プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

三条市下田地区の山塊地図をゲットしました

雪解けが進み花も咲いて春の陽気が強まってきた昨今。
山も雪が融けたらまだ行った事の無い新たな山にも挑戦しようかなという事で、その準備にと思い山に登りに行けなかったある週末に山の地図を入手しに行ってきました。

まずは地元三条市は下田地区の山の地図があるという情報を入手したので、そちらを手に入れるため下田地区の道の駅、漢学の里しただへ。
こちらで「下田山塊 山岳地図」をゲットしました。

こちらの地図は1部200円にて販売されています。
道の駅の特産品販売コーナーのレジの方に「下田地区の山塊地図ありますか?」と聞いたら後ろの棚から出していただけました。
正面入り口から入って右奥のコーヒーの自動販売機などがあるスペースにもこの地図と同じものが貼られていたので、購入する前に実物を確認することもできますね。

他にも、植物や山の様子を写真入りで紹介している1部400円の冊子もあるようですが、そちらは今回は購入しませんでした。

ちなみに今回こちらで購入した地図は三条市役所の下田庁舎や他の所でも何ヵ所か購入できる場所があるようですが、自分の探しようが悪いのか三条市のホームページがリニューアルされてからその情報が書いてあったページに行けなくなってしまったので(2019年3月現在)詳しくは謎です(´・ω・`)
買いに行く直前までは見れてたんだけどなぁ…。




ちょっとおまけでこの時に道の駅から見えた山の写真。

左に袴腰山、右の奥に粟ヶ岳がありますがこの時は雲がかかっていて見えませんでした。
粟ヶ岳もそろそろ挑戦してみようかなと思っている山のひとつです。





こちらは景勝・八木ヶ鼻の絶壁と、その奥に白根山…かな?

ここから見える景色は好きです(*´ω`*)





さて、地図に戻りまして、開いてみるとこんな感じ。

右下にB5のコピー用紙を置いてみましたが、大きさ的にはこれの3×3より少し大きいくらいなのでB2に近い変形サイズでしょうか。
実測ではだいたい79cm×59cm。
ちなみに最初の折りたたんだ状態だと20cm×15cmくらいでした。





地図の縮尺としては35000分の1。

コンパスを使いながらの読図に使うなら25000分の1の地図がいいようですが、自分はまだそこまでの知識も経験も無いので問題なしかなf(^-^;)
道なき道を行くくらいのベテラン登山者には物足りない地図かもしれませんね。





こちらの地図は車道や登山道の他に、未整備の山道や踏み跡・廃道も載っています。

個人的にこれはなかなか便利だなと思いました。

登山コースまで載っている山の範囲としては、粟ヶ岳、白根山、光明山(平成23年の土砂崩れから登山はご遠慮くださいとなっているようですが)、番屋山、あと守門岳も一部載っていますね。





一部だけ切り抜いて、登った事のあるヒメサユリの小道や袴腰山付近をアップにしてみるとこんな感じ。

参考時間も書かれていて、初心者的にも分かりやすいかなと思いました。
大きく広い地域を見れるので登山口の場所なんかもイメージしやすい気がしますね。

地図はスマホのアプリなどでも見る事ができますが、やはり紙の地図は全体が見やすくていいですね。
バッテリーの心配をする事なく使えるのも山では有利。
下田地区の山に登る時には必携の1枚となりそうです(^-^)



↓有名な山に登る場合のオススメ地図はこちら↓
山と高原地図


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年11月3日 袴腰山 登山 八木ヶ鼻コース 後編

前記事「2018年11月3日 袴腰山 登山 八木ヶ鼻コース 前編」からの続きになります。

三条市は下田地区の袴腰山を八木ヶ鼻コースから登山。
登頂し、頂上で休憩を取ったあとは下山へと入ったのでした。





今回は登ってきたのと同じ道を戻るピストンで下山を開始。

粟ヶ岳側にある登山道を下りていきます。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年11月3日 袴腰山 登山 八木ヶ鼻コース 前編

2018年11月3日
秋も深まり紅葉も各地で見頃を迎えていたこの日、地元周辺の山でもそろそろ見頃になったかなと気になっていました。
特に気になったのが三条市は下田地区の紅葉で、見に行くなら下田の方で登山するか、はたまた昨年の「下田で紅葉ドライブ その2」のようにまた大谷ダムの方へドライブに行くかと悩みましたが、そういえば下田の山で「袴腰山」には一度ヒメサユリの小径の方から登ったけど、八木ヶ鼻の方から登るコースはまだ行ってなかったなという事で、この日は袴腰山へ行く事にしました。

当日は少しゆっくりめの午前中に家を出て11時過ぎに登山口のある景勝八木ヶ鼻の麓の八木鼻公園に到着。

八木鼻公園から見上げる景勝 八木ヶ鼻。
天気も快晴とまさに登山日和でした。





準備を整えて八木鼻公園から出発。

公園の向かいにある登山者駐車場から遊歩道へ入ってまずは八木神社へ向かいました。





絶壁の真下の遊歩道を歩いてくると分岐路が。

登山道はここから右手の方にあるのでそっちかなと右の道へ入る。
しかし少し進むと、いつの間にやらどうも以前地面を工事して通行止めになったスペースの中を通っているような感じになったので「あれ?」と思いながら左の道の方に軌道修正しましたf(^-^;)





そしてまずは八木神社に到着。

登山の無事をお祈りして神社の右手にある登山口へと進みました。





神社の右手には登山届入れがあるので記入。

こちらは書いてきた用紙を入れてもいいし、ノートが入っているので日時・名前・住所・人数などを記入でもOK。
自分はノートに記入しました。
ちなみに、書き込んである件数はこの日山の中で見た人数よりも少ない感じだったので書かずに登っている人も結構いるみたいですねf(^-^;)
いつ何があるか分からないのでしっかり書いておくのがおススメです。

そして登山スタート。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天