プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

Litom LEDヘッドライトを購入しました

自分は午後から山に登る事が結構あり、去年なんかはうっかりしていると下山が日没時間を少し過ぎてしまい薄暗くなった山道を歩く事になった、なんて事も何度かありました。

一応手に持って使える懐中電灯はザックに常備していましたが、登山の場合はやはり両手がフリーになっていた方がいいなと感じていたので先日ザックを購入したタイミングでヘッドライトも一緒に購入していたので今回はそちらを紹介してみたいと思います。

今回購入したのがこちら。
価格も比較的手ごろでレビューの方も結構良かったLitomのLEDヘッドライト。
Litom LEDヘッドライト スポットライト【明るさ168ルーメン/実用点灯30時間】 ジェスチャーセンシング 6つの点灯モード 防水性能IPX6 キャンプ/サイクリング/ハイキングなどのアウトドア活動に適用

実際に届いた商品がこちらになります。

下が本体、右上が箱、真ん中が説明書、左上は大きさ比較用に置いたライターですが…ちょっと分かりにくかったかな…?f(^-^;)
説明書は日本語・英語を含め四か国語で記載されていました。





手の平にのせてみるとこんな感じ。
自分がイメージしていたよりだいぶ小さい印象でした。

質感は、価格からしてみればこんなものかなといった感じ。
ライト部分は下向きに角度を変える事ができますが、可動部のギアは樹脂製なので頻繁に動かしているとすぐにギアが削れてユルユルになるかもしれません。





電源は電池式で単四電池を三本使用。
充電バッテリー式のヘッドライトもありましたが、山の中でバッテリーが切れたら充電する術が無くて困りそうだなと思い予備電池を持っていれば入れ替えられる電池式を選びました。

こちらのライトは防水仕様という事で、蓋の縁に防水の赤いゴムが付いています。





操作系統はシンプル。
本体上に付いている向かって左の「・」のボタンを押すと真ん中のメインのライトが一番明るい明るさで点灯、短くポチポチと押すごとにミドル・ローと明るさが暗くなり、もう一回押すと点滅モード、最後に消灯となります。
それと、点灯したままの状態からしばらくすると、ボタンを一度押すだけで段階を踏まずに直接消灯になります。
点滅モードのパターンはSOSのモールス信号「・・・ - - - ・・・」になっていて変更はできません。

「・」ボタンを三秒ほど長押しするとボタンの縁がうっすら緑色に光ってジェスチャーセンシングモードに切り替わり、ライトの前10~15cmの所で手をかざすだけでボタンに触らずに点灯・消灯ができるようになります。
正直このジェスチャーモードは無くてもいいかな~とあまり期待していませんでしたが、ボタンの場所を探す事無く点灯消灯できるので使ってみると何とも便利なものですね。
ただし、手以外にも反応するようで狭い所なんかだと勝手に点いたり消えたりするようなので、その場合はジェスチャーモードをOFFにした方が良さそうです。





そしてもうひとつ、向かって右の「・・」のボタンを押すと赤ライトモード。
こちらのボタンは押すごとに点灯→点滅→消灯と切り替わります。
そしてこちらも点灯したままでしばらくすると、ボタンを一度押すだけで段階を踏まずに直接消灯になります。
赤ライトの点滅モードはメインライトとは違いピカピカと等間隔での点滅でした。

赤ライトの使い道はいまいちよく分かっていませんでしたが、調べてみると暗闇に慣れた目でいきなり明るい白い光を見ると次にまた暗闇に目が馴染むまで時間がかかるので夜目を効かせたままでいたい時、それと、他に人がいる時に明るい光で周りの人に迷惑をかけないようにしたい時などに使うといいようですね。





試しに部屋の壁を50cmくらいの距離の所から照らしてみました。

赤ライトは結構広範囲に照射されますね。
照射距離はそれほど長くないので真っ暗な所で立った状態で見えるのは足元数メートルといったところでしょうか。





こちらはメインライトで同距離から照らした時。

照射範囲は少し狭くスポット的な感じ。
真ん中が一番明るく、その周りにうっすらと明るい所があります。
もう少し一番明るい所が大きい方が使い勝手がよさそうな気はしますが、まあ許容範囲内かな。





しかし明るさは一番明るい時で168ルーメンという事でかなり明るいです。
直接発光部を見ると「目が、目があぁぁ!」と某ジ○リアニメの大佐のようになってしまうので、周りに人がいる時なども注意が必要そうですね。
(取扱説明書にも「光を直接目に当てないでください」と記載されています)

試しに夜間のウォーキングに持って行って外灯のない田んぼ道で試してみたところ、赤ライトで歩き回るのは薄暗くて慣れるまではちょっと怖そうな感じですが、メインライトの方は部屋で試した印象とは違い照らす場所の距離が離れているほど光が拡散されて広範囲を照らし、また遠くまで明るく照らし出してくれるのでなかなかいい感じでした。

この記事を書いている時点ではまだ山での本格的な使用はしていませんが、山歩きでも充分道を照らしてくれそうです。
ちなみに登山以外にも、夜景や星空の観賞や写真撮影、またこれからの夏の時期なんかは花火の観賞・撮影に行く時なんかにも役立ちそうですね。



関連記事

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:便利グッズの紹介 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天