街を走る車も少なく神社脇の参拝者駐車場にも余裕で車を停められました。

車を降りて神社の入り口に向かう。
この時も車や人を見かけるのはチラホラ。





一の鳥居。

鳥居の前で一礼して奥に進みます。





鳥居をくぐってすぐの橋の上から左手に見える、神様が渡るための橋「御神橋 玉の橋」

人間は渡れません。





参道に立ち並ぶ御神燈。

この景色を見れるのは弥彦神社では年末年始と夏祭りの年二回。
この景色を見ながら混雑を避けてゆっくりと参拝をするにはこの日はとてもいい日です。





車のお祓い場や弥彦山登山道の方へ続く路地。

ここも御神燈と鳥居があっていい感じです。





こちらは参道を進んで手水舎の近くにある「二の鳥居」。






手水舎でお清め。

ひしゃくに水をすくい、左手を流す→持ち替えて右手を流す→左手に水を取って口を漱ぐ→左手を流す→ひしゃくを立てて柄を流し清める、というのを一回の汲んだ水で行うのが正しい作法ですね。
正直そんなに信心深い訳ではないですが、登山を始める前の写真を撮るのが趣味になった頃から寺社仏閣にもよく行くようになりその時に手水舎の作法なども覚えました。
いやぁしかしこの時期の、特に夜の水は冷たかった(^▽^;)





ふと気づくと二の鳥居の前にこんな案内板が。

去年は無かったような気がしますが、大晦日や新年三が日は参道一方通行の規制があったようです。
一番混雑する時はこの辺から本殿まで行列ができるみたいですしねぇ。
ちなみに自分は混雑時は弥彦方面に近づかないようにしているのでいまだその行列は実際には見た事はありません(笑)





随神門。

ここで写真を撮っていた時、神社の見回りをしている方に「22時で御神燈消灯しますよ」と声を掛けられる。
「分かりましたー」と返事をし、立ち去られるのを見送る形になりかけましたが、ふと立ち止まってこちらに向きなおったので何かな?と思ったら…「前も居た人らかね?」と。
そういえば去年だったかも同じ日に参道で写真を撮っていた時に見回りの方に声を掛けられた事があったなΣ(゜o゜)
まさか覚えてられた事にびっくり!
ああ!どうも~みたいな感じで一言二言交わした後、また少し撮らせてもらいますね、で終わりましたが、やっぱりこの人の少ない日に写真を撮ってるのが印象強かったのかな?
それとも前回も今回もよっぽど怪しく見えたのか…(笑)





随神門をくぐって拝殿へ。

弥彦神社の参拝作法は「二礼四拍手一礼」。
こちらもこの時は他の人は2人組が2組ほど来たくらいで静かにゆっくりと参拝できました。
今年も一年お見守り頂きありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。っと。





角度を変えて拝殿をパシャリ。

写真は明暗の差が激しすぎて背景が写りませんでしたが、弥彦山の山頂がちょうど神社と並ぶこの角度が個人的にお気に入りです。
HDRや合成だったら山も写った写真撮れたかな?
今度覚えないとf(^-^;)





摂社・末社。

こちらもひとつひとつ頭を下げました。





逆アングルから一枚。






きっと二年参りや初詣でたくさん売れた事でしょう。












御神燈の消灯時間も近づいたので神社を後にする。

ありがとうございました。





一度駐車場に戻った時には雲の間に少しだけ星空が覗いていました。

一応オリオン座が写ってますが…分かるかな?f(^-^;)
サムネイルだと分かりにくいかも。
写真をクリックしていただけるともう少し大きい画像で見れますのでよろしかったらご活用ください。





神社の参拝を終えて帰路に就こうか迷いましたが、せっかく出掛けてきたのでたまには違う場所でウォーキングするかと思い立って少しだけ歩いていく事にしました。
神社前の温泉街を通って弥彦公園方面に向かうとホテル入口には門松。






弥彦公園へ。

22時半を過ぎたこの時には公園内はこの外灯が並んでいる通りとこの奥にあるトンネルは明かりがありましたが、それ居合はさすがに真っ暗でした。




公園を抜けてくると弥彦駅前に出る。

神社の建物のような駅舎が特徴的です。

そしてまた県道2号線の方から周回する形で歩いて弥彦神社の駐車場にゴールとなりました。
距離的には2kmちょっとの軽いウォーキングでしたが、やはりいつもと違うところを歩くのは新鮮味があって楽しかったですね(^-^)

そんな感じで年末の神社参拝とウォーキングでした。
弥彦にいたうちは天気はいい方でしたが、車での帰り道の途中からは結構本降りの雪模様になったのでラッキーでしたね。
やっぱ弥彦は何かに守られているのかな…?

そして年末大晦日と年明け元日には地元の氏神様にはお参りしましたが、この記事を書いている今現在大きな神社での初詣はまだなのでそろそろ行こうかなと思います(^-^)

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年8月12日 角田山 登山 稲島コース

2018年8月12日
この日は新潟市で新潟まつりの花火大会がある日。
ここしばらく山の上から花火を見るのにハマっているので新潟の花火もどこかから見れないかなと考えていました。

花火を見るという目的のため必然的にナイトハイクになるので不慣れな山だと道迷いなどの危険性も高まり難しいかなと思っていましたが、今までに何度も登っている角田山ならコースもだいたい分かっているし、頂上から少し下った稲島観音堂の前からは新潟市方面の景色が開けているのでここなら花火が見れるかも・どんなふうに見えるんだろうと気になり角田山へと登ってきました。

当日は角田山登山の最短ルートでもあり平均コースタイム1時間の「稲島コース」から登る事に。

花火の開始が19時20分頃なのでそれに間に合うように17時半過ぎに登山口駐車場に到着。
角田山登山で人気のコースですが、さすがに夕方という事もあって停まっている車は全部で3台ほどでした。

ちなみに稲島コース登山口・駐車場までの行き方はこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。「角田山 稲島コース登山口・駐車場までのルートと道路状況





稲島コースを登るのは今回で2回目ですが、前回はトイレチェックしていなかったので出発前に準備を整えるついでにチェック。

水洗・水道あり。
手洗い用の水道は建物の外側にあります。
そしてトイレの中は見たい人だけ見れるように文字クリックで見れるようにします。
トイレの中
個室





今回は花火を見るのと同時にカメラで撮影もしたいので三脚を持っていく事にしました。

ザックの底部に結わえてこんな感じ。
いつもの装備のザックだと重さは大体7kg前後といったところですが、今回は三脚や交換レンズの重さも合わせて初となる9kg台に。(ちなみにカメラ本体と500mlの水筒は別で持ちます。)
持ってみた感じはいつもよりちょっと重いくらいだから大丈夫だろ~( ̄▽ ̄)
…と思っていました、この時までは…。





そして準備を整え登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

弥彦山から寺泊花火を見る2018

2018年8月7日
この日は毎年寺泊で花火が上がる日という事で今年も見に行ってきました。
もちろん今回も打ち上げ会場には行かず弥彦山の上から(笑)

寺泊の花火は日程固定で曜日は毎年違うので今年も平日開催でしたが、何とか打ち上げ時間前後に弥彦山に着けそうな感じで家を出発。

弥彦スカイライン中腹にあるグライダー基地も車でアクセスしやすく寺泊花火を見るのにもいい角度のポイントですが、ここは早く行かないと車を停めるスペースがいっぱいになるほどの人気箇所。
自分が通った時もすっかり満車状態で、花火の見える辺りにはたくさんの人と三脚に据えられたカメラが並んでいました。
自分はここはもう最初から諦めているので華麗にスルーして頂上方面へ(笑)

そして山頂駐車場に到着し、撮影機材などを準備して徒歩で山頂を目指しました。

駐車場から階段を登り一段上がるとロープウェイ乗り場。

普段は夕方には営業が終わってしまうロープウェイですが、8月は「夜景&星空クルーズ」というのをやっていて数日間夜間運行がありこの日もクルーズ営業日でした。





クルーズ運行に伴い山頂レストランも夜間営業していて明るかった。

ロープウェイから下りてくる人もいてこの辺はまだ賑やかでした。





山頂レストラン横の平野部が見下ろせる場所で一枚。

ちなみに山頂に着くまでは三脚を使わず手持ち撮影だったのでブレなどはご容赦くださいf(^-^;)





レストランを過ぎると山頂までの道のりはほぼ真っ暗で懐中電灯などが必須。
ひと気も無くなった山道をヘッドライトの明かりのみで歩きましたが、道中、

この階段の途中と、





こちらのNHK基地局の所だけ外灯が点いていました。

しかしいつだったか別の時期に夜景を見に行った時は点いていなかった記憶があるので、夜景クルーズ期間中だから点いていたのかもしれません。

そして頂上の御神廟のある展望台に到着すると、そこには三脚にカメラを据えた5人ほどの人の姿が。
自分は寺泊の花火を弥彦山の頂上から見るのは今年で3回目となりましたが、年々頂上まで来る人も増えている気がしますね。
カメラで花火を狙うのに良さそうなポイントは埋まってしまっていたのでどうしようかな~と悩みましたが、あそこなら空いているかも、という場所を思い出してそこへ行ってみる事にしました。

あの場所まで人がいっぱいになると自分の行く場所が無くなってしまうので詳しい場所は書きませんがf(^-^;)、そこへ行くと案の定誰もいなくて貸し切り状態♪
(しかし花火も中盤に差し掛かった頃にトレラン風の人も一人やってきたのでちょっとビックリしました(笑))





そして自分も三脚を設置し花火観賞&撮影をスタートしました。

日本海沿いの夜景と寺泊花火。




ズームして。

この日は空気も澄んでいたようで、花火の奥には刈羽原発の点滅する照明もよく見えました。
(花火のちょい左上奥の辺り。写真をクリックするともう少し大きい画像で見られます。)





海側からの風もちょっとあったのでブレと格闘しつつ。













ひときわ大きい花火。

三尺玉かと思っていましたが、もしかすると二尺玉かも。
放送やプログラムが無いのでどんな花火が上がってるかは正確には分かりませんf(^-^;)





もう一発大きい花火。

夜景と比較するとその大きさが際立ちますね。





ハート型の花火なんかもありつつ。






カラフル~。






ラストの尺玉連発。

迫力がありました。
が、写真には明るすぎて難しいですねf(^-^;)

という感じで花火が終了しました。
そういえば、前2回の寺泊花火は9時終了予定となっていても20~30分くらい押しで花火が上がっていましたが、今年はちょっと早めの9時7分くらいに終了となりました。
「去年時間押しで上がってたっけ見に行くのが少し遅くなっても大丈夫らろ~」ってのが今までちょっと心の中にありましたが、今後は効かなくなるかもしれません(笑)





花火が終わった後、片付けをして御神廟の展望台に戻ってみると、空にはうっすらと天の川も見えました。

平地から少し山に登って空に近づいただけでも結構見え方が変わるものですね。





そしてせっかくの久しぶりの機会なので、夜景もパシャリ。

多宝山と新潟市方面。




上の写真より少し右に振って平野部の夜景。






更に右に振ってもう1枚平野部の夜景。

ワイドに広がる夜景が綺麗でした。





御神廟の鳥居と天の川。






山頂レストラン横に戻って改めて夜景をパシャリ。

ちょうど真ん中辺りに弥彦の大鳥居があります。




最後に佐渡ヶ島。

この日は空気が澄んでいて肉眼でも佐渡の街明かりを見る事ができました。

そんな感じで今年も弥彦山からいい寺泊の花火と夜景と星空が楽しめました(^-^)



撮り方を覚えると写真はより綺麗に撮れて楽しいですね(^ー^)v
[PR]



↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天