プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年7月20日 角田山 登山 灯台コース

2019年7月20日
この日は新潟市西蒲区の角田浜にある角田岬灯台で灯台内部の一般公開があるという情報を入手していました。
普段は入る事のできない灯台の中を見れるという事でちょっと気になっていたので、灯台を眺めつつ灯台コースから角田山に登るのもいいなぁと思っていました。

当日はまた家を出れるのが午後からとなり、雨上がりの天気と30℃近くになる気温の高さで若干どうしようかなと迷っていましたが、そうしている間に灯台公開の終了時間が迫ってきたので、いそいそと準備を整えギリギリ間に合うかどうかのタイミングで思い切って家を飛び出しました。

若干気をもみながらも安全運転は意識しつつ車を走らせ灯台下の駐車場に到着。
(ちなみに灯台コース駐車場・登山口への車での行き方はこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
角田山 灯台コース登山口・駐車場までのルートと道路状況(間瀬・寺泊側から)」)

この時点で時刻は14時50分過ぎ。
灯台の公開は15時までだったので間に合わなかった~と思いつつも山は登る気満々だったので、登山準備を整えてとりあえず灯台へと向かう事にしました。
それにしても、この日はいつもの灯台コースの駐車場と比べると停まっている車の数はとても少なかったですね。
悪天候と暑さのせいかな…?





駐車場側の階段から灯台へ登る。

灯台へ登る登山者ではない軽装の人はチラホラ。
階段の横にはオレンジ色の花もたくさん咲いていました。





オレンジの花をアップで。

最初クルマユリかと思いましたが、調べてみるとコオニユリかな?
まだまだ勉強中ですf(^-^;)





こちらはホタルブクロ。






角田岬灯台に到着。

灯台までの階段を登っている途中で時刻は15時を迎え、その時点で角田浜に放送が入り、この日の灯台公開は悪天候により中止になっていたことが判明しました。
あらら、時間的に間に合っててもこの日は見れなかったのね(´・ω・`)
残念ではありましたが、一般公開は去年も海の日辺りにあったようなので、また来年に期待ですね。





気を取り直して灯台の裏手の登山口へ。

ここから登山スタート。



もくじ
1.灯台コース登山
2.頂上
3.灯台コース下山





■灯台コース登山


登山道に入るとまたすぐに花を発見。

これは…なんだろ?




少し進んで振り返ると灯台の景色。

海の向こうには佐渡ヶ島もよく見えていました。





また花を発見。

ヤブラン、かな?





葉の上にふと目をやるとバッタを発見。

この日はバッタなどの昆虫が多かったのか、道の脇の草むらがガサッと鳴る事が多かった。
変なのが飛び出してこないかドキッとしますね(笑)





蜘蛛の巣に水滴が付いた蜘蛛の巣アート。

所々でよく見られました。
蜘蛛の巣は身体に引っ掛かると「うえっ」っと思いますが、こういうのは面白いですね。





赤い実を発見。

ナワシロイチゴ、かなぁ。





これは…

ダイコンソウ…?





展望台っぽくなった、灯台コース定番の撮影ポイントで灯台をパシャリ。






また黄色い花。

カセンソウ、かなぁ。





ちょっと広くなったここで小休憩。

この日は暑さのせいかなかなか歩が進まず、所々で休憩を取りながらゆっくりと登っていきました。
ちなみにここで少ししゃがんで休憩している時に地面を見ていると、ダンゴムシやらゲジゲジみたいなヤツなど小さい虫がたくさんいましたね。
雨後で湿気が多いせいかな?
そしてダンゴムシは海~岩場ゾーンの辺りでは登り・下り共にとてもたくさんいてちょっと気持ち悪かったf(^-^;)







休憩を終えて先に進むとオレンジの花がたくさん。

これは…オニユリ?コオニユリ?
この二つも似てるっぽいのでなかなか難しいですね。





岩場の細尾根の辺りでもチラホラと見られました。






お、ナデシコ発見。

淡いピンクでかわいい。





穴の開いた雷岩を望む。






尾根に出た割にこの日は風も無くて…あっちぇ~(;´Д`)

所々立ち止まって小休憩を挟みつつ進みました。





ヤマユリ。

花が大きい。





これはまた色鮮やかなナデシコ(*´▽`*)






岩場から階段に変わる辺りにもヤマユリがたくさん。

ヤマユリの咲いている所では辺りに香りも広がっていました。
まだ蕾のものもいくつかあったのでしばらくは楽しめそうですね。





そして梨の木平へ上がる急階段が始まる。

やっぱりここはキツイ…!
しかし今回の山行ではまたトレーニングも兼ねてトレッキングポールは使わずに行きました。





急階段をクリアして梨の木平から景色を望む。

しかし結構バテていたので写真を撮ってすぐに移動しました。





梨の木平から少し進んで広くなったここでまた小休憩。

ここでも少ししゃがみこんでハァハァした息を整える。
時間も遅いせいか他に通っていく人もいなくて、じっとしていると鳥の鳴き声などがよく聞こえました。





休憩を終えて先に進むとまた花を発見。

額紫陽花ですが…これは緑の花?花が終わって色が抜けたやつ?f(^-^;)





色の付いている紫陽花も。

こちらは紫の群れの中にひとつだけ青が咲いていてちょっと不思議でした。





オカトラノオも。






もうすぐ五ヶ峠・浦浜コースと合流となる手前にある笹の葉ゾーン。

だいぶ笹の葉が伸びて半藪漕ぎ状態でした。
暑かったけど、やっぱり肌を出さない服装で良かった。





そんな笹の葉ゾーンを過ぎると五ヶ峠・浦浜コースと合流。

分岐を左へと進みます。





ここからは木道が現れる。

しかし、濡れた木道は滑りやすくて怖かった(;´Д`)
敢えて木道の脇の土の上を歩いたりしました。


■頂上





そんなこんなありつつも無事に頂上に到着。

頂上の標柱にタッチして登山者記載所で名簿に記入しました。
頂上は遅めの時間の割にはまだチラホラと人が行き来していましたが、灯台方面からはもう自分だけみたいでした。





頂上のベンチで休憩タイム。
頂上でアイスコーヒーを飲もうと思って前日にポーションタイプのコーヒーを買っておいたんですが…

この日の出掛けがギリギリになってバタバタしたせいでザックに入れてくるのを忘れていました(ノД`)・゜・。
という事で休憩のお供は氷水のみに。
でも冷たくてうんまかった(*´ω`*)
あと頂上でも風が無かったのでいつもザックに入れていた扇子が久しぶりに役に立ちました。
登ってくる間はほんと汗だくで、汗を拭いたタオルを絞るとパシャパシャと水が落ちましたね。





人が少ないのをいい事にまた自撮りしてみる(笑)

今回はこんな感じで。
なるべく棒立ちにならないように模索中です(笑)


■灯台コース下山





角田山の頂上は景色が開ける場所が無いので、今回もまた眺めのいい稲島観音堂まで行こうか迷いましたが、さすがに遅めの時間なのと、木道が滑りやすくて怖いのでこの日はパスして下山へと入りました。

今回は登ってきたのと同じ灯台コースを戻るピストンで。





下りの木道を歩いていると、木道の上に花が一輪乗っていました。

ナツツバキ、かな?
木からポトッと落ちてきたのかな?と上を見上げてみましたが、よくわからなかったf(^-^;)





五ヶ峠・浦浜コース分岐を右へ。






笹の葉ゾーンを抜けて急な下り階段を下りる。

下り階段も濡れていて滑りやすく緊張感がありました。




そんな階段を下りてきて、このツルンとした土の路面。

ここに足を下ろしたらズルッと滑った!
幸い転倒は免れましたが、いやぁビックリした(゚Д゚;)
やはりこういう路面で濡れてる時は要注意ですね。





登りでは見落としていた花を発見。

これは…なんだろ?





滑るのに気を付けながらも順調に下って来て、梨の木平。

あわよくば夕日も見れないかなと期待いていましたが、生憎天候は回復しなかった。
しかし今回の山行ではたまに少しだけパラパラっと雨が当たる事はありましたが、大降りはしなくて良かったですね。





梨の木平からの急階段を下る。

緑のトンネル~。





また蜘蛛の巣アートを一枚。






岩々した路面はこちらも濡れていると滑りやすくて怖い。

滑らないように慎重に足を踏ん張りながら下っていきました。





そして岩場の下りへ。

滑らないように足を踏ん張っていたせいか、はたまたここしばらく悪天候や他の用事でなかなか山に行けない日も続いたせいか、この辺りからは脚が少しプルプルし始めていました。
うーん、こりゃあもっと高い山に登るにはまた少しトレーニングしないとかなf(^-^;)





痩せ尾根の途中の高台へ。

ここでようやく少し風が吹いて気持ちよかった。




更に下りへ。

登りでも撮ったオレンジのユリ。





アオリで撮ってみる。

これは…コオニユリと見た!





そして灯台コース定番ポイント。

角田浜方面をパシャリ。





灯台へ向かって下っていく。

夕方になったせいかこの頃には蜘蛛の巣も新しいものがいくつも張られていて、気付かずに突っ込んだら3~4cmはあろうかという蜘蛛と至近距離で御対面する場面もあってちょっと気持ち悪かったf(^-^;)





灯台へ近づいてきた。

灯台を照らす照明が点いていました。
海の上に何かある…と思いましたが、どうも釣り人か何かのボートのようでした。





灯台に到着して入口の扉の所を見てみると公開中止の張り紙がありました。

またの機会に期待しよう。





灯台からの下りは判官舟かくしへ。

こちらの階段沿いは両脇の草が刈られていて歩きやすかった。





判官舟かくしと角田岬灯台。






そして駐車場にゴール。

駐車場は写真に写っている車以外も合わせて数台が残っているのみでした。
クルマにザックを下ろし、奥のトイレの所まで車で移動して外の水道でタオルを洗って身体を拭いて着替えてから帰路へと就きました。





帰路へ就く寸前に撮った角田岬灯台。

灯台の一般公開を見れなかったのはちょっと残念でしたが、登山の道中では写真に撮らなかった小さな花なども含めてとてもたくさんの花を楽しむことができました(^-^)


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:曇り
人数:1人
コースタイムまとめ
駐車場スタート 14:57
角田岬灯台 15:05
梨の木平 16:02
五ヶ峠・浦浜コース合流 16:31
頂上 16:45~17:16
五ヶ峠・浦浜コース分岐 17:29
梨の木平 17:52
角田岬灯台 18:40
駐車場ゴール 18:49

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天