プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年4月28日 角田山 登山 湯の腰コース

2019年4月28日
平成も残り少なくなったこの日。
前回角田山・五りん石コースを登った事で公式コースで未踏のものが残りひとつとなったことから、平成のうちに残りのひとつも踏破しようという事でこの日は最後に残っていた「湯の腰コース」へ行く事にしました。

角田山の北側にある湯の腰コース。

稲島側、角田浜側からそれぞれ来れますが、ちょっと細い道を通る事になるので注意が必要ですね。





上の写真の標識から少し入った所に車を停められるスペースがあり、駐車可能台数は4台ほど。
この日は先行に3台車がありましたが、この日もお昼過ぎから来たおかげかちょうど一台分空いていて無事に車を停められました。

登山口へは林道を進んで行きます。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年4月21日 角田山 登山 五りん石コース~山の神コース

2019年4月21日
この日は前日に地元の氏神様のお祭りがあり、そこで普段は全く飲まないアルコールを摂取してしまったため午前中はなかなか調子が出ずマッタリと過ごしてしまいましたが、やはり山に行きたいと思い昼から家を飛び出しました。

午後からという事で遠くの山には行けないのでどこの山に行こうか少し迷いましたが、角田山に7つある公式コースの中でいまだ未踏のコースが2つあったので今回はそのうちのひとつ、「五りん石コース」へいく事に。
ついでに調べてみると、五りん石コース登山口と非公式コースである「山の神コース」の登山口が近いようだったので、今回は五りん石コースから登り山の神コースから下山する周回コースで行く事にしました。


五りん石コースには麓と少し山を登った中腹の2ヵ所に駐車場があるようだったので今回スタートするのは中腹の駐車場からとしましたが、麓の駐車場からスタートすると「五りん石」や「五りんの滝」も見れるようだったので中腹の駐車場に向かう前にまずは麓の駐車場に車を停めて石と滝だけ見ていく事にしました。
ちなみに五りん石コース駐車場までの行き方についてはこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
角田山 五りん石コース登山口・駐車場までのルートと道路状況(稲島から)

この写真よりもう少し左手、道路の向かいに5台ほど停められる駐車場があり、その正面の交差点に案内板が色々と立っていました。





とりあえずカメラだけ持って、案内板に従い舗装された坂道を登るとほんの数十mほどで道のすぐ脇に五りん石がありました。

五りん石、個人的になんとなく読み方は「ごりんせき」かと思っていましたが、どこだったかの観光サイトで「ごりんいし」と書かれていたのでこっちの方が正しいみたいですね。
ちなみにネットや現地の立札などでも表記が五りん石・ごりん石・五倫石と平仮名や漢字でばらばらになっていたりしてなんだか曖昧ですf(^-^;)
うーん、うちのブログでは「五りん石」で書いていこうと思います(笑)





五りん石の案内板。

ほー、松尾芭蕉の句が刻まれているんですね。
この時現地では確認し忘れてしまいましたf(^-^;)





そして更に舗装路を200mほど登ると、道の角に山に続く道。

ここからが登山道になるようです。




そしてこのすぐ左手に沢へ下りる道があり、五りんの滝がありました。

落差は5mかもう少しあるくらいでしょうか、すぐ下まで行くと見上げる高さの滝でした。





五りん石と五りんの滝を見た後は一度車に戻り、中腹の駐車場に移動。

こちらの駐車場は10台ほど停められそう。トイレはナシ。
この日は到着時には先行の車が3台あり、自分が準備をしている間に1台の車の人が下山してきていなくなりました。
角田山の公式コースの中では割とマイナーなコースっぽい事も見ていたのでもっと少ないかと思っていましたが結構いた印象でしたね。
ちなみに麓の駐車場から歩いてくると、この駐車場の奥から出てくるようですね。
また機会があればそっちからも登ってみようかな。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年4月14日 山開きの雷山 登山 中央コース~沢コース

2019年4月14日
400mに満たない低山ながら頂上には避難小屋もあって以前から気になっていた五泉市にある「雷山(いかずちやま)」。
この日はその雷山で山開きのイベントがあるという情報を入手していて初登山するにはいい機会と思い少し前から行ってみようと思っていました。

そんなところに山友でもある友人Yさんから久しぶりに「14日空いてるんだけど山に行きたい」との連絡が。
自分は雷山が気になっているという事を伝えるとYさんも「行ってみたい」との返事だったので、この日は二人で雷山に初挑戦してきました。

山開きのイベントの開始時間は午前9時からでしたが、この日は自分の方に朝一で少し用事があったので家を出れるのが同じ9時頃になりイベントには間に合いませんでしたが、その辺はYさんにも了承を得ていたのでその後Yさんと合流して予定通り山へと向かいました。

事前の調べによると雷山の登山口には駐車場はあるものの、そこへ至るまでの道は狭く、駐車可能台数もそれほど多くない感じ。
そして山開きのイベントもあるので混雑が予想された事からこの日は車で登山口駐車場には向かわず、臨時駐車場となっていた麓の川内小学校に車を停めました。

この日は小学校の入り口に臨時駐車場の立札も立っていました。
到着時刻は10時半頃という後発組な時間とあってかこちらにもたくさんの車が停まっていましたね。

ちなみに川内小学校は吸収合併で廃校になったようで、現在は避難所として使われていたり、奥の体育館は川内体育館として現在も使用されてるようです。
※個人的にサラッと調べてみた情報なので、間違いがありましたらすみませんf(^-^;)





臨時駐車場を出発して登山口へ向かう。

その道中、3つくらい交差点を通りますが、各交差点の標識やカーブミラーの支柱には小さいながらも雷山へ案内する標識も付いていたので分かりやすかったですね。





三つめの交差点を曲がると永谷寺(ようこくじ)とその奥の雷山登山口へと続く道。

こちらは幅が狭く車一台がやっと通れるくらいの道が300m近く続く。
すれ違い出来ないのでここは車で来た時に対向車が来たら嫌だなぁ…f(^-^;)
今回歩きで来た時も、何台か車が来た時は途中の橋の上などに避けて通るくらいでした。





そんな道を進んでくると、永谷寺と雷山登山口への林道の分岐。

橋を渡って左の林道へと入っていきます。
ちなみにこちらの右手には永谷寺の駐車場もありますが、登山での駐車はご遠慮下さい、というのをどこかで見たので見たので気を付けた方が良さそうです。




永谷寺へ続く階段。

お寺へは行きませんでしたが、ここの雰囲気はとても良かった(*´ω`*)





永谷寺の前から道は舗装路から砂利道に替わり、林道へ入っていく。

右手の柱には「←雷山」や「←雷山 登山者駐車場」と書かれた案内板もありました。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天