プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年7月7日 弥彦山 山頂駐車場から紫陽花ハイキング

2019年7月7日
この日は少し前から、今までの個人的最高峰を更新する新たな山の登山に挑戦しようと計画を立てていました。
しかし当日になってみると、天気はまずまず晴れてはいるものの強風が吹き荒れる様相に。
そして自分の体調としても、前日に田んぼに肥料を撒く為に30kg近くになる機械を背負って田んぼに入った所、土の柔らかい所に足を取られてバランスを崩し転びそうになったりしたせいかこの日になって股関節の辺りに痛みが出てしまいました。
ついでに、朝もちょっと寝坊(笑)
という感じにいくつかの要因が重なり、長時間の登山、また痩せ尾根などもあるようなので強風では危険と判断してこの日の新たな山への挑戦は中止としました(´・ω・`)

そのままこの日は家でのんびりと休養を取ろうかなと思っていましたが、ちょっとした用事の際に家の外に出てみると空気がとても澄んでいて遠くの景色がよく見える。
こりゃあ眺めのいい所に行きたいな!という事で、夕方頃から少しだけ山へ歩きに行く事にしました。

弥彦スカイラインを車で登って弥彦山頂駐車場から頂上までなら片道20~30分程度で着け、また弥彦山頂にあるロープウェイ乗り場の近くにはこの時期は紫陽花がたくさん咲きその咲き具合も気になっていたので、この日は弥彦山へと向かう事にしました。

弥彦スカイラインを車で登り山頂駐車場に到着すると、駐車場の脇には早速紫陽花の姿がありました。

写真は普通の(?)紫陽花ですが、他に額紫陽花なども咲いていました。





一応、スニーカーから歩きやすいトレッキングシューズに履き替えたり、念の為に小さいリュックにライト類や応急用品、上着、ジュースなども用意してレッツハイキング♪

駐車場をスタートし、まずはここから頂上方面へと登っていきます。





この階段の所では左手に日本海と佐渡ヶ島の景色が開ける。

佐渡ヶ島もクリアに見えて、島の手前と奥の遠近感も凄い。
いやぁ、これは来て良かったなぁ(*´▽`*)



もくじ
1.山頂駐車場から頂上へ
2.頂上付近
3.弥彦山頂大平園地へ




■山頂駐車場から頂上へ


頂上に向けて階段を登り始めると、早速花を発見。

オカトラノオ。





マーガレット。






ホタルブクロ。






更に階段を登っていく。

登山を始める前の頃にこの階段を登った時はそれはもう(*´Д`)ハァハァ言いながら登ってたっけな~、なんて事をここを通るたびに思い出しますが、その頃に比べたら今ではスイスイと登れるようになり、もう終わり?って思えるようになりましたね。





階段を登り切ってなだらかな道になるとまた紫陽花が現れました。






額紫陽花。






山頂レストラン方面へ向かう。





たくさんの紫陽花が目に飛び込んでくる。






額紫陽花も。






ロープウェイ乗り場への道は花に挟まれた紫陽花ロード。

なかなかいい感じにたくさん咲いていました(^-^)





ロープウェイ乗り場や山頂レストランに近づいていく。

この時点での時刻は午後6時になったところ。
駐車場にはまだ結構車や人の姿がありましたが、この辺ではロープウェイやレストランも既に営業が終わってた事もあってか人の姿はありませんでした。
ちょっと寂しげな気もしましたが、紫陽花や景色をのんびり楽しむにはいいかな。





ロープウェイ乗り場の前の展望台から佐渡ヶ島を望む。

海面に反射する日の光も綺麗。





山頂レストランへの階段を登っていく。
その脇に咲いている紫陽花は見るたびに「ちょっと変わった感じの花だな~」と思っていましたが、

おや、これはアメリカの紫陽花だったのか(゜o゜)
というかこんな立札が立っていたのは今回初めて気付いたかもしれない(笑)
昔からあったっけかな?f(^-^;)





その反対側の花壇にはオカトラノオがたくさん。






とても鮮やかなピンクの紫陽花もありました。







ギボウシも。






閉店しているレストランの建物の横を抜けてすぐ横の展望スペースから平野部を望む。

紫陽花越しに景色を見れるのもこの時期ならでは。





遠景をアップ。

手前から旧吉田町・燕市・三条市、そしてその奥に見える一番高い山が粟ヶ岳。
この日、本当は向こうの粟ヶ岳に初挑戦しようと思っていたんですが…また近々(`・ω・´)ゞ





とても綺麗な淡いピンクの額紫陽花。

可愛い(*´ω`*)





そして奥に進み、表参道コースの九合目。

この日ここから先では一人のトレランの人とスライドした以外は誰もいなくて静かでした。





ひとつ目の急階段を越えた所にも紫陽花ロードがありますが…。

ここの紫陽花はまだチラホラと咲いているくらいでした。





でもこの若い色合いもいいのです。



■頂上付近





二つ目の急階段を登りきると頂上手前の鳥居の前へ。






この左手に越後平野の景色が開ける。

田んぼの稲も育ってすっかり緑の平野ですね。





旧巻町の辺りだけ日が射してる(゜o゜)






鳥居をくぐって一段上がり、多宝山と新潟市方面。

いつもはあまり見えない新潟市の向こうの山々もこの日はよく見えました。
一番奥の方にうっすらと見える山は村上の向こうの新保岳かなぁ。





そして頂上・御神廟に到着。

弥彦神社の作法に倣い二礼四拍手一礼で参拝をしました。





頂上からの眺め。

寺泊・柏崎方面。
向こうの米山のシルエットもクッキリ。
ちょっと雲がかかって分かりにくかったけど、その奥の妙高山や焼山も見えてたのかな?






国上山・長岡市方面。






周りに誰もいない事をいい事にまた自撮りをしてみる(笑)

弥彦山の弥彦山にクライミング!(実際にはポーズだけで岩の上には登っていませんf(^-^;))
この日はいつもの登山の服装ではなく普段着ベースの軽登山者風でした。
やっぱり綿のTシャツで汗をかくと乾きにくくて背中がちょっと冷たくなりましたね。
今回はすぐ下山できるので問題ありませんが、登山の時はやっぱり速乾性のある衣類の方がいいですね。





いつも見慣れたアンテナ。






こうしてみるとちょっとかっこいい。






頂上から下山してきてまた山頂レストラン付近へ。

やはりこの時点でも人の姿はありませんでした。





青空バックに紫陽花。

手前が暗くなったのと一緒に撮るのは難しい(;'∀')





下りも紫陽花通りを通って。



■弥彦山頂大平園地へ





頂上や山頂レストランの方から下りた後は、弥彦山頂大平園地へも登ってみる事にしました。






こちらの道の脇にもオカトラノオがたくさん。






これは…何だろ?

ウツボグサっぽい気もするけど…あんまり自信ありませんf(^-^;)





こちらもよく整備されていて登りやすい階段道です。

なんか空に登っていくみたいだ~。





大平園地に到着し、弥彦の頂上方面を望む。

さっきまでいた弥彦山の頂上・御神廟は左のアンテナ二本の間辺りですね。





大平園地から海側を望む。

ここは海側が開けていて佐渡ヶ島がよく見えます。
夕暮れの空と佐渡ヶ島がとても綺麗でした。







大平園地の東屋。

は、ロープが張られ立ち入り禁止となっていました。





入り口には張り紙が。

中を見ると天井から落ちてきているのかコンクリの欠片のようなものも落ちていたようですね。
ここは海側からの風が強く吹きつける事もあるのでやっぱり傷みやすいのかな?
以前、登山の途中の休憩で利用したこともある場所なだけにここが使えなくなったのはちょっと寂しいですね(´Д⊂





大平園地にはカップルが一組。

到着したばかりの時は親子連れがいたり、多宝山側の展望台の所にも人の姿があって、こちらでは割とひと気がありました。





佐渡の手前を船が走っていく。

夕日は雲が多くて期待できないかな。





という事で下山へと入りました。

こちらも正面に広がる景色がいい。




そして駐車場にゴール。

駐車場にはまだひと気がありました。





最後に夕空と紫陽花を一枚。

適度に歩けていい景色も見れたので来て良かった(^-^)
それにしても…持って行ったリュックは結局一度も下ろす事はありませんでした(笑)


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:薄曇り
人数:1人
コースタイムまとめ
山頂駐車場スタート 17:53
山頂レストラン通過 18:06
頂上・御神廟 18:17~18:31
山頂レストラン通過 18:38
弥彦山頂大平園地 18:52~19:00
山頂駐車場ゴール 19:05




おまけ
弥彦からの帰り道には弥彦公園のホタルが見れるかなと寄っていく事にしました。

あまり長い時間滞在はせず公園をぐるっと周回してきた感じでしたが、その中でホタルは一匹が光っているのを見れただけでした。
もう時期がちょっとずれてたかな?f(^-^;)





そして駐車場に戻る途中に見た看板。

大人が飛び出しちゃダメらこて!Σ(゚Д゚;)

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山歩き | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天