プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

Tatuer LED懐中電灯 レビュー

夏になり花火を見に行ったりで夜間の外出や山に行く機会も増えた事や、山での万が一に備えて明るい懐中電灯が欲しいなと思っていました。
そんな中、ちょうどAmazonで買い物をする機会があったのでついでにと良さそうな懐中電灯を探してみると気になったものがあったので購入してみました。
今回はそちらについてレビューしてみたいと思います。


今回購入した懐中電灯がこちら。
Tatuer LED 懐中電灯 強力 超高輝度 ハンディライト 1000ルーメン ズーム機能 5モード 小型 フラッシュライト SOS点滅 防水 アウトドア 登山 軍用 停電 防災対策 18650/単四電池対応 2個セット

Amazonで「懐中電灯」で検索するとよく出てくるタイプの懐中電灯ですが、こちらはそれが2つセットになったもので、自分が購入した時の価格はなんと699円。(価格は変動することがあります)
正直、あまりの安さにダメ元という感じではありましたが、もし使えれば登山用と家での普段使いや停電・災害時の備えにもなるかなという事で購入に踏み切ってみました。

販売元はTatuer-jpという中国メーカー。
中国メーカーのものは注文から手元に届くまで長期間かかるものがあったりするようですが、今回は「Amazon.co.jpが発送します。」となっているものを購入したので他に注文した商品と一緒に2~3日ほどで届きました。





購入時はこんな感じのケースに入っていました。

ケースはさすがにちょっと安そうなプラスチック感がありますが、この価格でこんなケース付きというのはなかなか凄いですね。
ちなみに、ケースの右上に最初型番などが書かれた白いシールが貼られていましたが、剥がしてみたところシールが破れやすかったりノリが残ったりで綺麗には剥がれませんでしたf(^-^;)





四か所の留め具を外して開けてみるとこんな感じ。

懐中電灯は一本ずつプチプチ(エアキャップ)の袋に包装されていました。
電池は付属しませんが、本体内に単四電池ケースと、18650電池用のスペーサーが付属しました。





懐中電灯を出してみるとこんな感じ。

商品説明によると、「米国CREE社製のCREE XM-L T6を搭載、照射距離最大約500メートル、明るさ約1000ルーメンでの強光ズーム式懐中電灯」との事。
ボディもアルミ合金製との事でシッカリ感がありました。





点灯スイッチはおしりの部分。

ボタンをカチッと音がするまで強く押し込むと点灯・消灯。
点灯したままカチッと言わないくらいで軽くボタンを押すと強→中→弱→点滅→SOS→強に戻る、とモードが変わりました。
点滅・SOSは強と同じ明るさで点灯するようです。

ちなみに、強で点灯した状態から消灯し、次に点灯するとモードは中からの点灯、SOSで消灯すると次の点灯は強、という風に次のモードに変わって点灯するのようなのでそこはちょっと面倒くさいかなf(^-^;)





ここからは自分が山に行く時に”万が一の時に無いよりはマシ”程度でザックに常備している100均のズームライトと比較してみたいと思います。

今回購入したライトの方が少し長さが大きい。
どちらも単四電池使用のライトですが、電池ケースについてはTatuerの方が端子が長かったりするので互換性はありません。
100均の物はボディが樹脂製で落とすと割れたりする事がありましたが、今回の物は金属製なので安心感がありますね。





大きさの比較として並べてみました。
上から100均ズームライト(ズームした状態)
Tatuer LED懐中電灯(ズームした状態)
Tatuer LED懐中電灯(非ズーム状態)

サイズ的には
100均ズームライトが11.4cm(長さ)(非ズーム時の長さは10.5cm)×3.5cm(一番太い所の径)
Tatuer LED懐中電灯が14.2cm(非ズーム時13cm)×3.4cm位





重さを比較。

今回のTatuer LED懐中電灯は単四電池3本込みで約130g。
手に持つとちょっとズシリと来る感じがします。





100均のズームライト。

こちらも電池込みで約80g。
Tatuerとは50gほどの違いがありました。





ライトを点灯しての比較。
右がTatuer LED懐中電灯、左が100均ズームライト。
どちらも新品の電池を使い一番明るい発光、一番ワイド照射状態です。

いやぁ、Tatuer明るい。
100均ズームライトは明るさの切り替えが無くON・OFFのみでこの明るさが限界ですが、Tatuerは弱にしても100均ズームライトより少し明るいかなくらいの明るさがありました。
ライトの先端から床までの距離はほぼ同じにしていますが、照射範囲もTatuerの方が広いですね。

Tatuerの方は興味本位でちょっとだけ点灯している発光部を覗いてみたところ、ほんの数秒見ていただけで光の残像が結構しばらく目に残ったので、長時間見ていると目への悪影響も実際にありそうな明るさ。
使用時はできるだけ人の顔を照らさないようにした方がよさそうです。

それにしても、明るさは100均のライトの方でも結構満足していましたが、さすがにこれは井の中の蛙状態でしたねf(^-^;)
最近の懐中電灯は進化してるんだなぁ…。
とはいえ、100均のライトも発光部の側面から光が透過するので夜間のウォーキングの時に照射部を下に向けて歩いていても車などに存在を知らせるのにはいいので気に入ってはいますが。





ついでにこちらはTatuer LED懐中電灯2本で光に違いがあるか見てみました。

写真ではほとんど分からないくらいになってしまいましたが、左の方が若干色温度が高い(青みが強い)感じがしました。
やはりLEDチップの個体差は少しあるようですね。





そして山で実際に使ってみた感じがこちら。
明るさは強、一番ワイド状態。

他に明かりの無い真っ暗な所でなるべく実際の見た目に近い感じに撮ったつもりです。
照射範囲も広く、明るくて視認性がいいので暗いライトを使った時より不安感がだいぶ減ったように思いました。
山を歩く常用なら中くらいの明るさでも良さそうかなと思いましたね。

明るさ強をメインに中・弱も使い分けて合計4時間ほど使用した頃には電池の消耗による明るさの減衰は確認できたので、予備電池は用意しておいた方が無難そうです。



そんな感じでレビューしてきました、Tatuer LED懐中電灯。
個人的に5点満点で点数を付けるなら、
★★★★☆
4点、といったところでしょうか(^-^)

操作性のごちゃごちゃ感がちょっと気になりますが、この価格で2つセットのうえこの性能なら個人的満足度はとても高かったですね。
ただし、これは2回ほどの夜間山行をしてみての点数で耐久性や防水性に関してはまだ評価外ですので、また使っていくうちに気付いたところがあれば追記したいと思います。


…と高評価でレビューしましたが、さすがにこれ一本だけで山に行くのはまだ信頼性に疑問がありちょっと怖いので、ヘッドライトや予備ライトも用意して何かあっても対処できるようにしようと思います。
自分は”お金をかけずに山を楽しむ”というコンセプトでやってますが、安物を使う場合にはそれに合ったレベルの山選びや技量・装備が必要になると思いますね。







↓ブログランキング参加してます↓



THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

ザックのストックなどを留めるゴムロープを交換してみました

今までに何回もの登山を共にしたマイザック。
ある日、登山の準備をしている時にふと気づくと、ストックなどを括り付けておくためのゴムロープのゴムが切れて伸びているのに気づきました。

中のゴムが切れてデコボコになったゴムロープ。
あらら、一時期すぐに登山に行けるようにトレッキングポールをザックに付けてテンションをかけたままにしていた時期もあったので劣化が進んじゃったかな。
一応皮糸で繋がってはいるけど、山に行ってる最中に切れたら面倒だし何とかしないと…。
と、この辺のパーツなどを見ていると何とか自分でもゴムロープを交換できそうな感じだったので、今回はこちらの交換に挑戦した様子を書いてみたいと思います。





まずは前準備としてゴムロープの太さをチェック。

3mm幅のロープなので同じ太さで交換します。





交換用のゴムはネットで探してみるとすぐに見つかりました。
今回使用したものは、
金天馬 アウトドア用ゴムロープ 3mm 3mカット 黒

アウトドア用と書かれているように、芯ゴムにカーボンが混ぜられていて耐久性が強化されているのと、ポリエステルの皮糸で水切れもよく伸びを抑えてしっかりと作られたゴムロープ、との事。

色はできれば元々のゴムロープと同じグレーにしたかったところですが、グレーの商品はなかなか見つからなかったので入手性の良さと他の用途にも使い回しのしやすさでこちらを選びました。





交換の作業へと入っていきます。
このゴムロープを交換するのは初めてだったのでちょっとドキドキ(笑)
まずはザックのゴムロープの先端に付いているコードエンドストッパーを外します。

ストッパーをよーく見ると爪で蓋が閉まっている感じなので、指の爪やドライバーなどで隙間を開けてやると割と簡単に外す事ができました。

ちなみに違うザックのものを見てみると、このタイプとは違う上下2分割式?っぽいものもあってそちらは外し方がよく分からなかったので、その場合はストッパー自体も新しいものに交換するのも手かもしれませんね。







ストッパーを外してみるとこんな感じ。

こんなトゲトゲでしっかり噛んでるんですね~(゜o゜)





そしてスライド式のストッパーを外す。

こちらはいつものスライドさせる要領で簡単に外れました。
これでゴムロープもザックから外せます。





新しいゴムロープをカットするために必要な長さを調べる。
内ゴムが切れているものはビロビロに伸びていたので、まだ切れていないもう片方のゴムロープも外して計ってみました。

写真の状態だとちょっとたるみがあって27cmになってますが、まっすぐ伸ばすと大体28cm。
という事で新しいゴムロープも28cmでカットしました。






ゴムロープは皮糸が化繊の場合はライターなどで切り口を少し炙ってやると纏まり良くほつれ止めにもなりますね。

左が切りっぱなし、右が炙った状態です。
元々ザックに付いていたゴムロープはやってなかったっぽいので無理にやらなくても大丈夫かもしれませんが、何となくやっておいた方が気分がいいですね(笑)





ザックの取り付け部への通し方確認。

こんな感じで二重の輪っかになればOK。





ゴムロープを通したらストッパーを外したのと逆の手順で付けて交換完了。

やったー、綺麗に直ったー(*´▽`*)
ついでに、片方だけ替えると左右で色が違うのがちょっと気になったので、この機会に切れてない反対側のゴムロープも交換しました(笑)

先にも書いたようにストッパーの種類によっては交換がちょっと難しい場合もありますが、今回やってみた感じでは結構簡単に交換することができましたね。
これで不安要素がひとつ減ってまた安心して山に行けそうです。



ちなみに今回新しいゴムロープを使ったのは3mのうち60cm弱で結構な長さが余りましたが、また切れてもすぐに交換できるし、それ以外にもザックの外側に荷物を括り付けたりするためのバンジーコードなどにもできるので、一つ持っておくと便利かもしれませんね(^-^)




↓ブログランキング参加してます↓



THEME:アウトドア | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

コメリ ネオフィットショートブーツ 長靴 レビュー

長靴での登山はぬかるみなどでの汚れや、雨や浅い沢を渡ったりで濡れる事を気にせずにずんずん歩けてとても楽ですね。
新潟県の低山でも長靴を履いて山に登っている人を良く見かけ、自分自身も積雪期や雨後のぬかるみが予想される時などにはよく使用しています。

そしてまたひとつ、登山に使えそうな長靴を発見・購入したのでそちらをレビューしてみたいと思います。


今回紹介する長靴がこちら。
「コメリ ネオフィットショートブーツ (チャコール)」

コメリに行った時に長靴コーナーを何気なく見ていたらふと目に留まった長靴。
ウェットスーツ素材を使用していて、試しに足を通してみるとその名前通り本当にフィット感がよく歩くのにとても良さそうで一目惚れ(一履き惚れ?)といった感じでした(笑)

今回購入した、足首よりちょっと長いショート丈のものと、ひざ下まであるロング丈のものの二種類があり、価格はコメリ何件か回ってみた感じではショートが平均1980円、ロングが平均2980円といった感じでしたが(2019年6月時点)、ある一軒の店舗ではそれよりも安い価格になっていたのでそちらで購入しました。

サイズはS(23.5~24cm)、M(24.5~25cm)、L(25.5~26cm)、LL(26.5~27cm)とあったかと思いますが、自分は足のサイズが実測で25.5cmなのでLサイズを選んだところほぼ足の遊びもなくピッタリ。
LLだとちょっと靴の中で脚が滑りそうかな、といった感じでした。

色はチャコールとグリーンの二色があり。
安売りしていた店舗では在庫がチャコールしかなかったというのもありますが、最近の自分の登山の服装に合いそうなのがチャコールだったのでちょうど良かったですね。

ちなみにお店での取り扱いは大きい店舗ならありましたが、小さい店舗では見かけなかったように思います。

ウェットスーツ素材系の長靴というと農家的には農業系のチラシなどでたまに見掛けるアトム:グリーンマスターが思い浮かびますが、コメリのはそれの廉価版といった感じでしょうかね。





長靴の胴体部分にウェットスーツ素材が使われていてフィット感がとてもいい。

柔らかさのある生地で足首を曲げるのもやりやすいし、クッション性もありますね。
フィット感がいい分脱ぎ履きはしにくく手を使わないといけないくらいで、長靴に付いていたタグの注意書きにも「頻繁に脱ぎ履きする使い方には適しません。」と書かれています。
長靴の作り的にはやはり安価なせいか、接着剤のはみだしなどは少し見られました。





アウトソールはこんな感じ。

ソールパターンは細かく土などは詰まりにくそうですが、ぬかるみなどで柔らかい土が付いて溝が埋まった時には滑りに注意かもしれません。
普通に濡れた砂利道や粘土質が固まった登山道を歩く分にはグリップは問題なしかと思いました。
インソールについては別で付属するようなものはありませんが、生地自体に少しクッション性があるかなといった感じですね。





ソールはつま先の先端まで厚みがあるので、つま先をぶつけても多少の保護性はありそう。
とはいえ上側は柔らかいので落下物などには注意です。

ソールの厚さ的には普通の長靴と変わらないくらい。
ですが、やはり砂利や岩などの硬いものを踏むとちょっと足の裏が痛くなるかなといった感じですね。
足の裏の痛さ対策で踏み抜き防止ソールなども入れたいところですが、試しに入れてみたところ元々のフィット感の良さ故にあまり厚手のインソールだとギュウギュウ感が強くなる感じなのと、この長靴ではせっかくのしなやかさが薄れてしまう感じがしたので、この辺の調整はなかなか難しいですねf(^-^;)
薄手で硬めのインソールがあったら良さそうかな~。





履き口部分はゴム紐で閉める事が可能なのでゴミや砂利などの侵入も多少防げそう。

ですが、生地自体の弾力が結構あるのでキツく閉めるのはちょっと難しいかな?
左が開放状態、右がゴム紐を絞めた状態です。
グリーンマスターのロング丈のものだと面テープが使われているのでしっかり閉じれそうですが、この辺も安価ゆえでしょうかね。





そして実際の山歩きにもこの記事を書くまでに2回ほど行ってきました。

一回目は「2019年6月29日 雨の護摩堂山 登山 紫陽花園」でしたが、雨降りの中や水たまりを歩いたり、靴を洗うのにホースで水をバシャバシャとかけた程度ではもちろん浸水はナシ。

長靴は以前紹介したものもお気に入りではありましたが、歩きやすさに関してはこちらの方が気に入ったかもしれません(^-^)


という事で、この長靴を山で使う前提で個人的に5点満点で評価するならば、
★★★★☆
4点、といったところでしょうか。
(ちなみに家の周りなどで頻繁に脱ぎ履きする使い方だとしたら評価は★★★☆☆3点くらいですかねf(^-^;))

里山低山で二回使った時点での評価なので、これからまた使っていくうちに気付いたところがあればまた追記していきたいと思います。


今回購入した時は安売りしていた店舗で合うサイズの在庫がショート丈のものしかなかったのですが、機会があればロング丈のものも欲しいなと思いました(^-^)





参考までにグリーンマスターもどうぞ。





↓ブログランキング参加してます↓



THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天