プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年2月28日 雪割草の下見に角田山 登山 桜尾根コース~灯台コース

2021年2月28日
前回の見附市城山妙法寺~久田城址ハイキングの翌週は悪天候で山はお休みし、二週間ぶりの晴れ予報の週末に。
この日の数日前にどうも寝違えたようで首~肩にかけて少し痛みがあり山に行くのもどうしようかな…とこの日のお昼近くまで悩んでいましたが、外を見れば雲ひとつない青空が広がっていたのでこりゃあ行かねば勿体ない!という事で山に行く事にしました。

そろそろ雪割草も咲き始めたかなと気になっていたので、たくさん咲く事で有名な角田山の桜尾根コースへ行く事に。
午後からになったし天気もとてもいいので前回の久田城址に引き続き綺麗な夕日が見れるかもと期待して下りは眺めのいい灯台コースから下りる周回コースを歩く事にしました。

お昼を家で済ませてから出発し、スタート地点となる角田浜の角田岬灯台下の駐車場に着いたのはもうすぐ14時になろうかというところ。
(ちなみに灯台コース駐車場・登山口への車での行き方はこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
角田山 灯台コース登山口・駐車場までのルートと道路状況(間瀬・寺泊側から)」)


こちらの駐車場の埋まり具合はぱっと見た感じで八割くらい。
この他にも桜尾根コースへ行く階段の近くや、角田浜駐車場入ってすぐのトイレの近くにもたくさんの車が停まっていました。
最高の天気だったのできっと午前中からの登山者も多かった事でしょう。





灯台下駐車場のトイレをチェック。

こちらは入り口が板で塞がれ冬季閉鎖中でした。
この可能性があったので角田浜駐車場入ってすぐのトイレに先に寄ってきましたが、そちらは例年通り利用できました。





準備を整えて駐車場を出発し、国道402号線沿いから桜尾根コース登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2021年2月6日 弥彦山 登山 表参道コース(下りは夏道経由)

2021年2月6日
この日は前日までの天気予報によると晴れの予報。
前回の弥彦山登山では以前から念願だった「頂上から雪景色の越後平野を見る」という目的は果たせたものの天気的には曇りだったので、今回登ればもっといい条件で景色が見れるかも!?という事でこの日も弥彦山に登る事にしました。

当日、起き抜けに自分がいつも見ている天気アプリやネットのSCWで一時間毎の予報を見てみるとどちらかというと午後の方がより天気が良くなりそうな感じだったので、午前中は少しばかり用事を済ませてお昼から山へと向かいました。

登山などで長時間車を停める時に指定されている競輪第一駐車場に着くと前回同様に多くの車が停まっていて混雑の様相を見せていましたが、南側から駐車場に入ってすぐのこの辺りで空きを見つけられ車を停める事ができました。

この時点では青空も広がり陽も射していい天気。
風はちょっとあったけどいい登山日和だ。





準備を整えたら今回はこちらの車道の方から登山口へと向かいました。

奥にはこれから登る弥彦山が綺麗に見えていました。
いやぁ、しかしここの道は車通りも多く雪で歩道も狭くなっていたので歩くのはちょっと怖かったf(^-^;)





弥彦神社駐車場の奥にある遊歩道から登山口へ向かう。

この道の左手にある靴を洗える水場は水は出ていなく雪に埋もれていてこの時期は使えないようでした。
まあ、雪の上を歩く分にはそんなに汚れないから問題ないですね(^^)ゞ

と、この道を歩いていると下山してきた登山者の一人から、「夏道は雪崩の跡が結構あったから避けた方がいいよ」という情報を頂けました、ありがとうございます。
前回登った時は雪崩の危険性の高い五合目~八合目手前までの夏道に木の枝で柵がしてあり旧道を通る方が推奨されていましたが、その後に一応それは解消されたようですがこの日は前回より気温も上がっていたのでやはり危険性は高まっているのかな?取りあえず心に留めておく事にしました。





そして登山口に到着。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2021年1月31日 菩提寺山 登山 石油の里コース

2021年1月31日
この日は天気予報的には午前中は雨なものの昼頃から午後にかけては曇りくらいで安定しそうな予報を見ていたので午前中は少しばかり用事を済ませ、お昼過ぎから山へ。
午後からの山行なのでなるべくサッと行ってこれる山にしようという事で、片道一時間程度で行ってこれそうな山・コースの中からこの日は久しぶりに新津丘陵の菩提寺山の石油の里コースに行く事にしました。

昼食を済ませてから家を出発。
その頃はまだ空は鈍色に曇っていましたが、山へ向かう途中からはだんだんと青空も覗き始めていました。
今回のスタート地点となる新潟市秋葉区の里山ビジターセンターまでは主要道路の路面にはほとんど雪はありませんでしたが、県道41号線からビジターセンターの駐車場までの200メートル弱の道は道幅も狭く雪の轍が残っていたのでちょっと緊張感がありましたね、対向車来なくて良かったf(^-^;)
そして14時を少し回った頃に里山ビジターセンターに到着となりました。

駐車場は雪で少し狭くなっていたものの停められるスペースの約8割は車が停まっていて賑わいを見せていました。
ちなみに上の写真は車を停めて山行の準備を整えてから撮ったので、その間に帰られた車もあって少し空きました。

今回は準備段階でビジターセンターの中には寄らず外にあるトイレを利用しましたが、手洗い場の水道には「凍結防止のため水を止めないで下さい」という旨の張り紙があり水が少し出しっぱなしになっていました。
低山とはいえやはりこの辺も冷え込むのかな~。





準備を整えて石油の里コース登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR