プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年5月20日 菩提寺山 グループ登山 石油の里コース

2018年5月20日
この日は一緒に遊ぶ事の多い「お楽しみ会」のメンバーと久しぶりにグループでの登山でした。
ひと月ほど前から計画を立てていて、他のメンバーは普段あまり山に登る事もなく久しぶりの登山のようなので難易度の低い山を選び新津の菩提寺山・石油の里コースへ。

この日の前日三日間くらいは雨降りが続きぬかるみなどの悪路が予想されたので一時は砂利敷きの登山道で歩きやすい護摩堂山に変更しようかとも思いましたが、護摩堂山は以前にもお楽しみ会メンバーで一度登っているので今回は違う山もオススメしたいなと思い自分の判断で当初の菩提寺山にさせてもらいました。

当日は午前中は用事があるメンバーがいたのでお昼過ぎに集合となりましたが、日没までには行ってこれる計算という事で予定通り決行となりました。
一度別の所で集合しみんな纏まって登山口のある新津の里山ビジターセンターへとやってきました。

この日は前日までの雨降りがウソのような晴天でした。
お昼過ぎからという事でピークは過ぎていたのか駐車場の埋まり具合は7割ほどといったところでしたね。





準備を整えて登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年2月25日 菩提寺山 登山 石油の里コース

2018年2月25日
各地を騒がせた大雪もようやく落ち着きを見せ始め、穏やかな日となったこの日はようやく今年2度目の登山へ行ってきました。

角田山あたりに行こうかなと思いましたが、先日から病んでいる腰痛もまだ若干の不安があったのでもう少し緩やかな旧新津の菩提寺山へと登る事にしました。

登山コースは石油の里から、という事で登山口のある里山ビジターセンターへとやってきました。

この日もお昼過ぎからの登山でしたが、駐車場は雪で少し狭くなっているものの駐車スペースには9割ほどの車が停まっていて賑わいを見せていました。





まずはビジターセンターの中に入ってリアルタイム情報をチェック。

他のコースは倒木などで通行できないところもあるようですが、今回の石油の里コースは注意ヵ所はあるものの大丈夫そう。





準備を整えて登山口へ向かうと早くも下山してきた人達とすれ違ったりしながら。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

菩提寺山 石油の里コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

先日また少し時間のできた日、山に登るほどの時間はないけどどこか出掛けたいな~と思い、先日菩提寺山に登った時に山の麓にある「里山ビジターセンター」でトレッキングガイド的なものを入手できなかったのでそれをゲットしに行こうという事で出掛けてきました。

そしてせっかく菩提寺山の登山口や駐車場の付近に行くという事で、この時も登山口や駐車場までのルートの車載動画を撮影してきました。
動画の走行ルートは、秋葉区の県道41号線を加茂・田上方面から新潟市方面へ向かい、兎谷交差点を右折して石油の里へ向かい、里山ビジターセンターの駐車場までとなっています。
主にこれから菩提寺山に登ってみようかなと思われた方の参考になれば幸いです。

動画撮影日:2017年3月18日





そして前回立ち寄る事ができなかった里山ビジターセンター。

この日も少し遅い時間になってしまい、閉館時間が午後5時の所を4時半くらいに到着となってしまったのであまり細かく見る事はできませんでしたが、館内には山の模型に新津丘陵の説明文を添えたものや山に関するものの紹介パネル、売店コーナーなどもあるようでした。
今度また時間のある時にゆっくり見てみたいですね。





そして今回の主目的だったウォーキングマップをゲット。

こちらは入口を入って左手のご自由にお持ち下さい的なチラシコーナーにあったので無料でゲットする事ができました。
今回貰ったのは三種類。
一番メインのウォーキングマップはA2サイズを折りたたんだ大きさの地図で、木漏れ日の遊歩道・菩提寺山・高立山・護摩堂山のルートマップとなっていました。
次に「緑の回廊 にいつ丘陵の森にようこそ!」と書かれたパンフ、これもA2サイズを折りたたんだ大きさの紙でこちらはにいつ丘陵に生息している鳥や昆虫・植物を写真を添えて紹介したものとなっていました。
そして三つ目がA4サイズの菩提寺山と木漏れ日の森の簡易的なルートマップです。

これを見ながらまたこっちの方の山を歩くのも楽しくなりそうです。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天