プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年3月3日 護摩堂山 登山 三角点経由

3月に入り、春らしい天気のいい日が増えてきました。

2018年3月3日
3月初週の週末も天気予報は晴天という事でここぞとばかりに山へ。
好天とはいえ積雪の方はまだあるのであまり難しい山・コースは避ける事にし、この日は何度も登っている田上町の護摩堂山へと行ってきました。

この日も午後からの登山となりましが、登山口駐車場に着いてみると駐車率は七割といったところで結構賑わっていました。

やはり皆さんこの天気に誘われて登りに来たのでしょうか、積雪期でも人気のある山ですね。





装備を整えて登山口へ。

登山口前に止まっている軽トラは頂上付近にある茶屋のおじさんのかな?
積雪期はやはり車では登れないか…。
そしてここから登山スタート。






登山道はまだまだ雪に覆われた状態。
しかし登山者が多いお陰でトレース上はしっかり踏み固められていてあまり踏み抜く事なく歩けました。

この日の2日ほど前には県内でも大型トラックが何台も横倒したり電柱がなぎ倒されるほどの暴風が吹き荒れた事もあってか雪上にはたくさんの木の枝や葉が落ちていました。





登山口から5分ほどの展望スペース。

この日も履物は長靴での登山。
出だしはノーマル長靴のみでしたが、好天による雪解けも進んでか足元の雪も緩み特に蹴り出す足が滑って荷重が分散する感じがしたので、ここでトレース上から一度外れてチェーンスパイクを装着。
装着してからは蹴り足がしっかり利くようになり体力の消耗も軽くなりました。
やはり雪上はスパイク・アイゼンなどの滑り止めがあると歩きやすいですね。





無雪期なら軽自動車が走る広さの道もこの時期では一人分のトレースしかなくてちょっと新鮮。

その分他の人達とのすれ違いも譲り譲られながらでしたが。
そしてすれ違いなどでトレースを外れると足首やふくらはぎくらいまで踏み抜く事もありました。





遊歩道の分岐①。

右の遊歩道の方にもトレースがありましたが、今回はまっすぐメインルートを進みました。





空を見上げるといい青空。

こんなに晴れたのはほんと久しぶりでしたね。





遊歩道の分岐②。

ここも右の方に遊歩道がありますが、こちらはあまりトレースは無かったっぽい。
という事でここもメインルートをまっすぐ。





中腹トイレ…は利用しませんでしたが、その奥にある東屋では汗拭き休憩。

チェーンスパイク装着のタイミングで上着も一枚脱いでいましたが、暖かい日だったので結構汗ばみましたね。





東屋を出発するとすぐに三角点に向かう道との分岐。

トレースもあるけどちょっと危ないかな…と少し迷いましたが、せっかくなので三角点の方を通って行く事にし、右の道へと進みました。





ここからは少し山らしい道に。

トレースはあるもののメインルートほど踏み固められてないのでズポッと踏み抜く事もしばしば。
こんな所では踏み抜いてバランス崩すのも怖かったので慎重に進みました。




祠の前を通過。

ちゃんとお参りしてから(笑)





祠を過ぎてすぐ左手に見える切り立った岩場。

ここは見るだけ。





先へ進むと倒木もありました。

が、それほど大きいものではないのでスルリと越えて。





「三角点」と書かれた小さな立て札がある所。

ここから急登の始まり。





こちらも踏み抜いたり滑ったりしないか緊張感がありながらの登りでした。

時折あるコース脇に張られたロープを手にしているとバランスが取りやすくて心強かったですね。
体重を預けるのは危なそうなんであくまでも補助ですが。





登り進めると、中ほどから折れた木なんかも。

先日の暴風か、はたまたこの冬の大雪の影響か。





そして三角点に到着。

三角点は雪に埋もれていましたが、この写真だと左下の枝のある辺りにあったかと思いますね。





一応、三角点に来た証明として案内図をパシャリ(笑)

ちゃんと三角点の所に「現在地」と付いてます。





三角点のある場所は草葉の茂った時期だとあまり眺望はありませんが、やはり葉のない時期だとちょっと眺めが良くなりますね。

枯れ木越しに五泉市やその奥の山々が見えて綺麗でした。





三角点から更に頂上へ向かいます。

ここからは尾根道となりますがアップダウンや細い所もあってこちらも緊張感がありました。





一部雪解けの進んだ所も。

ここは手前の木の間を登っていくところですが、スパイクが木の根を傷つけそうだったのでこの部分を越える時だけチェーンスパイクは外しました。
今回は使っていませんでしたが、石突きカバーのないトレッキングポールなども木の根などの上では注意ですね。





先へ進み、二又に分かれた「又杉」と思われる杉の木。

トレースが付いていた事もあり今回は木の間を通っていきました。





メインルートに合流する手前ではまた謎のオブジェのある方を通って。

上の方にアンテナみたいなの付いてるんですがほんと何だろうこれf(^-^;)





大きな木の間を跨いでくぐって。






メインルートに合流して頂上に到着。

この日の頂上広場はまだまだ雪景色でした。





頂上からの眺め。

ちょっと霞はありますが向こうには国上・弥彦・角田の西蒲三山がよく見えました。
そして角田山の右奥にあるはずの佐渡ヶ島は肉眼では見えませんでしたが、写真だと何とな~くう~っすらあるような気がします(笑)





東屋で登頂の休憩。

どんなに難易度の低い山であろうとも山の中でコーヒーが飲みたい(笑)
今回はザックに常備していた非常食用のカロリーメイトの賞味期限が来ていたので入れ替えついでにお茶請けに。
モソモソするけど久しぶりに食べると美味しい。





東屋の温度計をチェック。

気温は10℃。
ほんと暖かい日でした。
登りは上着要らなかったですね。
休憩時はまだ風が冷たくてさすがに羽織りましたがf(^-^;)







休憩を終えた後は紫陽花園側から下山開始。






紫陽花通りの紫陽花もまだまだ雪の下ですね。






団九郎の祠の方へ。

メインルートから少し逸れる場所ですが、ここまでもちゃんと道ができ、祠の周りも除雪されていました。





祠の前からの景色。

向こうには五頭山や菅名岳、大蔵山。
青空の下に雪のかかった山はやはり映えますね。





メインルートに戻って「あじさい茶屋」。

時間的に営業はしてないようでしたがこちらには大きな雪だるま?と思われる物体がありました。
大人の背丈より大きい雪だるま、もしかして向こう側はかまくらになってたりしないかなと見てみましたが普通の雪の塊のようでした。
まあ、頭が乗っているのに下の段に穴を開けるのも危なそうですしね。
むしろ雪だるまでなく大きなかまくらだったらまた面白いかもしれませんね。





あじさい茶屋から一段下がった「団九郎小屋」。






久しぶりに中を覗くと西日の入った奥の部屋がいい雰囲気。

いずれここにも上がって休憩してみたいですね。





下山へ進み、石切り場前を通過。






頂上へのもう一つの道と合流して右の道へ。






登りで曲がった三角点への道と合流。






東屋とトイレはノンストップで通過。






正面に太陽が来ると何かいい感じ。






ちょっと急な下り坂はすり足で下りたようなトレースもありましたね。

登りの時に見ていた感じだと滑り止めのない靴・長靴で歩いている人も結構いたのでこういう所はちょっと怖かっただろうなぁ。





登りでチェーンスパイクを付けた展望スペースで下りも一枚パシャリ。






竹林の横を通過。

ちょっとクネクネしたトレースがいい感じ。





そして登山口へゴール。

おつかれさまでした。

賑やかな雪山と、ちょっと緊張感のある三角点方面の2粒楽しめた登山でした。


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:晴れ
人数:1人
コース時間まとめ
登山口 14:41
三角点分岐 15:11
三角点 15:33
頂上 15:50~16:21
三角点分岐 16:43
登山口 17:03

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント