プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年9月17日 護摩堂山 グループ登山

2018年9月17日
この日は久しぶりに、よく一緒に遊ぶ「お楽しみ会」のメンバーとグループ登山を企画していました。
都合のつかないメンバーもいて参加者は自分とYさん・K君夫妻の4人となりましたが、参加者はみな行く気満々といった感じだったので今回は少人数でも決行する事に。
どこの山に登ろうかいくつかの山を候補に挙げつつこの日を待ちましたが、この日の前日までは天気予報も曖昧で雨の可能性もありました。
雨になったら山以外で遊ぶ代替案も出ましたが、みんな山に行く気の方が満々。
という事で登る山を砂利敷きの登山道で雨でもぬかるみ少なく歩きやすい護摩堂山にして小雨決行という事にしました。

当日は一度別の所で集合してから一台の車で護摩堂山の登山口へ。

心配していた天気も回復し、いい出だしとなりました。
そのおかげか駐車場には他の車もたくさん停まっていましたね。





準備を整えて登山口へ。

ここから登山スタート。






登山道に入ると早速メンバーがキノコを発見。







何というキノコなのかメンバーの中にも分かる人がいないので怖くて触れませんが、あちこちにあるキノコを見つけては「あった!」「ここにもあるよ!」と賑やかでした(笑)





キノコを探しながら歩くメンバー。

ちなみに真ん中のK君はキノコが苦手との事でこの日は色々と大変だったようです(笑)





それにしてもこの日の前日までは午前中まで雨が降り午後から夜まで曇りといった天気予報でしたが、その予報が変わったようで青空も広がるいい天気でした。






キノコを探しながら進みます。

今度種類も分かるように勉強したらまた山に来るのが楽しくなるかな(*‘∀‘)





木漏れ日の気持ちいい登山道。






中腹の展望スペースから望む景色。






更にキノコ。






これはシロオニタケかな?
トゲトゲしていてちょっとカッコイイ(笑)

しかし見た目通りの有毒キノコなので見るだけです(;^ω^)





前日まで雨降りでもやはり砂利敷きの道でぬかるみが少なくて歩きやすい登山道です。

他にも多くの人が登ったり下ったりと賑やかでした。





花を発見。

萩、かな?





中腹の東屋に付いた所で小休憩。
東屋の天井の飾りをパシャリ。

この日は久しぶりに山に来るメンバーもいたり、自分としても都合が付かなかったり天気が悪かったりで約一か月ぶりの山だったので、ペースゆっくりめでのんびりとした登山でした。





東屋での休憩を終えて出発するとすぐにまたキノコ発見(笑)

またシロオニさん。
このくらいのが個人的にいい形だなぁと思います(笑)





頂上手前の分岐。

どちらからでも頂上に着けますが、左の道の方が茶屋の方の車も通る事もあり砂利で整備されているのでそちらへと進みました。





石切り場。

茶屋の方の車が停まっていました。




茶屋の前まで行くと彼岸花が一輪咲いていました。






こちらはツユクサ。






そして頂上に到着。

家族連れなどもいて結構たくさんの人がいました。





頂上から望む景色。

スタート時に比べて雲は多くなってしまいましたが、向こうの弥彦山や角田山もはっきりと見る事ができました。




東屋で温度計をチェック。

結構涼しくなりましたがまだまだ汗ばむくらいですね。





そして頂上でお昼休憩となりました。

久しぶりにフライパンを持ってきてウィンナーを炒めて、





今回は初めて山での野菜炒めに挑戦しました。

味付けは塩コショウしか持ってこなかったけど、醤油もあった方が良かったなf(^-^;)
家でならもっと美味しく作れたと思いますが、アウトドアではまだまだ精進が必要です。
そしてこの野菜はスーパーで売っている野菜炒め用とかでセットになっているカット野菜でキャベツメインのものを買ってきたんですが、色んな種類の野菜が混ざったものの中からどれにしようかな~と迷い、しめじ入りのも美味しそうで買いそうになりましたが…キノコ苦手なK君的にしめじ入りを選ばなくて正解でした(笑)
一応みんなの分も作りましたが、14cmのフライパンだと一人分ずつしか作れなくてなかなか大変でしたねf(^o^;)





野菜炒めと、K君夫妻が持ってきたナス漬けと卵焼きも頂いて。

おにぎりと一緒に食べました。うまうま♪





食後のコーヒータイムもみんな色々持ち寄って賑やかでした。

アパ?のドリップコーヒーなんかもあり、それは紅茶みたいにティーバッグ型のドリップコーヒーでちょっと珍しかったですね。
誰がひとつしかないアパを取るかで緊張感が走りましたが、最終的には自分が頂きました(笑)





食後のまったりした所で少しだけ時間をもらって個人的に三角点まで行ってきました。

少し速足で頂上から10分くらいで往復できるかと思いましたがもうちょい掛かる感じでしたね。
天気が良ければみんなでこっちを通る事も考えていましたが、この日はこっちの道は水気も多くぬかるんでいる場所もあって滑りやすかったので来なくて正解でした。





三角点から頂上に戻ってみんなと合流した所で下山開始。

今回は登ってきたのと同じ茶屋側の道から。





下り初めてすぐにメンバーが何かを発見。

縫い目のあるキノコ…?と話題になりましたが(笑)、フリスビーか何かですかね。
頂上の広場で遊んでたのが落ちちゃったのかな。





蔵屋敷跡に寄って景色を眺める。

手前のあじさい茶屋は登ってきた時はやっていましたがこの時は閉店していました。
午後3時前といったところでしたが結構早く閉まる事もあるんですね。





紫陽花畑の通りに出ると、紫陽花がまだ一つだけ咲いていました。

こんな時期に見れるとは…。





更に少し下った所でも花を発見。

ししうどかな?





大きな木。






下山へ進むメンバー。






この花は何てのだろ…?






そしてまたキノコ。




模様がちょっと気持ち悪い(^_^;)


これはなかなか綺麗な形のキノコ。






下りの時にはメンバーが興味津々だったのでメインルートの途中で分岐する遊歩道の方も歩きました。

こちらもこの日はぬかるみも少なくて歩きやすかった。





これもシロオニさん?






結構デカい。

遊歩道の方では大振りのキノコもたくさん見る事ができました。
K君的には早く歩きたかったようですが(笑)





そして無事に登山口にゴール。

自分たちが下山している時にもまだまだこれから登っていく人もいて、やはり人気の山でしたね。





帰りはみんなで日帰り温泉の「花の湯館」で汗を流し、館内のカフェでジュースを飲んでから帰路へとつきました。

花の湯館は入館料は450円(2018年現在)、タオルセット別ですがなかなかリーズナブルでした。

花の湯館を出ると地面が少し濡れていたので通り雨があったようでしたが、山行中は雨にも降られずいい日でした(^-^)


天気:晴れのち曇り
人数:4人
コース時間まとめ
登山口 11:00
中腹東屋 11:59
頂上12:29~14:25
三角点 14:30
頂上 1435~14:42
中腹東屋 15:10
登山口 15:48

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント