プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

コメリ ネオフィットショートブーツ 長靴 レビュー

長靴での登山はぬかるみなどでの汚れや、雨や浅い沢を渡ったりで濡れる事を気にせずにずんずん歩けてとても楽ですね。
新潟県の低山でも長靴を履いて山に登っている人を良く見かけ、自分自身も積雪期や雨後のぬかるみが予想される時などにはよく使用しています。

そしてまたひとつ、登山に使えそうな長靴を発見・購入したのでそちらをレビューしてみたいと思います。


今回紹介する長靴がこちら。
「コメリ ネオフィットショートブーツ (チャコール)」

コメリに行った時に長靴コーナーを何気なく見ていたらふと目に留まった長靴。
ウェットスーツ素材を使用していて、試しに足を通してみるとその名前通り本当にフィット感がよく歩くのにとても良さそうで一目惚れ(一履き惚れ?)といった感じでした(笑)

今回購入した、足首よりちょっと長いショート丈のものと、ひざ下まであるロング丈のものの二種類があり、価格はコメリ何件か回ってみた感じではショートが平均1980円、ロングが平均2980円といった感じでしたが(2019年6月時点)、ある一軒の店舗ではそれよりも安い価格になっていたのでそちらで購入しました。

サイズはS(23.5~24cm)、M(24.5~25cm)、L(25.5~26cm)、LL(26.5~27cm)とあったかと思いますが、自分は足のサイズが実測で25.5cmなのでLサイズを選んだところほぼ足の遊びもなくピッタリ。
LLだとちょっと靴の中で脚が滑りそうかな、といった感じでした。

色はチャコールとグリーンの二色があり。
安売りしていた店舗では在庫がチャコールしかなかったというのもありますが、最近の自分の登山の服装に合いそうなのがチャコールだったのでちょうど良かったですね。

ちなみにお店での取り扱いは大きい店舗ならありましたが、小さい店舗では見かけなかったように思います。

ウェットスーツ素材系の長靴というと農家的には農業系のチラシなどでたまに見掛けるアトム:グリーンマスターが思い浮かびますが、コメリのはそれの廉価版といった感じでしょうかね。





長靴の胴体部分にウェットスーツ素材が使われていてフィット感がとてもいい。

柔らかさのある生地で足首を曲げるのもやりやすいし、クッション性もありますね。
フィット感がいい分脱ぎ履きはしにくく手を使わないといけないくらいで、長靴に付いていたタグの注意書きにも「頻繁に脱ぎ履きする使い方には適しません。」と書かれています。
長靴の作り的にはやはり安価なせいか、接着剤のはみだしなどは少し見られました。





アウトソールはこんな感じ。

ソールパターンは細かく土などは詰まりにくそうですが、ぬかるみなどで柔らかい土が付いて溝が埋まった時には滑りに注意かもしれません。
普通に濡れた砂利道や粘土質が固まった登山道を歩く分にはグリップは問題なしかと思いました。
インソールについては別で付属するようなものはありませんが、生地自体に少しクッション性があるかなといった感じですね。





ソールはつま先の先端まで厚みがあるので、つま先をぶつけても多少の保護性はありそう。
とはいえ上側は柔らかいので落下物などには注意です。

ソールの厚さ的には普通の長靴と変わらないくらい。
ですが、やはり砂利や岩などの硬いものを踏むとちょっと足の裏が痛くなるかなといった感じですね。
足の裏の痛さ対策で踏み抜き防止ソールなども入れたいところですが、試しに入れてみたところ元々のフィット感の良さ故にあまり厚手のインソールだとギュウギュウ感が強くなる感じなのと、この長靴ではせっかくのしなやかさが薄れてしまう感じがしたので、この辺の調整はなかなか難しいですねf(^-^;)
薄手で硬めのインソールがあったら良さそうかな~。





履き口部分はゴム紐で閉める事が可能なのでゴミや砂利などの侵入も多少防げそう。

ですが、生地自体の弾力が結構あるのでキツく閉めるのはちょっと難しいかな?
左が開放状態、右がゴム紐を絞めた状態です。
グリーンマスターのロング丈のものだと面テープが使われているのでしっかり閉じれそうですが、この辺も安価ゆえでしょうかね。





そして実際の山歩きにもこの記事を書くまでに2回ほど行ってきました。

一回目は「2019年6月29日 雨の護摩堂山 登山 紫陽花園」でしたが、雨降りの中や水たまりを歩いたり、靴を洗うのにホースで水をバシャバシャとかけた程度ではもちろん浸水はナシ。

長靴は以前紹介したものもお気に入りではありましたが、歩きやすさに関してはこちらの方が気に入ったかもしれません(^-^)


という事で、この長靴を山で使う前提で個人的に5点満点で評価するならば、
★★★★☆
4点、といったところでしょうか。
(ちなみに家の周りなどで頻繁に脱ぎ履きする使い方だとしたら評価は★★★☆☆3点くらいですかねf(^-^;))

里山低山で二回使った時点での評価なので、これからまた使っていくうちに気付いたところがあればまた追記していきたいと思います。


今回購入した時は安売りしていた店舗で合うサイズの在庫がショート丈のものしかなかったのですが、機会があればロング丈のものも欲しいなと思いました(^-^)





参考までにグリーンマスターもどうぞ。




関連記事

↓ブログランキング参加してます↓



THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天