プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

薬剤を使わない虫よけ!?「おにやんま君」モドキを自作してみました 簡易版

夏に近づきだんだんと虫が気になる時期になってきました。
登山やキャンプなどのアウトドアで特に気になるのがアブやブヨ・ハチ・蚊などの刺したり噛んだりしてくるような虫。
痛かったり後で腫れたりして嫌なものです。

先日、ネットを見ていると「おにやんま君」という商品に遭遇しました。



釣り具メーカーの「サンライン」や虫よけ販売店「アクト」が販売しているおにやんま君は説明によると、

「おにやんまは飛んでいる様々な小型の虫を捕食します。
アブや蜂にとって天敵の姿をした「おにやんま君」を帽子やウェアに付けることで嫌がって逃げていくことでしょう!
キャンプ場などで吊るし、風になびかせての使用にも忌避効果が見られます。」
(サンラインのサイトより引用)

「蚊、ハエ、小バエ、アブ、ブヨ、カメムシ、蜂、羽虫 等の虫に効果があります。」(アクト 楽天市場の商品説明より引用)

との事。

殺虫剤や忌避剤を使わずに虫よけできるのはなかなか良さそうだなと思いました。
しかしこちらのおにやんま君、メーカーの希望小売価格としてはひとつ1,200円、通販の場合は単品で買うと送料も付いて2,000円近くになる場合もあるので、本当に効果があるのか半信半疑で買うにはちょっと高いかなと思うところ…f(^-^;)
ついでに最近は売れている商品のようで売り切れの場合が多かったり高額で販売している所があったりで購入は躊躇っていました。

そこでもう少しおにやんま君について調べていると、おにやんま君に似せたものを自作している人のブログなどもいくつかヒットしたので、思い切って自分も自作に挑戦してみる事にしました。



今回はよそで見た作り方も参考にしつつ自分なりに簡単に作れそうな感じにまとめてみた簡易版として作ってみる事にしました。

という事で今回使用する材料と道具がこちら。

材料
・ビニールテープ(黄)
・ビニールテープ(黒)
・ビーズ(8mm)
・釣り糸
・割り箸
・クリアファイル

道具
・油性ペン
・カッター
・ハサミ
・定規
あと写真に入れませんでしたがマスキングテープを少し使いました。

今回はビーズを100均で買ってきた以外は家にあったものを使用したので今回の作成のために掛けた材料費としては110円でしたが、一から揃える場合でも100均やホームセンターで買える物ばかりなので600円前後で揃うかと思いますね。

以下、作成の工程について書いていってみたいと思います。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:ハンドメイド | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

キャンプ場偵察 藤助小屋キャンプ場

前記事の「キャンプ場?偵察 仙見川ふるさとづくり河川公園」に引き続きキャンプ場偵察をもう一か所。

五泉市の仙見川ふるさとづくり河川公園からもう300mほど山側に進んだ所に「藤助小屋キャンプ場」という場所もあり、元々はこちらの方が気になっていたキャンプ場でした。

こちらも無料で利用できるキャンプ場との事。





仙見川公園から進んでくるとキャンプ場近くの舗装路の脇に現在は使われなくなった鉄道の踏切警報器がありました。

現在は警報機以外の形跡は無いように見えましたが、昔はこの辺に鉄道が走っていたのかな?
ちょっと味があっていい雰囲気でした。





そのすぐ近くにキャンプ場への入り口となる河原への坂道がありました。

石畳でこちらも味がある…けど、ちょっと滑りやすそう。
自分はこの日(4月24日)は仙見川公園の方に車を停めて歩いてきたので実際に車では入りませんでしたが、ちょうどここに着いた時にはキャンプ場から出ていく車もあって、道路に出る為に坂の出口で一時停止して発進した時には少しザザザッとタイヤを空転させて走っていくのも見られました。
雨の日なんかは特に注意が必要ですね。

そしてキャンプ場へと入っていきます。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:キャンプ | GENRE:旅行 | TAGS:

キャンプ場?偵察 仙見川ふるさとづくり河川公園

前記事の宝珠山登山の帰り道、五泉市の方で少し気になっていたキャンプ場とキャンプのできそうなところが2ヵ所あったので少し偵察してきました。


まずひとつめ、五泉市は雷山の麓にある「仙見川ふるさとづくり河川公園」。

こちらは厳密にはキャンプ場ではなくて公園ですが、Google Mapを見るとデイキャンプくらいはできそうな感じという事で実際に見に行ってきました。







仙見川のほとりにある公園。

堤防を越えてくると堤防沿いに駐車スペースがありました。
管理棟のようなものは無かったっぽいので自由に出入りできるかなと思います。





川沿いに出て上流方面。

川沿いの公園という事でいい雰囲気。
整備もされていて川も浅めで夏場はいい水遊びのスポットでもあるようですね。
反面、山の近くで水場なので夏場はアブなど虫は多くなりそうな気がします。





下流方面。

この日は実際にテントを張っている人が全部で三組ほどありました。
焚き火などの直火は禁止とは書いてないようですが、炭は自然に帰らないので焚き火台などを使用して持って帰って処分したりした方が良さそうですね。





川沿いという事でこんな案内板もありました。





こちらの公園の欠点としては「トイレが無い」事。
駐車スペースの後ろの堤防を越えた所には仮設トイレが一基ありましたが使用禁止となっていました。

見た目からは使用禁止となって結構長く経っているような気がしました。
この付近で別のトイレは後程紹介する「藤助小屋キャンプ場」のトイレがありますが、この仙見川公園からは300mほど離れた所にあるので何度も行くとなるとちょっと遠いですね。





今回訪れた4月24日には堤防沿いには八重桜も咲いていて綺麗でした。

堤防を越えたすぐ近くには民家が数軒あったので夜間に大騒ぎするなどの騒音には注意した方が良さそうです。

そんな感じで、キャンプをするとなると少々欠点はありますがなかなかに雰囲気のいい公園でした(^-^)









↓ブログランキング参加してます↓




THEME:キャンプ | GENRE:旅行 | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR