プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年9月15日 友人と蔵王山 登山 後編 蔵王ロープウェイ駅~熊野岳避難小屋~刈田リフト駐車場

前回の「2019年9月15日 友人と蔵王山 登山 前編 刈田リフト駐車場~熊野岳~地蔵山」からの続きになります。

山形県と宮城県に跨る蔵王山を友人と登山、刈田リフト駐車場からスタートし、御釜を経て蔵王山の主峰である熊野岳に登頂、その後地蔵山も登頂し、そこから蔵王ロープウェイ駅へと向かうのでした。

地蔵山頂上から蔵王ロープウェイ駅への下り道へ進む。
ここは前回自分がソロで来た時は草が茂りその中に混ざっていたアザミのトゲが身体に当たると痛くて嫌んなる思いをした場所でしたが、この日は草刈りがされた後となっていて難なく通る事ができました。
ありがてぇありがてぇ(笑)

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年9月15日 友人と蔵王山 登山 前編 刈田リフト駐車場~熊野岳~地蔵山

2019年9月15日

しばらく前に、山友でもある友人のYさんと「いつか行ってみたいね~」と話をした事がある蔵王山の御釜。
その時は話だけで終わり、友人とは纏まった予定の合う日も無いままにたまに近場の低山などに一緒に登るくらいの日々が過ぎていきました。
そんな中、先日の自分の半ば抜け駆けのようにソロで行ってきた蔵王山・御釜山行
その報告や山行記録を見せた事でYさんも現実味を帯びたのか、「この日空いてるよ~」と連絡をくれた事から話は再び動き始め、自分の都合もちょうど空いていたこの日についにYさんとの御釜山行が実現する事になりました。

予定日の決まった8月末から約半月の準備期間を経て計画を話し合ったうえで、今回も前日の夜から地元新潟を出発し、スタート地点となる刈田リフト駐車場で車の中で仮眠を取って明け方から山行を開始するという事に。

そして当日は予定通りYさんと合流し、約5時間半のドライブを経て刈田リフト駐車場へとやってきました。
今回も真夜中の到着、天気もなかなかいい感じという事でまた綺麗な星空が見れるかと期待していましたが…この日はちょうど満月が重なり厳しい条件に。

月明かりによって細かい星は見る事ができませんでしたが、ハッキリとした明るさの星座などは結構みる事ができました。
写真には一応オリオン座が写っていますが…分かるかな?

そして前回来た時は結構ガラガラだった駐車場でしたが、この日には他にも7~8台の車が停まっていて車中泊をしているようでした。
自分達も、他の車に近すぎず、トイレにも遠すぎずの所に車を停めて仮眠準備へと入る。
今回も以前作った車中泊用の目隠しが役に立ちました…というか、今回があったから作ったと言っても過言ではなかったりします(笑)
後部座席を倒してトランクからフラットになったスペースの真ん中縦線を荷物で区切りつつ何とかYさんと2人で横になれるスペースを確保して仮眠へと入りました。




そして夜明けを迎え起床。

天気は予報通り快晴!
明け方はやはり少し肌寒さがあったものの気持ちのいい朝でした。





車の中で来る途中のコンビニで買ってきた朝食を食べてエネルギーチャージ。
それから準備を整えて登山口の刈田リフト乗り場の前へとやってきました。

時刻は6時23分。
ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年9月7日 巻機山 登山 井戸尾根コース 後編

前回の「2019年9月7日 巻機山 登山 井戸尾根コース 前編」からの続きになります。

日本百名山の一つ、巻機山を登山。
巻機山に登頂を果たした後は、その近くにあるもう一つのピーク「牛ヶ岳」へと向かうのでした。

巻機山の頂上を出発して奥の道へと進む。
こちらはずっと木道が整備されていました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天