プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年8月18日 蔵王山 登山 後編 蔵王地蔵尊~熊野岳避難小屋~刈田岳~刈田リフト駐車場

前記事「2019年8月18日 蔵王山 登山 中編 熊野岳~地蔵山~三宝荒神山」からの続きになります。

山形県と宮城県に跨る蔵王山を登山。
刈田リフト駐車場からスタートし、御釜を経て蔵王山の主峰である熊野岳に登頂。
そこから地蔵山・蔵王ロープウェイ駅・三宝荒神山と歩き、また熊野岳・刈田岳方面に向かうのでした。

蔵王地蔵尊の前の木道から熊野岳方面に向かいます。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年8月18日 蔵王山 登山 中編 熊野岳~地蔵山~三宝荒神山

前記事「2019年8月18日 蔵王山 登山 前編 刈田リフト駐車場~御釜~熊野岳」からの続きになります。

山形県と宮城県に跨る蔵王山を登山。
刈田リフト駐車場からスタートし、御釜を経て蔵王山の主峰である熊野岳に登頂。
そこから地蔵山・蔵王ロープウェイ駅方面に向かうのでした。

熊野岳山頂から岩々の上を下っていく。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年8月18日 蔵王山 登山 前編 刈田リフト駐車場~御釜~熊野岳

2019年8月18日
世間的にお盆を含めた夏の大型連休最後の日。
お盆中は盆参りの対応や台風などもあって山には行けない日が続きましたが、その間にも天気などをチェックしていると、お盆の終わりのこの日は天気は良さそうな事、お盆を過ぎるとしばらく忙しい時期に入り遠出などはなかなかできなくなりそうな事を踏まえて、この日は思い切って今までの低山よりちょっとスケールの大きい登山をしてみようと計画を立てていました。

行き先についてはいくつか候補がありましたが、以前に雑誌やネットで見たり、山仲間でもある友人と「いつか行ってみたいね~」と話をした事があった山形と宮城に跨る蔵王山の「御釜」の景色が見たいと思い、友人とはスケジュールが合わなくて抜け駆けのような形になりますが今回はソロでそちらへの遠征を決行する事にしました。

今回の山行計画としては、前日の夜に家を出発し、夜中に今回のスタート地点となる刈田リフト駐車場に到着して仮眠、明るくなったら山を歩き、その日のうちに帰宅する、という感じ。

という事で、17日の夜9時に家を出発して山形・蔵王へと向かいました。
山形・宮城方面は昔仕事の関係で何度か車で走った事があったので何となく道が分かった、というのも今回の遠征の切っ掛けになった部分でもありましたが…それ以前に、新潟から出る為に通った県内の道があまり使った事の無い道だったのでそっちの方で迷いそうになりました(笑)

そんなこんなありながらも車を走らせ、休憩込みで約5時間半のドライブを経て深夜2時半頃に刈田リフト駐車場に到着。
駐車場は広く夜中とあってガラガラでしたが、端っこの方には4~5台程度の車が停まっていました。

下調べをした段階で蔵王山は街明かりの影響を受けずに天体観測をするのにもいい場所というのも見ていたので綺麗な星空にも期待していました。
…が、この日は明るい月明かりがあって星空を見るにはちょっと不向き、そして到着時は空は綺麗に晴れていたものの時間が経つにつれてガスなんかも出てきてしまいあまり星空を楽しむ事はできませんでした(^▽^;)
とはいえ、晴れ間から覗いていた星空は平地で見るよりもとてもクリアな感じがしましたね。
一応写真は晴れ間に見えていたオリオン座を写しています。

その後車中に籠り仮眠。





明るくなった頃に予定より早く眼が覚めてしまい二度寝しようか迷うも寝付けなかったので、登山前の散歩がてら刈田リフト駐車場のトイレをチェック。

入り口の扉は最初押すか引くかの扉かと思いましたが開かなくてあれっとなりましたが、よく見たら横にスライドさせるタイプの扉でした(笑)
水洗・水道あり、ですが、水道は「この水は飲めません」とあったので飲料水のアテにはしない方がいいですね。
ちなみに「この水は飲めません」は七か国語くらい書かれていたのでなかなかワールドワイドですね。

男性用だけですが中の様子の写真も文字クリックで見れるようにします。
トイレの中は、しっかり清掃されているようで綺麗な感じ。

個室は、紙はありましたが、流れる水量が少ないのか流れきらなかった紙や汚れはちょっとあった感じですね。





リフト乗り場への入り口付近に立っていた注意書き。

蔵王山は活火山との事で常時注意が必要です。
2018年の初め頃には噴火警戒レベルが2になった事もあったようですね。





想定火口域の表示もありました。



続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

にいつフードセンターの燕三条系背油醤油中華そばを食べてみました

「ラーメン王国」などと云われる事もある自県新潟。
その県央地域を代表するラーメンのひとつに「燕三条系背油醤油ラーメン」があります。

極太の麺に背油の浮いた濃厚スープが特徴の美味しいラーメン。

そんな背油醤油ラーメンを自宅でも食べられるという事で、今回はにいつフードセンターで買ってきた燕三条系背油醤油中華そばについて書いてみたいと思います。

にいつフードセンターとは、名前の通り新潟市は秋葉区の旧新津市を拠点に展開するローカルスーパーマーケット。
そちらの社長がラーメンブログをやっているほどのラーメン通らしく、そのこだわりを詰め込んだ独自のラーメンを発売していて、背油醤油ラーメンはその3弾との事。

スーパーに入店し、生麺のラーメンなどが置いてあるところを探してみると…ありました!

「燕三条系背油醤油中華そば」
価格は一食分一袋350円(税別)(2019年現在)
普通のインスタントラーメンと比べるとだいぶお高い感じがしますが、お店で食べる背油ラーメンの平均がだいたい700円くらいなのでその半分で食べられると思うとちょっとお得かな?
そして麺の茹で時間はなんと10分!
その時間を我慢できる者だけが食べられます(笑)





せっかくなので今回は、一緒に売っていたラーメン用メンマもトッピングします。

こちらも上の方ににいつフードセンターのロゴが入っているので独自商品のようですね。
ちなみに、「あっさりら~めん専用」と書いてあるのは買ってきてから気付きましたが、今回はそのまま使用します(笑)

あと写真には入れ忘れましたが、玉ねぎのみじん切りをトッピングに使います。





ラーメンの袋を開けてみると内容物はこんな感じ。

極太麺・スープ・背油、そしてパッケージの裏面には作り方がしっかりと記載されていました。
「○○なのじゃ!」口調の説明文が何ともユーモラスです。
こちらにも玉ねぎは必要不可欠なトッピングと書かれているので、食べる際はぜひ用意しましょう。
一応、極太麺の太さが伝わるかなと思い菜箸を横に置いてみましたが…微妙に分かりにくいですねf(^-^;)





作り方の手順に従って作っていき、トッピングを乗せて完成。

おお、お店で食べるそれっぽい!
チャーシューがあったらもっと良かったかな?





せっかくなのでラーメンライスで頂きます。

麺を食べてみると…ちょっとモソモソする感じ?
でもこれは自分の茹で加減のせいかもしれませんがf(^-^;)
それも含めたうえで個人的な好みだと、もう少し細めでもいいかな。
とはいえ極太麺の再現度はなかなかいいですね。

そしてスープ。
こちらは…すごい!美味い!
燕三条系背油ラーメンを謳った商品は他のメーカーからもカップ麺や乾燥麺のインスタントの物など数種類が発売されていますが、個人的にはこれが一番お店の味に近いというか、好みかも!

という事でズルズル~っとスープまで完食しました(^-^)

いやぁ、このレベルが家で食べられるのはなかなかいい!

にいつフードセンターは県央以北の下越地方にしか店舗が無くて自宅から最寄りでも車で片道30分の加茂店まで行かないと無いのでなかなか頻繁に買えないのが残念ですが、そっちの方面の山に行った帰りなんかにまた買って帰ろうかな~なんて思いました。


通販もできるようなので気になる人は食べてみてはいかがでしょうか(^-^)


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:ラーメン | GENRE:グルメ |

出雲崎の花火を見てきました 2019

2019年8月15日
この日は出雲崎町で花火大会がある日という事で今年も見に行ってきました。

出雲崎の花火は海沿いの港が打ち上げ会場という事で、見る場所によっては海面に反射する光も楽しめる花火大会。
以前も花火を見に来た事のあるいずもざき海遊広場がなかなか観賞スポットとして良かったので、今年もそこから見る事にしました。

当日は混まないうちに場所を取ろうと少し早めに家を出るつもりでした…が、他の用事なども重なって結局花火開始の15分前くらいの到着に。
以前は駐車場も混んでいた記憶もあったので停められるか心配でしたが、今年は意外と駐車場は空きスペースがあって無事に車を停められました。

そして桟橋を渡り花火の鑑賞スポットに到着してカメラをセット。

会場の方からうっすら聞こえてくる花火開始前のあいさつなどを耳にしながらとりあえず試し撮りで夜景をパシャリ。





ついでに陸側もパシャリ。

この時は月も昇り始めて空が明るくなりつつありました。





そして花火開始。

風が結構あって花火が流れる~。
しかしながら観賞条件としては暑すぎず寒すぎずのいい感じでした。


スターマイン。



この日はカメラの設定が悪かったのか大きめの玉であまりいい写真が撮れなかったのでスターマイン多めですf(^-^;)











合間にまた陸側をパシャリ。

月も昇って海面の光の反射も綺麗でした。
ここはやはり夜景としても個人的お気に入りのスポットだったりしますね。



そしてまた花火。


賑やかな花火が上がって終了を迎えました。

う~ん、今回の出雲崎花火ではなかなかいい写真は撮れなかったかもf(^-^;)
しかしながら、今年花火を見るのは山の上からばかりで打ち上げ会場から距離がありましたが、久しぶりに打ち上げ会場近くで見た花火は炸裂音なども身体で感じる事ができて楽しかったですね。

そういえば…今回はナイアガラ花火なかったなぁ。
まぁ、以前見たものは正直にいうと地味な感じだったので削られたんでしょうかね(^▽^;)



花火の終了後、車に戻る前に寺泊方面の夜景をパシャリ。

この日は空気が澄んでいたようで海岸線に続く光の筋や左奥の弥彦山の姿もよく見えました。
この景色もここからのお気に入りです。

そんな感じで出雲崎花火2019でした。


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:花火 | GENRE:写真 | TAGS:

2019年8月11日 新潟花火を見に角田山 登山 稲島コース

2019年8月11日
この日は新潟市で新潟まつりの花火が上がる日。
という事で、去年に引き続き今年も山の上から見ようという事で角田山の稲島観音堂から花火を見ようと計画していました。

そんな中、自分が使用している登山アプリの方で花火の写真を見て下さったSさんから「カメラを買って間もないけど花火や星空の写真を撮ってみたいので撮り方を教えて欲しい」という旨の連絡を頂きました。
自分もまだまだ撮影精進中の身ではありますが、自分の分かる範囲でならお教えしますよと返信したところ、予定を合わせて頂いてこの日一緒に角田山に登る事になりました。

当日はSさんと稲島登山口の駐車場で待ち合わせし合流。
ちなみに稲島コース登山口・駐車場までの行き方はこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。「角田山 稲島コース登山口・駐車場までのルートと道路状況
Sさんは角田山の稲島コースは初めてという事でしたが、youtubeでこの記事内の動画を見て下さったようで参考にしていただけたようでした(^-^)

暗くなる前に山を登って花火を待つという事で、この日は午後5時過ぎに駐車場に到着。
自分とSさんの他には6台ほどの車が停まっていましたが、みんな自分達が登っていく時に下山ですれ違ったようで同じように花火を見に来た人の車ではないようでした。





SNSなどで知り合った方と一緒に登山をするのは初めてで少々の緊張をしつつもSさんと挨拶を交わし、準備を整えて早速登山へ。

まずは登山口からすぐの稲島薬師堂を軽くお参り。





久しぶりに見る、薬師堂の横に立つ稲島の大杉。

やっぱりでっかいなぁ。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天