プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2020年1月4日 新年初登山は弥彦山 裏参道コース

2020年1月4日
新年を迎え親戚回りやその対応などで三が日はバタバタとしていましたが、それも落ち着いたこの日は新年初登山に行ってきました。

新年という事でやはりまずは山の神様に挨拶に、という事で今回も弥彦山の奥宮・御神廟をお参りしに行く事にしました。

年明けからしばらくは弥彦山・表参道コースのある弥彦神社側は初詣客でごった返しの大混雑になるのと、まだ少し膝が痛くなったら嫌だな~というのもあって今回も裏参道コースから登る事にしました。

この日は少し早めの昼食を家で軽く取ってから出発し、お昼の半ばに登山口駐車場に到着。
ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。

駐車場内外には数台の先行者の車があり、最近自分が来ていた時からすると少し多いかなといった感じでしたね。
それでもこの年明けは登山者も増える表参道コースから比べたら自分のペースでのんびり登れますが(笑)





今回は年末に登った裏参道コースから一週間ぶりという事で、ちょっと変化を付けて久しぶりに裏参道コースの西生寺口から登る事にしました。
準備を整えたら駐車場から一度車道へ出て坂道を登ってきてここから西生寺へ。

大きな銅像の裏手に出ます。





銅像の前に出るとその横にはこんなものが。

「水かけ草履の功徳」
あれ、以前こんなのあったかな?(たぶん気付いてなかっただけf(^-^;))
草履に水をかけると足が丈夫になるとの事だったので、膝もよくな~れ~と思いながらしっかりと水を掛けました。
ちなみにこの付近には他にも撫でると子宝に恵まれるとされる「子持石(こもちいし)」や、「ボケ封じ地蔵尊」もありました。
前に来た時などは山に登るのに必死でしたが、落ち着いて眺めてみると色々新しい事に気付いて面白いですね。





そこから階段を上がるとお堂へ。

軽くお参りをしてから左側の奥へと進みました。





そして裏参道コース・西生寺口に到着。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年12月7日 弥彦山 登山 初雪の裏参道コース

2019年12月7日
この日の前日の12月6日、地元の平野部でも今シーズンの初雪が降りました。
例年の初雪だと割と空から降ってくるだけであまり積もりはしなかった印象でしたが、今年の初雪に関しては一日で辺りが真っ白になるほどに降りました。
こりゃあ今年の冬は大雪になるのかな…とちょっと心配になってしまいますね。

という事で、この日は今年初の雪の積もった山へ行ってみる事にしました。
とはいえ以前から出る事のある膝痛の心配も少しあるので、弥彦山でなるべく階段の少ない裏参道コースにしました。

この日は少し早めの昼食を食べてから家を出発しスタート地点となる裏参道コース登山口駐車場へ。
ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。

初雪から一日経って雪も少し融けたのか、駐車場内には雪はありませんでした。
そして午後1時頃となったこの時には先行者の車は駐車場内外合わせて3台ほどありました。





準備を整えて駐車場の奥の道へ進み登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年2月17日 猿毛岳 登山 尾根コース

2019年2月17日
前記事「2019年2月17日 ミズベリング三条フェスで三条プロレスを観戦しました」と同じ日、午前中に三条プロレスを観戦したあとは山に行こうと計画していて登山の準備もしていました。
スケジュール的に午後からになるのは確定だったので、三条市からアクセスしやすくサッと登ってこれる山、という事で今回は加茂市の猿毛岳を登る事に。

フェス会場を後にし車を走らせていると雪がチラついてくる。
ありゃ~と思いつつもさっきまでの天気も良く、天気予報も午後からは曇りくらいでいけそうな感じなのを見ていたのでとりあえず登山口まで向かう事に。
猿毛岳登山口・駐車場に着くと先行の車は6台ほどありました。
少し前に何かの雑誌だかに猿毛岳が紹介されたらしく、最近はこちらも登山者が増えいてるみたいですね。

雪は本降りの様相となっていて登ろうかやめようか少し迷いましたが、何度か登っている山で悪天候時の経験も増やしておきたいと思い今回は登る事にしました。





今回も雨天装備は長靴+傘+ポンチョ。
ザックにチェーンスパイクと念の為のライト類もしっかり準備して登山口へ。

ちょうど下山してきた方一人とスライドしつつ階段を登る。





階段を上がると日吉神社に出て、神社の右手の登山道へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天