プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年5月5日 角田山 登山 宮前コース

2019年5月5日
5月から元号が平成から令和に変わり、この日は令和一発目の登山。

前回の「2019年4月28日 角田山 登山 湯の腰コース」でようやく角田山に七つある公式コースを全て登ったので、今度は非公式コースの方も少しずつ歩いてみようかなという事でこの日は非公式コースの中でも割とメジャーなコースのひとつ、「宮前コース」へ行く事にしました。

宮前コースの登山口は、角田浜から車で新潟市方面に進むと角田浜ラウンドアバウトの少し手前の右側に農産物直売所の「かくだ村」があり、その駐車場の奥にありました。

かくだ村の駐車場の片隅にある謎のオブジェ群。
中央の”塩いわし”と書かれたマスコットっぽいヤツが何となく気になります(笑)
ちなみに昔はこの中央の柱に「宮前登山道」と看板も付いていたようですが、今は無くなってしまったようですね。





そのオブジェの奥に登山口。






警告文があります。

初めてのコースという事もありこれを見て少し戸惑ってしまいましたが、今回は登らせてもらいます。
その分、角田山の非公式コースは私有地を通る場所が多いのでマナーはしっかりと気を付けて。
ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

角田山 湯の腰コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

新潟県西蒲区、角田山 湯の腰コースの登山口・駐車場までの車載動画を紹介してみたいと思います。

動画は県道562号線・稲島コース登山口へ向かう交差点手前から始まり駐車場までと、海側・角田浜ラウンドアバウトから駐車場までの2通りの紹介になります。
主にこれから角田山に登ってみようかなと思われた方に参考にして頂けたら幸いです。


動画撮影日:2019年4月21・28日

稲島コース登山口までの行き方についてはこちらの記事もご覧ください。
角田山 稲島コース登山口・駐車場までのルートと道路状況










↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年4月28日 角田山 登山 湯の腰コース

2019年4月28日
平成も残り少なくなったこの日。
前回角田山・五りん石コースを登った事で公式コースで未踏のものが残りひとつとなったことから、平成のうちに残りのひとつも踏破しようという事でこの日は最後に残っていた「湯の腰コース」へ行く事にしました。

角田山の北側にある湯の腰コース。

稲島側、角田浜側からそれぞれ来れますが、ちょっと細い道を通る事になるので注意が必要ですね。





上の写真の標識から少し入った所に車を停められるスペースがあり、駐車可能台数は4台ほど。
この日は先行に3台車がありましたが、この日もお昼過ぎから来たおかげかちょうど一台分空いていて無事に車を停められました。

登山口へは林道を進んで行きます。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

角田山 五りん石コース登山口・駐車場までのルートと道路状況(稲島から)

新潟県西蒲区、角田山 五りん石コースの登山口・駐車場までの車載動画を紹介してみたいと思います。

動画は稲島地区・稲島コース登山口へ向かう道から始まり、麓と中腹にある駐車場の2ヵ所の紹介になります。
主にこれから角田山に登ってみようかなと思われた方に参考にして頂けたら幸いです。

動画撮影日:2019年4月21日

稲島コース登山口までの行き方についてはこちらの記事もご覧ください。
角田山 稲島コース登山口・駐車場までのルートと道路状況











↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年4月21日 角田山 登山 五りん石コース~山の神コース

2019年4月21日
この日は前日に地元の氏神様のお祭りがあり、そこで普段は全く飲まないアルコールを摂取してしまったため午前中はなかなか調子が出ずマッタリと過ごしてしまいましたが、やはり山に行きたいと思い昼から家を飛び出しました。

午後からという事で遠くの山には行けないのでどこの山に行こうか少し迷いましたが、角田山に7つある公式コースの中でいまだ未踏のコースが2つあったので今回はそのうちのひとつ、「五りん石コース」へいく事に。
ついでに調べてみると、五りん石コース登山口と非公式コースである「山の神コース」の登山口が近いようだったので、今回は五りん石コースから登り山の神コースから下山する周回コースで行く事にしました。


五りん石コースには麓と少し山を登った中腹の2ヵ所に駐車場があるようだったので今回スタートするのは中腹の駐車場からとしましたが、麓の駐車場からスタートすると「五りん石」や「五りんの滝」も見れるようだったので中腹の駐車場に向かう前にまずは麓の駐車場に車を停めて石と滝だけ見ていく事にしました。
ちなみに五りん石コース駐車場までの行き方についてはこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
角田山 五りん石コース登山口・駐車場までのルートと道路状況(稲島から)

この写真よりもう少し左手、道路の向かいに5台ほど停められる駐車場があり、その正面の交差点に案内板が色々と立っていました。





とりあえずカメラだけ持って、案内板に従い舗装された坂道を登るとほんの数十mほどで道のすぐ脇に五りん石がありました。

五りん石、個人的になんとなく読み方は「ごりんせき」かと思っていましたが、どこだったかの観光サイトで「ごりんいし」と書かれていたのでこっちの方が正しいみたいですね。
ちなみにネットや現地の立札などでも表記が五りん石・ごりん石・五倫石と平仮名や漢字でばらばらになっていたりしてなんだか曖昧ですf(^-^;)
うーん、うちのブログでは「五りん石」で書いていこうと思います(笑)





五りん石の案内板。

ほー、松尾芭蕉の句が刻まれているんですね。
この時現地では確認し忘れてしまいましたf(^-^;)





そして更に舗装路を200mほど登ると、道の角に山に続く道。

ここからが登山道になるようです。




そしてこのすぐ左手に沢へ下りる道があり、五りんの滝がありました。

落差は5mかもう少しあるくらいでしょうか、すぐ下まで行くと見上げる高さの滝でした。





五りん石と五りんの滝を見た後は一度車に戻り、中腹の駐車場に移動。

こちらの駐車場は10台ほど停められそう。トイレはナシ。
この日は到着時には先行の車が3台あり、自分が準備をしている間に1台の車の人が下山してきていなくなりました。
角田山の公式コースの中では割とマイナーなコースっぽい事も見ていたのでもっと少ないかと思っていましたが結構いた印象でしたね。
ちなみに麓の駐車場から歩いてくると、この駐車場の奥から出てくるようですね。
また機会があればそっちからも登ってみようかな。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天