プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

五泉市山岳観光ガイドマップを入手しました

前記事「三条市下田地区の山塊地図をゲットしました」に引き続き、新たな山へ挑戦の準備としてもうひとつ山岳地図を入手しました。

日本酒でも知られる菅名岳や大蔵山・鳴沢峰を有する五泉市でも山岳地図の配布をしているという情報を入手してこちらもゲット。
五泉市の市役所や村松支所、五泉市観光協会まちの駅観光案内所などで配布を行っているという事で、今回は五泉駅前にある観光案内所にて入手することにしました。

五泉駅の辺りには普段はあまり行く機会が無かったのでどんな感じなのかな~と少しの不安がありましたが、駅舎の右手に駐車スペースと観光案内所があったので割とすんなりと来ることができました。

ちなみにこの時、加茂市の冬鳥越方面から五泉駅へと行きましたが、ついでにと思いその時のドライブ動画を撮っていたのでこちらも五泉駅に行く時など何かしらの参考になれば幸いです。
【車載動画】加茂~五泉ドライブ【コンデジ】(YouTube)





五泉市観光案内所。
営業時間は9:00~17:00、休業日は12月29日~1月3日との事です。

観光案内所の入り口を入るとすぐ左手にカウンターがあり職員さんがいらっしゃったので、「こちらで五泉市の山の地図ってありますか?」と聞くと「そちらにありますよ」とカウンターとは逆側、入り口右手のチラシ棚の方を指していただけました。
こちらの地図は観光パンフレットという事で、無料で頂く事ができました。
なんとも太っ腹(笑)





そして今回頂いてきた地図がこちらのふたつになります。

左が五泉市の山岳観光ガイドマップ、右は護摩堂山・高立山・菩提寺山のいわゆる新津丘陵がメインの里山歩きマップ。
右の里山歩きマップの方は旧新津の石油の里にある”里山ビジターセンター”で以前貰ったのと同じかなと思いましたがちょっと違うようでした。
折りたたんであるサイズはどちらもA4です。





五泉市山岳観光ガイドマップを開いてみるとこんな感じ。

大きさはA4の8倍になるのでA1でしょうか。
実測ではだいたい59cm×84cm弱といったところでした。
こちらの面には地図に記載されている各山のコースごとの距離や平均時間が登り・下り共にチェックポイントごとに書いてあって分かりやすい。
その他には五泉市の観光施設の案内がいくつかの他、五泉警察署や消防署の連絡先なども記載されているので万が一の時にも役立つかもしれませんね。





ひっくり返すと全体が地図になっていました。

登山コースまで載っている山は、菅名岳、大蔵山、鳴沢峰、白山、宝蔵山、木六山、銀次郎山、銀太郎山、日本平山、毛石山、権現山、雷山など。
※ちなみに日本平山の早出川ダムからのコースは五泉市公式ホームページによると「現在大雨災害により登山道上に崩落箇所があり、通行できません。」となっているようです。(2019年3月現在)





地図の縮尺は45,000分の1.。

水場や山小屋、危険個所の記載があるのはなかなか便利ですね。





今度自分が挑戦してみようと思っている大蔵山や菅名岳の辺りをアップにしてみるとこんな感じ。

目安時間もしっかりと記載されています。
ちなみにこちらの山岳観光ガイドマップは同じものを五泉市公式ホームページの観光パンフレットのページからもPDF形式でダウンロードすることができますが、やはり紙媒体の方が広範囲を大きく見れて登山口のある場所なんかも分かりやすい気がしますね。
そしてこちらも山でバッテリーを使わずに見れるというのが有利です。





次に里山歩きマップの方も見てみるとこんな感じ。

大きさはA4の4倍でA2くらいですね。
実測でだいたい59cm×41.5cmといったところ。
こちらの面には秋葉区・五泉市・田上町の温泉や観光施設の情報が載っていました。





裏面が地図。

護摩堂山と菩提寺山をメインに新津丘陵のコースがたくさん書かれていました。





地図の縮尺は26,000分の1。

こちらも様々な情報が載っていますね。
ちなみこちらは地図上には目安時間は記載されておらず、下のスペースに別で書かれていました。





護摩堂山・高立山・菩提寺山辺りをアップにしてみるとこんな感じ。

ふと気づきましたが、高立山の登山コースについては大沢公園からのコースなどは載ってないようですね。
こちらについては石油の里の里山ビジターセンターで配布している地図も合わせて使用した方がいいかもしれません。


そんな感じで五泉市・新津丘陵の山岳地図の紹介でした。
地図を入手したことで新たな山への挑戦意欲も上がったような気がします(^-^)



↓有名な山に登る場合のオススメ地図はこちら↓
山と高原地図


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

登山兼作業用長靴買い替え ここを選んでみました

長靴での登山はぬかるみなどでの汚れや、雨や浅い沢を渡ったりで濡れる事を気にせずにずんずん歩けてとても楽ですね。
新潟県の低山でも長靴を履いて山に登っている人を良く見かけ、自分自身も積雪期や雨後のぬかるみが予想される時などにはよく使用しています。

そんな長靴も今まで使っていたものがだいぶ痛んできていたため、新しいものに買い替える事にしました。

そこで今回は自分なりに「登山にも使え、普段の作業などにも使えるもの」という点を意識して長靴を選んでみたのでそちらを紹介してみたいと思います。



今回購入した長靴がこちら。
弘進ゴム(Koushingomu) ブルーザー G-5720W ブラック

国内長靴メーカー「弘進ゴム」の長靴。
正直、長靴のメーカーについての知識はあまり明るくありませんでしたが(ミツウマが田植え長靴でよく聞くくらいf(^-^;))、弘進ゴムは1935年創立の老舗メーカーのようですね。

今回はホームセンターで購入。
以前登山に行った帰りにそっちの方のホームセンター(チェーン店)で試し履きして「いいかも」と思っていて、自宅から最寄りの同系ホームセンターに買いに行ったら2店舗ほど回ったのに取り扱いが無かったので結局最初に見た店舗まで買いに行ったりしました(笑)

色は今回購入した「ブラック」の他に「ネイビー」もあって、自分の登山時のコーディネート的にはネイビーの方が合いそうでしたが、今回は長靴単体のカッコよさを優先してブラックを選びました(笑)
今回重さはあまり重視して選びませんでしたが、こちらはカタログ値で26cmサイズ片足720g、今まで使っていた長靴や一般的な長靴とそれほど変わらないかなと思います。




■まずは何より履き心地
”登山に使う”となるとやはり”長く歩く”事を意識してフィット感のいい歩きやすいものを選ぶ為、今回長靴を買い替えるにあたってホームセンターや靴屋、大型複合スーパーなどでたくさんの長靴に足を通してみました。
そうしてみるとほんと履き心地が違うんですよね、普段の靴のサイズで選んでも大きめに作られたもの、細身でフィット感のいいもの、ソールの厚い・薄い、などたくさんありました。
そんな中、今回の長靴は足にピッタリフィットする感じで靴の中で足の遊びが少なく歩きやすそうなものを選びました。

サイズは27cm EE幅。
多分このEE幅という少しスリム目な横幅によってフィット感がいいのかもしれませんね。
以前気に入っていて過去記事「長靴登山に使う長靴を考える」で紹介したアキレスの長靴にも似たフィット感があり、これが一番気に入った点かもしれません。

サイズに関しては本当は自分の一番合うところは26.5cmですが、メーカーのサイズ展開で26.5cmだけ無いようなので大きめの27cmを選び、インソールや靴下の重ね履きなどで対応する事にします。



アウトソールについては平均的な長靴と同じような厚さかと思うので硬い地面や岩の上などを長く歩いていると足が痛くなりそう。という事でインソールで対応します。

右が最初から入っていたインソールですが、これを取り出して左の踏み抜き防止ソールとクッション性の高いインソールの二重敷きに交換。
踏み抜き防止ソールについては以前の記事で紹介したものが間違って少し大きめのサイズのものを買っていたのが幸いしてそのままこちらに移植することができました(笑)

ちなみに一番左の青いクッションソールは今回は靴サイズが少し大きめなせいか靴の中で足の裏が滑る感じがしたので後に別のものに交換しました。
それと同時に靴下一枚履きでは同じく足の裏が滑る感じがしたのでパイル編み靴下の二重履きにしたら足のサイズも上がって隙間が少なくなり、滑りも少し収まりつつクッション性も上がりました。





■耐久性
今回選んだ長靴はメッシュ繊維で補強され引き裂き強度の強いものをチョイス。
今回長靴を購入する際に、同じ弘進ゴムでほぼ同じ履き心地でありつつメッシュ補強ナシの長靴もあり、そちらは1000円ほど安い価格だったのでどっちにしようか少し悩みましたが、やはり強度の強いものを選びました。

山で藪や木の枝・岩などで引っ掛けて破れて動けなくなる可能性が減ったり、普段の草刈りなんかでも刈り取ったあとの硬い茎の藪の上を歩く時などにも先に出た踏み抜き防止ソールと合わせて安心感があるかなと思います。





■内張りウレタン
自分が長靴で登山をする際は主に積雪期やぬかるみの多い秋~春先にかけてが多いので、防寒性のあるウレタンが内張りに張られたものをチョイス。
内張りウレタンがあると多少のクッションにもなりますね。

■履き口カバー付き
履き口にカバーがあると砂利や雪などが靴の中に入るのを防げるのであるものを選びました。
カバーが無い場合は長靴でも別途スパッツ(ゲイター)などを使用している人も見かけますね。





■スパイク無し
ぬかるんだ泥道や冬の雪や氷の上ではスパイクの付いた靴は歩きやすく、長靴に最初からスパイクが付いている「ピンスパイク長靴」も山で履いている人も良く見かけるアイテム。
ではありますが、山や登山コースによっては「スパイク長靴禁止」を掲げている場所もあるので(新潟県だと国上山や角田山の非公式コース等)、そういった山でも使えるようにスパイク無しの長靴を選びました。
そしてスパイクが必要な場合にはチェーンスパイクを使用して対処します。

こちらも以前購入したものがそのまま使えました。
以前は26cmの長靴にチェーンスパイクLサイズを装着したら少したるみの出るフィット感でしたが、今回の27cmの長靴ではたるみも少なく装着できました。


そんな感じで以上、自分が長靴を選んだポイントの紹介でした。
今回購入した長靴はサイズだけ惜しかったものの自分の欲しかった要素がほとんど入っていたのでとても気に入っています。

自分自身まだまだ登山において初心者なので「絶対これがいいよ!」というものでは全くなく、また他にもっといい長靴もあるかもしれませんが、これから長靴登山をしてみようかなと考えている方の長靴選びの少しでも参考になれば幸いです。





その他気になる長靴。



↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

BICライターを購入しました

登山においてライターは山の上でバーナーや固形燃料に火を点けて温かい食べ物を取ったり、遭難などの緊急時には焚火で暖を取ったり(通常時の山においては焚火は基本的に禁止ですが)、木をいぶして狼煙を上げたり、暗闇で明かりを取ったりと携行しておくと何かと便利なアイテムのひとつですね。

いわゆる100円ライターと云われる使い捨てのガスライターなんかは最近だと100均で4~5本セットで100円なんてものもあり、自分もそれをいくつかザックやポケットに常備していました。
しかし100均で買ったようなライターの場合、使っていくうちにガスの出が不安定になったりして火が点かなくなったりする事がある。
万が一の時にそうなったら命に関わる場合もあるかもしれません。

そこで今回はBICのライターを購入したので紹介してみたいと思います。

BICライター、見た目は他の使い捨てライターと同じようないわゆる100円ライター。
ですが、こちらはレギュラータイプの定価で一本130円(税別)、スリムタイプの定価で一本120円(税別)、ミニタイプの定価で一本110円(税別)と、100均で売っているものと比べるとちょっとだけお高め。
しかし、登山において必要な要素をいくつも含んでいるライターです。





BICライターはフランス発のブランドライター。
1970年代に火炎調節機能付きのライターが発売されて以来、40年以上多くの人に愛用されているライター、との事ですね。

カタログ値で約3000回を明記する着火回数(レギュラータイプ)、炎の安定性、ボディの耐火性など、長年信頼されているそれらは登山においても必要な要素ではないでしょうか。


■使われているガスは無臭性のイソブタンガス
100均などで売られている使い捨てライターに使われているガスは基本的にはブタンガス(ノルマルブタン)、またはイソブタンとブタンガスの混合ガスが多いようですが、BICライターの場合はイソブタン100%。

ノルマルブタンは気化温度が約-0.5℃
イソブタンは気化温度が約-11.7℃

という事で、イソブタンの方が低い温度下でもガスが気化しやすく燃えやすいので冬山や高度が高く気温の低い山ではより信頼性がありますね。

ただし、BICライターの欠点としては残りのガス容量が見えないのでそこだけ注意が必要です。





■登山に持っていくならフリント(火打石)式
ライターの着火方法には発火石をやすりで削って飛ばす「フリント式」と、スイッチを押す事で電気の火花を発生させる「電子式」があり、BICライターでもそれぞれ商品が出ていますね。

電子式の方がスイッチをカチッと押すだけで簡単に火が点き石の減りなども気にせずに使えて便利ですが、登山の場合は2000mを越える高山や寒い場所では気圧や気温の低下によって発火できなくなることがあるようです。

フリント式やマッチなら高山や低温下でも発火できるようなのでこちらを選んでおいた方が無難ですね。
ただし、やすり部分が濡れると発火しにくくなるという欠点はあるので濡らさないように携行した方が良さそうです。

そして最近のライターでは子供が遊んで火を点けて火事になったり事故になったりといった誤使用を防ぐ為にCR(チャイルレジスタンス)機構が付いていますが、BICライターはやすり部分にカバーが付いていて少し押し込むように操作しないと着火できないようになっていました。
しかしこれは自分が操作してみた感じでは、たまにほんの少し引っ掛かるような感じはあるものの大人が普通に火を点ける操作をする分にはほとんど気にならないくらいだと思いました。


という感じで以上、BICライターの紹介でした。
山に登っていざバーナーに火を点けようとしたら点かなかったり、万が一の事故・遭難時に「使えない!」という事が無いようにしたいですね。

自分も「お金を掛けずに山を楽しむ」をモットーに安いアイテムなどから登山を始めた身ではありますが、少しずつ道具もレベルアップして高い山にも挑戦していきたいと思います(^-^)









↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天