プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2017年3月25日 弥彦山 登山 裏参道コース

2017年3月25日
春の陽気を日に日に増している昨今。
日本海側の山の方では雪割草の開花も進んでいるとの情報を入手して見に行ってみたいと思っていました。

新潟県で雪割草の咲く山というと角田山が有名で特に非公式コースの桜尾根コースが花も多く人気があるようですが、弥彦山の海側から登る「裏参道コース」にも花がたくさん咲くとの事でこの日は弥彦山裏参道コースへ初挑戦してみる事にしました。

当日は早めの時間に登ろうかなと思っていましたが、家で何だかんだモソモソしているうちに時間はお昼を回るくらいに。
ありゃ~遅くなっちゃったな…と思いましたが登山時間と下山時間をおおまかに計算してまだ日没までに間に合いそうな感じだったので、最悪頂上まで行けなくても暗くなる前に下りれるように行動すると決めて思い切って行ってみる事にしました。

海沿いの国道402号線野積海岸付近から弥彦スカイライン方面へ入り西生寺(さいしょうじ)の方向へ。
弥彦スカイラインは12月1日から3月いっぱいまでは冬季閉鎖となりバリケードが設置されて通行できなくなりますが、その手前の西生寺の方は問題なく通る事ができました。

登山口の駐車場は混雑していると路上駐車も出るという事も見ていて、駐車場に近づくに連れて道路の路肩に停めている車も見えてきたので停められるかなと心配になりましたが午後からという事でピークも過ぎていたのか登山口の駐車場の方には空きがあって無事に車を停める事ができました。

登山口駐車場は棚田のような形をしていて、一か所4~5台くらい停められるスペースが5~6ヶ所ある感じでした。





車を停めて準備をし、駐車場から延びる坂道を道なりに登っていくとそのまま登山道となりました。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2017年3月20日 護摩堂山 グループ登山

3月に入り雪解けも進み気温も上がってきました。
少し前に、自分が仲間に入れてもらっている一緒に遊んだり食事したり登山したりするグループ”お楽しみ会”のメンバーから「20日辺りに山歩きに行けないかな?」という話が出たので参加…というか自分は予定が入らなければ一人でもどこか山に行こうと思っていたので(笑)、それに同行してもいいかという話になりました。

最近は他のメンバーより自分の方が山に行く回数が多いので自分がどの山に行くかを選ぶ感じになりつつありますが、メンバーの力量と「今回は軽い山がいい」という意見を考慮してこの日はファミリー登山でも大丈夫な護摩堂山にする事に。
当初は5人編成の予定でしたが事前に2人予定が入ってしまい、当日は3人での登山となりました。

当日、いったん別の場所で集合し車一台に纏まって護摩堂山へとやってきました。

時刻は午前11時半頃、この日は天気も晴れで絶好の登山日和となり駐車場にも満車に近いくらいの多くの車が停まっていました。
早い人は既に下山してきて靴を洗っていたりもしましたね。
そんな光景を横目にしつつ、自分たちも準備をして登山へと出発しました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

護摩堂山 登山口・駐車場までのルートと道路状況

新潟県田上町、護摩堂山の登山口・駐車場までの車載動画を紹介してみたいと思います。

動画の走行ルートは国道403号線を新潟市・旧新津市方面から加茂市・三条市方面へ向かい、「湯っ多里館」や「護摩堂山あじさい園」の案内板のある交差点で左折し護摩堂山駐車場へ。
その後は護摩堂山からスタートしてもう一つのルートの県道55号線を走り国道403号線へと戻るルートでも走行しました。
主にこれから護摩堂山に登ってみようかなと思われた方の参考になれば幸いです。

動画撮影日:2017年3月18日

日帰り温泉の湯っ多里館側から向かう場合は、ナビがあれば間違う事は無いと思いますが、そうでなく本当に初めてだと一部見落としてしまいそうな交差点があり、また、湯っ多里館側・県道55号線側どちらにも一部道幅の狭い区間を走らないといけない場所があるので注意が必要です。






護摩堂山登山口。

この日は午後5時を回った頃だったのでもうすっかり駐車場も人気もガラガラでした。
ちょっと登りたい気もしましたがすぐに暗くなるしまたお楽しみ会メンバーとの登山までお預け(笑)
雪の状態や登山道のぬかるみ具合が気になっていましたがここだけ見た感じではあまり酷くはなさそうかな。





登山口の左手には「無料休憩所」と書かれた小屋。

今まで3度護摩堂山に登っていますが、そういえば入った事は無かったなぁ。





という事で中もチェックしてみました。

中はイスとテーブルに灰皿があるだけのシンプルな感じでした。
登山で山から下りてきた時はすぐに車に乗っちゃいそうなのであまり使う事は無さそうかな?
護摩堂山でイベントがある時なんかは活躍するのかもしれませんね。





そして駐車場の奥にはトイレ。

水洗式、外には真ん中辺りに靴を洗える水道がありブラシも用意されています。

そんな感じで登山口と道路状況をチェックしつつ次の登山に向けての準備をした日でした。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

菩提寺山 石油の里コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

先日また少し時間のできた日、山に登るほどの時間はないけどどこか出掛けたいな~と思い、先日菩提寺山に登った時に山の麓にある「里山ビジターセンター」でトレッキングガイド的なものを入手できなかったのでそれをゲットしに行こうという事で出掛けてきました。

そしてせっかく菩提寺山の登山口や駐車場の付近に行くという事で、この時も登山口や駐車場までのルートの車載動画を撮影してきました。
動画の走行ルートは、秋葉区の県道41号線を加茂・田上方面から新潟市方面へ向かい、兎谷交差点を右折して石油の里へ向かい、里山ビジターセンターの駐車場までとなっています。
主にこれから菩提寺山に登ってみようかなと思われた方の参考になれば幸いです。

動画撮影日:2017年3月18日





そして前回立ち寄る事ができなかった里山ビジターセンター。

この日も少し遅い時間になってしまい、閉館時間が午後5時の所を4時半くらいに到着となってしまったのであまり細かく見る事はできませんでしたが、館内には山の模型に新津丘陵の説明文を添えたものや山に関するものの紹介パネル、売店コーナーなどもあるようでした。
今度また時間のある時にゆっくり見てみたいですね。





そして今回の主目的だったウォーキングマップをゲット。

こちらは入口を入って左手のご自由にお持ち下さい的なチラシコーナーにあったので無料でゲットする事ができました。
今回貰ったのは三種類。
一番メインのウォーキングマップはA2サイズを折りたたんだ大きさの地図で、木漏れ日の遊歩道・菩提寺山・高立山・護摩堂山のルートマップとなっていました。
次に「緑の回廊 にいつ丘陵の森にようこそ!」と書かれたパンフ、これもA2サイズを折りたたんだ大きさの紙でこちらはにいつ丘陵に生息している鳥や昆虫・植物を写真を添えて紹介したものとなっていました。
そして三つ目がA4サイズの菩提寺山と木漏れ日の森の簡易的なルートマップです。

これを見ながらまたこっちの方の山を歩くのも楽しくなりそうです。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

角田山 浦浜コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

新潟県西蒲区、角田山・浦浜コース登山口・駐車場までの車載動画を紹介してみたいと思います。

今回通ったルートは寺泊・間瀬方面から国道402号線を通り、五ヶ峠コースへ続く小道から浦浜登山口へ。
その後はもう一つの浦浜駐車場から国道402号線へと出るコースで走行しました。
主にこれから角田山に登ってみようかなと思われた方の参考にでもなれば幸いです。
浦浜コース登山口・駐車場付近は車同士のすれ違いが困難なほど細い道になっていますので走行の際はご注意下さい。

動画撮影日:2017年3月12日





おまけ。
浦浜コース道路チェックを終えたあとは近くの五ヶ浜海岸に寄り道しました。

海の向こうには佐渡ヶ島のシルエットが綺麗に見えました。





夕日は空の低い所に立ち込めた雲によって見る事はできませんでしたが、ちょうど陽が沈んだ辺りを見たら船が浮いているようでした。

これ、綺麗に晴れた日にちょうど太陽と船が重なるように撮れてたらシャッターチャンスだったかもしれませんね。





陽の沈んだ夕空をもう一枚。

登山から夕景まで楽しめたいい一日でした。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

角田山 福井ほたるの里コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

新潟県西蒲区、角田山・福井ほたるの里コース登山口・駐車場までの車載動画を紹介したいと思います。

今回通ったルートは弥彦・岩室方面から県道2号線を通り、シーサイドラインへと続く国道460号線に乗ってじょんのび館手前の登山口へ。
主にこれから角田山に登ってみようかなと思われた方の参考になれば幸いです。
国道460号線に乗ってからは所々道幅が狭くなるところがありますので通行の際はご注意下さい。

動画撮影日:2017年3月12日





そして、福井ほたるの里コース登山口・駐車場の前を通り過ぎて道なりに進むと角田山で一番難易度の低い登山コース「五ヶ峠コース」の登山口・駐車場へと続く峠道となりますが、こちらは冬の間は閉鎖となり巻射撃場の交差点で通行禁止となっていました。






立て札をアップで。

今年平成29年は3月20日まで通行止です。
21日から通行止解除となりますが、解除後は山に花が咲く時期となり多くの登山者が訪れる為、混雑緩和・事故防止の為に5月のゴールデンウィーク辺りまではこちらの福井ほたるの里コース側からの一方通行となり、海側からは通れなくなりますのでご注意下さい。

詳しくは西蒲区のホームページへ。



[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2017年3月12日 角田山 登山 福井ほたるの里コース

2017年3月12日
ここ最近はようやく春らしく晴れた日も増えてきて山にも行きやすくなってきました。
山の方でも雪割草が咲き始めたという情報も少ずつネットなどで目にするようになってきたのでどんな感じか見に行ってみようという事で、この日は雪割草がたくさん咲く事でも知られる角田山へと行ってみる事にしました。
日本海側に近い登山コースの方が多くの花が咲いているようでしたが、この日は自分のお気に入りの”福井ほたるの里コース”を登る事に。

当日は、前日からの天気予報でも晴れ予報だったので午前中に家を出ようかな、なんて思っていましたが…この日はうっかり寝坊してしまい(笑)、少し早めの昼食を軽く摂ってからお昼時に家を出発しました。

そして午後1時過ぎに登山口駐車場に到着。

天気のいい日曜という事で多くの人が登山に来ているようで駐車場は第一・第二ともにたくさんの車が停まっていました。





準備を整えて登山口へ。






階段を登り、トイレの建物で改めてしっかり準備して先へ。






平成福寿大観音殿の裏手に出てここから本格的に登山スタートです。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

三条市月岡から八木ヶ鼻までドライブ

先日の3月5日、この日は天気が晴れ…とはいかないまでも雨の降らない程度の曇りだったので山に行けるかな~と思っていましたが、またちょっと予定が変わってしまい午後から少し動ける感じに。
登山に行くほどの時間も無いかなという事でまた少しばかりドライブに行ってきました。


その時の様子をまたデジカメで動画撮影してみましたのでよろしかったらご覧ください。
走行ルートは三条市の月岡から下田地区のやまなみロードを通り、いい湯らていを経由して景勝 八木ヶ鼻の麓の八木ヶ鼻公園まで。

信号が少なくのんびりドライブできるお気に入りのコースです。
そして下田地区の奥に進むほど見えてくる粟ヶ岳、そして景勝 八木ヶ鼻が綺麗でした。





公園に着いたあとはカメラを持って少し風景撮影しました。

八木ヶ鼻を見上げて。





八木ヶ鼻とは反対側の景色。

この日は自宅のある平野部はすっかり雪も融けて春を待つだけといった景色になっていましたが、こちらの下田地区は山間部とあってまだまだ雪景色が広がっていました。
雪の量も公園内に積もっていたもので自分の膝丈くらいの高さがあったので、こちらの方の山で登山をするのももう少し先になりそうな感じです。





上の動画の最後にも写真を使っていましたがこちらでも改めて。
公園から粟ヶ岳を望む。

雪化粧をした山の景色はほんと綺麗ですね。
冬は無理ですがこちらの登山もいずれ。
…と言っても結構キツイ山だという事も情報収集で見たりしているのでまだまだ先の話になりそうですがf(^-^;)





公園から少し歩いて離れたところから八木ヶ鼻を一枚。

こちらの登山もまたしたいですね。
そして今年はこの後ろにそびえる袴腰山にも挑戦してみようかな。





ちなみに八木ヶ鼻公園の向かいにある登山用の駐車場は除雪もされず雪に埋もれていました。

しかしよく見ると足跡のようなものが奥へと続いて付いているようでした。
やはり雪山に登る人もいたのかな?
どんな景色が見れるのか気になる所です。


そんな感じで、登山はできませんでしたが別の形で山をちょこっと楽しんだ日でした。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2017年2月25日 菩提寺山 登山 石油の里コース

今年に入ってから冬の悪天候や自分の都合が合わなかったりでなかなか山に行けていませんでしたが、先日やっと今年二度目の登山に行ってくる事ができました。

2017年2月25日
この日は数日前から天気予報をチェックしていて久しぶりの週末の晴れになりそうだったのでワクワクしましたね(笑)
最近は結構雪解けが進んでいますが山ではまだ雪が残っていそう、という事で何度か登った事のある弥彦山、もしくは角田山にしようかな、角田山の頂上の山小屋にはストーブもあるし冬のうちにも登ってみたいな、なんて思っていましたが、ここしばらくもう一つ気になっていた山がありました。
それが今回の菩提寺山。

菩提寺山は新潟市秋葉区と五泉市に跨る標高248mの里山ですが、こちらの山頂の山小屋にもストーブがあるという情報を入手して冬のうちに行ってみたいなと思っていました。

とはいえ、まだ行った事のない山に雪のある時期に登る、というのは少し不安もあったのでどうしたもんかな~と悩んでいましたが、調べてみるとこの山は冬でも人気があり多くの人が登っている事、ファミリー登山向けの山としても紹介されている難易度な事などが見られ、雪解けも進んでいるので何とかなるだろうと踏み、どうしてもダメそうだったら潔く撤退するという覚悟で挑戦してみる事にしました。

そして当日、天気は明け方に辺りが真っ白になるほどの雪が積もったものの午後から回復するという予報だったので様子を見ながらお昼を家で済ましてから家を出発。
菩提寺山にはいくつかのコースがあるようでしたが今回は別の機会で一度来た事があった”石油の里”から登るコースを選択しました。

午後2時30分、石油の里公園内の里山ビジターセンターに到着。
こちらは秋葉区のHPでも「菩提寺山を中心とした「にいつ丘陵」を訪れる方などへの情報発信や登山の準備、また休憩の場として気楽にご利用いただけます。」とあり、広い駐車場には登山に行っている人のものと思われる車が沢山停まっていました。
それと共に午後からとあって登山から下りてきた人の姿もチラホラ見られましたね。
心配していた天気も青空が広がるようになり絶好の登山日和となりました。





ビジターセンターの隣には恐竜のような形をした「石油の里 古代館」という建物が。

秋葉区のHPでは休憩ホールと紹介されていますが、今回は立ち寄らなかったので詳細は不明です。





駐車場に車を停め、登山の準備をして登山口へと向かうとその道中に石油の採掘に関係する展示物がありました。

こちらは”クリスマスツリー”と呼ばれる坑口装置。





こちらはブルホイールと言われる、採掘井戸の鋼管やポンプなどの重量物を上げ下ろしする為の車輪らしいです。

左隣のケースは”二段式ナショナルポンピングパワー1号機 原理模型”。
ハンドルを回して運動の変化などを見る事ができるようでした。





こちらは”C86号井 綱式機械掘り石油井戸”。

大きな櫓が特徴的です。





そんな採掘機械などを見ながら歩を進め、道路を渡ると登山口に到着。
登山口に積もった雪の上には既に多数の足跡が付いていたので大きく迷うことは無さそうかな(笑)

という事でここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

久しぶりに星景写真撮影

昨晩(2月28日)は久しぶりに好天の一日でした。
夜には綺麗な星空も出たので久しぶりに夜景と星空の写真撮影に挑戦しました。

オリオン座を狙って。
写真は原寸より縮小していますが、圧縮率の関係かサムネだと少し星が分かりにくくなってしまいましたf(^-^;)
写真をクリックして頂けるともう少し大きい画像で見れますのでよろしかったらご活用下さい。





角度を変えて中央少し上に"すばる"

なんかモヤモヤっとした星の集まりがそれですね。





こちらは弥彦山のある方角を一枚。

地表の少し上に赤い点がある所が弥彦山ですが、地表付近は霞が強かったのかその姿はほとんど見えませんでした。




また角度を変えて北斗七星。


まだまだ星空撮影は修行中ですがやはりなかなか難しいですねf(^-^;)
次の機会にまた精進したいと思います。

それにしてもこの日は一日を通してほんといい天気でした。
山に行けなかったのがほんと残念でしたね(笑)

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天