プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年11月4日 友人と登山 高立山~菩提寺山

2018年11月4日
先日の米山登山でもご一緒した山仲間でもある友人Yさんから「この日も山に行けそうなのでよろしくお願いします。」との連絡がありました。
お、一緒に行けるなら眺めのいい山・コースをおススメしたい、と、ちょっとキツめなもののYさんがまだ未踏の角田山・灯台コース
をどうかなと提案。
しかし、先日の米山から一週間という事もあり体力的に心配なので少し緩めの山でお願いしますとの要望があったので、こちらもYさんが未踏で興味を持っていた新津丘陵の高立山を提案すると行ってみたいという事になりました。

一応、登山コースは自分が一度登った事のある大沢公園コースを選択。
しかし高立山だけでピストンだとすぐに終わってしまいそうだったので、隣の菩提寺山にも縦走するコースを提案し、OKが出たので今回は大沢公園から高立山に登り、菩提寺山に縦走して菩提寺山の大沢公園コースから下山する周回コースにしました。

当日はYさんと別のところで集合し、一台の車でスタート地点となる大沢公園へ。
ちなみに大沢公園までの車での行き方についてはこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
菩提寺山 大沢公園コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

高立山の頂上でお昼になるように時間調整して10時半頃に公園に到着しましたが、この時には駐車場はほぼ満車。
辛うじて一台分のスペースが空いていたので何とか停められましたが、その後からもやってくる車は何台かあり白線のスペース以外の所に停める状態となっていました。
やはりこちらも人気のある山です。





準備を整えて高立山・大沢公園コースの登山口に向かう。

吊り橋を渡って広場の方へ。
向こうの広場では炊事場もあり、キャンプもできるみたいですね。
この日も2組ほどがテントを張っている姿がありました。
最近は知人でも昨年秋からソロキャンプを始めた人もいるのでちょっとだけ気になります(笑)





広場の奥に進み高立山登山口へ。

以前自分が初めてここから登った時は登山口の目印などがなく「ほんとにここで合ってるのかな?」と不安になりながらのスタートでしたが、今回は階段の所に小さいながらも登山口である事が書かれた木の板が立っていたので安心感がありました。

という事でここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

長靴登山用に踏み抜き防止ソールを導入してみました

冬になり、登山でもドロドロのぬかるみや雪の上を歩く機会も増えてきました。
そんな時に便利なのが長靴
防水はもちろん、ドロドロに汚れてもバシャバシャと洗えて手入れが楽な為か、新潟の低山登山では履いている人を良く見かけますし、自分自身も利用者の一人です。

しかしやはりマイナス面もいくつかあって、個人的にはソールが薄く柔らかい長靴では石や岩でゴツゴツした路面を歩いていると足の裏が痛くなりやすいというのを特に感じていました。
長靴用のフェルトで厚手のインソールとクッション性の高いインソールを二重にして入れたりもしましたが、長時間歩くとやはり足の裏が痛くなる。

何か対策できるものはないかなと探していた時にこんなものが目に入ったので試しにと買ってみました。
それがこちら。

踏み抜き防止インソール
もともとはおもに作業現場や災害時に釘やガラスなどの鋭利な物を踏んだ時でも足の裏を守る為のものですね。
今回購入したものはモリトというメーカーの「is-fit(イズフィット) セーフティインソール」。
近場の大型複合スーパーの作業着や安全靴が売っているコーナーで購入、価格は1,000円弱といったところ。
ちなみに他のホームセンターなどもいくつか眺めてみましたが、だいたい同じようなコーナーで同じものが置いてあって同価格帯か900円弱の店もありました。





ソールを袋から出してみるとこんな感じ。

表面生地はポリエステルで、うっすらとクッション材も入っているかな?
踵の部分だけしっかりとしたクッションが付いていました。
芯材には0.5mm厚のステンレス板が入っていて足の裏を保護します。





裏面。

こちらはEVAスポンジで多少のクッション性がありました。





そして実際に使ってみました。


今回自分はこのソールを購入する時に長靴のサイズをうろ覚えで買いに行ってしまい、長靴26cmのところを26.5cmのソールを購入してしまいました。
長靴が少し大きめの作りだった為かちょっとぎゅうぎゅう気味なもののちょうどピッタリと入ったので返品交換などはせずに使う事に。
しかし、かかと部分のカップになった所だけヒダ状によれてしまい踵に当たる感触がチクチクと痛かったので、カップ部分だけ切り落として使用します。
ここはステンレスは入っていないのでハサミで簡単に切る事ができました。

そして今回のソールだけではクッション性に少し不安があったので、もう一枚クッション性の高いインソールを重ねて使用します。
ちなみにこちら(青い方)はダイソーで買った3Dクッションソール。
個人的にはクッション性も良く感じ、履き潰してヘタっても100円なので買い替えやすくて気に入っています。

※追記
後に踏み抜き防止ソールだけ入れて平地のアスファルト路面で30分ほどのウォーキングにも履いてみましたが、やはり少し足の裏が痛くなりそうな感じがあったのでクッション性のあるインソールとの併用が良さそうです。





ソールを入れて実際に歩いてみると、すぐに感じたのは足裏のしっかり感でした。
ノーマル長靴の柔らかさとは違うピンと張ったしっかり感。
歩いた感じも結構しなりが効くので悪くないと感じました。
ただし、インソールが厚くなると踵が後ろの窪みにハマる感じが少し薄くなる気はしますね。
あと、少々重量は増えました。

そして実際の登山にも一度履いてきてみました。
歩いたのは弥彦山の裏参道コース。
登り・下り共に各1時間ちょっとのコースですが石と岩でゴツゴツした路面も多く、以前長靴で登ってきた時は足の裏が少し痛くなったコース。
しかしこのソールを入れて歩いてきた感じでは以前より足裏の痛さはあまり感じずに山行を終えることができました。
これはなかなかいいかも!

まだ使い始めたばかりなので耐久性や長靴への影響・負担がどの程度あるかは分かりませんが、今後も気づいたことがあったら更新していきたいと思います。

あと何気に、農作業で藪場の草刈りする時とかに足の裏を守る本来の使い方にもいいかも(笑)

長靴登山で足が痛くなった事がある人は試してみてはいかがでしょうか。





その他の踏み抜き防止ソールを探すならこちら。
踏み抜き防止ソール


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

新年/弥彦で年末詣とウォーキング

明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログを閲覧して下さった皆様、拍手を押して下さった皆様、誠にありがとうございました。
なかなかブログの更新が進まず昨年の山行のいくつかや書こうと思っていた記事も纏められていないものがあるまま年越しをしてしまいましたが、これからしばらくは時期的に山に行けない日も多くなりそうなのでその間にその分も更新していきたいと思います。

しかし最近はあれですね、身体が寒さに対抗するためにエネルギーを蓄えようとしているのか、食事量が増えたり間食をしたくなる事が増えてしまってうっかりしているとおデブ一直線といった感じですね(笑)
そうならない為にも今年もたくさん山に行って運動したいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。



そして少し日は遡りますが、昨年末の12月30日はまた年末の神社参りをする為に弥彦神社へと行ってきたので、その時の様子を紹介してみたいと思います。

ちなみに大晦日より早いうちに参拝をするのを「年末詣」といって最近は混雑を避けて早めに参拝する人も増えているみたいですね。
そんな言い方があるとは意識はしていませんでしたが、自分も今回で5~6回目になったでしょうか。

12月30日の夜はやはり街を走る車も少なく神社脇の参拝者駐車場にも余裕で車を停められました。

車を降りて神社の入り口に向かう。
この時も車や人を見かけるのはチラホラ。





一の鳥居。

鳥居の前で一礼して奥に進みます。





鳥居をくぐってすぐの橋の上から左手に見える、神様が渡るための橋「御神橋 玉の橋」

人間は渡れません。





参道に立ち並ぶ御神燈。

この景色を見れるのは弥彦神社では年末年始と夏祭りの年二回。
この景色を見ながら混雑を避けてゆっくりと参拝をするにはこの日はとてもいい日です。





車のお祓い場や弥彦山登山道の方へ続く路地。

ここも御神燈と鳥居があっていい感じです。





こちらは参道を進んで手水舎の近くにある「二の鳥居」。






手水舎でお清め。

ひしゃくに水をすくい、左手を流す→持ち替えて右手を流す→左手に水を取って口を漱ぐ→左手を流す→ひしゃくを立てて柄を流し清める、というのを一回の汲んだ水で行うのが正しい作法ですね。
正直そんなに信心深い訳ではないですが、登山を始める前の写真を撮るのが趣味になった頃から寺社仏閣にもよく行くようになりその時に手水舎の作法なども覚えました。
いやぁしかしこの時期の、特に夜の水は冷たかった(^▽^;)





ふと気づくと二の鳥居の前にこんな案内板が。

去年は無かったような気がしますが、大晦日や新年三が日は参道一方通行の規制があったようです。
一番混雑する時はこの辺から本殿まで行列ができるみたいですしねぇ。
ちなみに自分は混雑時は弥彦方面に近づかないようにしているのでいまだその行列は実際には見た事はありません(笑)





随神門。

ここで写真を撮っていた時、神社の見回りをしている方に「22時で御神燈消灯しますよ」と声を掛けられる。
「分かりましたー」と返事をし、立ち去られるのを見送る形になりかけましたが、ふと立ち止まってこちらに向きなおったので何かな?と思ったら…「前も居た人らかね?」と。
そういえば去年だったかも同じ日に参道で写真を撮っていた時に見回りの方に声を掛けられた事があったなΣ(゜o゜)
まさか覚えてられた事にびっくり!
ああ!どうも~みたいな感じで一言二言交わした後、また少し撮らせてもらいますね、で終わりましたが、やっぱりこの人の少ない日に写真を撮ってるのが印象強かったのかな?
それとも前回も今回もよっぽど怪しく見えたのか…(笑)





随神門をくぐって拝殿へ。

弥彦神社の参拝作法は「二礼四拍手一礼」。
こちらもこの時は他の人は2人組が2組ほど来たくらいで静かにゆっくりと参拝できました。
今年も一年お見守り頂きありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。っと。





角度を変えて拝殿をパシャリ。

写真は明暗の差が激しすぎて背景が写りませんでしたが、弥彦山の山頂がちょうど神社と並ぶこの角度が個人的にお気に入りです。
HDRや合成だったら山も写った写真撮れたかな?
今度覚えないとf(^-^;)





摂社・末社。

こちらもひとつひとつ頭を下げました。





逆アングルから一枚。






きっと二年参りや初詣でたくさん売れた事でしょう。












御神燈の消灯時間も近づいたので神社を後にする。

ありがとうございました。





一度駐車場に戻った時には雲の間に少しだけ星空が覗いていました。

一応オリオン座が写ってますが…分かるかな?f(^-^;)
サムネイルだと分かりにくいかも。
写真をクリックしていただけるともう少し大きい画像で見れますのでよろしかったらご活用ください。





神社の参拝を終えて帰路に就こうか迷いましたが、せっかく出掛けてきたのでたまには違う場所でウォーキングするかと思い立って少しだけ歩いていく事にしました。
神社前の温泉街を通って弥彦公園方面に向かうとホテル入口には門松。






弥彦公園へ。

22時半を過ぎたこの時には公園内はこの外灯が並んでいる通りとこの奥にあるトンネルは明かりがありましたが、それ居合はさすがに真っ暗でした。




公園を抜けてくると弥彦駅前に出る。

神社の建物のような駅舎が特徴的です。

そしてまた県道2号線の方から周回する形で歩いて弥彦神社の駐車場にゴールとなりました。
距離的には2kmちょっとの軽いウォーキングでしたが、やはりいつもと違うところを歩くのは新鮮味があって楽しかったですね(^-^)

そんな感じで年末の神社参拝とウォーキングでした。
弥彦にいたうちは天気はいい方でしたが、車での帰り道の途中からは結構本降りの雪模様になったのでラッキーでしたね。
やっぱ弥彦は何かに守られているのかな…?

そして年末大晦日と年明け元日には地元の氏神様にはお参りしましたが、この記事を書いている今現在大きな神社での初詣はまだなのでそろそろ行こうかなと思います(^-^)

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天