プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

100均 COBヘッドライト レビュー

こちらは結構前に購入して使っているものになりますが、100均のCOBヘッドライトを紹介・レビューしてみたいと思います。


製造元はグリーンオーナメントのCOBヘッドライト。
COBライトは懐中電灯のようなスポット的なライトではなく、面発光でワイドに照らすタイプのライトになります。
価格は電池別売りで100円(税別)。
このヘッドライトを見掛けるようになった当初はセリアでしかなかったような気がしますが、現在はダイソーやミーツなど色んな100均で販売されているようになりましたね。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:商品紹介 | GENRE:アフィリエイト | TAGS:

100均で「熊よけの鈴」を購入しました

以前、100均の熊除けに使えそうな鈴を紹介した事がありましたが、最近また良さそうな鈴があったので購入してみました。

その名もずばり「熊よけの鈴」。

100均のセリアで購入し、価格はもちろん100円(税別)。
ちゃんとした熊鈴を買うとなるとだいたい安くても400~500円台くらいからといった感じでしたが、いよいよ100均にも来ましたね♪
ちなみに購入したのは2020年5月です。





商品タグ。

白い文字の所には「本商品で熊との遭遇を完全に避けることはできません。」とあります。
熊鈴自体が価格の高い物でも遭遇を完全に避けられるものではないようなので、あくまでもお守り的な感じですね。





商品タグ裏側。

赤い文字の所には「消音機能はありません。」と書かれています。
材質はスチールとポリエステル。





鈴の内側はこんな感じ。

以前紹介した鈴は軸棒が樹脂で強度的にちょっと不安がありましたが、こちらは真ん中に通った鉄板に丸い穴が開けられその一部を切断した所から舌(ぜつ)を通して閉じた感じなのでかなり丈夫そうな作りですね。
その舌を通したと思われる切断面も指で押してみてもびくともしなかったので不意に舌が外れる事もなさそうです。
消音機能はありませんが、磁石を近づけてみたらくっついたので、収納袋などに磁石を仕込んでおけば舌を止めておく事もできそうですね。





鈴の音については動画で撮影してみたのでよろしかったらご覧ください。






ストラップ部はポリエステルのバンド。

8の字状になっているのでキーホルダーリングを取り換えるのも容易ですね。





という事でキーホルダー部分をこれまた100均で購入したカラビナに付け替えてみました。

これでザックやベルトなどに付け外しが簡単になりました。
熊鈴は人の多い山などでは騒音としてトラブルになる場合もあるようなので、必要な時だけ付ける、不必要な時は外すなどして気を付けたいですね。
まぁ…自分は常に鳴っているのもうるさくて落ち着かないので人の多い山だと普段あんまり着けてなかったりしますがf(^-^;)

以前紹介した100均の鈴も音的にとても綺麗で好みではありましたが、こちらの方が丈夫そうでアウトドアにより良さそうなので、今後はこちらに入れ替えになりそうです(^-^)

100均アイテムは入れ替わりが激しく物によってはすぐに販売しなくなる可能性もあるので、気になった方は早めの購入がオススメです。



しっかりした熊鈴のオススメ





↓ブログランキング参加してます↓




THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

ワークマン真空保冷ペットボトルホルダーを吊り下げる為のホルダーを自作してみました

先日購入したワークマンの真空保冷ペットボトルホルダー
ペットボトル飲料を入れる事で真空断熱効果によって冷たさや温かさを長く持続させてくれる素敵アイテム。

ですが、吊り下げたりする機能が無いのでちょっと持ち歩くのに使いづらいかなと。

そこで、ホルダーを吊り下げできるホルダーを自作してみる事にしました。(ホルダーホルダー分かり難い(笑))





今回使った材料は、100均のダイソーで買ってきた「かばんテープ」。

カバンの持ち手などによく使われるテープ、というかバンド(ベルト)みたいなやつですね。
材質はポリエステルで、25mm幅×1.5m。
もちろん100円(税別)。


それともうひとつは以前ザックの修理にも使ったゴムロープ

こちらは以前購入したものを使うので出費ナシですが、新たに買う場合は400円前後でしょうか。

あと写真はありませんが、100均のカラビナと、裁縫道具を使用しました。





大体こんなかな~と作り進めたので経過の写真はありませんが、完成したものがこんな感じ。

ペットボトルホルダーの胴回りに合わせた輪っかを二つ作って、U字のベルトの上下に配置して縫い付ける。
U字の両端は折り返して空間を作り、ゴムロープやカラビナを通せるようにしました。





実際にペットボトルホルダーを入れてみるとこんな感じ。







上部のゴムロープはひっくり返ってもホルダーがすっぽ抜けないように抑えとして付けました。

ゴムロープはバンドの輪っかの部分に通して結んであるだけなので、ゴムが伸びたり切れたりしても交換可能。





ホルダーにペットボトルを出し入れする時はゴムロープを両脇に広げて少し押し下げないとですが、こんな感じでいけるかなと。






実際にホルダーにペットボトルを入れてみるとこんな感じ。






実際に吊り下げてみる。

重さのせいでちょっとホルダー自体が傾いた感じになってしまいましたf(^-^;)
でも吊り下げ自体は問題なさそう。





ちなみにひっくり返してみると。

こちらも脱落を防止できました。





横のバンドの部分を持てばジョッキスタイルでも飲めそうです。

細かい所を見ればもうちょっとこうすればよかったかな?というところもありますが、大体思い描いたとおりにできたかなと。
普段使いも便利になりそうです(^-^)

色違いのかばんテープも何色か売っていたので、色違いで作ったらまた個性が出て面白いかもですね。














↓ブログランキング参加してます↓




THEME:こんなの作りました♪ | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR