プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

新年/弥彦で年末詣とウォーキング

明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログを閲覧して下さった皆様、拍手を押して下さった皆様、誠にありがとうございました。
なかなかブログの更新が進まず昨年の山行のいくつかや書こうと思っていた記事も纏められていないものがあるまま年越しをしてしまいましたが、これからしばらくは時期的に山に行けない日も多くなりそうなのでその間にその分も更新していきたいと思います。

しかし最近はあれですね、身体が寒さに対抗するためにエネルギーを蓄えようとしているのか、食事量が増えたり間食をしたくなる事が増えてしまってうっかりしているとおデブ一直線といった感じですね(笑)
そうならない為にも今年もたくさん山に行って運動したいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。



そして少し日は遡りますが、昨年末の12月30日はまた年末の神社参りをする為に弥彦神社へと行ってきたので、その時の様子を紹介してみたいと思います。

ちなみに大晦日より早いうちに参拝をするのを「年末詣」といって最近は混雑を避けて早めに参拝する人も増えているみたいですね。
そんな言い方があるとは意識はしていませんでしたが、自分も今回で5~6回目になったでしょうか。

12月30日の夜はやはり街を走る車も少なく神社脇の参拝者駐車場にも余裕で車を停められました。

車を降りて神社の入り口に向かう。
この時も車や人を見かけるのはチラホラ。





一の鳥居。

鳥居の前で一礼して奥に進みます。





鳥居をくぐってすぐの橋の上から左手に見える、神様が渡るための橋「御神橋 玉の橋」

人間は渡れません。





参道に立ち並ぶ御神燈。

この景色を見れるのは弥彦神社では年末年始と夏祭りの年二回。
この景色を見ながら混雑を避けてゆっくりと参拝をするにはこの日はとてもいい日です。





車のお祓い場や弥彦山登山道の方へ続く路地。

ここも御神燈と鳥居があっていい感じです。





こちらは参道を進んで手水舎の近くにある「二の鳥居」。






手水舎でお清め。

ひしゃくに水をすくい、左手を流す→持ち替えて右手を流す→左手に水を取って口を漱ぐ→左手を流す→ひしゃくを立てて柄を流し清める、というのを一回の汲んだ水で行うのが正しい作法ですね。
正直そんなに信心深い訳ではないですが、登山を始める前の写真を撮るのが趣味になった頃から寺社仏閣にもよく行くようになりその時に手水舎の作法なども覚えました。
いやぁしかしこの時期の、特に夜の水は冷たかった(^▽^;)





ふと気づくと二の鳥居の前にこんな案内板が。

去年は無かったような気がしますが、大晦日や新年三が日は参道一方通行の規制があったようです。
一番混雑する時はこの辺から本殿まで行列ができるみたいですしねぇ。
ちなみに自分は混雑時は弥彦方面に近づかないようにしているのでいまだその行列は実際には見た事はありません(笑)





随神門。

ここで写真を撮っていた時、神社の見回りをしている方に「22時で御神燈消灯しますよ」と声を掛けられる。
「分かりましたー」と返事をし、立ち去られるのを見送る形になりかけましたが、ふと立ち止まってこちらに向きなおったので何かな?と思ったら…「前も居た人らかね?」と。
そういえば去年だったかも同じ日に参道で写真を撮っていた時に見回りの方に声を掛けられた事があったなΣ(゜o゜)
まさか覚えてられた事にびっくり!
ああ!どうも~みたいな感じで一言二言交わした後、また少し撮らせてもらいますね、で終わりましたが、やっぱりこの人の少ない日に写真を撮ってるのが印象強かったのかな?
それとも前回も今回もよっぽど怪しく見えたのか…(笑)





随神門をくぐって拝殿へ。

弥彦神社の参拝作法は「二礼四拍手一礼」。
こちらもこの時は他の人は2人組が2組ほど来たくらいで静かにゆっくりと参拝できました。
今年も一年お見守り頂きありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。っと。





角度を変えて拝殿をパシャリ。

写真は明暗の差が激しすぎて背景が写りませんでしたが、弥彦山の山頂がちょうど神社と並ぶこの角度が個人的にお気に入りです。
HDRや合成だったら山も写った写真撮れたかな?
今度覚えないとf(^-^;)





摂社・末社。

こちらもひとつひとつ頭を下げました。





逆アングルから一枚。






きっと二年参りや初詣でたくさん売れた事でしょう。












御神燈の消灯時間も近づいたので神社を後にする。

ありがとうございました。





一度駐車場に戻った時には雲の間に少しだけ星空が覗いていました。

一応オリオン座が写ってますが…分かるかな?f(^-^;)
サムネイルだと分かりにくいかも。
写真をクリックしていただけるともう少し大きい画像で見れますのでよろしかったらご活用ください。





神社の参拝を終えて帰路に就こうか迷いましたが、せっかく出掛けてきたのでたまには違う場所でウォーキングするかと思い立って少しだけ歩いていく事にしました。
神社前の温泉街を通って弥彦公園方面に向かうとホテル入口には門松。






弥彦公園へ。

22時半を過ぎたこの時には公園内はこの外灯が並んでいる通りとこの奥にあるトンネルは明かりがありましたが、それ居合はさすがに真っ暗でした。




公園を抜けてくると弥彦駅前に出る。

神社の建物のような駅舎が特徴的です。

そしてまた県道2号線の方から周回する形で歩いて弥彦神社の駐車場にゴールとなりました。
距離的には2kmちょっとの軽いウォーキングでしたが、やはりいつもと違うところを歩くのは新鮮味があって楽しかったですね(^-^)

そんな感じで年末の神社参拝とウォーキングでした。
弥彦にいたうちは天気はいい方でしたが、車での帰り道の途中からは結構本降りの雪模様になったのでラッキーでしたね。
やっぱ弥彦は何かに守られているのかな…?

そして年末大晦日と年明け元日には地元の氏神様にはお参りしましたが、この記事を書いている今現在大きな神社での初詣はまだなのでそろそろ行こうかなと思います(^-^)

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

三条八幡宮の献灯祭に行ってきました2018

こちらも前記事の「見附市の街路樹イルミネーションドライブ」と同じ1月14日の事になります。

見附市でイルミネーションドライブをした後は、この日の本来の目的であった三条市の八幡宮で行われる「献灯祭」に行ってきました。

献灯祭は三条八幡宮で毎年一度だけ、1月14日~15日にかけて行われる行事です。







手水舎でのお清めは…この日は冷たそうだったので省略してしまいましたf(^-^;)

昨年はちょうど大雪と寒波が重なり駐車場のひとつに指定されていた”鍛冶道場”が除雪されずに車を停められなくてちょっと焦りましたが、今年は大雪が降ったのが数日前だったおかげか車を停める事ができました。






しかしこの日も気温はだいぶ低く、道路や圧雪もガチガチに凍っていて滑りやすくなっていました。

警備の方の「滑りやすくなっています、ご注意下さい」とという声を耳にしながら拝殿に進みお参り。





拝殿に並ぶ御神灯。

一年でこの日しか見れない景色です。





御神灯の炎。

この炎が市民の繁栄と幸福な前途を照らすとされています。
いい事ありますように~。












神社の境内には屋台も並びます。

神社の入口近くに新潟名物”ポッポ焼き”があってちょっと食べたかった所でしたが、たくさんの人が並んでいたので今回はスルー。





境内を奥に進み、もう一つの「金山神社」へ。






こちら小振りな御神灯がたくさん並びます。

小振りといっても大人の膝下くらいの大きさはありますが。





外に出るとお焚き上げの炎。

この近くは暖かいのでよく人の輪ができています。





更に境内内のもう一つの神社へ。






こちらは去年は何という神社か分かりませんでしたが、「嚴島神社」というようです。

献灯祭の日は屋台と屋台の間に通路があるせいで気づく人が少ないのか、訪れる人はチラホラしかいなくてちょっと寂しい。
しかしその分なんとなく落ち着く場所です。





味のある提灯です。






ぼんぼりのある風景もいいですね。






大雪直後なので雪がモッサリ乗ってます。






嚴島神社を囲う池は今年も凍ってました。






更にもうひとつの神社。

こちらは稲荷神社。
○○稲荷の所は暗くて読めなかったf(^-^;)




一通り参拝を済まして帰路へ。

時間は午後10時になろうかという所でしたがこれから神社へ入っていく人の姿も見られました。





そんな感じで今年も献灯祭の参拝といい景色を楽しんできました。

いい御利益があるといいなぁ(*´-`*)



撮り方を覚えると写真はより綺麗に撮れて楽しいですね(^ー^)v
[PR]



↓ブログランキング参加してます↓



THEME:史跡・神社・仏閣 | GENRE:写真 | TAGS:

年末の夜の弥彦神社2017

日は少し遡りますが、昨年末はまた弥彦神社の御神灯の立ち並ぶ景色を見る為に12月30日の夜に弥彦神社へと行ってきました。

弥彦神社・一の鳥居前の通り。

12月30日はまだ二年参りなどもなく所謂「普通の日」ですが、年末をみんな家でゆっくりと過ごすのか夜に家を出ると人や車の通りもいつもより少なく静かな街になりますね。





弥彦神社・一の鳥居。

翌日の大晦日の二年参りから新年の三が日を過ぎるくらいまではもんのすごーーーーーーく混雑する弥彦神社ですが、この30日の夜はほとんど人がいないので年末年始と夏祭り時期の年二回しかない”御神灯の立ち並ぶ弥彦神社の景色”を楽しむ為に訪れるのが個人的に毎年の行事となっています。





参道に立ち並ぶ御神灯。

年明けの三が日の日中なんかは初詣客で特に混雑するようで、車で弥彦神社に行こうとすると弥彦村に入る所から渋滞が始まる、なんて話も聞きますねf(^-^;)
聞いただけでどっと疲れそうなので自分は混雑が収まりそうな時期まではあまり弥彦方面に近づかないようにしています(笑)





玉の橋。

ちなみにこの日自分が弥彦神社にいる間で見掛けた人影は、近くの旅館に泊まりで来たと思われる浴衣姿の5人組の観光客や一組のカップル、単独の参拝者といった感じで10人にも満たないくらいでとても静かな神社でした。





弥彦神社・二の鳥居。

この時の天気はギリギリ雨が降らないくらいの曇りといった感じでしたが、日中に降った雨で濡れた石畳が光を反射して綺麗な景色でしたね。





随神門。






弥彦神社・本殿。

弥彦山の頂上が丁度神社の背景に来るこの角度が好きです。
神社の明るさに負けて山を写す事はできませんでしたがf(^-^;)
HDRとかで撮れば写るかもしれませんが、まだ自分の技術が足りません。





御神灯。

明かりが点いている時間は、大晦日~三が日くらいは一日中点きっぱなし…だったかな?、それ以外は夜10時に消灯となります。
年始は確か7日くらいまで点灯し参道などが明るく照らし出されていますが、それ以降は御神灯は点かなくりいつもの薄暗い弥彦神社になったかと思うので、もし見に行かれる方がいたらご注意下さい。





摂社・末社。


そんな感じで年末の夜の弥彦神社、今年(昨年)もいい景色を堪能できました。



撮り方を覚えると写真はより綺麗に撮れて楽しいですね(^ー^)v
[PR]



↓ブログランキング参加してます↓



THEME:史跡・神社・仏閣 | GENRE:写真 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天