プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

五泉市山岳観光ガイドマップを入手しました

前記事「三条市下田地区の山塊地図をゲットしました」に引き続き、新たな山へ挑戦の準備としてもうひとつ山岳地図を入手しました。

日本酒でも知られる菅名岳や大蔵山・鳴沢峰を有する五泉市でも山岳地図の配布をしているという情報を入手してこちらもゲット。
五泉市の市役所や村松支所、五泉市観光協会まちの駅観光案内所などで配布を行っているという事で、今回は五泉駅前にある観光案内所にて入手することにしました。

五泉駅の辺りには普段はあまり行く機会が無かったのでどんな感じなのかな~と少しの不安がありましたが、駅舎の右手に駐車スペースと観光案内所があったので割とすんなりと来ることができました。

ちなみにこの時、加茂市の冬鳥越方面から五泉駅へと行きましたが、ついでにと思いその時のドライブ動画を撮っていたのでこちらも五泉駅に行く時など何かしらの参考になれば幸いです。
【車載動画】加茂~五泉ドライブ【コンデジ】(YouTube)





五泉市観光案内所。
営業時間は9:00~17:00、休業日は12月29日~1月3日との事です。

観光案内所の入り口を入るとすぐ左手にカウンターがあり職員さんがいらっしゃったので、「こちらで五泉市の山の地図ってありますか?」と聞くと「そちらにありますよ」とカウンターとは逆側、入り口右手のチラシ棚の方を指していただけました。
こちらの地図は観光パンフレットという事で、無料で頂く事ができました。
なんとも太っ腹(笑)





そして今回頂いてきた地図がこちらのふたつになります。

左が五泉市の山岳観光ガイドマップ、右は護摩堂山・高立山・菩提寺山のいわゆる新津丘陵がメインの里山歩きマップ。
右の里山歩きマップの方は旧新津の石油の里にある”里山ビジターセンター”で以前貰ったのと同じかなと思いましたがちょっと違うようでした。
折りたたんであるサイズはどちらもA4です。





五泉市山岳観光ガイドマップを開いてみるとこんな感じ。

大きさはA4の8倍になるのでA1でしょうか。
実測ではだいたい59cm×84cm弱といったところでした。
こちらの面には地図に記載されている各山のコースごとの距離や平均時間が登り・下り共にチェックポイントごとに書いてあって分かりやすい。
その他には五泉市の観光施設の案内がいくつかの他、五泉警察署や消防署の連絡先なども記載されているので万が一の時にも役立つかもしれませんね。





ひっくり返すと全体が地図になっていました。

登山コースまで載っている山は、菅名岳、大蔵山、鳴沢峰、白山、宝蔵山、木六山、銀次郎山、銀太郎山、日本平山、毛石山、権現山、雷山など。
※ちなみに日本平山の早出川ダムからのコースは五泉市公式ホームページによると「現在大雨災害により登山道上に崩落箇所があり、通行できません。」となっているようです。(2019年3月現在)





地図の縮尺は45,000分の1.。

水場や山小屋、危険個所の記載があるのはなかなか便利ですね。





今度自分が挑戦してみようと思っている大蔵山や菅名岳の辺りをアップにしてみるとこんな感じ。

目安時間もしっかりと記載されています。
ちなみにこちらの山岳観光ガイドマップは同じものを五泉市公式ホームページの観光パンフレットのページからもPDF形式でダウンロードすることができますが、やはり紙媒体の方が広範囲を大きく見れて登山口のある場所なんかも分かりやすい気がしますね。
そしてこちらも山でバッテリーを使わずに見れるというのが有利です。





次に里山歩きマップの方も見てみるとこんな感じ。

大きさはA4の4倍でA2くらいですね。
実測でだいたい59cm×41.5cmといったところ。
こちらの面には秋葉区・五泉市・田上町の温泉や観光施設の情報が載っていました。





裏面が地図。

護摩堂山と菩提寺山をメインに新津丘陵のコースがたくさん書かれていました。





地図の縮尺は26,000分の1。

こちらも様々な情報が載っていますね。
ちなみこちらは地図上には目安時間は記載されておらず、下のスペースに別で書かれていました。





護摩堂山・高立山・菩提寺山辺りをアップにしてみるとこんな感じ。

ふと気づきましたが、高立山の登山コースについては大沢公園からのコースなどは載ってないようですね。
こちらについては石油の里の里山ビジターセンターで配布している地図も合わせて使用した方がいいかもしれません。


そんな感じで五泉市・新津丘陵の山岳地図の紹介でした。
地図を入手したことで新たな山への挑戦意欲も上がったような気がします(^-^)



↓有名な山に登る場合のオススメ地図はこちら↓
山と高原地図


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

三条市下田地区の山塊地図をゲットしました

雪解けが進み花も咲いて春の陽気が強まってきた昨今。
山も雪が融けたらまだ行った事の無い新たな山にも挑戦しようかなという事で、その準備にと思い山に登りに行けなかったある週末に山の地図を入手しに行ってきました。

まずは地元三条市は下田地区の山の地図があるという情報を入手したので、そちらを手に入れるため下田地区の道の駅、漢学の里しただへ。
こちらで「下田山塊 山岳地図」をゲットしました。

こちらの地図は1部200円にて販売されています。
道の駅の特産品販売コーナーのレジの方に「下田地区の山塊地図ありますか?」と聞いたら後ろの棚から出していただけました。
正面入り口から入って右奥のコーヒーの自動販売機などがあるスペースにもこの地図と同じものが貼られていたので、購入する前に実物を確認することもできますね。

他にも、植物や山の様子を写真入りで紹介している1部400円の冊子もあるようですが、そちらは今回は購入しませんでした。

ちなみに今回こちらで購入した地図は三条市役所の下田庁舎や他の所でも何ヵ所か購入できる場所があるようですが、自分の探しようが悪いのか三条市のホームページがリニューアルされてからその情報が書いてあったページに行けなくなってしまったので(2019年3月現在)詳しくは謎です(´・ω・`)
買いに行く直前までは見れてたんだけどなぁ…。




ちょっとおまけでこの時に道の駅から見えた山の写真。

左に袴腰山、右の奥に粟ヶ岳がありますがこの時は雲がかかっていて見えませんでした。
粟ヶ岳もそろそろ挑戦してみようかなと思っている山のひとつです。





こちらは景勝・八木ヶ鼻の絶壁と、その奥に白根山…かな?

ここから見える景色は好きです(*´ω`*)





さて、地図に戻りまして、開いてみるとこんな感じ。

右下にB5のコピー用紙を置いてみましたが、大きさ的にはこれの3×3より少し大きいくらいなのでB2に近い変形サイズでしょうか。
実測ではだいたい79cm×59cm。
ちなみに最初の折りたたんだ状態だと20cm×15cmくらいでした。





地図の縮尺としては35000分の1。

コンパスを使いながらの読図に使うなら25000分の1の地図がいいようですが、自分はまだそこまでの知識も経験も無いので問題なしかなf(^-^;)
道なき道を行くくらいのベテラン登山者には物足りない地図かもしれませんね。





こちらの地図は車道や登山道の他に、未整備の山道や踏み跡・廃道も載っています。

個人的にこれはなかなか便利だなと思いました。

登山コースまで載っている山の範囲としては、粟ヶ岳、白根山、光明山(平成23年の土砂崩れから登山はご遠慮くださいとなっているようですが)、番屋山、あと守門岳も一部載っていますね。





一部だけ切り抜いて、登った事のあるヒメサユリの小道や袴腰山付近をアップにしてみるとこんな感じ。

参考時間も書かれていて、初心者的にも分かりやすいかなと思いました。
大きく広い地域を見れるので登山口の場所なんかもイメージしやすい気がしますね。

地図はスマホのアプリなどでも見る事ができますが、やはり紙の地図は全体が見やすくていいですね。
バッテリーの心配をする事なく使えるのも山では有利。
下田地区の山に登る時には必携の1枚となりそうです(^-^)



↓有名な山に登る場合のオススメ地図はこちら↓
山と高原地図


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天