プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

ワークマンでCOOL MAX靴下を買ってみました

登山に行く時は厚手の靴下の方が保護性が高くていいとされ、自分は最近まで100均のパイル靴下(前記事「ダイソーで靴下を買ってみました」の上の靴下)を使用していましたが、この度の「キャラバンのトレッキングシューズC1_02Sを購入しました」に合わせて靴下の方も新しいものを導入したので紹介してみたいと思います。

今回購入した靴下がこちら。
作業服店「ワークマン」で販売しているCOOL MAX MAX PILE靴下です。

COOL MAXは吸汗速乾性に優れ蒸れにくいという特性があり、登山にも適した機能という事でこちらを選んでみました。
生地の材質としては、割合は不明ですがポリエステル・綿・ポリウレタン。
こちらのMAX PILEは爪先やかかと・足の裏部分がパイル編みになっていて厚手でクッション性が良く、足甲部分は通気性のいいメッシュ編み、履き口は伸び縮みして履きやすくズレにくいレッグサポートになっています。







こちらの商品は4足組で980円(税込)でした。

生地は今まで使っていた100均のものと比べると少ししっかりした印象。
スポーツ用品店で登山用の靴下と触り比べてみてもパイル編みの部分の厚さはそれほど変わらないように感じました。(「極厚」等と謳っているものを除く)





実際に履いてみるとこんな感じ。
足甲のメッシュ部分はう~っすらと肌が透けるかなといった感じですね。

こちらもキャラバンのトレッキングシューズと同様この記事を書くまでの間に4回ほどの山行に使用しました。
さすがに暑い日だと靴の中に熱が籠るのを感じましたが、汗でベトつくような不快感はなかったように思いますね。
足裏のクッション性は良し、履き口のレッグサポートもズレたり下がったりはしにくいように感じました。
消臭効果のある糸などは使われていないので長時間履いた後の臭いの部分だけ心配ですが(笑)、個人的には登山やトレッキングにも充分使えるんじゃないかなと思いました(^-^)




今回買ったものとはちょっと違いますが、ワークマンではこんなものもありますね。




関連記事

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天