プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年1月6日 新年一発目の登山は弥彦山 裏参道コース

2019年1月6日
今年は例年に比べて降雪量も少なく穏やかな新年を迎えられました。
年明け数日は親戚への年始回りやその対応で家を空ける事ができませんでしたが、それもひと段落したこの日はようやく山へ。
今年の初登山という事でやはりまずは山の神様にご挨拶しようと思い、弥彦山の頂上にある弥彦神社の奥宮・御神廟に初詣も兼ねて行く事にしました。
年明けしばらくは表参道登山口のある弥彦神社付近は初詣客で渋滞が起きたり駐車場も満車になるほど大混雑するので、それを避けて今回はまた海側から登る裏参道コースにしました。

この日もお昼過ぎに登山口の駐車場へ。

この日は駐車場内に1台、手前の自動車待避所に2台の先行の車がありました。

ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。





前回はトレッキングシューズで登った裏参道コースですが、今回は上の方で若干雪がありそうだったので濡れたり汚れたりしてもいいように長靴をチョイス。

ちなみにこの時が以前紹介した踏み抜き防止ソールの試し履きも兼ねた初陣でした。





13:38
準備を整えて登山口へ。

ここから登山スタート。




踏み抜き防止ソールを入れた長靴は石や岩でゴツゴツとした路面が足の裏を刺激してくるのをステンレスソールが衝撃を防御・分散してくれるようで歩きやすくなった気がしました。

ほいほいと登ってきて西生寺コースとの合流を過ぎた所。
この日はこの辺まではコース上にはほぼ雪ナシでした。





上の写真の辺りから振り返ると木々越しに見える日本海。






13:59
弥彦スカイラインを横断。

この日はたまに晴れ間も覗く曇り空といった天気で、アスファルトの車道も結構乾いているくらいでした。





弥彦スカイラインを渡ってすぐの分岐路。

前回はまっすぐ進んだしな~、という事で今回は右の道へ曲がる事にしました。





こちらは段の高い階段を登る。

距離はそんなに長くないけど足を大きく上げないといけない階段はなかなかキツイ。





階段を過ぎるとなだらかな上り坂になり4合目へ。

この辺りからコース外の雪もだいぶ増えてきました。





先程の分岐からの道と合流して右へ。

コース上にもだんだんと雪が増えてきました。





5合目を過ぎた辺り。

コース上は踏み固められた雪が凍っていてツルンツルンに滑る滑る(;'∀')
なるべく土の出ている地面を選んで進みました。





そして能登見平へ登る急登階段。

ここも階段へのアプローチの坂道と階段自体も凍っているところが多く滑りやすくて怖かった。
うひー怖ぁー、なんて言いながら階段の途中では一部前の段に手をついたりしながら登りましたf(^-^;)





そんな階段を何とかクリアし、能登見平から頂上方面を望む。

上の方の地面はもうだいぶ白そうだ。





14:17
6合目を通過。

この辺は風の通りが良くてちょっと寒く、鼻水が出ました(笑)





6合目を過ぎた尾根道から望む国上山・越後平野。

ちょっとガスっぽい…というより粉雪っぽい細かいのが降っていたかもしれません。





林道から右の登山道へ。






登山道へ入るとこちらもまた凍ったツルツル道。

怖ぁー、と思いながら慎重に進む。
裏参道コースは海側からの風を受けやすいので凍りやすいかもしれませんね。





7合目を過ぎた辺りからいよいよ土の地面が見えなくなり雪の上を歩く事に。

ここも凍ってツルンツルン。





土の地面の所はなるべく痛めないように~と我慢しながら歩いてきましたが、助さん格さんもういいでしょう。

ここでついにチェーンスパイクを装着。
「この紋所が目に入らぬか」「ははぁ~」とばかりに滑るのは静まり返り、とても歩きやすくなりました。
安全の為にはもう少し早く出していても良かったかな?
とはいえもしこの日スパイクを持ってなかったらここで登頂を諦め撤退していたかもしれませんf(^-^;)





14:38
凍った路面もガッチリと噛み付くスパイクに助けられながらベンチのある所へ。






振り返るといい景色。

海上には天使の梯子(薄明光線)も下りていました。





先へ進み、妻戸山・八枚沢コースとの合流。

八枚沢コースの方にもトレースがありますね。
こっちも登ってる人いるんだなぁ。





さらに進み、頂上の展望台が見えてくる。







頂上手前の鳥居の前に出て横に広がる越後平野を望む。






そして鳥居をくぐって頂上へ。

鳥居の前での一礼も忘れずに。(たまに忘れますが(笑))





ここの階段も踏み固められた雪が凍ってツルンツルンに見えました。

スパイク無かったら怖かったろうなぁ~…。





一段上がって多宝山と新潟市方面。






向こうに見える弥彦大平園地は雪で真っ白く浮き上がって見えました。

後で写真で気づきましたが、その奥の多宝山の登山道のクネクネ道もよく見えていましたね。
なんかいいなぁ、こういうの。





14:51
そして頂上・御神廟に到着。

大晦日と元日に地元の氏神様はお参りしていましたが、他の所ではこれが初詣となりました。
今年もよろしくお願い致します。っと。





この時期は御神廟の夫婦仲良く祀られた祠がよく見えます。

とはいえ、この草もうちょっとどうにかしたくなりますf(^-^;)
でも他人の敷地なので勝手に入って刈ったりするのも確か法に引っ掛かったりしたような…うーむ。





頂上から望む景色。

国上山・長岡市方面。





日本海と寺泊方面。






海の向こうの佐渡ヶ島、

は生憎見えませんでした。





色々と詰め込んだ写真(笑)

頂上から見える山のパネル、弥彦山と刻まれた岩、鳥居、越後平野を一枚に。





15:02
今回は頂上であまり休憩を取らずに下山開始。






アンテナ横の階段を下りた所では正面に景色が見える。

何気に好きなポイントです。





15:09
ベンチのある場所に下りる所では正面の日本海に光が差し込む景色を見れました。

こういうのもいいなぁ(*´▽`*)
そしてベンチの所では久しぶりにコーヒータイムをしようか迷いましたが、海からの風で冷えそうだったで下山を優先しました。





今回もベンチの所からの下山は滑りやすい登山道を避けて林道から。

スパイクも付けているので安心感はありますが、やはり大事を取って。





林道の途中では一部横の斜面が崩れてるような形跡の所がありました。

雪の上に土が乗っているのでいるので結構新しい…?
大きく崩れないといいなぁ。





登りからここまでは薄手の手袋一枚で来ていましたが、下りで運動量が減ったのと風にあおられてか手がかじかんできたので、これまた今回新兵器となるアイテムを装備。

防寒テムレス。
内側が起毛させたパイル地になっている透湿素材の防水手袋ですね。
これを薄手の手袋の上から付けたら手の冷たさがピタリと収まりました。
こりゃいいや。
これについてはもう少し使い込んでみてからまた改めてレビューしてみたいと思います。




正面に林道、右に弥彦スカイライン、向こうには日本海。

うん、ここもいいなぁ。
これも草木の茂っている時期だとあまり見れない景色だったかと思います。





弥彦スカイライン脇を通って6合目、能登見平へ。






15:27
能登見平の分岐を右へ下りる。






凍った下り階段も怖ぁー。

登山は下りの方が事故が多いと言われますので、スパイク付けたまま慎重に下りました。
コースを傷付けるのも気になるけど、まずは安全第一。





その分階段を下りた所からは登りとは逆に雪の残っているところを選んで歩きました。





5合目付近に来るとコース上の雪もほとんどなくなったので、この辺でチェーンスパイクを外しました。






木々の向こうに薄日が差し込む。

この日はほとんど降られる事はなかったので良かったです。





登りでは左から来た分岐。

下山では右の道に進みました。





ここも正面の木々の向こうに景色が見える。






15:40
弥彦スカイラインを横断。






下りでは特に石や岩のゴツゴツが足の裏に衝撃を与えますが、踏み抜き防止ソールのおかげでだいぶ緩和されているように思いました。






西生寺コース分岐を曲がらず道なりに左へ。






そういえば1・2合目の標識を見てないんだったと思い出しこの日も探しながら下りましたが…




16:01
この日も見付けられぬまま登山口に到着となりました。

もしかしてこっちの道には無いのかな…?





そして駐車場にゴール。

いやぁ、雪が凍っていたのは緊張感がありましたが、無事に登頂して御神廟にお参りしてくることができました。




沢でチェーンスパイクと長靴を軽く洗いました。

防寒テムレスはここでも役立って、冷たい水に手をさらさなくてよかったのも何気に便利でしたね。





そしてこの日は山の上でコーヒータイムできなかった分、駐車場で温かいコーヒーを飲んでから帰路に就きました。

やっぱり、ただ登ってくるだけより+αがあるとより楽しい。

そんな感じで今年もいろんな山にマイペースで登って行こうと思います(^-^)


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:曇り
人数:1人
コースタイムまとめ
裏参道コース登山口 13:38
弥彦スカイライン横断 13:58
能登見平 14:17
ベンチのある展望台 14:38
頂上 14:50~15:02
ベンチのある展望台 15:09
能登見平 15:27
弥彦スカイライン横断 15:40
裏参道コース登山口 16:01

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天