プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

カメラの三脚用のストーンバッグを自作してみました

2017年の夏の花火大会は結構風が強い日が多く花火の撮影をするのにも風でカメラを揺らされなかなか手古摺りましたが、そんな中で何気に活躍していたアイテムがありました。

それが「ストーンバッグ」
カメラの三脚に付けて重りを乗せる事によって重心を下げ三脚を安定させるアイテムです。


市販品だと、

こんなのや、


こんなのになりますね。


しかし今回自分が使ったのは市販品ではなくそれっぽく作った自作品。
それでもそれなりに効果があったように感じたので今回はその作り方を紹介してみたいと思います。


という事でまずはストーンバッグの小物入れ部分から。

100均で買ってきたランチクロスを使用。
ちなみにこれはちょっと丈夫な生地で大きさが欲しい分だけあればバンダナとかハギレとかでもいいかと思います。
今回は大きさと柄が気に入ったのでこのランチクロスにしました。





これをまずは三角に折って二辺を縫い合わせ、更に角になる三辺を舟状になるようにこんな感じで縫い付けます。

生地の角には三脚に引っ掛ける為の輪っかをハンドクラフト用ワイヤーの「頑固自在(2.6mm径)」で作って取り付けました。



ちなみに頑固自在というのはこちらになります。

※ちなみに今回の方法は頑固自在本来の使用方法ではないのであくまでも自己責任ですf(^-^;)


三辺を同じように作って完成した状態がこちら。

なんとなくそれっぽい形になったんではないでしょうか(笑)





次に、三脚に取り付けるためのパーツを作ります。
こちらも頑固自在(2.6mm径)を使用。

こんな形のものを三つ作ります。





これを三脚の脚に取り付け。

ちなみに使用している三脚はSLIKのF740。


ちょっと古い三脚なので2017年8月現在の現行品だとこちらのGX6400が同等品になるかと思います。


その三脚に付けた頑固自在にストーンバッグの輪っかを引っ掛ければ完成。

奥側は生地の長さが短かくて傾いた感じになってしまったのでワイヤーを足す事でバッグ部が平らになるようにしました。





こちらに試しに部屋にあったランタンを乗せてみるとこんな感じ。

ランタンは単二電池を4本使うもので重さは約800gですが、この重さなら頑固自在が重さに負けて曲がるという事もありませんでした。
ちなみにこの三脚自体の耐荷重は1500gなので+一眼カメラが乗ってギリギリといったところでしょうか。
実使用時には重りとして500mlの水筒を乗せて使っているので許容範囲内になってるかと思います。





そしてこちらは取り付けたままでも三脚をすぼめる事が可能。

ただし、不意に取り付けフックが外れる可能性があるので小物などを入れたまますぼめて移動したりするのは要注意。





そしてこちらは写真の撮影だけでなく、動画の撮影にも役立っています。

自分は現在、車載動画を撮る時にこんな感じで助手席のフロアに三脚を立てています。
走行時に運転席側に倒れてこないようにダッシュボードとシートで三脚をしっかり挟み込むのは大前提ですが、今回のストーンバッグによって加減速時や旋回時に掛かるGでも三脚がグラつくのを軽減する事ができ、より安全に動画を撮影できるようになりました。


そんな感じでストーンバッグ、花火や車載動画の撮影、他にも夜景や星空の撮影などシャッタースピードの遅くなる撮影の時にはブレの軽減、それ以外にも撮影時にちょっとした小物を置きたい時なんかにもあると意外と便利です(^-^)v

関連記事

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:便利グッズの紹介 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント