プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

登山の携帯トイレとしてBOS防臭袋の非常用トイレセットを買ってみました

前記事のBOS防臭袋に引き続き山でのトイレに関するアイテム紹介をもうひとつ。

こちらも以前に山の中でトイレ(大きい方)をしたい衝動に駆られた時から、今までトイレ用にジップロックなどの袋は用意していましたがそれだけでなくやはりちゃんとした携帯トイレも持っていた方がいいのかなと思っていました。
そこでいくつかのメーカーから出ている携帯トイレ・非常用トイレと比較・思案したうえで今回はこちらを購入してみていたので紹介してみたいと思います。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 簡易トイレ セット 5回分

Amazonで購入し、購入時の価格は864円でした。(※価格は変動する事がありますので随時ご確認下さい。)
前記事で紹介したBOS防臭袋の非常用トイレなので臭いの問題にも強いかなと選んでみました。





箱の裏側はこんな感じ。

自分がこれを購入したのは2020年の4月になりますが、交換目安は2031年8月という事で10年以上の保存・使用ができるようです。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

BOS防臭袋は登山でも役立ちそうです

自分は以前に山の中でトイレ(大きい方)をしたい衝動に駆られた事がありました。
山の中でのトイレのマナーについてはある程度は把握していたつもりでしたが、その時は未遂で済んだもののいざ実際にその立場に立ってみると気になる点がいくつか見えてくる。

中でも一番気になったのが「臭い」の問題でした。

せっかく清々しい山の中にいるのに使用した後の紙や汚物の持ち帰りによって悪臭が付きまとっていたらせっかくの気分も半減です。
ジップロックなどの密閉できる袋なども用意してはいますが、臭いというものはそれでも漏れてくる可能性もあるとの事。
という事で、何か対策になるものが無いかなと探していたところ、Amazonでこんなものを発見したので購入してみました。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) ストライプパッケージ

商品説明でも「BOS(ボス)はうんちの臭いを防ぐために開発されました。」とあり、赤ちゃんのおむつやペットのうんち、生ゴミなどの強い臭いもシャットアウトしてくれるとの事で、登山での汚物や使用後の紙を持ち帰るのにもいいんじゃないかなと思いました。

サイズはSS~LL、一番大きいもので20ℓサイズまでとあり、大きさによって価格や枚数の違いもありましたが、とりあえず平均的に使えそうなMサイズを選びました。
Mサイズは90枚入りで、Amazonでの購入時の価格は1,080円でした。(※価格は変動する事がありますので随時ご確認下さい。)





箱から袋を出してみるとこんな感じ。

箱からは一枚ずつ取り出す事ができました。
Mサイズの大きさ的には23×38cmという事で、A4用紙よりも少し大きめの縦長という感じ。
マチはありませんが、子供用のおむつやある程度の生ゴミなんかも余裕で入りそうです。
材質的にはレジ袋のようなガサガサした感じではなく、ツルツルとして柔らかい感じですね。





■実使用感

実使用としてとりあえず、使用した蚊取り線香入れや森林香ケースを入れてみました。

蚊取り線香というのも使用後は火が点いていなくても結構匂うもので、レジ袋なんかに入れて口を結んでいてもほんのりとヤニ臭さが漂ってきたりしていました。
それが…全く気にならなくなった!
袋を開ければ当然のようにヤニ臭さが漂ってきますが、口を結んだ状態たとほぼ臭いは感じなくなりました。
このままなら保管時や山に行く時にザックの中に入れておいても臭いが移らないのでいい感じ♪

肝心のトイレの使用後の紙や排泄物では幸か不幸かまだ使用する機会が来ていませんが、これは防臭効果に期待できそうです。

気になった点としては、ちょっと薄手で尖ったものなどに引っ掛けるとすぐに穴が開いてしまいそうな不安感はあるかな、といったところでしょうか。
山でトイレ用に使う場合にはもう一枚ジップロックなどの厚手の袋に入れた方が無難かもしれませんね。





2~3枚折りたたんでチャック付き袋に入れて小分けにするなどすれば山へ持っていくのにもあまり嵩張らなそうです。

これで山でのトイレや生ゴミなどの不安要素がひとつ少なくなりそうです。

もちろん家での普段使いでも色々と使えそうなので、ひとつ持っておくと便利かもしれませんね(^-^)








↓ブログランキング参加してます↓




THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年8月2日 三ノ峠山 登山 ブナ平コース~赤道コース 周回

2020年8月2日
長雨だった今年の梅雨もこの日には晴れの予報が出てようやく梅雨明けへ。
久しぶりの晴れの日曜となったこの日はここぞとばかりに山へ行く事にしました。

この日向かったのは長岡市の三ノ峠山。
以前に赤道コースは登った事がありましたが、他にも東山ファミリーランドの運動広場からのコースや市営スキー場からのコースもありそちらはまだ未踏という事で、今回は運動広場からスタートする「ブナ平コース」を登ってみる事にしました。

車を走らせ長岡市にやってきて東山ファミリーランドの運動広場駐車場に到着。

到着した時の時刻はお昼前の午前11時頃。
東山ファミリーランドでは無料で利用できるキャンプ場もあるとの事でそちらの利用客の車もあり駐車場は9割ほどの混みようでしたが何とか駐車できました。
後からも結構車が出入りしていたのでタイミングによっては停められなかったかもですね。





駐車場のすぐ隣の運動広場にはテントやタープがいくつも建っているのが見えました。

しかしながら…この写真の柵に付いている赤い字で書かれた小さな注意書きの方では、
「ここは運動広場です。キャンプやBBQ等は炊事場・釜場のあるキャンプ場の方をご利用ください。」
と書かれていたのでちょっとう~ん…と思ったりf(^-^;)
ファミリーランド内の別の所にあるキャンプスペースでは駐車場からテントサイトまで距離があり車では入れない場所のようなので、駐車場がすぐ隣にあるこちらの方が大きな荷物の場合は搬入が楽ってのもあるせいかも…。



■山のトイレ(東山ファミリーランド 運動広場駐車場)


運動広場駐車場にはトイレあり。

ログハウス風でおしゃれな感じ。

男性用のみですが中の写真も撮ってきたので見たい人だけ文字クリックで見れるようにします。
トイレの中
個室(和式)
洗面台
水洗・水道あり、個室は和式と洋式の2つありましたが、洋式の方は中途半端に鍵がかかった感じになっていて扉が開かなかったのでチェックならずf(^-^;)
紙は常備されているようでした。
まだ出来て新しいようで綺麗でしたね。
ちなみに以前の冬に来た時は駐車場・トイレ共に閉鎖されていたので冬季は利用できないようです。





準備を整え登山口へ向かうと案内図があったのでチェック。

現在地が中央少し下のP・トイレの所で、一番右上のブナ平から更に三ノ峠山へ延びる道があるようなのでまずはブナ平を目指す。
しかし…行ける道がたくさんあるようで逆にどこから行こうかちょっと迷う(笑)

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR