プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年2月17日 猿毛岳 登山 尾根コース

2019年2月17日
前記事「2019年2月17日 ミズベリング三条フェスで三条プロレスを観戦しました」と同じ日、午前中に三条プロレスを観戦したあとは山に行こうと計画していて登山の準備もしていました。
スケジュール的に午後からになるのは確定だったので、三条市からアクセスしやすくサッと登ってこれる山、という事で今回は加茂市の猿毛岳を登る事に。

フェス会場を後にし車を走らせていると雪がチラついてくる。
ありゃ~と思いつつもさっきまでの天気も良く、天気予報も午後からは曇りくらいでいけそうな感じなのを見ていたのでとりあえず登山口まで向かう事に。
猿毛岳登山口・駐車場に着くと先行の車は6台ほどありました。
少し前に何かの雑誌だかに猿毛岳が紹介されたらしく、最近はこちらも登山者が増えいてるみたいですね。

雪は本降りの様相となっていて登ろうかやめようか少し迷いましたが、何度か登っている山で悪天候時の経験も増やしておきたいと思い今回は登る事にしました。





今回も雨天装備は長靴+傘+ポンチョ。
ザックにチェーンスパイクと念の為のライト類もしっかり準備して登山口へ。

ちょうど下山してきた方一人とスライドしつつ階段を登る。





階段を上がると日吉神社に出て、神社の右手の登山道へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年7月15日 猿毛岳 登山 尾根コース~沢コース

2018年7月15日
この日はまた、一緒に遊ぶ事のあるグループ”お楽しみ会”のメンバーとの登山を企画しようかなと7月の頭に連絡を取ってみましたが、既に予定の入っているメンバーが多くてグループ登山は中止に。
しかしメンバーの中でYさんは都合がつくという事でこの日はYさんとの2人登山に行ってきました。

Yさんは自分以外にも一緒に山に行く人がいて自分がまだ行った事のないような山も行っている事もあり、登山レベル的には自分とそれほど変わらない感じなので選べる山の難易度が自分と同じくらいなのがありがたいですね。
という事でこの日もお楽しみ会メンバーみんなで登るにはちょっとキツそうな山をいくつかチョイスし、その中から自分が以前に行って良かったよと言ってからYさんも行ってみたいと言っていた加茂市の猿毛岳に行ってきました。

当日は一度別の所で集合してからそれぞれの車で登山口へ。
※猿毛岳登山口までのルートに関しては「猿毛岳登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含んだ記事がありますのでよろしかったらご覧ください。

登山口駐車場に着いてみると先行の車は一台、それと登山口に自転車が一台。
猿毛岳は自分が利用している登山アプリでも夏場はあまり他の人の登った記録がないので、この日ももしかしたら自分達だけかも、なんて思っていましたが意外といた印象でした(失礼(笑))






準備を整え登山口へ。

登山口の右手には以前は無かった気のする貸しストック?が置いてありました。





そして「熊目撃情報」も。

この日の直近では7月3日に猿毛岳の裏の方、冬鳥越スキーガーデン付近で目撃されたようでした。
うむ、気を付けて行かねば。





登山口から一段上がり、日吉神社。

お参りをしてから神社に右手にある登山道”尾根コース”へと進みました。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年4月22日 猿毛岳 登山 尾根コース~沢コース 前編

2018年4月22日
以前、雪のある時期に初めて登った加茂市の猿毛岳
その時は雪に覆われた登山道を進み頂上ではとてもいい景色を眺める事ができました。
それから日は経ちすっかり雪の無くなったこの時期、本来の登山道はどんな感じなのか、それと積雪期は危険という事で通れなかった周回できるコースの方もどんな感じなのか気になっていたのでこの日はまた猿毛岳に行ってきました。


この日は夕方から少し用事があったので、自分的にいつもと比べるとちょっと早めのお昼時に登山口・駐車場に到着。

駐車場には先行者の車が3台停まっていました。
ちなみに前回は雪で狭くなっていて4~5台でいっぱいだった駐車場ですが、無雪期なら6~7台は停められそうですね。





駐車場の片隅には簡易トイレ。

山に入る前に済ませておくのはマナーという事で利用させてもらいましたが、ちゃんと管理されているようで中は綺麗さを保っていました。
(ちなみにトイレの中の様子については前回の記事内に写真がありますので気になる方はご参照下さい。 )
それにしても、ポットンタイプのトイレを利用する時というのはどうも不安感のようなものがありますね、主に落とし物に関してのf(^-^;)
昔、子供の頃は自宅のトイレもポットンでそれでも平気だったものですが、それだけ大人になって落とすと困るものが増えたという事ですかねぇ…スマホとか財布とか車のカギとか。





トイレに水道はありませんが、数メートル先の登山口まで行くと沢から引かれた水を溜めている容器があり手を洗えました。

ブラシやタワシも用意してあったので登山後に汚れた靴を洗うのにも使えますね。
草葉の影に水が流れているパイプがあり、前回の積雪期はそこからホースで登山口の道路近くまで水を引いていたようですね。





そして準備を整え改めて登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天