プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年12月24日 弥彦山 登山 裏参道コース

2018年12月24日
年末に近づき2018年も残りわずかとなったこの日。
年内にあと何回山に行けるか分からないけど行けるうちに山の神様にお参りに行きたいなと思っていました。
地元付近で山の上に神様の祠があって有名な山というと、やっぱり新潟を代表する山の一つである弥彦山かなという事で、日中に貴重な晴れ間も覗いていたこの日は弥彦山に登る事にしました。

登るコースは久しぶりに裏参道コースをチョイス。

今回も午後からの出発となってしまったせいか駐車場に着くと場内には先行の車はナシ。
駐車場手前の自動車待避所に一台の車があるのみでした。

ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。





13:59

準備を整えて登山スタート。






前回の国上山登山から今シーズンも長靴登山をし始め、この日も長靴にしようか迷いましたが、弥彦山の裏参道コースは石や岩がゴツゴツした路面も多くソールの薄い長靴だと足の裏が痛くなってしまった事があったので今回はトレッキングシューズにしました。

天気も良くてぬかるみも少なそうだし、[キャラバン] トレッキングシューズ C1_02SならGORE-TEXで防水も効くので万が一降っても大丈夫。
まあでも…これはあんまり派手に汚したくないのであまりに路面がひどそうだったら長靴を選んでましたが(笑)





スタート直後はほんといい天気で青空も広がっていました。

風は少し冷たいものの穏やかに吹いているくらいで、登りで火照った身体には気持ちいいくらいでしたね。





石のゴロゴロした路面もトレッキングシューズならなんのその。






西生寺からのコースと合流して少し進んだ所。

この辺も石のゴロゴロしてる所ですね。





この辺から後方を振り返ると木々の向こうに日本海が望めました。

木の葉の落ちているこの時期ならではの眺望です。





3合目の標識を通過。

そういえばこの時点では裏参道コースで3~10合目の標識は見た事あるけど1・2合目の標識はまだ見た事がなかったなぁ…なんて思いつつ。





14:19
そんな3合目を過ぎて少し進むと弥彦スカイラインの車道を横断する場所に。

弥彦スカイラインは12月~3月は冬季通行止めとなるので路上には落ち葉がたくさん積もっていました。





弥彦スカイラインを渡ってすぐの分岐路。

今回は登りでは階段のない正面まっすぐの道に進みました。





しばらく進むと先程の分岐路からの道と合流。






合流からまたしばらく進むと5合目。

ここでも標識越しの木々の向こうに日本海を見る事ができました。






急登を越えて能登見平へ。






能登見平から山頂方面を望む。






弥彦スカイラインの脇道に出て6合目。






この付近では右手に景色が開け、国上山や越後平野が見える。

ありゃー、向こうの方は降ってるなぁ…。





砂利の林道を進んでくると登山道との分岐。

ここを右へ。





この分岐の辺りからは左手に日本海側の景色も開ける。

ありゃ、海の上も降ってるなぁ…。





分岐からは道も細くなりまたゴツゴツとした石や岩の路面。

雨の日なんかは滑りやすいコースになりますが、この日は割と乾いた部分もあったので難なく進めました。





7合目を通過。






更にゴツゴツ路面。






8号目を通過して。






ベンチのある開けた所に出る。






ベンチの所から振り返ると寺泊方面のいい景色…のはずが、ありゃーあっちも降ってる。

さっきまでのいい天気がどこへやら。
山に来る前にSCWで雲の流れを見て曇りくらいで行けるかなと思っていましたが、こりゃあひと降り来るかな?
しかしこの時点では弥彦山の付近だけ雲が避けているような感じだったので、やはり弥彦山は神様に守られているのかな?なんて思ったりしました(笑)





さらに進んで9合目を通過。






頂上の展望台が見えてくる。






表参道コースなどからの道と合流になる少し手前の所では少しだけ雪がありました。

今シーズンは例年に比べてだいぶ雪が少なく済んでいるので山も歩きやすくてありがたいですね。





鳥居の前まで出ると右手に広がる越後平野。






鳥居をくぐって頂上へ。






一段上がった所から望む多宝山と新潟市方面。






15:03
そして頂上・御神廟に到着となりました。

お賽銭を入れてお参り。
今年もお見守り頂きありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。っと。

ちなみにこの日は裏参道コースでは2人、頂上では表参道コース方面から来た4人くらいの人とスライドしただけで静かな山行でした。





頂上から望む国上山・長岡市方面。

雲に包まれる国上山が幻想的だけど、どんどん雲が近づいてきている…。





晴れと雨(雪)の境界もはっきりと。






降りそうな事に慌ててももう仕方が無いのでたまには自撮りなんかしつつ(笑)

この日は軽い雨対策に傘をザックに付けてきたんですが、この頭より飛び出る付け方はダメでしたね。
道が狭くなった7・8合目付近で木の枝に引っ掛かったりする事があったので、ザックの下に出るようにした方が良かったなぁf(^-^;)





なんてしていたら、ありゃー、ついに雪が降ってきた!

一時避難という事で頂上手前の社務所の軒下へ。
屋根があるのがほんとありがたかったですね。
そして登りではどうせ暑くなるだろうと最初からザックに携行していた上着を着たりして下山準備をしました。





15:25
少しばかり天気が回復しないか軒下で様子見を見ていましたが、あまり変わらなそうだったのでそのまま下山へと入りました。

裏参道コースへ。




すっかり地面が白くなる。

しかしこういう景色もなかなか綺麗ですね。





見晴らしのいいベンチの所まで下りてくると、少しだけ雲の隙間から太陽が。

これまたいい景色を見れました。





ベンチから下りの8・7合目の登山道は道も細く滑りやすいという事で、危険を回避して今回は林道の方から下りる事にしました。






林道を下り始めるとこんな立札が目に留まる。

以前は無かったような…?
これと同じものが登山道と合流するところまで全部で3つありました。





立札があった付近の地面には蓋のようなものが。

これが電力ケーブルの通っているところなのかな?
何かあってもイヤなので踏まないように歩きました。





そしてこの日の下山は傘差し。
新潟県では長靴+傘で山に登るのを「越後スタイル」なんて言い方をする事もありますね(笑)
さすがに道の広い低山や里山登山が基本となりますが。

今回は自分は長靴ではなかったので半越後スタイル?(笑)
ちなみに弥彦山裏参道コースも7・8合目の細い所だけ林道を通れば広い道ばかりなので傘差しでも行けますね。
ただ海側が開けているので風の強い日は危険ですが。
この日は穏やかな方で良かった。





林道を下り登山道と合流して能登見平へ。

スカイラインの横を通るこの辺は風の抜けが良くてちょっと風の強いポイントです。
少しばかり傘を煽られました。





分岐を右に下りる。






5合目付近まで下りてくると少しガスっぽくなってきました。

こんな雰囲気もたまにはいい。





登りでは右から来た分岐路。

下りでは左の道を通る事にしました。





冬は花のない時期ですが、こういうのも綺麗ですね。






こちらの道にある4合目の標識。

下りで通る場合だと振り返らないとちょっと分かりにくい角度になっているので注意ですね。





16:01
段の高い階段を下りて弥彦スカイラインを横断。






西生寺の分岐は曲がらず道なりに左へ。





まだ見ぬ1合目・2合目の標識はどこかな?と探しながら歩きましたが、





16:22
この日は見付けられぬまま登山口に到着となりました。

うーむ、また今度探そう。





そして駐車場にゴールとなりました。

雪が降って少し焦りましたがそんなに大降りもせず、無事に行ってこれて良かった。





駐車場もすっかりモノクロ風の景色になっていました。

いつもと違う景色も見れて楽しかった(^-^)
そしてこれが2018年の登り納めとなりました。


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:晴れのち雪
人数:1人
コースタイムまとめ
裏参道コース登山口 13:59
弥彦スカイライン横断 14:19
能登見平 14:34
見晴らしのいいベンチ 14:51
頂上 15:02~15:25
見晴らしのいいベンチ 15:35
能登見平 15:48
弥彦スカイライン横断 16:02
裏参道コース登山口 16:22

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天