プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年6月1日 弥彦山 登山 八枚沢コース 後編 妻戸尾根下山

前記事「2019年6月1日 弥彦山 登山 八枚沢コース 前編 雨乞尾根登山」の続きになります。

弥彦山・八枚沢コースを雨乞尾根から登山、頂上に着き休憩を取ったあとは下山に入り、妻戸尾根に向かうのでした。

頂上からまずは裏参道コース側へ下山開始。





裏参道コース九合目を通過。

標識は下山の時に見えやすい向きになっていたので登りの時には気付きにくかったですねf(^-^;)





アンテナ施設を過ぎたこの分岐を左に曲がり妻戸山・妻戸尾根へ。

今回はここから下山していきます。






■妻戸尾根下山


分岐から妻戸尾根への道に入るとすぐにコンクリのテーブルとベンチが現れる。

ここで休憩するのはどうも虫に囲まれそうな気がしてあまり止まる気になりません…ねf(^-^;)





そのままなだらかな道を進んでくると、少し広くなったスペースに出る。

ここが妻戸山の頂上のようです。




端には三角点があります。





更になだらかな道を下っていくと。






正面に景色が開ける。

ああ~やっぱここの景色いいなぁ~。
弥彦山登山道の中で田ノ浦コースだけはまだ未踏なので分かりませんが、それ以外でコースの途中で見れる景色はこの八枚沢・妻戸尾根コースが一番いいんじゃないかなと思いますね(*´▽`*)





そんな景色を見ながら下山へ進む。

こちらのコースも結構草ぼーぼーでした。





花を発見。

ツツジ。





また草木に囲まれた道を進む。

こちらも肌の出ない服装で良かった。





そしてまた景色が開ける。

うひょー(*´▽`*)







妻戸尾根は前々回前回と登りで来て階段ばかりのコースだったので、下りならいいペースで下りれるんじゃないかな、と思っていましたが…。

コース上にはこんな感じで階段の土留めの木が朽ちて杭だけが残り飛び出たものがたくさんあり、それが草の陰に隠れるようにあったので足を引っかけないように気を付けているとなかなかペースを上げられませんでした。





そんな道を慎重に下っていく。

土留めの木が無くなって坂道になっている登山道もちょっと滑りそうで緊張感がありました。





所々階段が残っている所も。

ちょっとホッとします。





またツツジが咲いている。

この日の妻戸尾根ではツツジは所々でたくさん見られました。





分岐っぽくなった場所。

右はすぐ行き止まりになっているので間違う事はありませんが、ここは何のスペースなんだろ?





柵の設置された道を過ぎると、






また景色が開ける。

ここもいいのです(*´ω`*)




山をメインに一枚。

奥から手前に国上山・剣ヶ峰・雨乞山。
剣ヶ峰の左にあるちょっと小高くなった所が黒滝城址かな?
国上山から剣ヶ峰・黒滝城址まではこの春に行ってきたので、そこからこの八枚沢までの間を埋めれば国上~弥彦間の縦走もできるな、と思うと実現できそうな感じもちょっとしてきますね。





更に下りに進む。

草に隠れた杭に加え、砂利で滑りやすい路面になってきてちょっと緊張感が増しました。
慎重に下っていく。





木にキノコ?がびっしり。






更に土留めの無い階段っぽい道を下る。

こちらもやはり滑りやすく、一か所で一度足がズル~っと滑って転倒しそうになりました。
手をついて尻もち転倒は免れましたが、手への衝撃は結構あったようで後でそのついた方の腕が少し痛くなりました。
やはり不意の転倒は危ないですね。





少し開けた所に出るとアザミがたくさん咲いたアザミロード。

ここは前2回通った時もたくさん見れたので群生地のようですね。





更に下ってくると…何かあった。

おお、飛び出てた杭が抜かれている!
危ないのが減ってありがてぇありがてぇ。
それにしても結構深くまで刺さっているものなんだなぁ。





そこからまた下ってくるとなだらかなアップダウンがあり。






三角点を通過。






そしてまた急な下りが始まる。

あれ……。





さっき杭が抜かれていてありがてぇと思ったけど…。

階段の土留めの木も朽ちたものが撤去されていて、コースはザレた坂道に。
めっちゃ滑りやすそうで怖ええぇぇぇー!!!(゚Д゚;)





土質もサラサラした感じなうえに砂利もあるのでほんと滑りやすくて怖かった。

足を踏ん張りながら慎重に下っていきました。
こんな事になってるのは知らなかったとはいえ、下りで来たのに少しだけ後悔。
登りで通る方がまだ良かったかもしれませんf(^-^;)





途中に少し階段が残っている所も。

滑る危険性が少なく歩いて行ける安心感。
いつもは階段はちょっとキツいなぁなんて思うところですが、今回ばかりは階段のありがたさがよく分かりました。
階段が嫌いな人もたぶん今回みたいな状態の道通ったら考えが変わりますよ(笑)





更に階段の撤去された道が続く。

この辺は岩の露出した所も多いので転んで落下したら大怪我に繋がるのは明白。
ほんと緊張感があり、足場を選びながら慎重に下っていきました。





そして一番最初の妻戸尾根と雨乞尾根への分岐が見えてくる。

は~、着いた~(;'∀')
この時の安堵感は相当のものでした(笑)





あとは階段を下りて沢を渡ってまた階段を登れば駐車場にゴール。

駐車場には自分がスタートした時には無かった車が一台あったので、自分の後から来た人もいたようでした。

いやぁ、無事に行ってこれて良かった。
登りの時に行こうか迷ってやめていた雨乞山まで行っていたらこの時点で暗くなっていたかもしれないので今回ばかりはほんと行かなくて正解でしたね。
とはいえ、雨乞尾根の自然のままに近い山中の景色・雰囲気や、頂上や妻戸尾根から見える景色はとても良かったので楽しい登山でした(^-^)


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:晴れ
人数:1人
コースタイムまとめ
八枚沢登山口スタート 15:03
雨乞尾根・妻戸尾根分岐 15:05
雨乞山・弥彦山分岐 15:23
裏参道コース合流 16:00
頂上 16:33~17:12
裏参道・妻戸尾根分岐 17:17
妻戸山 17:18
雨乞尾根・妻戸尾根分岐 18:09
八枚沢登山口ゴール 18:13

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天