プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年12月8日 菩提寺山 登山 石油の里コース~白玉の滝コース

2019年12月8日
夏に発症した膝痛はこの頃には普段の生活をする分には痛みはほとんど無し。
しかしながら脚や腰回りの関連する筋肉がまだあちこち引っ張り合いをしているような感じで所々違和感はある。
こりゃあたまには温泉でも行ってゆっくり温まって筋肉を緩めたいなぁ。

そこでふと思い返してみると、新潟市秋葉区の菩提寺山の麓にある里山ビジターセンターでスタンプラリーにエントリーして山に登って条件を達成してくると日帰り温泉の「花の湯館」の100円割引券が貰える、というイベントを4月から2020年3月いっぱいまでやっているのを思い出し、これはちょうどいいという事でこの日は菩提寺山に行く事にしました。

この日は午前中が雨降りで午後から回復する予報だったので、昼食を食べてから家を出発し里山ビジターセンターへとやってきました。

もうすぐ午後2時になろうかというこの時点での車の数は建物正面の駐車スペース半分くらいといった感じで、いつもに比べるとちょっと少ないかなという印象でした。
やはり午前中雨だったからか、それとも午後からだったからかf(^-^;)





まずはビジターセンターに入って情報収集。
リアルタイム情報の掲示板を確認すると…

え!へそ清水手前の橋崩落注意!?
下りで通ろうと思っていた白玉の滝コースの途中にあるので通れるのかな…?
う~ん、通行止めとは書かれてないようだし…とりあえず了解。

そしてスタンプラリーにエントリーするべく台紙を貰いに行くと…見当たらない。
カウンターの人に尋ねてみるとこの日は台紙の在庫は無くなってしまっていたようでした。
あら残念…と諦めかけましたが、カウンターの人はスタンプラリーの条件である「中腹にある木彫りの熊か、頂上の写真を撮って来て見せる」をしてくれれば割引券を差し上げますよ、と言って下さいました。
ああ良かった(*´▽`*)





という事で準備を整え、登りで通る石油の里コース登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年5月20日 菩提寺山 グループ登山 石油の里コース

2018年5月20日
この日は一緒に遊ぶ事の多い「お楽しみ会」のメンバーと久しぶりにグループでの登山でした。
ひと月ほど前から計画を立てていて、他のメンバーは普段あまり山に登る事もなく久しぶりの登山のようなので難易度の低い山を選び新津の菩提寺山・石油の里コースへ。

この日の前日三日間くらいは雨降りが続きぬかるみなどの悪路が予想されたので一時は砂利敷きの登山道で歩きやすい護摩堂山に変更しようかとも思いましたが、護摩堂山は以前にもお楽しみ会メンバーで一度登っているので今回は違う山もオススメしたいなと思い自分の判断で当初の菩提寺山にさせてもらいました。

当日は午前中は用事があるメンバーがいたのでお昼過ぎに集合となりましたが、日没までには行ってこれる計算という事で予定通り決行となりました。
一度別の所で集合しみんな纏まって登山口のある新津の里山ビジターセンターへとやってきました。

この日は前日までの雨降りがウソのような晴天でした。
お昼過ぎからという事でピークは過ぎていたのか駐車場の埋まり具合は7割ほどといったところでしたね。





準備を整えて登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年2月25日 菩提寺山 登山 石油の里コース

2018年2月25日
各地を騒がせた大雪もようやく落ち着きを見せ始め、穏やかな日となったこの日はようやく今年2度目の登山へ行ってきました。

角田山あたりに行こうかなと思いましたが、先日から病んでいる腰痛もまだ若干の不安があったのでもう少し緩やかな旧新津の菩提寺山へと登る事にしました。

登山コースは石油の里から、という事で登山口のある里山ビジターセンターへとやってきました。

この日もお昼過ぎからの登山でしたが、駐車場は雪で少し狭くなっているものの駐車スペースには9割ほどの車が停まっていて賑わいを見せていました。





まずはビジターセンターの中に入ってリアルタイム情報をチェック。

他のコースは倒木などで通行できないところもあるようですが、今回の石油の里コースは注意ヵ所はあるものの大丈夫そう。





準備を整えて登山口へ向かうと早くも下山してきた人達とすれ違ったりしながら。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天