プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年8月3日 弥彦山頂大平園地で長岡・三条・赤泊の花火観賞

2019年8月3日
この日は長岡花火の二日目。
それに加え、三条市と佐渡ヶ島の赤泊でも花火大会がある日でした。

あわよくばその三つがまとめて見れる所はないかなと考えたところ、弥彦山の山頂大平園地なら昨年は三条花火と赤泊花火を見る事ができたのでもしかすると長岡花火も見れるんじゃないかな?と期待して行ってみる事にしました。

この日も花火の始まる時間近くに合わせて弥彦スカイラインを車で登り山頂駐車場付近へ。
山頂駐車場付近の車を停められるスペースには既に結構な数の車が停まっていて、弥彦山の頂上に花火を見に行っている人も多いのかなと思われました。

そんな光景を見ながら弥彦頂上とは逆の大平園地へと階段を登っていくと、こちらの頂上付近の芝生の上にもシートを広げて花火を楽しんでいる家族連れなど数組の姿がありました。

大平園地の石碑の土台に腰を下ろす形で場所を決め、カメラをセットして花火観賞&撮影スタート。

三条市の夜景の中に花火が上がります。





三条市の花火を肉眼で見るのとカメラを通して見た時に被写体の大きさが近くなる55mmで撮るとこんな感じ。






そして長岡花火は、この山頂大平園地に到着するまで見えるかは分かりませんでしたが、何とか弥彦山の山肌越しに見る事ができました。

こちらも肉眼で見るのとカメラを通して見た時に被写体の大きさが近くなる55mmで撮るとこんな感じ。
山肌の真っ黒い部分が多い感じですが、見えただけ儲けもんといった感じでした(笑)

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火 | GENRE:写真 | TAGS:

燕市の花火を弥彦山頂大平園地から見てきました

2019年7月28日
この日は燕市で「燕大花火大会」があるという事で、見に行く事にしました。

今回も、個人的に開催中の「山の上から花火を見よう」シリーズとして山の上から見る事に。
燕市からほど近い山といえばやはり弥彦山、という事で今回も弥彦山の山頂大平園地から見る事にしました。

当日はまた弥彦スカイラインを車で登り、山頂駐車場付近から徒歩で大平園地へ登る。
この日も花火が始まる時間ちょうどくらいに山頂駐車場に到着し、花火の音を聞きながら階段を登っていくと、先日の「弥彦の花火を弥彦山から見てきました 2019」の時に撮影をした階段の途中の所には数名の三脚を据えたカメラマンの姿がありました。
その辺りでは既に花火がよく見える場所は埋まっているような感じだったので、今回は平園地の上の石碑がある所まで登り、花火がいい感じに見える所を見つけてカメラをセットしました。


今回も、夜景の中に花火が上がる。






肉眼で見るのとカメラを通して見た時で被写体の大きさが近くなる55mmで撮るとこんな感じ。






更にズーム。

花火のちょうど後ろに国道8号線・三条大橋が来る感じでした。































上の写真を部分的にトリミング拡大。

花火の左右にあるのは車でしょうか。
こうしてみると花火の打ち上げ現場というのもなかなか過酷そうです…。












ズームしてたら大きくて入りきらなかったf(^-^;)







次の花火が上がるまで間隔が開いた時に夜景をパシャリ。

中央少し上にオレンジ色の線になっているのが国道8号線・三条大橋。
中央少し下の照明の無い所が今回花火が上がっていた所ですね。



上の写真から左に振って。

中央少し右にある夜景の明るい所が燕三条駅ですね。



ラストの花火。

ラストらしく賑やかで大きな花火でした。



花火の終わった後の夜景を一枚。




弥彦山頂方面を一枚。

この日は弥彦ロープウェイで夏に行われる「夜景星空ナイトクルーズ」という夜間運航のある日だったようで、山頂レストランも営業していたようでした。

燕の花火を弥彦山から見たのは今回が初めてでしたが、こちらもなかなかいい景色でした(*´▽`*)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火 | GENRE:写真 | TAGS:

2019年7月27日 五泉ひゃんで花火を見に菩提寺山 登山 大沢公園コース

2019年7月27日
夏祭りシーズンも盛りに突入し、この日は五泉市で「ひゃんで花火」が上がるという情報を入手していました。

今年も前記事の「弥彦の花火を弥彦山から見てきました 2019」から始まったように、個人的に「山の上から花火を見よう」シリーズと題してまたいろんな山の上から花火を見てみたいと思い、今回は頂上から五泉市が見渡せる新津丘陵の菩提寺山に行ってみる事にしました。

今回の菩提寺山では弥彦山のように頂上付近まで車で登ったりする事はできず、まだ慣れない夜間山行になるのは確定という事でなるべくショートコースとなる大沢公園コースからの出発としました。
ちなみに地図的に見ると大沢公園の近くにあるもうひとつの”ぶどう園コース”の方が距離が短そうですが、そちらはまだ未踏のコースでいきなり夜間山行をするのは不安という事で今回はやめておきましたf(^-^;)

当日は天気的に台風も近づいていて日中もたまに雨がパラついたりと若干不安定な感じでしたが、花火は予定通り上がるとネットで確認できた事と、天気予報的には風もそれほど強くならず花火の終わり頃から降り出しそうかなといった感じだったので、雨に対応できる準備とライト類の準備をしっかりとして山に向かいました。

花火の始まる時間に頂上に着けるように調整しつつ午後6時半過ぎにスタート地点となる大沢公園に到着。
ちなみに大沢公園までの車での行き方についてはこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
菩提寺山 大沢公園コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

さすがに暗くなる時間とあってか公園内に人影はナシ…。
吊り橋を渡った方にキャンプスペースもあるのでキャンプの人とかいるかなと思っていましたが、雨や台風でみんな帰ったのかなぁ…f(^-^;)
暗くなりつつある公園内に少しばかり心細さを覚えつつ登山の準備をしました。
ちなみに公園内は草刈りがされたようで結構スッキリしてましたね。





準備を整えていざ菩提寺山・大沢公園コース登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天