プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2017年3月20日 護摩堂山 グループ登山

3月に入り雪解けも進み気温も上がってきました。
少し前に、自分が仲間に入れてもらっている一緒に遊んだり食事したり登山したりするグループ”お楽しみ会”のメンバーから「20日辺りに山歩きに行けないかな?」という話が出たので参加…というか自分は予定が入らなければ一人でもどこか山に行こうと思っていたので(笑)、それに同行してもいいかという話になりました。

最近は他のメンバーより自分の方が山に行く回数が多いので自分がどの山に行くかを選ぶ感じになりつつありますが、メンバーの力量と「今回は軽い山がいい」という意見を考慮してこの日はファミリー登山でも大丈夫な護摩堂山にする事に。
当初は5人編成の予定でしたが事前に2人予定が入ってしまい、当日は3人での登山となりました。

当日、いったん別の場所で集合し車一台に纏まって護摩堂山へとやってきました。

時刻は午前11時半頃、この日は天気も晴れで絶好の登山日和となり駐車場にも満車に近いくらいの多くの車が停まっていました。
早い人は既に下山してきて靴を洗っていたりもしましたね。
そんな光景を横目にしつつ、自分たちも準備をして登山へと出発しました。






今回護摩堂山を選んだのはファミリー登山向きという点以外にもいくつか理由があって、その一つが「道が整備されている事」でした。
雪解け後の春先という事で他の山だと先日の「菩提寺山 石油の里コース」や「角田山 福井ほたるの里コース」のようにひどいぬかるみがある事が予想されましたが、こちらの護摩堂山はメインの登山ルートが関係者用の車も通る道とあって8割くらいが砂利敷きなどで水はけがよく歩きやすい道であると予想できました。
一応メンバーには事前に「トレッキングシューズとかでも大丈夫だと思うけど、汚れたくなかったら長靴で来てね」とアナウンスしておきましたが当日は二人ともトレッキングシューズでした。
自分もトレッキングシューズと長靴の両方を用意していましたが、この日は結局トレッキングシューズで行く事に。

歩き始めの路面は多少ウェットな部分もありましたが、道幅が広いので少し避けて歩けばほとんど汚れる事無く歩く事ができました。





少し歩いた所にある新潟市方面の景色が見える所で身だしなみの再チェックもしつつ小休憩。






登山道の隣にはゴルフ場もあり、そのコースも木々の間から見る事ができました。

草木が茂っている時期だと見えにくいのですぐ隣がゴルフ場という事に今回初めて気づきましたね(笑)





道はたまに急な登り坂がありますが、基本的にはなだらかで歩きやすい。






そして中腹のトイレ。
これが護摩堂山を選んだもうひとつの理由です。

護摩堂山は登山口・中腹・頂上手前の3ヶ所にトイレがあります。
今回はメンバーに女性もいたのでこの点はやはり安心感も違うようでしたね。





先へ進んで三角点がある方への分岐。

自分もまだ三角点のある方へは行った事がないのでいずれ行ってみたいですが、この日はそちらはナシで。





そして頂上手前の分岐。

右へ行くとまっすぐ頂上へ、左はトイレや山小屋・茶店を経て頂上へといく周回ルートとなります。
どっちに行くか迷いましたが、今回も左の方から行く事にしました。





護摩堂山は274mの低山ですが、それでも山頂に近づくにつれて少しばかり残雪も見られましたね。

路面も多少ウェット感が増しましたが、グチャグチャなぬかるみではないのでまだトレッキングシューズでも大丈夫。





石切り場の景色をパシャリ。

メンバーも「凄い景色らね~」と声にしていました。





空を見上げると木の向こうに青空が広がりとてもいい登山日和。

しかし、花粉の方も多かったようで今回はマスクを忘れずにしてきましたが、それでも途中からくしゃみや鼻水に襲われてしまいました。
目のかゆみも結構来ていて所々で「目がぁ~目がぁ~」と某アニメの大佐のようになっていましたが、この日はあいにく家に目薬を忘れてきてしまったので途中から目も鼻もぐじゅぐじゅになってちょっと大変でしたf(^-^;)







先に進んで山小屋と一段上に茶店。






茶店は営業中で、建物の中で茶店のおじさんとお客さんが談笑しているようでした。

寒い時期は甘酒があるようでちょっと気になりましたが、パッと見で値段が分からなかった事もあり茶店には立ち寄らず先へ進む事に。





茶店の近くから小道に入って開けた所で風景をパシャリ。

こちらは新潟市方面。





こちらは五泉市と五頭山方面。

この日は霞が強かったので五頭山もうっすらとしか見えなかったのがちょっと残念でした。
この霞が花粉のせいとかだとしたら個人的にはなんともおっそろしい事です(苦笑)





そして先に進み、蔵屋敷跡。

こちらも結構雪が残っていましたね。





そして頂上・護摩堂城址へ到着!

こちらも残雪やぬかるみがあるかな~と少し心配していましたが、雪も殆ど融けていてだいぶいい状態でしたね。
写真は他の人が写らないように撮りましたが、お昼時という事もあってこの写真の更に右側にある数台のベンチには多くの人が座っていて休憩や昼食を取っていました。





取りあえず頂上からの景色をパシャリ。

左奥の方に弥彦山や角田山があるはずですが、こちらも生憎の霞で見えませんでした。





護摩堂山はあじさい園で有名な事もあり、東屋のベンチもあじさいモチーフです。

屋外のベンチに空きが無かったのでここで自分達も昼食にするかという感じになりましたが、少し待っているうちに一台のベンチが空いたので日当りのいいそちらで休憩・昼食タイムとなりました。
ちなみにこの東屋は日陰なうえに風の通りも良かったので、ここで休憩していたらすぐに身体が冷えてしまっていたかもしれません。
天気がいい日が増えてきたとはいえまだまだ風が冷たいのでなかなか油断できませんね。





昼食は各自家から持ってきたものだったりコンビニで調達したものだったりを駄弁りながら食しました。
そして食後にバーナーでお湯を沸かしてコーヒータイムに突入♪

今回からバーナーを置く場所の安定性の向上と草などへの多少の燃え移り防止になるかなとアルミトレーを持ってきてみました。
効果のほどは…まだ分かりませんが。





そしてコーヒーは今回はメンバーのYさんがドリップコーヒーを持ってきてくれました。
しかし、カップも持ってきた?と聞くと( ゚д゚)ハッ!っとした表情になったので自分も( ゚д゚)ハッ!っとなりましたが(笑)、自分もいつもの紙カップのインスタントコーヒーを持ってきていたのでそのカップを使う事で何とか無事にコーヒーをドリップする事ができました。

やはり山で飲むコーヒーは実に美味い。
今回は複数人だった事もあってより楽しいコーヒータイムでしたね。





そんな休憩を終えたら少しだけ個人的に散策タイム。
一段高くなっている場所に登って城址の広場をパシャリ。

お昼時を過ぎたせいかこの時は広場にいる人数の方も少し落ち着いていました。





家族連れがいい雰囲気だったのでちょっと失礼して一枚。

小さい子も一緒に登れる山っていいですね。







そんな感じで頂上を楽しんだあとは下山へと入りました。

下山ルートは登りの時とは別の周回するルートで。
こちら側の道は日の当たりにくい場所も多いせいかぬかるみの具合も少し増していました。
こっちの方から三角点のある方へ延びる道なんかはぬかるみも更に酷かったので、もしそちらに行く事を予定していたら長靴で来なかった事を後悔していたかもしれません(笑)





更に下山方向に進み、石切り場の別角度の所へ。






更に近くに寄ってみると岩陰に小さな祠がありました。

前に来た時は気づかなかったので新たな発見でした。





そしてまた下山へと歩を進め、山小屋・茶店側ルートと合流。






この辺の案内板を見ていたYさんが「これ、なんかいいよ」と教えてくれたのでパシャッと。

なんだか小さいジオラマみたいでいいですね。
1人で来てたら気づかなかったと思うのでこれもまた他の人と来る楽しさですね。





更に下り。

乾いているところはまだ良かったですが、水気の多い下り坂なんかはやはり滑らないか緊張感がありましたね。





下り。

午後のまだ早い時間とあってこれから登っていく人とも結構すれ違いました。
短時間で気軽に登れる山とあって人気もありますね。





竹林の横を過ぎ。

そういえば田上町はタケノコの産地でもあるようですね。
これもメンバーの方からテレビでやってたよと聞いて初情報でした。
まぁ、だからといってこの中に入っていってタケノコを探すなんて事はできませんが(笑)





そして駐車場にゴール。

いやぁ、いい山歩きでした。
メンバーの方にもほどよい感じで楽しんでもらえたようで良かったです。

駐車場のトイレの前の水道で靴を洗ってから車に乗って集合場所に戻り解散。

その帰り際にYさんオススメの要冷蔵タイプのドリップコーヒーを頂きましたが、家に帰ってそれを飲んでみたらなかなか凄かった。
封を開けた時に漂ってくる香りの良さ、そして淹れたコーヒーも濃い味な感じでとても美味しかったですね。
要冷蔵ですが保冷剤と一緒に詰めていけば山でも飲めるかな。
今度自分でも買う価値あり!といったコーヒーでしたo(^-^)o




天気:晴れ
人数:3人
コース時間まとめ
登山口 11:37
中腹トイレ 12:05
茶店周辺 12:28~12:40
頂上・護摩堂城址 12:45~13:54
中腹トイレ 14:12
登山口 14:35
関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天