プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年5月26日 袴腰山登山 ヒメサユリの小径~袴腰山 往復

2018年5月26日
5月も半ばを過ぎると三条市の下田地区では市の花にもなっている”ヒメサユリ”が見頃になり、ヒメサユリの小径(こみち)ではヒメサユリ祭りも開催されるので今年も見に行く事にしました。
そして今回はそのヒメサユリの小径から更に奥に進むとある「袴腰山(はかまごしやま)」も以前から登ってみたいと思っていたのでそちらの登山にも挑戦してきました。

当日、午前中に家を出てお昼の少し前にヒメサユリの小径の駐車場に着くと、ヒメサユリ祭りの期間中とあって広い駐車場も8割ほどが車で埋め尽くされていました。

ヒメサユリ祭りの期間中なので、青白ストライプのテントで協力金200円を払ってから入山となりました。





ヒメサユリの小径へ向かう道は二つありますが、登りは長禅寺の前を通っていくルートを進みました。







お寺の前からの道をしばらく進むともう一つのルートの舗装路と合流。

ヒメサユリ祭りの時期は登山口付近まで送迎してくれる車もあります。
ちなみにこの車は人が乗ってなかった事もあってかこの場所で方向転換していました。





舗装路を進むと、この写真ではちょっと分かり辛いですが、小屋の左手に登山口がありそこから山道へと変わります。

もひとつちなみに、ここから左に更に舗装路を進んだ所からも行く事ができます。
今回はここから登山道に入りました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2017年5月27日 ヒメサユリを見に行ってきました

先日、三条市の下田地区でヒメサユリが見頃になったという情報を入手して今年もヒメサユリの小径へと見に行ってきました。

2017年5月27日
この日は天気の方が若干不安定な感じでちょっと行こうかどうしようか迷ってしまい家を出る時間も少し遅くなってしまいましたが、同じく数日前から行きたい素振りを見せていた母にも言ってみると「行く」といったので思い切って家を飛び出して行ってきました。

という事でヒメサユリの小径の駐車場に到着。
時間は午後3時半過ぎという遅めの時間帯になってしまいましたが、それでもまだ結構な数の車が停まっていました。

ヒメサユリの開花時期は一人200円の協力金があるので支払ってから入山しました。
ちなみに協力金を払うと領収書と共に三条市下田地区にある日帰り温泉「いい湯らてい」の100円割引券とその館内の飲食スペースで使えるドリンクサービス券も貰えたので、山行の後にひとっ風呂と考えている時にはちょっとお得かもしれません。





駐車場からヒメサユリの咲いている所までは少し距離があり、歩いていくか送迎バスで近くまで送ってもらうかの二択がありますが、自分たちは歩いていく事にしました。

歩いていくルートも送迎バスの通る舗装された道と長禅寺というお寺の横を抜けいていく山道の二つがありますが、今回も
2016年5月 ヒメサユリの小径ヒメサユリの小径~高城城址と同じお寺の横を抜けていくルートで進みました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

ヒメサユリの小径~高城城址 グループ登山

2016年7月10日
以前の国上山 グループ登山の時のメンバーからまたどこか登りに行こうという声掛けを頂いたので久しぶりにグループ登山に参加してきました。

ちょっと前に、自分が八木ヶ鼻に登ってきた事を伝えたら今度登ってみたいという話になっていたので当初の予定ではこちらの八木ヶ鼻に登ろうという事で話を進めていましたが、この日の数日前に雨降りが続いていた事やメンバーに登山初参加の人もいたことから八木ヶ鼻だと滑ったりしたら危険だと判断し、同じ三条市下田地区でわりかし初心者でも大丈夫そうなハイキングコースとして紹介されていたヒメサユリの小径(こみち)~高城城址(たかじょうじょうし)までを提案しました。

一応当日は八木ヶ鼻とヒメサユリの小径のちょうど中間くらいにある「道の駅 漢学の里しただ」を集合場所にして天気や山の状態を見てどっちに行くかを決める事にし、自分は集合時間の少し前に八木ヶ鼻登山道の登り口の様子を確認してから集合場所に行って再度ヒメサユリの方が良さそうだと提案、リーダー格の人もそれに賛同してこの日はヒメサユリの小径~高城城址までのコースに行く事になりました。





道の駅 漢学の里しただの駐車場からスマホのスイングパノラマ機能で撮った1枚。

左の方にヒメサユリの小径、真ん中辺りに高城城址、一番高い山が袴腰山…かな?、右側に絶壁が特徴の八木ヶ鼻と並んでいます。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天