プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年8月11日 新潟花火を見に角田山 登山 稲島コース

2019年8月11日
この日は新潟市で新潟まつりの花火が上がる日。
という事で、去年に引き続き今年も山の上から見ようという事で角田山の稲島観音堂から花火を見ようと計画していました。

そんな中、自分が使用している登山アプリの方で花火の写真を見て下さったSさんから「カメラを買って間もないけど花火や星空の写真を撮ってみたいので撮り方を教えて欲しい」という旨の連絡を頂きました。
自分もまだまだ撮影精進中の身ではありますが、自分の分かる範囲でならお教えしますよと返信したところ、予定を合わせて頂いてこの日一緒に角田山に登る事になりました。

当日はSさんと稲島登山口の駐車場で待ち合わせし合流。
ちなみに稲島コース登山口・駐車場までの行き方はこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。「角田山 稲島コース登山口・駐車場までのルートと道路状況
Sさんは角田山の稲島コースは初めてという事でしたが、youtubeでこの記事内の動画を見て下さったようで参考にしていただけたようでした(^-^)

暗くなる前に山を登って花火を待つという事で、この日は午後5時過ぎに駐車場に到着。
自分とSさんの他には6台ほどの車が停まっていましたが、みんな自分達が登っていく時に下山ですれ違ったようで同じように花火を見に来た人の車ではないようでした。





SNSなどで知り合った方と一緒に登山をするのは初めてで少々の緊張をしつつもSさんと挨拶を交わし、準備を整えて早速登山へ。

まずは登山口からすぐの稲島薬師堂を軽くお参り。





久しぶりに見る、薬師堂の横に立つ稲島の大杉。

やっぱりでっかいなぁ。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年2月11日 角田山 稲島コース 想定外の2往復

2019年2月11日
この日も日中はいい天気。
家を出れるのがまた午後の遅めの時間になってしまったので山に行こうかやめようか少し迷いましたが、前日の高立山で「もう少し歩きたいな」という感じのまま終わっていた事もあったのでサッと登って下りてこれる山に行く事にして角田山の稲島コースへ行ってきました。

もうすぐ15時になろうかという頃に稲島コースの駐車場に到着。
稲島コースは角田山の中でも山頂まで最短・メジャーなコースとあってまだたくさんの車があり、自分と同じようにこれから登る準備をしている人の姿なんかも見られました。
ちなみに稲島コース登山口・駐車場までの行き方はこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。「角田山 稲島コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

稲島コースの平均タイムは登りで約1時間。
トレランなどの早い人だと30分前後で登る人もいるみたいですが、その辺はもう自分からしてみたら化物レベルな気がします(笑)





一応、コースタイム通りで日没の時間までには下りてこれる計算をしつつ、ヘッドライトなどのライト類もしっかり準備して登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2018年8月12日 角田山 登山 稲島コース

2018年8月12日
この日は新潟市で新潟まつりの花火大会がある日。
ここしばらく山の上から花火を見るのにハマっているので新潟の花火もどこかから見れないかなと考えていました。

花火を見るという目的のため必然的にナイトハイクになるので不慣れな山だと道迷いなどの危険性も高まり難しいかなと思っていましたが、今までに何度も登っている角田山ならコースもだいたい分かっているし、頂上から少し下った稲島観音堂の前からは新潟市方面の景色が開けているのでここなら花火が見れるかも・どんなふうに見えるんだろうと気になり角田山へと登ってきました。

当日は角田山登山の最短ルートでもあり平均コースタイム1時間の「稲島コース」から登る事に。

花火の開始が19時20分頃なのでそれに間に合うように17時半過ぎに登山口駐車場に到着。
角田山登山で人気のコースですが、さすがに夕方という事もあって停まっている車は全部で3台ほどでした。

ちなみに稲島コース登山口・駐車場までの行き方はこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。「角田山 稲島コース登山口・駐車場までのルートと道路状況





稲島コースを登るのは今回で2回目ですが、前回はトイレチェックしていなかったので出発前に準備を整えるついでにチェック。

水洗・水道あり。
手洗い用の水道は建物の外側にあります。
そしてトイレの中は見たい人だけ見れるように文字クリックで見れるようにします。
トイレの中
個室





今回は花火を見るのと同時にカメラで撮影もしたいので三脚を持っていく事にしました。

ザックの底部に結わえてこんな感じ。
いつもの装備のザックだと重さは大体7kg前後といったところですが、今回は三脚や交換レンズの重さも合わせて初となる9kg台に。(ちなみにカメラ本体と500mlの水筒は別で持ちます。)
持ってみた感じはいつもよりちょっと重いくらいだから大丈夫だろ~( ̄▽ ̄)
…と思っていました、この時までは…。





そして準備を整え登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天