プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年5月19日 護摩堂山 登山

2018年5月19日
この日の2日ほど前に久しぶりに友人のYさんから連絡があり、この日にハイクに行くとの事。
一人でも行くような感じで自分を明確に誘っている訳ではないようでしたが、自分も予定は空いていたので「行っていいなら行くよ」と返事をすると一緒に行く事になりました。

しかし天気は前日から雨が降り、当日の予報も雨模様。
当日の朝に連絡を取り合い、本降りのままなら中止、小雨程度なら決行、小雨でスタートしても途中で本降りになったらその場で撤退と決めて取りあえず現地で集合する事に。
行き先の山は、天気も微妙なのでゆるめがいいとの希望と、雨でも歩きやすい登山道という事を考慮して田上町の護摩堂山になりました。

そして現地へ。
この日はYさんの希望もあって日帰り温泉のごまどう湯っ多里館の駐車場に集合。

天気予報は相変わらず雨マークなものの午前からお昼過ぎにかけてはそんなに大降りしなそうな感じ。
この時も雨は降っていなかったのでそのままスタートとなりました。






湯っ多里館の駐車場からトンネルをくぐって少し歩くと護摩堂山の登山口に到着。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

auスマホを安心ケータイサポートで交換しました

普段の連絡手段として欠かせないものになっているスマホ。
登山においてもGPSを利用して地図を見たりログが取れるアプリなんかもあり自分が山に行く時にも欠かせないものになっています。
しかしそんな自分のスマホに異変が。


こちらはAndroid端末のタッチパネル動作確認モードでタッチパネルを隅々までなぞったものですが、画面の左端が反応しなくなりました。

使用している機種はau Xperia Z3 SOL26、約3年ほど使用。



こちらはペイントアプリで同じくパネル全体をなぞったものですが、画面左側に加えて下部の「戻る」や「ホーム」のボタン部分も反応なし。

この症状は「タッチ切れ」と言われ、この頃のXperia機ではdocomo・auなどキャリアを問わず確認されていたようですが、いよいよ自分の所にも来たか…という感じでした。

ちなみに自分のスマホで症状が出始めたのは下部の戻るボタンなどの所からで、こちらは「戻るボタン(アプリ名)」等のアプリを使う事で何とかなっていたので騙し騙し使っていましたが、先日になって画面左側のタッチ切れも現れ始めたのでいよいよダメかと。
調べてみるとタッチ切れだけならメーカーで無料修理になる可能性もありましたが、長年の使用でバッテリーのヘタリも気になっていた事もありそれも一緒に直すと費用もそれなりに掛かりそう。
機種変更という選択肢は、今のz3で特に不満もないので欲しい機種もナシ、何より高い(笑)
そして、契約時からずっと掛け捨て状態になっていたauのサービス”安心ケータイサポート”を利用するのだと安価でリフレッシュ品に交換する事ができるとの事で、今回は初めて安心ケータイサポートでスマホを交換してみました。





安心ケータイサポートを利用する申し込みは店頭ではなくインターネットで。
WEBで申し込むと割り引きも付くようだったのでちょっとお得。
申し込んだ翌日には交換用の新しい本体が届きました。

左が新しい本体、右が不具合が出た本体。
リフレッシュ品と言われていましたがパッと見た感じでは新品と思えるくらい綺麗な本体でした。

初期設定やデータの入れ替えなどは自分でしないといけないのでちょっと手間ですが、一緒についてくるガイドブックに沿ってバックアップやデータの入れ替えをやったり、元々使っていたスマホの設定やデータも見ながら作業出来たのでほぼ同じ状態に戻す事ができました。

データ入れ替えの終わった不具合のある本体は初期化したのち写真右の本体が乗っている封筒に入れて郵便ポストに投函するだけ。
新しい本体を受けとった日から14日以内に返送しないと40,000円の違約金が発生するので手元にあるうちはちょっとだけ気がもめましたが(笑)、無事に不具合のない本体に交換ができました。

サポート利用料金としては契約期間や交換回数(年2回まで)で変わりますが、今回の自分の場合は初めて交換・au契約25ヵ月以上・代用機なし+WEB割引で計2,000円(税別)、貯まっていたポイントを支払いに当てたので現金支払いは0でした。

これでまた安心して山でもGPSや地図・ログ取りに使えそうです(^-^)v


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:今日の出来事 | GENRE:趣味・実用 |

PC内部のホコリ掃除をしました

先日、使用しているパソコン(以下PC)の調子が悪くなりました。
PCを立ち上げてしばらくするとフリーズやブルースクリーンが出る状態でブログの更新もままならない。
ちなみに以前から同じような状態がたまに出る事があり、その時はPC本体内部の掃除をすると直っていたので今回もそれかなと思い時間を見つけて掃除をしてみました。

ウチで使っているのはデスクトップPC。

吸排気口にエアコン用の不織布フィルターを付けてホコリ除けをしていましたが、吸気口の方はすっかりホコリまみれでした。
フィルターを外そうとするとホコリがモファッと舞うくらい。
こりゃあケースの内部も汚れていそうです。





という事でケースを開けてホコリ掃除。
ブロワーで風を吹きつけてホコリを飛ばします。
ちなみにウチで使っているブロワーはこんなやつ。


弱・中・強三段階のダイヤル式の風量調節機能が付いていて、PCの掃除をする時には自分は中くらいの風量で使用します。
PCのホコリを飛ばすだけならスプレー式のエアダスターという手もありますが、ブロワーの方がガス圧に左右されず一定の風を送り続けられるので便利ですね。



ブロワーで吹くとホコリがぶわーーーーっと舞うので作業は屋外で。

PC内部の機械的な事はあまり詳しくはないんですが、とりあえずCPUや電源などに付いているファンは強い風を吹きつけて急激に回ると破損や軸が変形する可能性があるので爪楊枝や割り箸などを羽の間に突っ込んで回らないように固定してからやった方がいいですね。
それと、静電気が基板などでバチッとするとPCが完全に終了する可能性があるので、流水で手を洗ったり金属のものに触れたりして身体に溜まった静電気を放電してから作業しました。

一見綺麗に見えてもブロワーで吹いてみると結構なホコリが舞い上がりました。
隅々までよ~く吹き飛ばした後、一応メモリの基盤を差し直したりして作業終了。





部屋に戻ったら吸排気口に新しいエアコンフィルターを貼って作業完了となりました。

ちなみにエアコンフィルターは100均で売っているものを吸排気口にちょうどいい大きさに切って使用しています。
背面は排気っぽいのでフィルターない方が排気効率は良さそうですが、ホコリの溜まりやすい壁際の方に設置するので貼っておいた方が安心感があるかなと(笑)

そしてPCを起動してみると、今回も今まで出ていたフリーズやブルースクリーンの症状も収まり普通に使えるようになりました。
このPCでは最近だと毎年春先くらいにこの症状が出るので「また来たか」といった感じになっていますが(笑)、もし似たような症状でお困りの方がいらっしゃったら内部の掃除、試してみてはいかがでしょうか。





余談ですが、ブロワーはPCの掃除だけでなく、撥水の効いた車を洗車した後の水滴飛ばしに使うと拭き上げが楽になったり、夏はバーベキューの炭起こし、秋は落ち葉の掃除、といろんな事にも使えて便利ですね。
ただし、駆動音は結構大きいので住宅街などだとご近所トラブルの原因になるかもしれません。
それと自分が購入したこちらのブロワーは購入直後はノズル部のゴム臭がものすごかったのでそこだけ注意点。
もう数年使用していますが、ゴム臭はだいぶ治まり今でもしっかり活躍してくれています(^-^)v



↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 |

2018年4月30日 弥彦山 登山 裏参道コース

弥彦山・表参道コースは1月にあった倒木・雪崩による登山者死亡事故から通行禁止となっていましたが、先日2018年5月18日付の県央ドットコムの記事にて、表参道コースの通行禁止は6月末までに解除、との報せがありました。
ようやく新潟県を代表する山のひとつの登山道が戻ってきますね。
もう少しの辛抱です。



2018年4月30日
GW初旬のこの日、ウチを含む地元の農家的には5月に入ってからのGWは田植えの繁忙期になるのでその前に山に行ってきました(笑)
田植え時期の直前という事で田んぼには水が張られ、山の上からは水鏡になった平野部が見れるかな、それと例年だとだいたいGW中くらいに弥彦山の山頂レストランの近くにあるヤヒコザクラが満開になっていたのでそれも見れるかなと思い弥彦山に登る事にしました。

先にも書いた通り表参道コースはいまだ通行禁止が続いているので海側から登る裏参道コースへ。
以前の「2018年冬 弥彦山登山道 全面通行禁止」の記事的に考えると本当はこちらもまだ入山しない方がいいのかもしれませんが、この記事以外に他のコースの通行禁止を呼びかける記事なども見当たらず、また雪も完全になくなり倒木などの危険性も少なくなったと判断して自己責任のもと登ってきました。


今回も午後からの山行。
裏参道コース駐車場に着くと停まっている車はチラホラでGWの割に少ないかなといった印象でした。

とはいえ、駐車場手前の道路の退避スペースにも車が何台か停まっていたので、午前中は混んでいたのかもしれませんね。

ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。





準備を整えて登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

胎内市のチューリップフェスティバルに行ってきました

前記事「2018年4月29日 大峰山 登山 寺沢林道コース」と同じ日、大峰山がある新発田市のすぐお隣の胎内市ではちょうどチューリップフェスティバルが開催されているとの事で、山に登った帰りに寄り道して見てきました。

胎内市のチューリップフェスティバルは今年で29回を迎えた恒例のイベント。
胎内市のチューリップはもともとは趣味での栽培がきっかけでそれが徐々に本格化し、現在では市の花にもなっているそうです。
開催は長池憩いの森公園、協力金200円を払いチューリップ畑へ進むと色とりどりの景色が広がりました。





ハート型に植えられたところをアップで一枚。

ここで写真を撮ったらSNS映えしそうですね(笑)





こちらには約60種類、80万本のチューリップが植えられているとの事で、花の色や形も色々なものがありました。
種類の名前などはチェックし忘れてしまったので写真だけ並べていきますf(^∀^;)














畑の方に入ってみるとこれまた壮観な景色ですね。






濃い紫っぽい花はなんだか珍しい気がします。

が、写真で見るとちょっと地味かな?(笑)























色んな花を楽しめました。
会場では植えてある花を球根ごと掘り起こして買って帰れるスペースもあり、一緒に来ていた母が買っていこうかなとなりましたがちょうどそのタイミングで閉園時間の5時になってしまい買えず終いだったのが残念でしたf(^-^;)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:■お花が好き♪ | GENRE:趣味・実用 |

2018年4月29日 大峰山 登山 寺沢林道コース

2018年4月29日
以前は父と一緒によく登山に行っていた母。
今では腰も曲がって歩くのも大変になってしまい山からは遠ざかっていました。
そんな母から久しぶりに「大峰山に桜を見に行きたい」とリクエスト。
時期的には平野部では今年の桜もほぼ終わりに近づいた頃ででしたが山の方ではまだ間に合うかな?という事でこの日は母を連れて新発田市の大峰山へと行ってきました。

朝から細かな用事などを済ませてから準備をして家を出発。
地元からは少し離れた場所になるので小一時間ほど高速を飛ばし三条市から胎内市の中条ICへ。
到着がお昼近くになりそうだったので昼食になりそうなものを買っていくかという事になり、山へ向かう前に加治川の道の駅に寄って行く事になりました。
道の駅に着いてみるとそこには「大峰山さくらまつり」と書かれたノボリが立っていて駐車場もほぼ満車の大賑わい。
祭をやっているのは想定外だったので少し焦りましたが、誘導員の指示で車を停められ無事に道の駅に寄れました。
昼食の方は少し物色してみましたが食堂があったので食べていった方が荷物が減るという事でここで食べて行く事に。
ついでにチラシ置き場なんかも物色してみると大峰山を含む櫛形山脈の縦走案内図なんかも無料で置いてあってなかなかいい収穫がありました。

そして大峰山へ。
山の方へ向かう道中ではシャトルバスっぽいのも見られ祭をやっているので混んでるのかな~と少し心配しましたが、お昼時になった事でピークは過ぎたのか登山道へ近い桜公園の駐車場に車を停める事ができました。

桜公園駐車場。
さくらまつりも相まって登山の恰好をしていない観光客の姿もたくさんありました。





準備を済ませて山の方へ進むと寺沢林道に。

林道の入口には通行止めの標識が立っていましたが、祭の時だけの「車両通行止め」ですね。
この標識だと初めて来た自分なんかは人も通行止めなの?と思ってしまいましたが、普通に往来はあるし以前来た事のある母は「こっちらよ」と進んで行くしで少し戸惑ってしまいましたf(^o^;)
ちなみにここでは丸椅子の上にスタンプラリーの台紙が置いてあったので一応持っていきました。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

猿毛岳登山口・駐車場までのルートと道路状況

新潟県加茂市、猿毛岳の登山口と駐車場までの車載動画を紹介してみたいと思います。

動画の走行ルートは加茂駅前からスタートし登山口・駐車場まで。
主にこれから猿毛岳に登ってみようかなと思われた方の参考になれば幸いです。

動画撮影日:2018年4月21日

加茂駅前から向かう場合は登山口直前まではほぼ道なりまっすぐですが、加茂川を猿毛地区へ渡る橋やその周辺はとても細い道になっていますので運転には十分ご注意下さい。


[PR]

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年4月22日 猿毛岳 登山 尾根コース~沢コース 後編

前記事「2018年4月22日 猿毛岳 登山 尾根コース~沢コース 前編」からの続きになります。

加茂市の猿毛岳を登山。
尾根コースから頂上に登り、休憩を取った後下山へと入るのでした。

今回の下山は初めて通る沢コースを行きます。

頂上の山小屋の奥へ続く道へ下山開始。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年4月22日 猿毛岳 登山 尾根コース~沢コース 前編

2018年4月22日
以前、雪のある時期に初めて登った加茂市の猿毛岳
その時は雪に覆われた登山道を進み頂上ではとてもいい景色を眺める事ができました。
それから日は経ちすっかり雪の無くなったこの時期、本来の登山道はどんな感じなのか、それと積雪期は危険という事で通れなかった周回できるコースの方もどんな感じなのか気になっていたのでこの日はまた猿毛岳に行ってきました。


この日は夕方から少し用事があったので、自分的にいつもと比べるとちょっと早めのお昼時に登山口・駐車場に到着。

駐車場には先行者の車が3台停まっていました。
ちなみに前回は雪で狭くなっていて4~5台でいっぱいだった駐車場ですが、無雪期なら6~7台は停められそうですね。





駐車場の片隅には簡易トイレ。

山に入る前に済ませておくのはマナーという事で利用させてもらいましたが、ちゃんと管理されているようで中は綺麗さを保っていました。
(ちなみにトイレの中の様子については前回の記事内に写真がありますので気になる方はご参照下さい。 )
それにしても、ポットンタイプのトイレを利用する時というのはどうも不安感のようなものがありますね、主に落とし物に関してのf(^-^;)
昔、子供の頃は自宅のトイレもポットンでそれでも平気だったものですが、それだけ大人になって落とすと困るものが増えたという事ですかねぇ…スマホとか財布とか車のカギとか。





トイレに水道はありませんが、数メートル先の登山口まで行くと沢から引かれた水を溜めている容器があり手を洗えました。

ブラシやタワシも用意してあったので登山後に汚れた靴を洗うのにも使えますね。
草葉の影に水が流れているパイプがあり、前回の積雪期はそこからホースで登山口の道路近くまで水を引いていたようですね。





そして準備を整え改めて登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天