プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

登山には不向き? ワークマン wmb IS500 インソール レビュー

前回の「登山の膝痛対策にインソールを交換してみました ワークマン wmb IS510 レビュー」に引き続き、もうひとつインソールについてレビューしてみたいと思います。

登山時の膝痛対策にクッション性のいいインソールを探していて、前回のワークマン wmb IS510と共に気になったインソールがありそちらも試してみる事にしました。

それがこちら。

こちらもワークマンで販売している、「wmb 衝撃吸収インソール IS500」。







実際に購入したものがこちら。

こちらも3D構造インソール IS510と同じようなデザインの箱に入っていました。
購入時の価格は780円(税込)。
自分が使用しているトレッキングシューズのサイズが26.5cmなので、26~27cm用のLサイズを購入しました。

インソールは実際に使ってみないと良し悪しや履き心地が自分の好みに合うか分からないのが難点ですが、とりあえずパッケージの「衝撃吸収」を推す感じが気になって買ってみました。





箱から出してみると、こちらも内包装はナシでインソールが入っていました。

表面生地はポリエステルでサラッとした感じ。
抗菌防臭加工もされているようです。
足の裏が接地する部分に凹凸は無くフラットで、全体がウレタンスポンジで覆われていて衝撃を吸収してくれます。
裏面にはパンチング加工がしてあって通気性を確保しているようですね。
つま先部分にはサイズ調整用のカットラインがあります。





この写真ではちょっと分かりにくくなってしまいましたが、つま先部分の厚さを計ってみるとだいたい8mmくらい。

かなり分厚い感じがしますが、土台部分が3mmくらいでスポンジ部分が5mmくらいなので、実際に履いて体重が掛かった時にはスポンジが縮まって4~5mmくらいになるかと思いますね。





スポンジ部分は低反発クッションみたいに適度な硬さがありじんわりと沈んでいく感じ。

これはなかなか衝撃を吸収してくれそうです。



■実使用感

こちらのインソールは登山での使用はなく、平地で30分ほどのウォーキングをしてみてのレビューとなります。

このインソールを靴に入れて歩き始めてまず感じたのは足の裏のふんわり感。
地面に足が接地する時に足がゆっくりスポンジに沈み込みソフトタッチになる感じがしました。
その分、ちょっと踏ん張り感は薄くなる気はするかな。
いやぁ、このクッション性はなかなかいい。

…しかし、歩き始めて少ししたところから感じ始めたのは、足の裏の暑さ。
ウレタンスポンジに足の裏が全体的に包み込まれる感じになるせいか足が暑くなって蒸れやすい気がしました。
これは運動量が多く汗をかきやすい登山で使うのは不快感が多くなって厳しいかも…。
やはりパッケージにあるように立ちっぱなしであまり動く事のない仕事などで使う方がいいかもしれませんf(^-^;)


という事で、実際に使用してみて気付いた点をまとめてみると、

□いい点
・足の衝撃吸収効果は高そう。
・クッションの厚さによって靴内のフィット感が上がった。

□気になった点
・運動量の多い場面で使うと足の裏が暑くなり蒸れやすい。
・足の踏ん張り感は少し薄れる。
・クッション材の厚さによって、サイズピッタリの靴だと窮屈になりそう。

といったところでしょうか。
個人的にはこのインソールは登山には向かないかなと思いましたf(^-^;)
足先の冷える冬だったら保温性が上がっていいかも?
やはりインソールにも向き不向きの相性があるんだなぁと実感しました。


という事で個人的にこのインソールを星5点満点で評価するなら、価格と機能も考慮したうえで、
★★☆☆☆
2点、としたいと思います。

※ただしこの評価はあくまでも登山で使用した場合の評価ですのでその辺ご了承下さい。
パッケージにもあるように長時間の立ち仕事で使う場合にはもっと評価が上がるかもしれません(^-^)






↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

登山の膝痛対策にインソールを交換してみました ワークマン wmb IS510 レビュー

登山中の身体のトラブルで多いもののひとつと言われる膝痛

自分も以前の巻機山登山で下山の時に望まぬデビューをしてしまいましたf(^-^;)
膝に痛みがあるとせっかくの登山の楽しさも少し減ってしまうものですね。

という事で膝痛初心者なりに考えてみたところ、下山の際に足をつく時の衝撃が膝に響いてるのかなと思い、靴のインソールを衝撃吸収タイプのものに替えてみる事にしました。

そこで今回使用してみたインソールがこちら。


ワークマンで販売している、「wmb 3D構造インソール IS510」。
今回はこちらについてレビューしてみたいと思います。







実際に購入したものがこちら。

箱入りで何ともしっかりした印象。
購入時の価格は880円(税込)でした。
自分が使用しているトレッキングシューズのサイズが26.5cmなので、26~27cm用のLサイズを購入しました。

インソールは実際に使ってみないと良し悪しや履き心地が自分の好みに合うか分からないのが難点ですが、とりあえず箱に書いてある「歩く事が多い方に最適!」と書いてあるのを信じて選んでみました。





箱から出してみるとこんな感じ。

内包装は無しでインソールが直接入っていました。
外箱がしっかりしている分他にゴミになるものがなくていいかなと思いますね。





インソール表面。

表生地はポリエステルかな?サラッとしていて蒸れにくそうな感じ。
抗菌防臭加工もされているようです。
土踏まずの部分と、この写真ではちょっと分かりにくいですがちょうど真ん中辺りが立体構造で盛り上がっていて足の疲れを軽減してくれるようです。





裏面。

踵から土踏まずの辺りにかけての赤い部分がジェル状のクッション材になっていて衝撃を緩和。
パンチング加工による通気性もあり。
つま先側にはクッションが無いタイプですね。
つま先の所にはカットラインがありサイズに合わせて切りますが、より靴へのフィット感を求めるなら元々入っていた純正のインソールに合わせてみながら切っていくといいかもしれませんね。





赤い部分を指で押してみるとムニムニとした弾力がありました。

といっても柔らかすぎず適度な硬さがある感じ。
こちらは滑り止めにもなっていて、表面の踵側まで突き抜けたクッションは足が靴の中で滑るのも抑えてくれる効果があるようです。
なかなか考えられてるなぁ。





つま先側の厚さとしては約3mmで自分が使用しているキャラバンのトレッキングシューズC1_02Sの純正インソールとほぼ変わらない感じ。

踵側はクッション材がある分やはり純正よりも高くなってしまいますね。



■実使用感

このインソールは前記事の友人と蔵王山登山の時を含め数回使用してみてのレビューですが、実際に使用してみた感じとしては、

□いい点
・足のムレ感は純正のインソールとそれほど変わらなくて快適。
・ジェルクッションは少しだけムニッと感はあるものの適度な硬さがあるので歩く際にはあまり気にならない。
・クッションの厚さによって靴内のフィット感が上がった。

□気になった点
・履いた感じはやはり少し踵から土踏まず辺りに高くなった違和感を感じる…が、履き慣れれば気にならなくなりそう。
・表面にある立体構造、特に土踏まず部分のハッキリと突起している部分はちょっと異物感を感じる。
・クッション材の厚さによって、サイズピッタリの靴だと窮屈になりそう。

といったところでしょうか。
個人的な希望としては、もう少しつま先側にもクッション材があったら良かったかな、というのはありますが、1000円以内で買えるインソールとしてはなかなかいいものじゃないかなと思いました。
もちろん、長く歩く仕事や、普段のウォーキングなんかにも良さそうですね。

肝心の膝痛対策に効果があるかは…正直このレビューを書くまでに使用した感じではよく分からなかったというのが本音ですが、少しでも予防になっていると信じたいところですねf(^-^;)


個人的にこのインソールを星5点満点で評価するなら、価格と機能も考慮したうえで、
★★★★☆
4点、としたいと思います(^-^)






↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

LOOKS プロテクト スマホケース レビュー

スマホというと普段の連絡手段やネットを見たりするのに欠かせないものになっている人も多いのではないでしょうか。
登山においても、緊急時の連絡手段はもちろん、アプリで地図を見たりGPSによる位置の確認、山行のログを取ったりと活躍する場面も多くとても便利なアイテムですね。

しかしそれだけに怖いのが事故や転倒などによる破損。
山の中で万が一の時に壊れてしまったら場合によっては命に関わる事態になる事もあるかもしれません。

ザックの中にしまったりしてあれば多少は大丈夫かもしれませんが、自分の場合はスマホは地図や山行ログなどをすぐに確認できるようにズボンのベルトに付けたスマホポーチに入れていました。
そのポーチが多少のクッション性はあるもののちょっと薄手のものだったので保護性には少し不安があり、他にいいケースがあれば替えようかな、と思っていました。

そして先日、これまたワークマンに行った時にこんなケースを見つけ買ってきてみたのでレビューしてみたいと思います。
それがこちら。
LOOKS プロテクトスマートフォンケース [TC]【取寄せ商品】|作業用品 スマホ ケース スマートフォンケース スマートフォン 携帯ケース 作業用品 現場用 工事用 工事現場 建設現場 ワークマン 作業小物 作業

実際に購入したものがこちらになります。

スマホ用のハードケース…になるのでしょうか、表面と裏面が硬い素材でできたケースです。
商品説明によると、「EVA(エチレン・ビニル・アセテート)を使用し、表面はPORY素材をコーティングした、柔軟性も備えた衝撃吸収に優れた素材」との事。
別のもので例えるならば、温かい飲み物に使われている厚手のペットボトルよりもう少し硬いかな?といった感じですね。
購入時の価格は980円(税込)でした。







内側を見てみると、「内張りは電子機器の表面を守るとても柔らかいLylexを使用」との事で、少しフカフカした素材になっているので中に入れたものに傷などは付きにくそうです。

内側には3つのカードポケットがあります。
こちらはLylexではなし。





ファスナーを全開まで開けると側面はこんな感じ。
内張りが繋がっているので開くのはここまで。

内張りの側面は下部が開いていて、小銭など細かいものを入れると落ちる可能性があるので注意が必要です。
こちらはパッケージの台紙にも注意書きの記載があったので仕様ですね。





ファスナーはダブルファスナーで開け閉めしやすいですね。
動作感は角の所で少し引っ掛かるような鈍さを感じますが、それ以外はスムーズかと思います。

止水ファスナーではないので防水性はナシなのがちょっと残念でしょうか。






裏面にはカラビナが標準装備で、面テープ式のベルトループもあり。

面テープは両側を挟み込むように留めるので結構強力ですね。
外すのがちょっと大変なくらいですが、その分不意の脱落の可能性は低そうです。





ただ少しだけ気になったのが、面テープの受け側が一列のラインでしか留まってない点でしょうか。
二重縫いくらいになってたらもう少し強度があって安心感があった気がしますね。

とはいえ、太めの糸で縫製もしっかりしているように見えるのでそう簡単にはほつれないと思いますがf(^-^;)





■実際にスマホを入れてみる

ケースの対応する大きさは、高さ160mm×幅85mm×厚さ15mmまで。
パッケージ台紙にはiPhone6、6s収納可能との表記もありました。

自分が使用しているスマホはもう型遅れにもなろうかというXperia Z3ですが、サイズは高さ143mm×幅73mm×厚さ7.4mm。





実際にケースに入れてみるとこんな感じ。

スマホは裸の状態で高さに多少余裕あり、ポリカーボネートのカバーなんかを付けているとほぼピッタリになりそうな感じですね。




上から見るとこんな感じ。

横幅・厚さ共に余裕がありますね。
ファスナーを閉めた状態で少しケースを振ってみると多少カタカタする感じはありますが、それほど気にならない程度に思いました。





■実際に装着してみる

ベルトループを使ってズボンのベルトに装着してみるとこんな感じ。

自分の服装・装備が微妙なのはスルーしてください(笑)





カラビナを使ったり、ベルトループに別で用意したバンドを通せばザックのショルダーストラップなどにも付けられますね。


■総評

実際の対衝撃性についてはまだ試していないのでどの程度の耐久性・保護性があるかは分かりませんが、以前使っていたスマホポーチに比べたら確実に安心感は上がりました。
これで気持ちも少し安心して山にも行けそうです(^-^)b
欲を言えば防水性もあると良かったな~という点で少し減点ですが、1000円を切る価格で丈夫なケースを買えた満足度は高いですね。

という事で個人的5点満点評価は、
★★★★☆
4点にさせて頂きたいと思います(^-^)






↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天