プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2017年5月27日 ヒメサユリを見に行ってきました

先日、三条市の下田地区でヒメサユリが見頃になったという情報を入手して今年もヒメサユリの小径へと見に行ってきました。

2017年5月27日
この日は天気の方が若干不安定な感じでちょっと行こうかどうしようか迷ってしまい家を出る時間も少し遅くなってしまいましたが、同じく数日前から行きたい素振りを見せていた母にも言ってみると「行く」といったので思い切って家を飛び出して行ってきました。

という事でヒメサユリの小径の駐車場に到着。
時間は午後3時半過ぎという遅めの時間帯になってしまいましたが、それでもまだ結構な数の車が停まっていました。

ヒメサユリの開花時期は一人200円の協力金があるので支払ってから入山しました。
ちなみに協力金を払うと領収書と共に三条市下田地区にある日帰り温泉「いい湯らてい」の100円割引券とその館内の飲食スペースで使えるドリンクサービス券も貰えたので、山行の後にひとっ風呂と考えている時にはちょっとお得かもしれません。





駐車場からヒメサユリの咲いている所までは少し距離があり、歩いていくか送迎バスで近くまで送ってもらうかの二択がありますが、自分たちは歩いていく事にしました。

歩いていくルートも送迎バスの通る舗装された道と長禅寺というお寺の横を抜けいていく山道の二つがありますが、今回も
2016年5月 ヒメサユリの小径ヒメサユリの小径~高城城址と同じお寺の横を抜けていくルートで進みました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2017年5月21日 弥彦山 山頂駐車場~頂上 ウォーキング

5月のゴールデンウィークを過ぎてから半ばまでは他の用事が入ったりで慌ただしくなかなか山には行けていませんでした。

2017年5月21日
この日も外に出掛ける用事があり、山には行けないかなと思っていました。
しかし用事の方が思っていたよりも早く終わり日没までも少し余裕のある時間だったので「どこかでウォーキングでもしてから帰ろうかな」と思い立ち、帰り道に弥彦山の近くを通る場所だったので車で弥彦スカイラインを登り山頂駐車場から頂上の御神廟までのコースを久しぶりに歩いてきました。

という事で山頂駐車場。

夕方の時間帯となり車の数も落ち着いた感じでした。






駐車場に車を停めて道路を渡り階段へ。

ここから弥彦山頂上へと登っていきます。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

弥彦山 山頂駐車場~頂上

2016年11月23日

この日の数日前に、グループ登山のメンバーの一人のYさんから個人的に「少し歩きに行きたいんだけど、23日どこか山行くようだったら一緒に行っていい?」といった内容の連絡を受けました。

自分も山には行こうと思っていたのでOK。

しかし当日の天気が午前中が雨で午後から曇りといった曖昧な状態だった事、Yさんもガッツリ登山でなく軽く歩きたいといった感じだった事から短時間で登れて雨後でも歩きやすそうなコースにする事に。
”弥彦山のスカイラインを車で登って山頂駐車場から頂上まで歩く片道約20~30分のコース”と、”護摩堂山の頂上まで片道40分のコース”の二つを提案するとYさんはどちらも未経験で、弥彦山の方がより興味あるとの事だったので弥彦山を第一候補にしました。

もし当日雨が上がっても弥彦山が雲に覆われていたら護摩堂山に変更、雨が上がらなかったら山に行かず中止、と他の予定も立てていましたが当日は予定通り弥彦山に行く事ができました。

午後イチでYさんと合流し弥彦山へ。
空は生憎の曇りのままで車での移動中にはフロントガラスにポツポツと雨粒が当たる事もありましたが、途中から時折雲間に青空も覗くようになってきていたので大丈夫だろうと車を進めました。

そして弥彦スカイラインを登り、せっかくなので途中にあるグライダー基地にも寄り道して風景をチェック。

やっぱりここの景色はいい。
雲間から海面に落ちる日の光の感じも綺麗でしたね。
Yさんもここは初めてでこの景色に喜んでいました。





海側を見ると海水も透明度が高かったのか海中の地形の模様も見えて綺麗でした。

奥には佐渡ヶ島もう~っすら見えましたね。





そしてまた車を走らせ山頂駐車場に到着。

駐車場から一段上の山頂レストランまでは写真中央上に見える水色の「クライミングカー」でも登る事ができますが、今回は歩くのがメインなので使用禁止です(笑)
ちなみにクライミングカーは片道220円、往復で380円掛かります。(2016年12月現在)





徒歩で登る場合は駐車場の片隅、道路を挟んだこちらの階段から。
ここから山行のスタートです。

ここから山頂レストランまでの階段は角度がちょっと急な所もあるのでペースを間違うとすぐにゼーゼーになります。
(登山を始める前の頂上まで行くようになったばかりの時の自分がそうでした(笑))

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天