プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

角田山 稲島コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

新潟県西蒲区、角田山・稲島コースの登山口・駐車場までの車載動画を紹介してみたいと思います。

動画は県道2号線を弥彦・岩室方面から新潟市方面に向かい、JA越後中央 越王の里直売所やラーメンこまどりのある「竹野町」交差点から県道562号線に乗り角田山方面へ。
その後青い道路標識に「稲島(角田山登山道)」と書かれた信号のない交差点があるのでそこを曲がって道なりに進み稲島コース登山口・駐車場まで、となっています。
主にこれから角田山に登ってみようかなと思われた方の参考にでもなれば幸いです。

動画撮影日:2017年4月22日

こちらは道路標識を見落とさなければ初めてでも迷う事もなく到着できるかと思いますが、登山口・駐車場付近になると道幅も少し狭くなるので多少注意が必要です。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

角田山 五ヶ峠コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

新潟県西蒲区、角田山の五ヶ峠コースの登山口・駐車場までの道路状況の車載動画を紹介してみたいと思います。

動画は角田山登山道・福井ほたるの里コースの登山口・駐車場前から五ヶ峠コース駐車場・登山口を経て海側の国道402号線へ出るまでとなっています。
主にこれから角田山に登ってみようかなと思われた方の参考にでもなれば幸いです。

動画撮影日:2017年4月22日

ちなみにこちらの道路は冬の12月1日~3月半ばまでは冬季閉鎖、閉鎖解除~5月のゴールデンウィーク過ぎまでは混雑や事故の緩和の為にじょんのび館のある福井方面からの一方通行の規制があるのでご注意下さい。

なお、福井ほたるの里コース登山口・駐車場までは 前記事「角田山 福井ほたるの里コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」の方も参照頂けたら幸いです。

撮影した日は夕方に出掛けた事もあって登山はできませんでしたが、久しぶりに通ったこの道はやはり道幅の狭さなどに緊張感がありましたね。
夕方で登山者も落ち着いた時間帯だった事と春の一方通行規制中だった事もあって対向車の心配をあまりしなくて良かったのが幸いでしたが、ゴールデンウィークを過ぎると一方通行規制の方も解かれ交互通行になるので登山に行かれる方は充分ご注意下さい。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

メープル風シフォンケーキ作りに挑戦しました

前回の「鳥屋野潟公園でお花見をしてきました」の時にスイーツ係を任されたのでまたシフォンケーキを作っていく事にしました。

今回も二種類持って行こうと思い、ひとつは前にリクエストもあったアールグレイのシフォンケーキに。
もうひとつは何にしようかな~と材料を探しているとホットケーキなどにかけるケーキシロップがあったのでメープル風のシフォンケーキができるかなと作ってみる事にしました。
ちなみにほんとのメープルシロップではないのであくまでもメープル”風”です(笑)


という事で作り方の方を紹介していってみたいと思います。
まずは材料と分量はこちら。

グラニュー糖(生地用) 15g
グラニュー糖(メレンゲ用) 25g
ケーキシロップ 30g
サラダ油 15ml
牛乳 20ml
小麦粉 40g
卵白 2つ分
卵黄 2つ

分量は今回もダイソーで販売されている「シフォンケーキカップ4号/Φ13cm」という紙型に合わせたものです。





まずはメレンゲ作り。
ハンドミキサーで卵白を泡立て、グラニュー糖を3回くらいに分けて混ぜ込んでいきます。

ツノが立つようになってボウルをひっくり返しても落ちないくらいになったらOK。
できたメレンゲは一旦冷蔵庫に入れておきます。





そして生地作り。
卵黄をハンドミキサーで軽く混ぜたらグラニュー糖とケーキシロップを投入。

よく混ぜます。





その後、サラダ油→牛乳の順でその都度しっかり混ぜながら加え、小麦粉をふるいながら投入。

ゴムベラに持ち替えて混ぜ込んでいきます。





生地ができたらメレンゲを冷蔵庫から出し、3回くらいに分けて混ぜ合わせます。

1回目はしっかりと混ぜて馴染ませ、2・3回目は手早くササッと。





そして型に流し込み、5~10cmくらいの高さから数回トントンと落とし竹串を刺し込んでクルクル回して気泡抜き。

そしてオーブンで焼いていきます。
いつもは焼き時間は25分で、最初の15分を170℃、残り10分になったら160℃で焼いていますが、今回はなんだか生地がゆるくなった気がしたので気持~ち焼き時間を長くしました(1~2分程度)
生地の固さやその家のオーブンに合わせて温度や時間を変えてみるのも美味しく作るコツですね。





そして焼き上がった状態がこちら。

見た感じはそんなに悪くないかな?





生地がゆるめだったので型を外す時に固さが足りずにボロボロにならないかちょっと心配でしたが何とか綺麗に外す事ができました。

切ってみると見た目的にはプレーンと近いですね。
味の方もほんのりメープル風味といった感じでした。





今回もラップで小分けにしてタッパーで持っていきました。

メープル風もアールグレイもどちらも美味しいと食べてもらえたので良かったです(^-^)


[PR]
素材にこだわった無添加シフォンケーキ 金吾


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:手作りお菓子 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

鳥屋野潟公園でお花見をしてきました

3月の初め頃だったでしょうか、自分が仲間に入れてもらっている一緒に遊びに行ったり食事会したり登山したりするグループ”お楽しみ会”のメンバーから「今年は花見がしたいね」との声が上がっていました。

それから少しずつ段取りをして、先日の4月16日に新潟市の鳥屋野潟公園(鐘木地区)で無事に花見をしてくる事ができました。
今回はその模様を少し紹介してみたいと思います。

当日は天気は晴れ、そして桜の方も数日前に満開宣言が出ていてとてもいい条件でした。
風がちょっと強かったのだけマイナスポイントですがf(^-^;)





段取りの方は、料理は女性陣、飲み物は重たいので一番力持ちのM君、敷物やテーブルはN君、といった感じに担当が決まり、当日はこんな感じ。

色とりどりの料理が並び、とても賑やかで楽しい花見となりました。





好天&満開という条件に加え、ちょうどお昼時から始めたので公園内は他にもたくさんの花見客で大賑わい。

そんな事もあって公園の駐車場は満車になるほどで、用意されていた臨時駐車場も自分たちが行った時には半分ほどが埋まっているくらいの人出でした。





そして今回の自分の役割はというと、なんと開催場所を決める係(+スイーツ係(笑))でした。

たぶん風景写真を撮るのが好きで今までにも色々出歩いていたのでいい所を知ってそうと思われたからだと思いますが、ま~選ばれたからにはせっかくだからいい花見スポット行きたいよね~と過去に個人的に写真を撮りになどで実際に行った事のある公園の中から良さそうな場所をいくつか候補に挙げてそこから絞り込み、メンバーに当日の夜に新潟市内で予定がある人もいたのでそちらにも行きやすいように今回は新潟市内で花見の有名スポットでもある鳥屋野潟公園へと決定しました。
開催日はこの日しか都合がつかないメンバーもいて変更する事ができなかったので、開催の一週間ほど前からは開花情報のチェックや天気予報とにらめっこしたりしてなかなか気が気ではありませんでしたね(笑)
しかし当日は好天&満開となってほんと良かった(*´∀`)=3


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

夕暮れのシーサイドラインドライブ

ちょっと月日は遡りますが、先月の11日の夕方にまた海沿いをドライブ、その時にまたデジカメで車載動画の方も撮ってみました。
動画の走行ルートは野積橋交差点からシーサイドラインを新潟市方面へ走り、角田浜の角田岬灯台の麓の駐車場まで。
そしてこの日は天気も良く(動画の中盤くらいでは少し雨がぱらつきますが)、途中の田ノ浦海岸の駐車場では水平線に沈む夕日も動画で撮影する事ができました。
よろしかったらご覧ください。




なお、動画のゴール地点となっている角田岬灯台は角田山登山道「灯台コース」の登山口でもありますが、機会があればもう少し明るい時間帯に撮り直して登山口と駐車場の紹介記事としても書けたらなと思っています。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

燕三条系背油醤油ラーメン

先日、友人達とラーメンを食べに行こうという事に。

新潟県の真ん中辺り、燕市や三条市でラーメンというと背脂のたっぷり入ったスープに太めの麺の醤油ラーメン(中華そば)がメジャーですが、今回はそんな背脂系のラーメン屋へ行ってきました。

背脂系ラーメンは好物でありつつも食べるのは結構久しぶりだったので普段は普通盛りの所をこの日は大盛り、そして背油増量の”大油”での注文にしました。

そして来たラーメンがこちら。
背脂に隠れて麺が見えません(笑)

背脂に馴染みがないとこの見た目に驚かれるかもしれませんが、背脂のコクや甘みがスープと合わさってとても美味しいのです。
という事で普段は普通盛りしか食べない自分も大盛りをペロリと完食。
スープまでしっかりと飲み干してしまいました。
ウマかった!!

しかし…背脂系ラーメンをガッツリ食べる友人達にも「この油の量のスープはなかなか全部は飲まない」なんて言われて自分でもちょっとやり過ぎたかなと思ったり(笑)
そのせいか家に帰ってしばらくしてから油酔い(?)のようになってしまったのか気分が少し悪くなってしまいました。
う~ん、個人的には「ラーメンはスープまで飲み干す」がポリシーだけど、このラーメンではやっぱりやり過ぎだったか…f(^-^;)
大盛り大油に限ってはポリシーを曲げる必要があるかもしれません。
でもウマいんだよなぁ…(笑)

という事で、そんな出来事もありましたが今後も懲りずに美味い背脂ラーメンを食べに行きたいと思います。
そして背脂系はカロリー的にも結構なものだと思うので、食べた分を落とす為にもまた色んな山に登りに行きたいと思います(笑)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:今日の出来事 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

国上山 登山口・駐車場までのルートと道路状況

前回の「2017年4月2日 国上山 登山 国上寺登山口~蛇崩」の時にまた、国上山の中腹にある国上山登山のベースとなる国上ビジターサービスセンターまでの車載動画を撮影してみました。

撮影ルートは、県道2号線を燕・分水方面から野積・寺泊方面に進み、青い道路標識の”国上寺・五合庵”を目印に交差点を曲がって国上山の山道へと入っていき、ビジターサービスセンターまでとなっています。
主にこれから国上山に登ってみようかなと思われた方の参考にでもなれば幸いです。
国上山の山道に入ると道路幅が所々で狭くなったり広くなったりするので注意が必要です。

動画撮影日:2017年4月2日

なお、国上山から弥彦山や角田山方面に縦走登山などで長時間車を停める場合はビジターセンターの駐車場ではなく少し下の”第三駐車場”に停めて下さいとの指定があるようですが、今回は自分がまだ第三駐車場の場所をはっきりと認識していなかったので動画の中では触れませんでした。
何となく「ここかな?」って場所は分かっているので、今度また国上山に行った時にでも確認が取れたら改めて編集したいと思います。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2017年4月2日 国上山 登山 国上寺登山口~蛇崩

2017年4月2日
この日は午前中と夜に用事があり、昼から夕方までの間しか空き時間がないというスケジュールでしたが、それでも少し歩きたいな~という事で山に行ってきました。

限られた時間しかないので手軽に登ってこれる山という事で、中腹のビジターセンターからスタートし頂上を経由して周回してくるコースだと約1時間半、国上寺登山口から頂上までの往復なら約1時間、と時間調整のしやすい国上山に登る事に。
そして国上山でもカタクリなどの春の花も咲き始めているという情報も入手していたのでそちらも楽しめるかなと行ってきました。

当日は午前中の用事が終わり家で昼食を食べたあと、「さて、いつ頃出掛けようかな」と思いながら少しだけ横になっていたら…うっかり小一時間ほど昼寝してしまいちょっと焦りましたが(笑)、夜の用事までにはまだ間に合う時間があったので思い切って家を飛び出しました。

そして国上山中腹のビジターセンター駐車場に到着。
車を停めて準備をし、駐車場奥の坂道から国上寺へと向かいます。

この日は天気も良く登山日和で駐車場でも多くの登山者の姿を見られましたね。
もちろん午後からだったので下山してきた人の方が多かったですが。





国上寺に向かう途中にある「やすらぎ観音像」。






アップで一枚。

ふと目に入ったので撮影してみましたが、なんとも綺麗な造形をしているものですねぇ。





そして階段を登り国上寺。

本堂でお参りをして。





それから本堂の右手にある登山口から登山スタート。



続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

前回の「2017年3月25日 弥彦山 登山 裏参道コース」へ向かう時にせっかくなのでついでに車にデジカメをセットして登山口・駐車場までの車載動画を撮影してみました。

走行ルートは寺泊・分水方面から田ノ浦・間瀬方面に向かい、野積から弥彦スカイラインへ入る交差点を曲がって西生寺方向へ向かい、登山口の駐車場まで。
それと、西生寺の方から登れるルートもあるという事で登山から下りて来たあとに日没まで少し時間があったので西生寺の方も走行&撮影しました。

登山口駐車場付近は道幅も狭くなるので少し注意が必要でした。
そして、西生寺には広い駐車場があり、登山時に停める事はできるのかなと気になっていましたが、駐車場の入口には「西生寺境内につき登山・野草見学の方の駐車は固くお断りします」との注意書きがあったので、これから弥彦山・裏参道コースを登ってみようかなと思われた方の参考にもなれば幸いです。

動画撮影日:2017年3月25日





そしておまけ。
登山を終えたあとに西生寺へ向かったのはもうひとつ目的がありました。
西生寺には展望台がある、というのを登山を始める前から情報を得ていてどんなところなのか気になっていたのでそちらの確認も兼ねて行ってきました。

西生寺駐車場の奥には大展望台と書かれた大きな看板があったのですぐに分かりました。






車を停めて階段を登っていくと、ちょうど夕日が沈む寸前でいい感じの景色を見る事ができました。

ちなみに展望台の雰囲気としては、あくまでも個人的な感想ですが…「大(きな)展望台」ではなく「大展望(を楽しめる)台」でしたね(笑)





しかしここから見える景色は素晴らしいもので、夕日と佐渡ヶ島を望む事ができました。






最近は登山の時は標準ズームレンズ一本の事が多いのでトリミング拡大ですが、夕日をアップで。

ちょっと雲はあるものの久しぶりに水平線に沈む夕日を見る事ができました。





展望台から左手を見ると海沿いにずっと続いていく陸の景色もとても綺麗。

と、眺めの方はとてもいい展望台でした。
しかし、お寺という事で展望台への階段を下りた真ん前にはお墓があったのでデートなどで来るにはちょっと微妙かも!?(笑)
今回のように登山のあとにちょこっと立ち寄ってみるといいかもしれませんね。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天