プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2017年9月23日 国上山 登山 ちご道登山口~国上寺登山口

2017年9月23日
この日も午後から時間ができたので山へ。

天気の方が若干はっきりしないようなどんよりとした曇り空だったので万が一降っても大丈夫なように整備されていて歩きやすくある程度登り慣れた弥彦山に行こうかなと思いましたが、家の外に出て弥彦山を見てみると頂上付近には雲が掛かっている。
こりゃあ登っても眺望は期待できないなと迷い、家から出たり入ったり右へ行ったり左へ行ったりと行こかやめよか音頭を踊っているうちに時間が過ぎてしまい、登山から下山までの時間を計算すると日没までに下山できないくらいになってしまい弥彦山はNGに。

しかしやっぱり少しでも山が歩きたいと思ったのでこの日は弥彦山よりも短時間で歩いてくる事ができる国上山の中腹からの周回コースに行く事にしました。

車を走らせ山道を登って国上山の中腹にあるビジターセンターの駐車場に到着。
ちなみにこちらまでの車での道は過去記事「国上山 登山口・駐車場までのルートと道路状況」内に車載動画がありますので参考にして頂けたら幸いです。

少し遅めの時間とあって駐車場には車は少なめで、見掛ける人も登山よりお寺や公園の方に来た人の方が多い感じでした。





そんな人達の姿を見ながら準備を済ませ登山口へ。
この日はちご道登山口から登って頂上まで約1時間、頂上から国上寺登山口へ下山で約30分の合計1時間半のコースで行く事にしました。

という事で駐車場下手のちご道登山口からスタートです。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

「わたしの尾瀬写真展」を見てきました

先日テレビを見ていると中之口先人館で「わたしの尾瀬写真展」を開催しているというのをやっていたので時間を見つけて見に行ってきました。


尾瀬は山を始めてから行ってみたい場所のひとつになっていますが、まだまだ漠然としたイメージしかないのでこういうのを見ると刺激を貰えますね。
四季折々の尾瀬の写真に自分もこんな景色を実際に見てみたい、こんな写真を撮ってみたいと思いが巡りました。

そして動物の写真では一枚、「オコジョ」の写真なんかもあり可愛かったですね。
youtubeなんかを見ていると尾瀬ではないですが登山中にオコジョに遭遇した人が撮った動画もいくつかあり、あちこちピョコピョコ駆けまわる姿に思わず顔が緩んでしまいますが、そんなオコジョも山で会ってみたい動物のひとつですね。

そんな写真展も中之口先人館では既に終了してしまい、今年は残すところ福島展と郡山展のみとなってしまいましたが、インターネット上でも「わたしの尾瀬フォトコンテスト」などで検索すると作品を見る事もできるので、興味のある方はネットで検索してみたり、写真展の会場に近い方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

自分もいつか尾瀬に行った時にいいし写真が撮れるようにまた精進していかないとだなぁ、なんて風に思いました。


[PR]


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:今日の出来事 | GENRE:趣味・実用 |

2017年9月10日 角田山 登山 灯台コース 後編

前記事「2017年9月10日 角田山 登山 灯台コース 前編」からの続きになります。

いい景色を求めて角田山の灯台コースを登山。
頂上に着いたあとは眺めのいい稲島観音堂へ行き休憩。
その後、夕日の景色を求めて下山へと入るのでした。

という事で稲島観音堂からスタート。

まずは頂上へ登り返します。





気持ち急ぎ足で6分ほどで頂上広場に到着。
遅い時間となりさすがに他の人の姿も見当たらなくなっていました。

ここからから灯台・五ヶ峠・浦浜コースへ下山開始。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2017年9月10日 角田山 登山 灯台コース 前編

2017年9月10日
この日も天気が良かったので山へ。
先週前日に行こうと思ったけど行けなかった、眺めのいい角田山の灯台コースへと行ってきました。

この日は天気がかなり良く一時間ごとの予報でも夜9時頃までは晴天といった感じだったので夕方には綺麗な夕日が見れるかなと期待してこの日は計画的に午後からの登山に。
そして、どうせなら灯台コースの途中の岩場の尾根から夕陽が見てみたいと思い、この日は下山時に暗くなった道をヘッドライトを使用しながら歩く事も覚悟して灯台コースへと臨みました。

午後3時前に灯台下の駐車場に到着。

時間的にさすがに下山してくる人の方が多いですが他の登山者の姿も結構見られ賑わっていました。





準備を整えてまずは灯台へ。
この日も灯台の下のトンネルをくぐり「判官舟かくし」側から行く事にしました。

波も穏やかできれいな景色。





細い通路を渡っている途中で海側を見ると日本海の向こうに佐渡ヶ島。






そして階段を登り灯台へ。






灯台へ向かう通路の途中には花も見られました。

こちらはキツネノカミソリ。
時期的にもう遅いかなと思っていましたがこの日はまだ咲いていました。
しかし花の先の方がもう白く変色していたので終わりが近そうでしたね。





こちらはニラの花。






これは小車(おぐるま)…かな?

あんまり自信ないですf(^-^;)





そして灯台の裏手に到着。

ここから登山道へと入っていきます。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

上堰潟公園でわらアートを見てきました

2017年9月9日
この日も山に行こうかなと思っていましたが、日中に何だかんだ細かい用事が入ったりで時間が過ぎてしまい登山はできない時間に。
しかし夕方に少し空いた時間ができたのでせっかくだから出掛けようと思い立ち、西蒲区の上堰潟公園で展示されている「わらアート」を見にって行ってきました。

上堰潟公園に着いたのはちょうど角田山に陽が隠れそうな時間でした。
コスモス畑に咲いていた花と一緒に角田山と夕日をパシャリ。





上堰潟公園では毎年8月の終わり頃か9月の初めくらいに稲わらを活用した様々なアート作品を制作・展示などをする「わらアートまつり」が開催されます。

今年の祭り本番は9月2・3日だったようですが、制作されたわらアートは10月いっぱいまでは公園の各所に展示されます。
今年で10周年を迎えるわらアートまつり。
それにかけてか今年のテーマは「10×獣(じゅう)」のようですね。





公園内に目をやると大きなわらアートの姿が飛び込んできました。

今年は記念すべき10周年という事で通常の2倍の大きさの作品制作にも挑戦されたとの事で周りにいる人と比べるとその大きさが際立ちます。
今回はそんなわらアートの写真を撮ってきたので紹介してみたいと思います。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

菩提寺山 大沢公園コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

新潟県秋葉区、菩提寺山 大沢公園コースの登山口と駐車場までの車載動画を紹介したいと思います。

動画の走行ルートは国道403号線を加茂・田上方面から新潟市方面へ走り、矢代田小学校を過ぎた交差点から脇道に入り公園までとなっています。
主にこれから菩提寺山に登ってみようかなと思われた方の参考になれば幸いです。

動画撮影日:2017年9月3日

公園にはこの時初めて行ったので公園のひとつ手前の交差点で一度道を間違えてしまい、その部分だけ編集でカットしていますがどうぞご了承下さいf(^-^;)

国道403号線から大沢公園方向へ曲がる交差点は新潟市・新津方面から向かう場合には「←大沢森林公園」といった感じに道路上に大きな標識が出ているので分かりやすいかと思いますが、加茂・田上方面から向かった場合は標識が無いようなので注意が必要です。
今回の動画のルートで行く場合は矢代田小学校を過ぎたら曲がる準備をしておくといいかと思いますね。

403号線から交差点を曲がり公園へ向かう道に入ると住宅地を抜けた後から道が狭くなり、山道になると一部で片側が急斜面になっている所もあるので対向車とのすれ違いとなった場合には十分注意が必要です。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2017年9月3日 菩提寺山 登山 大沢公園コース

2017年9月3日
この日は午前中は用事があったものの午後からはフリーになったので山へ。

天気がいい日だったので、久しぶりに海沿いから登って眺めのいい角田山の灯台コースに行こうかなと思いましたが、時間を計算すると日没までに下山できるか微妙なくらいになってしまっていたのでこの日は断念。

あまり遠くの山や登るのに時間の掛かる山はダメそうなのでじゃあどこの山にしようかなと悩んだうえで、片道一時間程で登れる里山の菩提寺山へと行く事にしました。

菩提寺山といえば登山コースがいくつかあり過去には二度石油の里コースから登った事がありますが、この日はせっかくなのでまだ登った事のないコースに行ってみようと思い立って大沢公園から登るコースを選びました。

車を走らせ国道403号線矢代田付近から小道へ入り大沢公園方向へ。
大沢公園へ行くのも初めてだったので公園近くまで来た所で違う交差点を曲がりそうになってしまった事もありましたが、すぐに気付いて復帰できたのであまり時間をロスせずに済みましたf(^-^;)

そして大沢公園に到着。

吊り橋が特徴的な公園です。
登山口がどこにあるか事前の情報収集ではよく分からなかったのでまずはカメラだけ持ち登山口探し探しも兼ねて公園をぐるっと散策しました。
公園の中に遊具的なものはほとんど見当たらないようでしたが、吊り橋を渡った先には芝生の広場がありこの日は一組のファミリーがBBQをしている姿も見られました。
炊事場もあったので日帰りキャンプなども楽しめそうですが、そちらを利用するには許可を取らないといけないようですね。





上の写真の吊り橋の奥にある建物はトイレ。
この裏手には10台分ほどの駐車場もありました。

トイレの中もチェックして写真も撮ってきましたが、どんなトイレか見たい人だけ見れるように文字クリックで写真が見れるようにします。

トイレの中は水洗式でいかにも公園のトイレといった感じ。
個室も和式の標準的なトイレですね。
トイレ内の照明はセンサー式で入口に近づくと自動で点灯しました。
手洗い用の水道はボダンを押すと水が流れるタイプでしたが、ボタンから手を離すと水もピタッと止まってしまったので片手ずつしか洗えなくてちょっと不便かもf(^-^;)






登山口はどこかな~と芝生の広場の方も行ってみるとその奥には山へ続いている道がひとつありましたが、そちらは道標も見当たらずどうも菩提寺山の登山口ではなくその隣の高立山へ続く道っぽい気がしたのでこの日はスルー。
高立山もいずれ登ってみたいところですが。
公園内に登山口を見つけられず「?」となりながら一度車に戻り改めて地図をよく確認してみると、403号線側から来た時の公園入口となる交差点を左に曲がった左手にあるようでした。

この写真だと車の奥、交差点の向こうに菩提寺山登山口があります。
ちなみに左の道へ行くと国道403号線方面、後ろ側に行くとトイレや駐車場となります。





無事に登山口を見つけたところで車に戻り、準備をしてまた登山口へ。

ここから登山スタート。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

登山ウェアにニッカを導入してみました

登山を始めてからしばらくは普段着でもあるカーゴパンツで山に行っていたんですが、綿×ポリ素材で濡れると乾きにくかったり、膝の曲げ伸ばしで少しつっぱり感があったり、山であまり汚れると普段履けなくなるかなと心配だったりと少しばかり不満を持っていました。

という事で登山用のズボンを新しく買おうという事になったんですが、スポーツ用品店などで売っている登山用のウェアはそれ用に作られているので物は確かだと思いますが、正直…高いf(^o^;)

そんな感じでどうしたもんかと悩んでいましたが、色々と店を回ったり情報を集めたりしているうちに”ニッカ”が使えるんじゃないかと思い購入してみました。

ニッカ、というと登山やゴルフなどで履いている「ニッカボッカーズ」を想像する方もいるかもしれませんが、今回はそれではなく、土木や鳶職の方が履いているあのダボッとした”作業着”の方のニッカボッカです(笑)
という事で今回はその使用感などをレビューしてみたいと思います。

現物の写真がこちら。

「影狼」のロングニッカ。
大型複合スーパーの作業着売り場で千数百円で購入。
色は本当は黒にしたかったところですが、登山では黒は「熊と間違えて蜂に狙われやすい色」という事で外しナイトパープルにしました。
ちなみに購入したばかりの状態だと裾にプレスラインが入っていましたが、個人的にはこのニッカはプレスラインがない方が好みなのでアイロン掛けして消しました。





実際に着用している状態がこちら。
腕組みなんかしてかっこつけてみる(笑)

生地はポリエステル100%。
丈夫で擦れなどに強く、サラッとしていて夏でも纏わりつきにくく履きやすい。
そして濡れた状態からの乾燥も早いですね。
洗濯して脱水したものであれば夏場ならほんの小一時間で乾く勢いです。





生地自体にはあまり伸縮性はありませんが、余裕のある太さのお陰で足を上げたり屈んだりした時のつっぱり感も殆ど気になりません。

ただし、履き慣れていないと特に膝下あたりの生地が邪魔に感じるかも。
足を引っ掛ける可能性もあるので急な岩場を登ったり下りたりするような本格的な登山には向かないかもですね。
それと、擦れには強いものの生地は薄めなので転んだりぶつけたりした時の肌の保護力は弱いかもしれません。
とはいえこの辺はタイツなどを併用するとカバーできるかと思いますね。





もう一枚かっこつけ写真(笑)

裾は絞られたデザインですが、足首にピッタリとはくっつかないくらいに余裕があります。
ヒルなんかがいる山だとこの隙間から入ってきてしまうかもですね。

そんな感じで色々書いてきてみましたがポイントを纏めると、

‐メリット‐
・生地に余裕があり動きやすい。
・ポリエステル100%で濡れても乾きやすい。
・生地が丈夫で擦れに強い。
・安く購入できる。

‐デメリット‐
・生地が薄く打撃などによる肌の防御力は弱い。
・本格的な登山では太さが邪魔になる可能性がある。
・裾が絞られたデザインだけど隙間があるので虫が入る可能性がある。
・他の登山者にどう思われるかちょっと気になる(笑)


とりあえず自分が気づいたのはこんなところでしょうか。
デメリットの一番下のだけは自分でもまだ少し気になっているんですが(笑)、履き心地的には自分としては結構いいなと思えるものだったのでしばらくはこのニッカを登山で使っていってみたいと思います。

登山専用のものでなくても作業着系などは安く登山に使えそうなものもあって色々見てみると面白いですね(^-^)



↓ブログランキング参加してます↓



THEME:便利グッズの紹介 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天