プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2016年11月13日の弥彦もみじ谷と菊まつり

この日はまた夜に弥彦公園のライトアップされた紅葉を見に行ってきました。

観月橋の下の通路から橋を入れて。





橋を見上げる感じで一枚。

この日の紅葉は先日来た「ナイトウォーキング&紅葉と菊まつり」や「2016年 弥彦公園もみじ谷の紅葉」の時よりも木によっては葉が落ちてスカスカになっている部分も増えていましたが、まだまだ見頃といった感じでした。





弥彦駅側に行ったところの池で水鏡になった紅葉をパシャリ。






水鏡をもう一枚。

去年は左側の暗い部分の木もライトアップされていたんですが、今年は暗いままだったのでちょっと残念でしたね。





弥彦公園で紅葉を見たあとは、せっかく弥彦に来たので弥彦神社にも寄っていきました。

この日は「玉の橋」にも照明が点いていたのでパシャリ。
自分が立っていた橋の下にもライトが点いていたので水に浮かんだ落ち葉も綺麗でした。





そして菊まつりの風景飾りもまた一枚。

先日撮った写真では「弥彦菊まつり」の文字に花がかかってしまっていたので今回はその辺を意識して撮影。
なんとかリベンジできたかな?(笑)

といった感じにまた弥彦の紅葉と菊まつりを堪能してきました。
リアルタイムでは既にシーズンを終えてしまいましたが、まだ来た事がない人・県外の人などにもぜひオススメしたいスポットです。


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

電気こたつのコードが断線

寒くなりこたつが恋しい季節になりましたね。
そういう我が家でもしばらく前から家族が集まる居間に電気こたつをセットして稼働しています。

しかし先日、こたつの電源を入れても温かくならないという事態が。

おかし~な?と思い配線などをチェックしてみると…






ありました!
写真ではちょっと分かりにくいですが、電源スイッチから延びるコードの根本が折れ曲がって断線しているようでした。

普段あまり意識していませんでしたがスイッチを入れたり切ったりするのに持ち上げた時に結構キツイ角度で折れ曲がっていたのかもしれません。
こういうところから火災になるケースもあるようなので危ないところでした。

という事で原因は発見。
しかし、替えの電源コードなんてあるのかな?もしかしてこたつ買い替え?と不安になったりもしましたが…とりあえずネットで検索してみたら替えのコードが販売されているようだったのでホッとしました。



通販で買う事もできましたがすぐに使いたい物だったので近場でも売ってるかなと探してみたらホームセンターにも取り扱いがありそちらで買うことができました。

購入したのはオーム電機の「コタツコード 3m灰/白 ストレートプラグ」
こたつに付属していたものとほぼ同じ形のものです。
このコードに交換してスイッチを入れてみたら無事にこたつが温かくなりました。



ちなみにコードを買う時に気になった点をひとつ。

こちらは断線した方のコードのこたつに接続するソケットですが、ここに記載されている"7A 250V"の文字。
これはこのコードやソケットの許容電力量を表したものですが、新しく買った方のは"7A 125V"となっていたので大丈夫かなとちょっと心配でしたね。
しかし調べてみると国内の家庭用電源では基本的に100V以内の電力量しか使用されていないとの事で大丈夫なようでした。
(まあ…断線したコードもこたつ側ソケットが250Vでもコンセント側のソケットが125Vになっていたので許容電力量も結局125Vだったのかもしれませんがf(^o^;))

実際に新しく買ったコードを繋いで使用して既に数日経過していますが特に不具合もなく使えています。
こたつによってソケットの形状が違うものがあるようなのでそこだけ注意ですが、替えのコードがちゃんと売ってるのはありがたいですね。

何はともあれよかった~、これで寒い冬も乗り切れそうです(*´∀`)=3



近くに店舗や取り扱いが無くてもamazonや楽天でも買えるので便利ですね。
amazon


楽天




↓ブログランキング参加してます↓



THEME:♪♪生活を楽しむ♪♪ | GENRE:趣味・実用 |

2016年 弥彦山の紅葉

こちらも前記事「2016年 弥彦公園もみじ谷の紅葉」「2016年 弥彦菊まつり」と同じ日になります。
弥彦公園もみじ谷、弥彦神社と見たあとは弥彦山の紅葉も気になるよね~と登ってみる事にしました。

登ってみる、といってもこの日は登山でなく弥彦スカイラインを車で登る方でしたが。
中腹にあるグライダー基地に寄って寺泊方向を撮影。

おお~、山に見える紅葉、向こうの寺泊の町並、そして日本海と、とてもいい景色を見れました。
ちなみにこの写真を撮ったグライダー基地は弥彦スカイラインの道路沿いにあり車も10数台ほど停めれるくらいのスペースはありますが、路面状況が未舗装で岩がゴロゴロと剥き出ていたり凹凸が大きかったりするので、車高の高い車なら楽勝ですが普通の車だと入るのはちょっと勇気が要ります。





そして山頂駐車場へ到着。
この日は有料で乗れるクライミングカーに乗って駐車場から一段上の山頂レストランまで行ってみる事にしました。

クライミングカーの中から駐車場と山肌の紅葉をパシャリ。
山肌も赤みを帯びて綺麗でした。
そういえばクライミングカー自体の写真を撮るのを忘れてました(笑)





そして山頂レストランへ到着。
山頂レストランの建物は四階建てで、一階が売店と軽食コーナー、二階がレストラン、三・四階が屋上でレストラン以外は営業時間内であれば無料で立ち寄る事ができます。
という事で屋上に上がって越後平野をパシャリ。

生憎の曇り空ですがやはり弥彦山からの眺めは素晴らしいです。





屋上から多宝山・新潟市方向をパシャリ。

右側にある建物がロープウェイ乗り場、左側の山が多宝山、左下に見える道路が弥彦スカイライン。
ロープウェイ乗り場の後ろに見える越後平野との遠近感がなんか好きです。

屋上で景色を堪能したあとは、ここから徒歩でもう15~20分ほどで弥彦山の山頂へも行けるので行きたいところでしたが、寒さもあってこの日はちゃんとした装備もしていなかったので断念。
またクライミングカーで駐車場に下り、そのまま帰路へとつく事になりました。

といった感じでこの日は弥彦公園、弥彦神社、弥彦山と弥彦を満喫した一日でした。
秋の弥彦は見所いっぱいですね(^-^)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2016年 弥彦菊まつり

前記事「2016年 弥彦公園もみじ谷の紅葉」と同じ日、弥彦公園の紅葉を見た後は弥彦神社で行われている「弥彦菊まつり」の方にも行ってきました。

弥彦神社一の鳥居。

鳥居の後ろに見える木も紅葉が進んでいました。





鳥居をくぐって参道に入り、参道にかかる橋の上から「玉の橋」をパシャリ。

奥に見える半円の橋が玉の橋。
別名「御神橋(ごしんきょう)」とも呼ばれ、神様の渡る神聖な橋として建造されたもの、との事です。
人が渡る事はできませんが、川沿いの通路を進むと間近で見る事もできます。





先へ進んで菊まつりの風景飾りへ。

写真はなるべく空いた所を撮りましたが、こちらも多くの人で賑わっていました。





少し待っていたら人の切れ間に撮る事ができました。
風景飾りのテーマは「京都 嵐山」

先日のナイトウォーキングの暗い時に見たのとはまた雰囲気が違って綺麗でしたね。





参道にも小屋が建ち多くの菊が飾られていました。






淡い黄色・白・紫のグラデーションが綺麗です。






この日は摂社・末社へも寄ってみました。

小さな社が建ち並び、それぞれに神様が祀られています。
ここの風景はなんか好きです。





摂社・末社付近でハートを見つけたのでもみじ越しにパシャリ。

もみじとハート、どっちをボカそうか、はたまた両方ピントが合うように撮ろうかと迷いつつ何枚か撮りましたが、採用はハートぼかしで。
ハートがある事はあまりよく知りませんでしたが、軽く調べてみたところ弥彦神社の所々にハートの形をした飾りがあるようですね。
意識して探してみるのも面白いかもしれません。





参道へ戻り拝殿へ向かいます。
振り返って参道をパシャリ。

こちらも多くの人が行き来していました。
やはりこの時期の弥彦神社は賑わいますね。





そして神社で参拝を済ませ、車へと戻る事に。
その途中に鹿のいる檻があるので寄ってみました。

立派な角が生えた鹿が一頭開けたところでどっしりと鎮座していました。
ここのボスかなと思わせる風格がありましたね。





他の鹿も。

こちらは背中にうっすらと白い点々の模様が残っているので子供から大人に変わる途中の鹿でしょうかね。
この子達は檻の中を歩き回ったり観光客からエサをもらったりしていました。





角の生えた鹿をもう一枚。

なんとも男前な顔をしている気がします(笑)





そして駐車場へ戻り車へ。

駐車場からは紅葉の進んだ多宝山が見えて綺麗でした。

弥彦神社の菊まつり、毎年多くの人出があるので混雑を嫌ってあまり来ない事もあったんですが、たまに来てみるとやっぱりいいものですね。


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2016年 弥彦公園もみじ谷の紅葉

前記事「ナイトウォーキング&紅葉と菊まつり」で夜の弥彦公園もみじ谷の紅葉を見てきましたが、その後、日中にも見頃のうちに見てこれる機会がありました。

日中という事で当日は駐車場は有料、自動車は300円、大型車は1000円の駐車料金が掛かりますが、こちらの公園の紅葉は見頃の時期に来ればそれだけの価値はあると思います。

駐車場に車を停め、公園を歩いてもみじ谷へと向かいました。
その途中で池に寄って弥彦山をパシャリ。

池はちょっと波立っていましたが紅葉で赤く染まった逆さ弥彦を撮る事ができました。





そして通路に戻りトンネルを抜けるともみじ谷が見えてきました。

赤く色づいた木々が見え始め期待は高まりました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

ナイトウォーキング&紅葉と菊まつり

少し前にグループ登山のメンバーと「弥彦公園もみじ谷の紅葉が見頃になったらそこでナイトウォーキングしよう」と計画していました。

天気予報と紅葉情報を見ながら日程を選び、そして晴れと紅葉の見頃が重なった2016年11月7日に決行。
この日は平日でしたがメンバー全員が仕事終わりに予定を合わせてくれたりして一人も欠ける事無く開催することができました。

当日は公園の駐車場に現地集合。
紅葉のこの時期は、11月1日~11月24日の午前9時~午後4時までは駐車場が有料になりますが、それ以降はいつも通り無料に戻るのでお金の負担も無くて済みました。

午後8時に集合してそれからもみじ谷へと出発。
前回一人で様子見に来た「2016年10月30日の弥彦公園もみじ谷」の時とは比べ物にならないくらい鮮やかな紅葉が出迎えてくれました。

公園半ばの観月橋付近。





うひょー真っ赤っか(´∀`)

この日はちょうど見頃になった前半、といった感じで葉の形も綺麗でしたね。





観月橋の上から。

紅葉はウォーキングのついでに見る予定でしたが、ここでしばらくみんなで紅葉撮影会になりました(笑)
まぁ…自分は最初から撮る気マンマンでカメラをセットしていた訳ですが(゚∀゚)
普段はあまり写真を撮らないメンバーもスマホや携帯でパシャパシャ。
携帯のオートで撮っていたメンバーが「写真の紅葉の色が緑っぽくなる」と言っていたのでホワイトバランスを替えるといいよと教えてあげたら真っ赤になった画像にビックリしていました(笑)





観月橋の右側。

外灯の所の木はまだ少し早い感じでしたね。





観月橋の左手の木。

こちらはいい色づき具合。





橋の上手の通路から。

見頃になった事もあって他にも多くの人が紅葉を楽しんでいました。





トンネルと紅葉。






観月橋の下から。

この日は天気も良く星も出ていたんですが、一緒に撮るのは難しかったですねf(^-^;)
HDRとか覚えたら撮れるかな?





観月橋を渡った側から。

写真に写っている人物はウォーキングメンバーの一人ですが、何だか後ろ姿がとてもかっこいい(笑)




また真っ赤な紅葉を狙って。

そうこうしていると時間が経つのも早いものであっという間に時間は午後9時半に。
9時半がライトアップの消灯時間だったのでちょっと身構えながら撮影を続けていましたが、この日は予定時間を少し過ぎてからパッと一帯が暗くなりました。





橋の横の外灯は点いていたのでちょこっとパシャリ。

紅葉の進み具合としては他の木に比べて遅い感じでしたが、このグラデーションが綺麗です。





もう一枚。

そして消灯時間も過ぎた事でここからやっと本題のウォーキングの部分に入りました(笑)
公園内を歩く事も考えていましたがライトアップが消灯してしまったのでちょっとつまらないし足元も見にくい。
この公園から弥彦神社までの距離が片道約1kmなので歩いて行って参拝してくれば手頃な距離、そしてこの日は弥彦神社で開催される「弥彦菊まつり」も始まっていたのでちょうどいいかなとみんなで歩いて行きました。





神社に向かう途中で池に寄り足を止めさせる自分(笑)

この日は空がちょっと明るかったので弥彦山のシルエットもよく撮れました。





そして弥彦神社の入口に到着。

ここまでの道中は外灯も点いていて明るくそれほど危険もありませんでした。





夜の弥彦菊まつり。

参道に並べられた菊は部分的にしか明かりがありませんが、ここは結構しっかりと照明が点いています。
弥彦のサイトなどを探してもライトアップがどうとかという事は見つけられないので何時まで照明が点いているのか分かりませんが、結構遅くまで点いているので長く楽しめてありがたいですね。





角度を変えて一枚。

今年の風景飾りのテーマは「京都 嵐山」です。





そして弥彦神社に到着。

メンバーそれぞれに参拝しつつ自分は写真を撮ったり他の人は菊を楽しんだりとここでも少し自由行動がありました(笑)

その後は弥彦公園の駐車場へまっすぐ戻り、自分が用意しておいた魔法瓶のお湯でココアを淹れて一息ついたあと解散となりました。

紅葉を見たり菊まつりを見たり参拝したりとで立ち止まる事が多かったのであまり”ウォーキングした”って感覚はありませんでしたが、これはこれで参加したみんなにも楽しんで貰えたので良かったです(^-^)



ナイトウォーキングのお供に。

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2016年11月5日 国上山 登山 ちご道登山口~国上寺登山口

2016年11月5日

この日も紅葉登山を楽しめるかなと山に行ってきました。
行ったのは燕市の国上山。
午後から登山でしたが、中腹のビジターセンターからスタートして周回してきて約1時間半、休憩を入れて約2時間というお手軽さがいいコースです。

という事でビジターセンターへとやってきました。

紅葉目当ての人達か、駐車場は満車に近いほどの賑わいで大型観光バスの姿も。
駐車禁止のスペースにまで車が停まっていましたが、何とか普通の駐車スペースに空きを見つけて車を停める事ができました。
やはりこの時期の山はどこも賑わいますね。





登山前にカメラだけ持ち出して少しばかり朝日山展望台からの景色も見てみました。

この日も少し霞みが強かったものの天気はよく気持ちのいい眺めでした。
手前の木の紅葉もいい感じでしたね。





公園内も紅葉が進み、紅葉を見ながら遊具で遊ぶ家族連れの姿なんかもありました。






写真を撮っていると駐車場から観光の団体さんがぞろぞろと吊り橋の方へ進んでいく姿も見られ賑わっていました。






そんな感じで朝日山展望台での紅葉チェックを終え、車に戻り準備をして登山へと入りました。

ルートは今回は、前回登った「国上山 国上寺~ちご道」の時とは逆回り、ちご道から登って国上寺へ下りるルートにしました。
という事で駐車場の下手の登山口からスタートです。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2016年10月30日の弥彦公園もみじ谷

前回記事の「弥彦山 表参道ルート」の登山から下りてきた帰り道、せっかく弥彦にいるんだからと弥彦公園もみじ谷紅葉の様子もチェックしていく事にしました。

弥彦公園もみじ谷紅葉の観光スポットとしても紹介されていて秋の時期には真っ赤に染まった木々を楽しめる場所です。

夜間はライトアップもされ、ちょうどこの日の前日から照明が点いていました。





公園半ばには赤い橋があります。

この橋の周りの木も赤や黄・オレンジに紅葉するんですが…この日はまだまだ緑の方が多い感じでしたね。





しかし木の葉をよく見ると少しづつ紅葉が始まっているのが伺えました。

この緑から赤に変わり始めたグラデーションも綺麗です。





一部を見ると色づきの進んだ所もありましたが、全体を見るとまだまだこれからといった感じでしたね。






それでも公園内には他にも見に来ている人が結構いて賑わっていました。






紅葉チェックを終え駐車場へ戻る途中で池に寄り道して弥彦山をパシャリ。

ちょっと空が暗かったので山のシルエットが分かりにくくなってしまいましたがf(^-^;)
ちなみにここは日中には池に弥彦山が写って「逆さ弥彦」が見れるスポットでお気に入りです。





公園の外灯の点いた通路を一枚。

この日のもみじ谷の色づきはまだまだでしたが、ここの紅葉はかなり見ごたえがあるのでこれからの色づきが楽しみでした(^-^)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2016年10月30日 弥彦山 登山 表参道コース

2016年10月30日

この日はそろそろ紅葉も見頃になるかなという時期になり、山の中で見る紅葉はどんな感じかなと思い立ってまた弥彦山に登ってきました。
弥彦山は県央付近ではメジャーな山でアクセスも良く登山道も整っているのでやはり登る機会も多くなりますね。

という事で弥彦の競輪第一駐車場へやってきました。

車を停めて弥彦神社へと歩いて行くと麓も紅葉が始まり、奥に見える多宝山の山肌の木々も赤みを増していて綺麗でした。





この日も午後からの登山、駐車場はほぼ満車に近い状態。

「うわ~、混んでるな~」と焦ったものの、神社の入口からちょっと遠めの所で空きを見つけて無事に駐車できました。





やけに混んでるな~と思いましたがふと考えてみると、そろそろ「弥彦菊まつり」が始まる時期だった事を思い出して納得がいきました。

本始まりはこの日の2日後の11月に入ってからでしたが既に風景飾りもできていて多くの人が見たり写真を撮ったりと賑わっていました。
ちなみにこの風景飾りは毎年テーマが変わるんですが、今年は京都の嵐山をテーマにしているようですね。





参道にも小屋が立ち多くの菊が飾られて菊まつりの本番を待っていました。

こちらも多くの人が行き来していましたね。





そして神社の境内も大賑わい。

参拝してから登山へ向かおうと思っていましたが、順番を待っていると時間が遅くなりそうだったので下りてきてから参拝する事にして登山道へと向かいました。





境内の左手から砂利道を通って登山道入り口へ到着。

ここから登山スタートです。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

ランチケースをバーナーケースにしてみました

先日購入したアウトドア用バーナーの一式を纏めておける入れ物は無いかなと探していたら、100均のダイソーでちょうど良さそうなものを見つけたので買ってきてみました。

18.5cm×8cm×11cmほどの大きさのランチケースです。





こちらにバーナー、ガスカートリッジ、ステンレスマグカップの一式を入れてみました。

ガスカートリッジは容量110gの小型のもの、マグカップは100均の350mlのものですがマグカップの中にバーナーを入れれば丁度いい感じに収まってくれました。
内張りにはアルミの保温シートがある事で多少の厚みもありほんの少しだけ緩衝効果もありそうです。
材質も柔らかめなので角や余分な部分もクシャっと丸めてしまえばコンパクトになるのでリュックの中のスペース的にも少なく済みそうでなかなかいい感じでした。

専用のものでなくてもアイディア次第で使えるものが見つかると楽しいですね(^-^)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:アウトドア | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天