プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年1月6日 新年一発目の登山は弥彦山 裏参道コース

2019年1月6日
今年は例年に比べて降雪量も少なく穏やかな新年を迎えられました。
年明け数日は親戚への年始回りやその対応で家を空ける事ができませんでしたが、それもひと段落したこの日はようやく山へ。
今年の初登山という事でやはりまずは山の神様にご挨拶しようと思い、弥彦山の頂上にある弥彦神社の奥宮・御神廟に初詣も兼ねて行く事にしました。
年明けしばらくは表参道登山口のある弥彦神社付近は初詣客で渋滞が起きたり駐車場も満車になるほど大混雑するので、それを避けて今回はまた海側から登る裏参道コースにしました。

この日もお昼過ぎに登山口の駐車場へ。

この日は駐車場内に1台、手前の自動車待避所に2台の先行の車がありました。

ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。





前回はトレッキングシューズで登った裏参道コースですが、今回は上の方で若干雪がありそうだったので濡れたり汚れたりしてもいいように長靴をチョイス。

ちなみにこの時が以前紹介した踏み抜き防止ソールの試し履きも兼ねた初陣でした。





13:38
準備を整えて登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年12月24日 弥彦山 登山 裏参道コース

2018年12月24日
年末に近づき2018年も残りわずかとなったこの日。
年内にあと何回山に行けるか分からないけど行けるうちに山の神様にお参りに行きたいなと思っていました。
地元付近で山の上に神様の祠があって有名な山というと、やっぱり新潟を代表する山の一つである弥彦山かなという事で、日中に貴重な晴れ間も覗いていたこの日は弥彦山に登る事にしました。

登るコースは久しぶりに裏参道コースをチョイス。

今回も午後からの出発となってしまったせいか駐車場に着くと場内には先行の車はナシ。
駐車場手前の自動車待避所に一台の車があるのみでした。

ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。





13:59

準備を整えて登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

LOOKS プロテクト スマホケース レビュー

スマホというと普段の連絡手段やネットを見たりするのに欠かせないものになっている人も多いのではないでしょうか。
登山においても、緊急時の連絡手段はもちろん、アプリで地図を見たりGPSによる位置の確認、山行のログを取ったりと活躍する場面も多くとても便利なアイテムですね。

しかしそれだけに怖いのが事故や転倒などによる破損。
山の中で万が一の時に壊れてしまったら場合によっては命に関わる事態になる事もあるかもしれません。

ザックの中にしまったりしてあれば多少は大丈夫かもしれませんが、自分の場合はスマホは地図や山行ログなどをすぐに確認できるようにズボンのベルトに付けたスマホポーチに入れていました。
そのポーチが多少のクッション性はあるもののちょっと薄手のものだったので保護性には少し不安があり、他にいいケースがあれば替えようかな、と思っていました。

そして先日、これまたワークマンに行った時にこんなケースを見つけ買ってきてみたのでレビューしてみたいと思います。
それがこちら。
LOOKS プロテクトスマートフォンケース [TC]【取寄せ商品】|作業用品 スマホ ケース スマートフォンケース スマートフォン 携帯ケース 作業用品 現場用 工事用 工事現場 建設現場 ワークマン 作業小物 作業

実際に購入したものがこちらになります。

スマホ用のハードケース…になるのでしょうか、表面と裏面が硬い素材でできたケースです。
商品説明によると、「EVA(エチレン・ビニル・アセテート)を使用し、表面はPORY素材をコーティングした、柔軟性も備えた衝撃吸収に優れた素材」との事。
別のもので例えるならば、温かい飲み物に使われている厚手のペットボトルよりもう少し硬いかな?といった感じですね。
購入時の価格は980円(税込)でした。







内側を見てみると、「内張りは電子機器の表面を守るとても柔らかいLylexを使用」との事で、少しフカフカした素材になっているので中に入れたものに傷などは付きにくそうです。

内側には3つのカードポケットがあります。
こちらはLylexではなし。





ファスナーを全開まで開けると側面はこんな感じ。
内張りが繋がっているので開くのはここまで。

内張りの側面は下部が開いていて、小銭など細かいものを入れると落ちる可能性があるので注意が必要です。
こちらはパッケージの台紙にも注意書きの記載があったので仕様ですね。





ファスナーはダブルファスナーで開け閉めしやすいですね。
動作感は角の所で少し引っ掛かるような鈍さを感じますが、それ以外はスムーズかと思います。

止水ファスナーではないので防水性はナシなのがちょっと残念でしょうか。






裏面にはカラビナが標準装備で、面テープ式のベルトループもあり。

面テープは両側を挟み込むように留めるので結構強力ですね。
外すのがちょっと大変なくらいですが、その分不意の脱落の可能性は低そうです。





ただ少しだけ気になったのが、面テープの受け側が一列のラインでしか留まってない点でしょうか。
二重縫いくらいになってたらもう少し強度があって安心感があった気がしますね。

とはいえ、太めの糸で縫製もしっかりしているように見えるのでそう簡単にはほつれないと思いますがf(^-^;)





■実際にスマホを入れてみる

ケースの対応する大きさは、高さ160mm×幅85mm×厚さ15mmまで。
パッケージ台紙にはiPhone6、6s収納可能との表記もありました。

自分が使用しているスマホはもう型遅れにもなろうかというXperia Z3ですが、サイズは高さ143mm×幅73mm×厚さ7.4mm。





実際にケースに入れてみるとこんな感じ。

スマホは裸の状態で高さに多少余裕あり、ポリカーボネートのカバーなんかを付けているとほぼピッタリになりそうな感じですね。




上から見るとこんな感じ。

横幅・厚さ共に余裕がありますね。
ファスナーを閉めた状態で少しケースを振ってみると多少カタカタする感じはありますが、それほど気にならない程度に思いました。





■実際に装着してみる

ベルトループを使ってズボンのベルトに装着してみるとこんな感じ。

自分の服装・装備が微妙なのはスルーしてください(笑)





カラビナを使ったり、ベルトループに別で用意したバンドを通せばザックのショルダーストラップなどにも付けられますね。


■総評

実際の対衝撃性についてはまだ試していないのでどの程度の耐久性・保護性があるかは分かりませんが、以前使っていたスマホポーチに比べたら確実に安心感は上がりました。
これで気持ちも少し安心して山にも行けそうです(^-^)b
欲を言えば防水性もあると良かったな~という点で少し減点ですが、1000円を切る価格で丈夫なケースを買えた満足度は高いですね。

という事で個人的5点満点評価は、
★★★★☆
4点にさせて頂きたいと思います(^-^)






↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年12月16日 国上山 登山 ちご道登山口~国上寺登山口

2018年12月16日
12月に入ってからは天気の優れない日も多くなりなかなか山に行けませんでしたが、この日は久しぶりの晴れ間となったのでここぞとばかりに山へ。
当初は弥彦山へ行こうかなと思っていましたが、家を出れるのが午後からになってしまったのと、夜にも用事があった事から今回もサッと行ってこれる国上山に行ってきました。

午後2時半くらいに国上山中腹のビジターセンター駐車場に到着。

紅葉もすっかり終わり、ビジターセンターも冬季閉館期に入った事もあって駐車場に停まっている車の数も前回に比べたらとても少なくなっていました。





準備を整えたら今回は展望台などには寄らずまっすぐ登山口へ。

14:36、ちご道登山口から登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

抹茶のシフォンケーキを作ってみました

久しぶりにお菓子作り。
先日友人たちと集まって話をしていた時に、「今度抹茶のシフォンケーキが食べたい」とのリクエストがありました。
自分としても抹茶のはまだ作った事がなく食べてみたいと思っていたので試しに作ってみました。

という事で、まずは今回使った材料の紹介。

グラニュー糖(生地用) 20g
グラニュー糖(メレンゲ用) 20g
牛乳 20ml
サラダ油 20ml
小麦粉 40g
抹茶粉末 ティースプーン山盛1杯(2~3g)
卵白 2つ分
卵黄 2つ

今回もダイソーで売っている紙型「シフォンケーキカップ4号/Φ13cm」に合わせた分量になります。





使った抹茶はこちら。

丸七製茶という会社の粉末抹茶。
お菓子・料理用と書かれていたのと、スーパーの売り場で一番手頃な価格だったのでこれにしてみました(笑)
お菓子・料理用とは書かれていますが、普通にお湯などに溶かして飲んでもOKみたいです。





ケーキに抹茶を入れる方法としては最初、「生地に混ぜる水か牛乳に溶かせばいいんろ~」なんて簡単に思っていましたが、ケーキを作る以前に温かい牛乳に抹茶を入れて抹茶ミルクにして飲もうと思った時にめっちゃダマになって溶けなかった(´・ω・`)
なんて事があったのでどうしたもんかな~と思いクッ〇パッドの方で他の人の作り方などを少しだけカンニングしてみると、小麦粉に混ぜるという方法の人が多い様子。

という事で抹茶と小麦粉を合わせて数回ふるいにかけておきました。




そして生地作り。
卵白にグラニュー糖を混ぜてメレンゲ作を作り冷蔵庫へ。

卵黄にグラニュー糖→サラダ油→牛乳 の順番で混ぜ合わせ卵黄生地作りの途中まで。

(詳しくは過去記事「シフォンケーキを作りました」などをご覧ください。)

そこまで来たら次はいよいよ抹茶と合わせた小麦粉をふるい入れる。

初めての作り方なので上手くいくのかちょっとドキドキ。





卵黄と小麦粉をしっかり馴染ませると抹茶もちゃんと混ざりました。

おお~なるほど。





あとは冷蔵庫からメレンゲを取り出して三回くらいに分けて投入。






型に入れて数回トントンと落として気泡抜き。

それっぽい感じになってきた♪





そしてオーブンで焼いていきます。

今まではウチのオーブンだと予熱170℃、焼き時間25分で、最初の15分を170℃、残り10分になったら160℃で焼くとやっていましたが、ちょっとだけ焼きすぎてるかなと思い始めていたので今回はちょっと変えて、予熱170℃、焼き時間22分で、最初の10分を170℃、残り12分になったら160℃、としてみました。
温度や時間は使うオーブンによっても変わるので、その家庭に合った温度と時間を見つけるのが美味しく作るコツですね。
自分もまだまだ模索中ですが。

焼き上がったらまた数回トントンと落として焼き縮み予防してからひっくり返して冷まします。




冷ました状態がこちら。

オーブンの中の状態よりも少し落ち着いた感じ。
温度の高い時間を長めにした方が良かったかな…?





とはいえ、型から外して切ってみるといつものような感じでできました。

まずは無事にできた事に一安心。
食べてみると、もう少し抹茶感があってもいいかな?といった感じだったので次はもう少し抹茶を増やした方がいいかな。
またより美味しくなるように改良を重ねていきたいと思います。



[PR]
素材にこだわった無添加シフォンケーキ 金吾


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:手作りお菓子 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

クリップ式サングラス レビュー

登山やアウトドア、車の運転など屋外で過ごす時に眩しさを抑えるのに便利なサングラス。
UVカットのものなら紫外線による目へのダメージも軽減して白内障や黄斑変性症、角膜炎など目の病気のリスクや進行の低減にもなりますね。

自分も登山に行く時なんかはあったら便利かな~と思っていたんですが、遺憾ながら自分は近視による眼鏡使用者なので普通のものでは使えずにいました。
サングラスの為にコンタクトを使うのもちょっと面倒くさいので眼鏡の上からでも使えるものがないかな、なんて探していたところ、眼鏡のレンズに挟んで使えるクリップ式のものを発見。
先日Amazonで買い物をしたついでにこちらを購入してみたのでレビューしてみたいと思います。

今回購入したのがこちら。
KOUTEI スポーツサングラス 偏光レンズ 超軽量 UV400 跳ね上げ式 紫外線をカット 前掛けクリップ式サングラス TR90 男女兼用 自転車 釣り 野球 テニス ゴルフ スキー ランニング ドライブ (クリップ式/ブラック)

実際に届いたものがこちらになります。

セット内容は上から時計回りで、サングラスケース、クリップ式サングラス本体、クリップのクッションゴムスペア、サングラスとゴムの包装袋、眼鏡クロス。
サングラスケースはビニール…というか、硬めのクリアファイルみたいな質感で、側面と底面にプラスチックの枠も入っているので保護性は割とありそうです。
購入時は500円以下の価格だったので、最悪失敗してもいいかな、くらいの気持ちで購入しましたが割としっかりしたセットな気がしました。





こちらのクリップで眼鏡のレンズを挟み込んで使用する訳ですね。

眼鏡のレンズを挟み込む部分には両側共にゴムクッションが付いています。
サングラスのレンズはプラスチック感があって、まぁ値段なり…かな?
重さは商品説明によると約9gとの事で、ほんと軽量。
レンズはUV400という事で、約99%の紫外線カット効果があるようです。





■実際に眼鏡に装着

自分の眼鏡に装着してみるとこんな感じになりました。

サングラスのレンズ部の大きさは片側で縦約4cm、横約6cm。
割と小型の眼鏡用になるでしょうか。





表から見るとこんな感じ。

眉間のクリップ金具以外は割と普通のサングラスっぽく見える?
ちなみにレンズに貼ってあったシールは割と綺麗に剥がれましたが、剥がすきっかけに端っこを爪でカリカリした部分だけ少しノリが残りました。
しかしそれも眼鏡クロスなどで拭いたら綺麗に取れました。




サングラスのレンズは跳ね上げ可能なので、咄嗟に視界を確保したい時にも楽ですね。

難点としては、跳ね上げた状態で正面から顔を見るとちょっと眉毛の太い人みたいに見える事でしょうか(笑)
跳ね上げの動作はスムーズで、バネが入っているので自重では下りてこないかと思います。





■レンズ性能

屋外でも実際にテスト。
カメラのレンズの前にサングラスをかざして撮影してみました。

順光で反射したコンクリート路面の眩しさもちゃんと抑えてくれました。




偏光効果のチェックとして試しにサングラスの角度を縦にして撮ってみると。

偏光効果が無くなり石畳の反射が目立つようになりました。
おお、ちゃんと偏光効果があるようだ。
100均で売っているサングラスなんかだとUVカット効果はあっても偏光効果が無かったりしますが、こちらの商品は安価な割にちゃんと偏光効果もあってちょっとびっくりでしたね。
ただし、amazonで他のサングラスのレビューなどを見ると安価な物の場合は個体差によっては偏光効果の出る角度がズレているものもあるようなので購入時はちょっと覚悟して買わないといけないかもしれませんがf(^-^;)
今回の商品に関してはちゃんと偏光効果が出ていたのでほっとしました。





■実使用感

そして実際に眼鏡に装着して使用してみた感じ…を写真で再現するとこんな感じでしょうか。

先に書いたように、眩しさの低減、偏光効果はあり。
しかし、レンズの周りから入ってくる光は結構あるように感じました。
それとそのせいかレンズの内側が反射するのもちょっとあるかな。
この辺はやはり普通のサングラスのように顔に沿った曲線でなく目と眼鏡の間に距離があるのが原因と思われますね。
つば付きの帽子などを併用するとそれはだいぶ抑えられましたが、やはり隙間が大きい分UVカット効果も低下するかもしれません。
それと、視界の内側にあるクリップの異物感は意外と大きいかも…ですが、掛け続けていればあまり気にならなくなるかな?って感じですね。





■総評

というように、いくつかの気になる部分はありましたが、眼鏡の上から使えるサングラス、安価な割に偏光効果もしっかりあったのは良かったですね。
購入時の価格も割と手ごろだったので気兼ねなくガシガシ使えるのもいいかと思います。

今回の商品を自分が星5点満点で採点するなら、
★★★☆☆
星3つ、ってところかなと思います。
使い慣れればもうちょっと変わるかもしれませんがf(^-^;)

最後になりましたが、サングラスケースに貼ってあったバーコードシール、こちらは剥がそうとするとすぐにちぎれてボロボロになり紙やノリが残りそうだったので剥がすのは諦めました(´・ω・`)

このレビューはあくまでも自分が感じたままに書いたものなので他の方の使用感では違う評価になるかもしれませんが、見て下さった方がクリップ式サングラスを買う時の一つの参考になれば幸いです。


KOUTEI スポーツサングラス 偏光レンズ 超軽量 UV400 跳ね上げ式 紫外線をカット 前掛けクリップ式サングラス TR90 男女兼用 自転車 釣り 野球 テニス ゴルフ スキー ランニング ドライブ (クリップ式/ブラック)



また、眼鏡の上から使えるサングラスとして「オーバーサングラス」というのもあるので、機会があったらこちらも使用してみたいと思います。

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年11月25日 国上山 登山 ちご道登山口~国上寺登山口

2018年11月25日
11月の三連休3日目のこの日。
前日2日間は別の用事があったために山には行けず、この日も前日の予定が終わったのが午前様になりちょっとお疲れモードではありましたが、日中は天気も良く山でコーヒーが飲みたくなったので、午後からになりましたがサッと行ってこれる国上山に行く事にしました。

午後3時頃に国上山中腹のビジターセンター駐車場に到着。

先日の「2018年11月11日の国上山 朝日山展望台の紅葉と林道ドライブ」の時に比べると紅葉もだいぶ後半といった感じになりましたが、まだまだたくさんの車が停まっていました。





駐車場から見える所だと、朝日山展望台入口辺りはまだ綺麗に紅葉している木もありました。






そして今回歩くのはちご道登山口からスタートして国上寺登山口に下りてくる、約1時間半の周回コース。

日没にはギリギリ間に合うか合わないかくらいの時間でしたが、ライト類もしっかり持ってここから登山スタート。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

ワークマン ロングフェイスタオル レビュー

汗をかきやすい登山においてタオルは必需品。
100均でも買えるので自分は100均のタオルをよく使用していましたが、登山に行って汗を拭き、帰ってくる頃には汗まみれになり汗臭さが出てくるのがちょっと気になっていました。
そこで、ワークマンに行った時にこんなタオルが目に入ったので買ってきてみました。

抗菌・消臭ロングフェイスタオル。

価格は一枚399円(税込)と100均タオルから比べたらちょっと高いですが(笑)、抗菌・消臭機能に期待して。
シキボウの消臭加工素材「スーパーアニエール」を使用した商品との事ですね。
色は赤・青など何色かありましたが、汚れの目立ちにくい黒を選びました。







ロングタオルという事で、普通のタオルと比較してみました。

上の普通のタオルが約80cm。
下のロングタオルが約92cmでした。
(写真のタオルは右側で合わせた方が良かったですねf(^-^;))




首に巻いてひと結びした状態で比較してみるとこんな感じ。
通常タオル。


ロングタオル。

タオルを首に巻いておくと首元の日焼け防止・虫刺され防止にもなり、ぶらぶらするのが気になったり突風で飛ばされたりしないようにひと結びしておくのが自分のいつものスタイルです。
こうして比べてみると、通常タオルの方はひと結びすると結び目からの余裕があまりなく、解いて汗を拭く時にも片側に少し引っ張り出して拭く感じでした。
対してロングタオルでは結び目からも余裕があり、かといってブラブラと邪魔になるほどではないのでいい感じ。
解いて汗を拭く時にもあまり片側に引き寄せる事無く拭けるので楽ですね。

そして登山でも実際に使ってみたところ、通常タオルでは山に登って下りに入る頃~帰宅時には結構汗臭さが気になる状態になっていましたが、今回のロングタオルではそれがあまり気にならないレベルになりました。
新品使い始めの数回ほどだけ生地自体の臭い?っぽいのが少しありましたが、使うごとに気にならなくなりました。
吸着された臭い成分も洗濯をすれば洗い流されて消臭効果がリセットされるのでまた気持ちよく使えます。

いやはや、臭いがなくなるだけでこんなにもストレスが減るのかと驚きましたね(笑)
たかがタオル、されどタオルです。

今回紹介した抗菌・消臭ロングタオルは綿製なので濡れると乾きにくい分、数日かかる縦走登山などには向かないかもしれませんが、日帰り登山くらいなら快適に行ってこれるかと思います(^-^)


ワークマンオンラインショップでタオルを買うならこちら。
SA1521 アニエール消臭ロングタオル1枚



amazonで抗菌 消臭 フェイスタオルを探す。

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年11月11日の国上山 朝日山展望台の紅葉と林道ドライブ

2018年11月11日
この日は天気も良く、紅葉登山に行きたいところでしたが所用により日中は出掛けられず。
しかし午後から夕方にかけて少し時間ができたのでまた紅葉を見に出掛けてきました。

どこに行こうか少し迷いましたが、時間的にあまり遠くにも行けない感じだったのでサクッと行ける国上山の展望台に行く事にしました。

車を走らせ国上山の中腹にあるビジターセンター駐車場に到着。

紅葉の見頃の時期とあって午後4時になろうかという時間でも駐車場はほぼ満車。
何とか隅っこの方に空きを見つけて車を停められましたが、このあとからも大型の観光バスが来たりして賑わっていました。





駐車場から公園に入り、展望台から望む国上山。






展望台から望む越後平野。






上の写真から少し右に振って。

向こうの方の平野部にポコポコっと出た感じの山の連なりが何気に好きです。





千眼堂吊り橋。

吊り橋を渡って国上寺の方に行くとまたいい紅葉ポイントがあったりするんですが、この日は時間の都合もありここから見るだけでした。




そして帰路に就き、この日は林道を通って山を下りる事にしました。

ここはまだ数回しか通った事がないんですが、いい景色が見れるかなと。





ちなみにこちらは山の上から下りのみの一方通行。

午前9時~午後5時までの通行規制あり、12月~3月の冬季は通行止めとなり入口にロープが張られて閉鎖されます。





この日はこちらの林道をドライブした動画も撮ってきたのでよろしかったらご覧ください。


少ない時間でしたが、この日もいい紅葉を楽しめました(^-^)





万が一の事故にはもちろん、楽しい思い出の記録にも便利なドライブレコーダー


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年11月10日の弥彦公園もみじ谷の紅葉

2018年11月10日
各地で紅葉の見頃を迎えていたこの日はまた紅葉の観光スポット「弥彦公園 もみじ谷」に紅葉を見に行ってきました。

見頃を迎えると日中はとても混雑するもみじ谷なので、この日は少し遅めの夕方に公園へ。
しかしこの日は土曜日とあってか夕方になっても駐車場はほぼ満車で、タイミングよく出た車のスペースに何とか自分の車を停められたといった感じでした。

そしてもみじ谷へ。

北側の公園入口から入りトンネルを抜けると真っ赤な景色が広がりました。





遊歩道を歩きながら谷を見下ろすと赤やオレンジがたくさん。

見頃中盤から後半に入る頃といった感じか、少し葉が落ちてスカスカになり始めた木もありましたが、まだまだ色鮮やかな景色を見る事ができました。





公園中央付近にある観月橋は人気スポットで人もいっぱい。






谷に下りて観月橋を見上げて。






橋の反対側から弥彦山を入れて。






谷を下る歩道を進み。






池の所では水面に映る紅葉。

写真はちょっと分かりにくくなってしまった気がしますがf(^-^;)





照明の所に落ちていた一枚の葉っぱもいい雰囲気。






池越しにもみじ谷を望む。






やはり見に来ている人はカップルもたくさんでしたね。

この写真、もみじ谷の立札がうるさかったか(笑)





弥彦駅側の水路に映る紅葉。






同じくもう一枚。


そんな感じでこの日もいい紅葉が見れました(^-^)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天