プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年3月31日 角田山 登山 桜尾根コース~灯台コース 後編

前回の「2018年3月31日 角田山 登山 桜尾根コース~灯台コース 前編」からの続きになります。

春の花を求めて角田山 桜尾根コースを登山、雪割草やカタクリの多さに驚きながら頂上へ到着。
稲島観音堂で景色を眺めたり頂上広場で休憩を取った後、眺めのいい灯台コースへと下山に入るのでした。

という事で、灯台・五ヶ峠・浦浜コース登山道から下山開始。







頂上から数分で登りで通ってきた非公式・桜尾根コースの分岐があります。

下山では灯台コースを下りる為ここで曲がらずまっすぐ進みました。





こちらのコースでもカタクリの花がチラホラ。






灯台・五ヶ峠・浦浜コース分岐を右に曲がり灯台コースへ入ります。

この場所では木々の向こうの日本海に反射する日の光が綺麗でした。
…が、写真としては逆光になって難しいf(^-^;)





分岐から階段を下りしばらくは笹の葉ロード。






その途中に木の枝でマーキングされた分岐がありました。

これ確か、もう一つの非公式登山コース”小浜コース”の分岐だった気がします。
この日登りで通った桜尾根コースもそうでしたが、コースそれぞれに違う景色があって面白いのでいずれはここも歩いてみたいですね。





笹の葉ロードを過ぎ、下り階段の途中で正面に日本海が見えて綺麗。

これも木に葉の無い今の時期ならではの景色ですね。





道を進むとまたカタクリの花が目に入るようになってきました。






道の両脇にカタクリが咲くカタクリロード。

おお、これまた凄い。





道から脇の斜面を見下ろすとそこにもたくさんのカタクリが咲いていました。

登りの桜尾根にもたくさん咲いていましたが、密度的にはこっちの方が高いんじゃないかなと思う程でしたね。





そんなカタクリだらけの景色がこちらの灯台コースでもしばらく続きました。






そういえば事前情報で、こちらの灯台コースで白いカタクリを見たという話を入手していて自分でも見れるかなと探していましたが、この日は残念ながら「これ!」といったはっきりしたものは見つけられませんでした。

「あれそうかな?う~ん…」くらいのはあったんですが、斜面の下の方だったりでちゃんと確認できませんでした。
またいずれ機会があれば見てみたいなぁ。







梨の木平に出て灯台と再会。

ここまで来るとカタクリの数も少なくなったのであの灯台を目指して下山へと進みました。





途中に花の咲く木が。

椿っぽい花でした。





岩場ゾーン。

足場が不安定なのでトレッキングポールを突きながら下りると支えになってバランスが取りやすく安心感があります。
自分の少し先には小学生くらいの男の子二人組の登山者もいて、この岩場を手をつきながら怖々下りていたので見ているこちらも少しハラハラしてしまいました(笑)





痩せ尾根の途中から見る、穴の開いた雷岩と夕日。

夕方になり雲や霞も少し出てしまいましたが、日本海の右奥には佐渡ヶ島もうっすら見えました。





こちらは写真では分かりにくくなってしまいましたが、痩せ尾根の終わりくらいに右へと下る分岐路がありました。

以前ネットで見た記憶では今回登りで通った桜尾根とこちらの灯台コースの尾根の間の谷間から駐車場まで下りる道があるようで、その道の分岐かな?と予想されました。
ちょっと気になりましたが…そこを下ると確か灯台の近くにある新潟県では一番有名な心霊スポット「ホワイトハウス」の前に出る道だったと記憶していたので、ここを通るのはいずれまた。
ゆ、夕方が近くて危ないからね!怖い訳じゃないんだからねっ!(笑)





また花の咲く木を発見。

これも椿っぽい花。
灯台コースではこの花も所々でよく見られました。





ゴツゴツとした岩の地面のスペース。

夏場は灯台から痩せ尾根・岩場ゾーンを過ぎるまでは背の高い木などが少なくこの場所が貴重な日陰ポイントになりますが、今の時期だとまだスカスカですね。
また葉の茂った時期にはここの日陰にお世話になる事でしょう。





そこから道はアップダウン。






その途中で横のスペースに入ると三角点がある場所があるのでチェック。






そして灯台を見下ろす展望ポイント。

ここからの写真はどうも同じような構図になってしまいますが毎回撮ってしまいますね(笑)





展望ポイントから下り階段に入ると正面に角田浜の景色が広がります。

ここの景色も好きなポイントですね。





徐々に近づく灯台。






灯台に着いて、そういえば今までチェックしていなかったなと案内板を一枚パシャリ。

写真をクリックして頂けるともう少し大きいサイズで見れますのでよろしかったらご活用下さい。





灯台の麓から見下ろす角田浜駐車場。

登山スタート時はあんなに混んでいた駐車場も夕方になりすっかり車が少なくなっていました。
ちなみに、中央奥の建物のすぐ右側が今回登りで通った桜尾根コースの登山口のある場所になります。





灯台を見上げて一枚。

夕日に照らされた陰影が何かいい感じ。





灯台からの下山は「判官舟かくし」側へと下りました。

灯台からここまで下りてくる途中には、3月頭の暴風の影響か柵の手すりの板が外れて落ちている所がありました。
風を遮るものが無い海沿いなのでよっぽどだったでしょうね。





そして駐車場にゴールとなりました。


いやぁ、今回初めて登った桜尾根コースも、この時期に歩くのは初めてだった灯台コースも、予想以上に花だらけのコースでほんと驚き、圧倒された景色でした。
この時期に人気のコースなのも納得でしたね。
来年もまた機会があればこの時期に登りたいと思います。


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:晴れ
人数:1人
コース時間まとめ
桜尾根コース登山口 13:05
灯台・五ヶ峠・浦浜コース合流 14:43
頂上 14:46
稲島観音堂 14:54~15:00
頂上 15:08~15:53
桜尾根コース分岐 15:55
灯台・五ヶ峠・浦浜コース分岐 16:04
角田岬灯台 17:21
角田浜駐車場 17:28

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

はじめまして。
見事なカタクリの群落に日本海の絶景、変化のあるコースで素晴らしいですね!
花の名前もお詳しくて尊敬です。

Re:タケキャブ様

閲覧・コメントありがとうございます。

角田山の灯台コースは登山初心者的にはちょっとキツイ所もありますが、眺めの良さと起伏に富んだ登山道で季節を問わず人気のコースとなっています。
そこにこのカタクリの群生だったのでほんといい山行でした。
花の名前はまだまだ写真を撮ってきたのをネットの図鑑と見比べてこれかな?と特定している感じだったりしますが、少しずつ分かるようになると現地で花を探すのも楽しくなりますね。

EDIT COMMENT

非公開コメント