プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年8月7日の寺泊花火

2019年8月7日
この日は寺泊で花火が上がる日。

ここ数年は寺泊の花火を弥彦山の上から見るのが自分の中で定番となっているので、今年もまた弥彦山へ見に行きました。

当日は花火の揚がる時間に合わせて花火の見れるポイントに到着できるように家を出るつもりでしたが…何だかんだと予定がズレてしまいちょっと遅れ気味に家を出発。
この日も車で弥彦スカイラインを登っていきました。

弥彦山の中腹にあり弥彦スカイライン沿いで車でもアクセスのしやすい”グライダー基地”の横を通りかかると、こちらはやはり自分が弥彦山から見るようになった当時から寺泊花火を見る人気スポットでこの日もたくさんの車が停まり三脚に据えられたカメラとカメラマンなどがたくさん並んでいました。

そんな光景を横目に見つつ自分は車を走らせて山頂駐車場に到着。
駐車場から寺泊花火が見える頂上付近までは20分ほどの徒歩移動となりますが、過去に来た時はいつもその途中何ヵ所かに照明が点いていたりもしましたが、今年は照明が点いていたのはBSN基地局の横だったかの一か所のみであとはほぼ真っ暗な道を進むことになりました。
う~ん、この違いがあるのは何だろう?
今年は弥彦ロープウェイの夜景星空ナイトクルーズの時期も終わっていたのでそれのせいもあるのかなぁ。

そんな事を思いつつも頂上へ続く階段を登り切って御神廟のある展望台へ到着。
すると、出遅れた事もあり花火の狙えそうな場所には既にたくさんの三脚を据えたカメラマンが並んでいました。
ここはもう去年からそんな感じになっていたので想定範囲内という事で、御神廟を軽くお参りしてからもう一つの秘密の場所(笑)へ。

しかしそちらに着いてみると今年は既にもう2人の方が三脚にカメラを据えて花火を狙っていました。
あらら、弥彦山で登山をした事がある人なら分かる場所なのでこの人達もそういう人だったのかな?
その後はカメラマン以外の花火を見に来た二人組の男性なんかもやってきて、こちらも結構ひと気がありました。

それにしても、自分が弥彦頂上から寺泊花火を見るようになって四回目となり最初の二回は御神廟の展望台から見れていたものですが、年々頂上まで見に来る人が増えている気がしますね。
出遅れてしまうと花火を狙うのにいいポイントが埋まっていてちょっと危機感が…(笑)f(^-^;)

それでも何とか自分も花火を狙えそうなところを見つけてカメラをセットし花火観賞&撮影をスタートしました。

まずは夜景を撮ってみてピントや画角の調整。




そして花火に合わせてシャッターを切ります。



続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火 | GENRE:写真 | TAGS:

2019年8月3日 弥彦山頂大平園地で長岡・三条・赤泊の花火観賞

2019年8月3日
この日は長岡花火の二日目。
それに加え、三条市と佐渡ヶ島の赤泊でも花火大会がある日でした。

あわよくばその三つがまとめて見れる所はないかなと考えたところ、弥彦山の山頂大平園地なら昨年は三条花火と赤泊花火を見る事ができたのでもしかすると長岡花火も見れるんじゃないかな?と期待して行ってみる事にしました。

この日も花火の始まる時間近くに合わせて弥彦スカイラインを車で登り山頂駐車場付近へ。
山頂駐車場付近の車を停められるスペースには既に結構な数の車が停まっていて、弥彦山の頂上に花火を見に行っている人も多いのかなと思われました。

そんな光景を見ながら弥彦頂上とは逆の大平園地へと階段を登っていくと、こちらの頂上付近の芝生の上にもシートを広げて花火を楽しんでいる家族連れなど数組の姿がありました。

大平園地の石碑の土台に腰を下ろす形で場所を決め、カメラをセットして花火観賞&撮影スタート。

三条市の夜景の中に花火が上がります。





三条市の花火を肉眼で見るのとカメラを通して見た時に被写体の大きさが近くなる55mmで撮るとこんな感じ。






そして長岡花火は、この山頂大平園地に到着するまで見えるかは分かりませんでしたが、何とか弥彦山の山肌越しに見る事ができました。

こちらも肉眼で見るのとカメラを通して見た時に被写体の大きさが近くなる55mmで撮るとこんな感じ。
山肌の真っ黒い部分が多い感じですが、見えただけ儲けもんといった感じでした(笑)

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火 | GENRE:写真 | TAGS:

2019年8月2日の長岡花火

2019年8月2日
8月の2日・3日は日本三大花火のひとつに数えられる長岡花火の上がる日。
その初日となったこの日はうちの家族も見に行きたいとの要望があって今年もまた長岡市の方に見に行ってきました。

今回も混雑や渋滞を避けて打ち上げ会場までは行かずに少し離れた長岡市の田んぼ道へ。
うちでは毎年恒例の場所となったポイントで花火を観賞してきました。

打ち上げの始まる時間に合わせて観賞ポイントに到着し、シートを敷いてカメラをセットしたり、おやつを用意したりして打ち上げ時間を迎えました。

まだ少し明るさの残る19時20分から花火が開始。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火 | GENRE:写真 | TAGS:

燕市の花火を弥彦山頂大平園地から見てきました

2019年7月28日
この日は燕市で「燕大花火大会」があるという事で、見に行く事にしました。

今回も、個人的に開催中の「山の上から花火を見よう」シリーズとして山の上から見る事に。
燕市からほど近い山といえばやはり弥彦山、という事で今回も弥彦山の山頂大平園地から見る事にしました。

当日はまた弥彦スカイラインを車で登り、山頂駐車場付近から徒歩で大平園地へ登る。
この日も花火が始まる時間ちょうどくらいに山頂駐車場に到着し、花火の音を聞きながら階段を登っていくと、先日の「弥彦の花火を弥彦山から見てきました 2019」の時に撮影をした階段の途中の所には数名の三脚を据えたカメラマンの姿がありました。
その辺りでは既に花火がよく見える場所は埋まっているような感じだったので、今回は平園地の上の石碑がある所まで登り、花火がいい感じに見える所を見つけてカメラをセットしました。


今回も、夜景の中に花火が上がる。






肉眼で見るのとカメラを通して見た時で被写体の大きさが近くなる55mmで撮るとこんな感じ。






更にズーム。

花火のちょうど後ろに国道8号線・三条大橋が来る感じでした。































上の写真を部分的にトリミング拡大。

花火の左右にあるのは車でしょうか。
こうしてみると花火の打ち上げ現場というのもなかなか過酷そうです…。












ズームしてたら大きくて入りきらなかったf(^-^;)







次の花火が上がるまで間隔が開いた時に夜景をパシャリ。

中央少し上にオレンジ色の線になっているのが国道8号線・三条大橋。
中央少し下の照明の無い所が今回花火が上がっていた所ですね。



上の写真から左に振って。

中央少し右にある夜景の明るい所が燕三条駅ですね。



ラストの花火。

ラストらしく賑やかで大きな花火でした。



花火の終わった後の夜景を一枚。




弥彦山頂方面を一枚。

この日は弥彦ロープウェイで夏に行われる「夜景星空ナイトクルーズ」という夜間運航のある日だったようで、山頂レストランも営業していたようでした。

燕の花火を弥彦山から見たのは今回が初めてでしたが、こちらもなかなかいい景色でした(*´▽`*)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火 | GENRE:写真 | TAGS:

2019年7月27日 五泉ひゃんで花火を見に菩提寺山 登山 大沢公園コース

2019年7月27日
夏祭りシーズンも盛りに突入し、この日は五泉市で「ひゃんで花火」が上がるという情報を入手していました。

今年も前記事の「弥彦の花火を弥彦山から見てきました 2019」から始まったように、個人的に「山の上から花火を見よう」シリーズと題してまたいろんな山の上から花火を見てみたいと思い、今回は頂上から五泉市が見渡せる新津丘陵の菩提寺山に行ってみる事にしました。

今回の菩提寺山では弥彦山のように頂上付近まで車で登ったりする事はできず、まだ慣れない夜間山行になるのは確定という事でなるべくショートコースとなる大沢公園コースからの出発としました。
ちなみに地図的に見ると大沢公園の近くにあるもうひとつの”ぶどう園コース”の方が距離が短そうですが、そちらはまだ未踏のコースでいきなり夜間山行をするのは不安という事で今回はやめておきましたf(^-^;)

当日は天気的に台風も近づいていて日中もたまに雨がパラついたりと若干不安定な感じでしたが、花火は予定通り上がるとネットで確認できた事と、天気予報的には風もそれほど強くならず花火の終わり頃から降り出しそうかなといった感じだったので、雨に対応できる準備とライト類の準備をしっかりとして山に向かいました。

花火の始まる時間に頂上に着けるように調整しつつ午後6時半過ぎにスタート地点となる大沢公園に到着。
ちなみに大沢公園までの車での行き方についてはこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
菩提寺山 大沢公園コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

さすがに暗くなる時間とあってか公園内に人影はナシ…。
吊り橋を渡った方にキャンプスペースもあるのでキャンプの人とかいるかなと思っていましたが、雨や台風でみんな帰ったのかなぁ…f(^-^;)
暗くなりつつある公園内に少しばかり心細さを覚えつつ登山の準備をしました。
ちなみに公園内は草刈りがされたようで結構スッキリしてましたね。





準備を整えていざ菩提寺山・大沢公園コース登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

Tatuer LED懐中電灯 レビュー

夏になり花火を見に行ったりで夜間の外出や山に行く機会も増えた事や、山での万が一に備えて明るい懐中電灯が欲しいなと思っていました。
そんな中、ちょうどAmazonで買い物をする機会があったのでついでにと良さそうな懐中電灯を探してみると気になったものがあったので購入してみました。
今回はそちらについてレビューしてみたいと思います。


今回購入した懐中電灯がこちら。
Tatuer LED 懐中電灯 強力 超高輝度 ハンディライト 1000ルーメン ズーム機能 5モード 小型 フラッシュライト SOS点滅 防水 アウトドア 登山 軍用 停電 防災対策 18650/単四電池対応 2個セット

Amazonで「懐中電灯」で検索するとよく出てくるタイプの懐中電灯ですが、こちらはそれが2つセットになったもので、自分が購入した時の価格はなんと699円。(価格は変動することがあります)
正直、あまりの安さにダメ元という感じではありましたが、もし使えれば登山用と家での普段使いや停電・災害時の備えにもなるかなという事で購入に踏み切ってみました。

販売元はTatuer-jpという中国メーカー。
中国メーカーのものは注文から手元に届くまで長期間かかるものがあったりするようですが、今回は「Amazon.co.jpが発送します。」となっているものを購入したので他に注文した商品と一緒に2~3日ほどで届きました。





購入時はこんな感じのケースに入っていました。

ケースはさすがにちょっと安そうなプラスチック感がありますが、この価格でこんなケース付きというのはなかなか凄いですね。
ちなみに、ケースの右上に最初型番などが書かれた白いシールが貼られていましたが、剥がしてみたところシールが破れやすかったりノリが残ったりで綺麗には剥がれませんでしたf(^-^;)





四か所の留め具を外して開けてみるとこんな感じ。

懐中電灯は一本ずつプチプチ(エアキャップ)の袋に包装されていました。
電池は付属しませんが、本体内に単四電池ケースと、18650電池用のスペーサーが付属しました。





懐中電灯を出してみるとこんな感じ。

商品説明によると、「米国CREE社製のCREE XM-L T6を搭載、照射距離最大約500メートル、明るさ約1000ルーメンでの強光ズーム式懐中電灯」との事。
ボディもアルミ合金製との事でシッカリ感がありました。





点灯スイッチはおしりの部分。

ボタンをカチッと音がするまで強く押し込むと点灯・消灯。
点灯したままカチッと言わないくらいで軽くボタンを押すと強→中→弱→点滅→SOS→強に戻る、とモードが変わりました。
点滅・SOSは強と同じ明るさで点灯するようです。

ちなみに、強で点灯した状態から消灯し、次に点灯するとモードは中からの点灯、SOSで消灯すると次の点灯は強、という風に次のモードに変わって点灯するのようなのでそこはちょっと面倒くさいかなf(^-^;)





ここからは自分が山に行く時に”万が一の時に無いよりはマシ”程度でザックに常備している100均のズームライトと比較してみたいと思います。

今回購入したライトの方が少し長さが大きい。
どちらも単四電池使用のライトですが、電池ケースについてはTatuerの方が端子が長かったりするので互換性はありません。
100均の物はボディが樹脂製で落とすと割れたりする事がありましたが、今回の物は金属製なので安心感がありますね。





大きさの比較として並べてみました。
上から100均ズームライト(ズームした状態)
Tatuer LED懐中電灯(ズームした状態)
Tatuer LED懐中電灯(非ズーム状態)

サイズ的には
100均ズームライトが11.4cm(長さ)(非ズーム時の長さは10.5cm)×3.5cm(一番太い所の径)
Tatuer LED懐中電灯が14.2cm(非ズーム時13cm)×3.4cm位





重さを比較。

今回のTatuer LED懐中電灯は単四電池3本込みで約130g。
手に持つとちょっとズシリと来る感じがします。





100均のズームライト。

こちらも電池込みで約80g。
Tatuerとは50gほどの違いがありました。





ライトを点灯しての比較。
右がTatuer LED懐中電灯、左が100均ズームライト。
どちらも新品の電池を使い一番明るい発光、一番ワイド照射状態です。

いやぁ、Tatuer明るい。
100均ズームライトは明るさの切り替えが無くON・OFFのみでこの明るさが限界ですが、Tatuerは弱にしても100均ズームライトより少し明るいかなくらいの明るさがありました。
ライトの先端から床までの距離はほぼ同じにしていますが、照射範囲もTatuerの方が広いですね。

Tatuerの方は興味本位でちょっとだけ点灯している発光部を覗いてみたところ、ほんの数秒見ていただけで光の残像が結構しばらく目に残ったので、長時間見ていると目への悪影響も実際にありそうな明るさ。
使用時はできるだけ人の顔を照らさないようにした方がよさそうです。

それにしても、明るさは100均のライトの方でも結構満足していましたが、さすがにこれは井の中の蛙状態でしたねf(^-^;)
最近の懐中電灯は進化してるんだなぁ…。
とはいえ、100均のライトも発光部の側面から光が透過するので夜間のウォーキングの時に照射部を下に向けて歩いていても車などに存在を知らせるのにはいいので気に入ってはいますが。





ついでにこちらはTatuer LED懐中電灯2本で光に違いがあるか見てみました。

写真ではほとんど分からないくらいになってしまいましたが、左の方が若干色温度が高い(青みが強い)感じがしました。
やはりLEDチップの個体差は少しあるようですね。





そして山で実際に使ってみた感じがこちら。
明るさは強、一番ワイド状態。

他に明かりの無い真っ暗な所でなるべく実際の見た目に近い感じに撮ったつもりです。
照射範囲も広く、明るくて視認性がいいので暗いライトを使った時より不安感がだいぶ減ったように思いました。
山を歩く常用なら中くらいの明るさでも良さそうかなと思いましたね。

明るさ強をメインに中・弱も使い分けて合計4時間ほど使用した頃には電池の消耗による明るさの減衰は確認できたので、予備電池は用意しておいた方が無難そうです。



そんな感じでレビューしてきました、Tatuer LED懐中電灯。
個人的に5点満点で点数を付けるなら、
★★★★☆
4点、といったところでしょうか(^-^)

操作性のごちゃごちゃ感がちょっと気になりますが、この価格で2つセットのうえこの性能なら個人的満足度はとても高かったですね。
ただし、これは2回ほどの夜間山行をしてみての点数で耐久性や防水性に関してはまだ評価外ですので、また使っていくうちに気付いたところがあれば追記したいと思います。


…と高評価でレビューしましたが、さすがにこれ一本だけで山に行くのはまだ信頼性に疑問がありちょっと怖いので、ヘッドライトや予備ライトも用意して何かあっても対処できるようにしようと思います。
自分は”お金をかけずに山を楽しむ”というコンセプトでやってますが、安物を使う場合にはそれに合ったレベルの山選びや技量・装備が必要になると思いますね。







↓ブログランキング参加してます↓



THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天