プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

国上山でプチハイキング

2018年2月3日
この日は天気はまずまずで登山にも良さそうな感じ。
しかし先日痛めた腰の調子もまだ本調子ではなかったので悩んだ末に登山は断念。
とはいえ少しだけでも山の雰囲気が楽しみたいと思ったのでこの日は国上山へプチハイキングに行ってきました。

国上山を車で中腹まで登るとビジターセンターに到着。
(ビジターセンターまでのルートについては「国上山 登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったら参照ください。)

ここまでの道は雪で少し狭くなっているところもありましたが除雪はしっかりとされていたので問題なく車で登る事ができました。
ここから公園やお寺の方を通ってぐるっと回ってこれる遊歩道があるのでそこを歩く事にしました。





駐車場に車を停めてまずは駐車場下手にある朝日山展望台へ。

展望台のある公園に入る道は雪に埋もれていましたがトレースはあったので結構人は来ているようですね。





公園に入ると国上山の標識と吊り橋が見えてきます。

開けた所に出たせいか、ここでは風が強くて寒かった。
カメラを構えても風に煽られてブレそうな勢いでした。





しかし天気の方は、ちょっと雲は多いものの青空も見えていい感じ。

雲の隙間から漏れる薄明光線も綺麗でした。





展望台の様子。






展望台からの景色。

中央付近に旧分水町と大河津分水路。
白く染まった平野部が綺麗でした。
でももう少し欲を言えば、山のもっと高い所から手前の山なんかも白く染まった景色が見たかったですね(^^)ゞ





展望台から後ろを振り返ると国上山の山頂方面が見えます。

ここから片道30分ほどで頂上に行けるコースもあるので登りたいところでしたが、時間も遅いしこの日は登らないと決めて登山道具は持ってこなかったのでまた今度。





展望台から階段を下りて吊り橋へ。

階段が雪に埋もれて滑りそうでちょっと怖かったですね。
チェーンスパイクくらいもってくれば良かったかな?
ちなみに国上山はスパイク付長靴はご遠慮くださいとなっている山なので、取り外しのできるチェーンスパイクやアイゼンを雪の上だけで使うのが良さそうですね。





千眼堂吊橋を渡ります。

ちなみにこの橋の架かる谷が「千眼堂谷」という名前だったのは今回吊り橋の柱に刻まれた名前を見て初めて気付きました(笑)





吊橋を渡りきった所には倒木が。

やはり冬の山はどこも倒木などがあるようですね。
ちなみに数年前の春くらい、高い所が苦手な友人と今回と同じようにここの吊り橋を渡ってぐるっと回って駐車場に戻る散歩をしようとした時にも吊り橋を渡った後に倒木があり、その時は先の道が通行止めになっていたのでせっかく怖々渡った吊り橋をまた戻る事になった、なんてこともありました(笑)
今回は通行止めなどは無かったので倒木を避けて先へ。




分岐路に出て少し下った所にはかつて良寛さんが暮らしたとされる「五合庵」があります。

苔むした茅葺屋根に積もった雪がいい感じ。





通路に戻り、お寺の方から駐車場へ戻る道に乗ります。

その途中には「危険注意」と書かれた柵の付いた木の根元がありました。
これはもしかするといずれ崩れてしまうかもしれませんね。





こちらのルートは階段の多い道。

運動量が増えて体があったまります。
吊橋の方から五合庵までは結構人が歩いたようなしっかりしたトレースがありましたが、こちらの道には数人が歩いたかな?といった程度のトレースしかありませんでした。





お寺に近づくと「鏡井戸」があります。

悪心を持つ者がこの井戸を覗くと顔が鬼に見えると言われます…が、現在は木の枝や枯れ葉が入っていて水面はちょっと見にくいですf(^-^;)





そしてお寺に到着。

こちらは方丈講堂。
ここには千手観世音菩薩像が安置されている…そうですが、実はまだちゃんと見た事はありませんf(^-^;)
今度またちゃんとお参りに来よう。
ちなみにここに出たところでちょうど雪かきをしているお寺の奥様に出会いましたが、五合庵の方から来たのを見て「雪で大変だったでしょう」と言われてしまいました。
いえいえ、こちらこそ通る人の少ない所を通ってきた物好きですみません(笑)





方丈講堂の隣の、石段を上がった所にある国上寺本堂へも。

こちらは入口前の屋根から落ちた雪が除雪されておらず人が入ったような形跡も無かったので通路でちょっと頭だけ下げていきました。





本堂の右手にある国上山登山口。

トレースがあったので登っている人はいたようですね。
自分もまた今度登ろう。





ぐるっと回って駐車場の上手から戻ってきました。

駐車場に下りる坂道は圧雪で覆われた所も多くて滑りそうで怖かった。





山を下りる前にもう一度少しだけ展望台の方へ行ってみました。

夕日は沈んだ後のようでしたが綺麗な夕焼け空を見る事ができました。





山を下りたら久しぶりに国上山の麓にある「道の駅国上」の足湯へ。

到着時は人がいなくて貸し切り状態♪





この水中のパイプの端から新しいお湯が出てくるので温度が高いのが好きな方はこの辺がおススメです(笑)

そんな感じで国上山プチハイクでした。

この日歩いたのは30分ほどでしたが、後半では少し腰の痛みも出てしまったのでもう少し様子を見た方がいいかなといった感じでしたねf(^-^;)
また少しずつ慣らしていきたいと思います。

関連記事

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント