プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年2月28日 雪割草の下見に角田山 登山 桜尾根コース~灯台コース

2021年2月28日
前回の見附市城山妙法寺~久田城址ハイキングの翌週は悪天候で山はお休みし、二週間ぶりの晴れ予報の週末に。
この日の数日前にどうも寝違えたようで首~肩にかけて少し痛みがあり山に行くのもどうしようかな…とこの日のお昼近くまで悩んでいましたが、外を見れば雲ひとつない青空が広がっていたのでこりゃあ行かねば勿体ない!という事で山に行く事にしました。

そろそろ雪割草も咲き始めたかなと気になっていたので、たくさん咲く事で有名な角田山の桜尾根コースへ行く事に。
午後からになったし天気もとてもいいので前回の久田城址に引き続き綺麗な夕日が見れるかもと期待して下りは眺めのいい灯台コースから下りる周回コースを歩く事にしました。

お昼を家で済ませてから出発し、スタート地点となる角田浜の角田岬灯台下の駐車場に着いたのはもうすぐ14時になろうかというところ。
(ちなみに灯台コース駐車場・登山口への車での行き方はこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
角田山 灯台コース登山口・駐車場までのルートと道路状況(間瀬・寺泊側から)」)


こちらの駐車場の埋まり具合はぱっと見た感じで八割くらい。
この他にも桜尾根コースへ行く階段の近くや、角田浜駐車場入ってすぐのトイレの近くにもたくさんの車が停まっていました。
最高の天気だったのできっと午前中からの登山者も多かった事でしょう。





灯台下駐車場のトイレをチェック。

こちらは入り口が板で塞がれ冬季閉鎖中でした。
この可能性があったので角田浜駐車場入ってすぐのトイレに先に寄ってきましたが、そちらは例年通り利用できました。





準備を整えて駐車場を出発し、国道402号線沿いから桜尾根コース登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2021年2月13日 夕日を見に妙法寺から久田城址へ

2021年2月13日
前記事の見附市城山雪上ハイキングと同じ日。
この日は天気予報が良かった事から夕方には綺麗な夕日が見れるかもと期待して見に行く事を計画していました。
ついでに、春に雪割草がたくさん咲く妙法寺の裏山でそろそろ花が咲き始めたりしてないかなと気にもなっていたので、それも確認しつつその先にある久田(くった)城址で夕日を見る事にしました。

見附の城山でハイキングを終えたあと本当は直接妙法寺へ向かう予定でしたが、城山の下山が当初の予定より少し遅くなってしまったのと、城山で長靴に雪が入り長靴の中や靴下が濡れてしまったのでそのまま行くと不快な思いをしないといけなくなるので一度は諦めかけました。
しかし、一旦家に帰って長靴と靴下を替えて時間を見てみるとギリギリで日没に間に合うか合わないか微妙なライン。
こりゃあ…ダメ元でも覚悟して行ってみるか!と奮起して妙法寺へと向かう事にしました。

車を走らせて妙法寺に着いたのは午後4時も半を回った頃。
さすがに駐車場には他の人や車の姿はありませんでした。

この日の日没時刻は午後5時19分。
妙法寺から久田城址に行くのは普通に歩いたペースだとだいたい40分くらいだったと思うので、早歩きで行けばイケる!
城山から下山したままの自分的フル装備のザックを背負って駐車場を出発しました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

野積の滝と夕日観賞

こちらも前記事「2020年3月29日 友人と妙法寺~久田城址ハイキング」と同じ日。

妙法寺~久田城址ハイキングを終えた帰り道には少しだけ寄り道をしていきました。

やってきたのは地元では海水浴場でおなじみの長岡市の野積(のづみ)にある「野積の滝」。

国道402号線・シーサイドラインを車で走っているといつも何となく滝っぽいのがあるな~と横目に見つつ素通りしていた場所でしたが、今回は初めてしっかりと寄ってみました。
ちなみにGoogle Mapにも「野積みの滝」で出ていましたが、「浜滝」とも呼ばれるようですね。





滝好きである友人Yさんにも一応「帰りに寄り道するよ」とは伝えてありましたが、滝へ来るとは言っていなかったのでちょっとだけサプライズ?(笑)

Yさんご満悦のようで食い入るように見ていました( *´艸`)
それにしても、ほんと今まで何気なく見てたけど結構大きな滝でしたね。
15m以上あるかな~?
Yさん的にもこの滝に来たのは初めてだったようで、こんな身近にいい滝があったとは!と驚いていました(笑)





シャッタースピードを落として白糸っぽく撮ってみる。

明るすぎてシャッタースピードが落としきれず、唯一持ってきていたPLフィルターでちょい減光して何とかこんな感じに。
カメラも現地の杭を支えにしたものの手持ちでした。
ちゃんと撮るには三脚とNDフィルター持ってこないとだったかな…f(^-^;)





滝の手前には車で入れるスペースもあり。
転回するスペースを考えると入れるのは多くて3台くらいかな?

この写真を撮ったすぐ後ろが国道402号線の道路なのでアクセスも抜群。
到着~観賞時は自分達だけでしたが、ここを出ようかなと思った頃には一台の車が入ってきていました。
道路のすぐ向かいには海水浴場の広い駐車場もあるので車を停めるのには困らなそうです。





滝の両側に見える絶壁もワイルド。

思いのほかいい穴場でした(^-^)





当初の予定では寄り道は滝だけで帰るつもりでしたが、この日の夕方は思いのほか天気が回復した事もあって急遽もう一か所寄り道しました。

弥彦山裏参道コース登山口の奥にある西生寺の展望台に久しぶりに来てみました。





西生寺のお墓の所にもカタクリが。

逆光になっていい感じ(*´ω`*)





展望台に上がると広がる日本海の景色と夕日。

こちらは「大展望台」と名前が付いていますが、コンクリ作りのベンチとテーブルがあるだけの丘、という感じなのでどちらかというと「大展望(が見れる)台」かなと思います…あくまでも個人的な意見ですが(笑)





寺泊方面も少し望めました。

向こうの山の中にはこの日行ってきた久田城址もあるのでしょう。
どれかは分かりませんがf(^-^;)





こちらではいい夕日を見る事ができました(^-^)








↓ブログランキング参加してます↓




THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR