プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

つぼ足ウォーキングに挑戦しました

相変わらずなかなか山には行けない日々が続いていますが、家の近所でのウォーキングの方は雨や雪の降ってない時を狙ってなんとか雪のない舗装路を歩く感じで続けています。

そして先日、雪が積もって通れなかった田んぼ道もだいぶ積雪量が減ってきたので思い切って長靴でのつぼ足ウォーキングに挑戦してみました。

誰も踏み入れた形跡のない雪の上をズボズボと進んで行くのはちょっと気持ちいい(笑)
こんな風に深い雪の上を思いっきり歩くのは雪かき以外では子供の頃以来かもしれません。

しかし普通にウォーキングするよりも脚の上げ幅と抵抗が大きくなるせいか運動量がだいぶ変わりますね。
普段なら10~15分歩いてやっと身体が温まってきたかなと思うところが、つぼ足だど5分ほどで既にちょっと暑いくらいになっていました。
これを山でやるとなると相当な体力が必要そうだな…とちょっと心配になりましたが、それと同時に少しばかり心構えもできた気がします。

ちなみにこの時履いていた長靴は前記事「長靴登山に使う長靴を考える」で履いてみてフィット感が一番良かったアキレスの長靴。
やはり足にフィットしている長靴の方が深い雪に足を突っ込んだり出したりしても靴の中で足が遊びにくいので歩きやすいですね。


とはいえここ数日は天気のいい日もチラホラあったり、雪より雨の降る日が多かったりで雪解けの方も結構進んで平野部の田んぼなどでも土の地面の見える割合がだいぶ増えてきました。
つぼ足で山を歩く危険性は減っていますが、山の上から見たかった雪景色も今シーズンはお預けになりそうかな~とちょっと複雑な心境ですねf(^-^;)

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天