プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

リンリンキーホルダーの軸棒をパラコードに替えて耐久性アップしてみました

以前に熊除けの鈴として使えるかなと100均で購入しブログの記事でも紹介したリンリンキーホルダー

100均商品という価格の安さの割に綺麗な音で鳴るのでとても気に入った鈴でした。

…が、ちょっと気になっていたのが金属パーツ以外の軸棒など樹脂製パーツの耐久性。
キーホルダーのチェーンとつながる部分や鈴の中の舌(ぜつ)を吊り下げている部分などは特に細いので、鈴が激しく揺れたりすると壊れないかちょっと心配がある部分でした。

そして、その辺のチェックや改善方法が無いかなとパーツをバラしてみたりしているうちに軸棒の上パーツと鈴の中の下パーツを繋ぐ接続部がゆるくなってしまったのか鈴が激しく揺れていた時に接続部が外れてしまった事が一回ありました。
ありゃ、こりゃあもう山では使えないか…!?と思っていたところでセリアの「熊よけの鈴」を買えていたので事なきを得ていましたが、やはり音に関してはこちらのリンリンキーホルダーの方が好み。
どうにかまた使えるようにできないかなと考えていたところ、最近興味を持ってデビューに向けてあれこれ準備していた"キャンプ"に使う為の「パラコード」が使えるんじゃないかという事で挑戦してみました。



今回使用したパラコードがこちら。

Brotree 3mm径パラコード。
こちらのバイオニクス迷彩という色のものを使用しました。
パラコードはテントやタープを張る時に使われたりボートや狩猟などでも使われる耐久性の高いロープ。
ブレスレットやキーホルダーなどのアクセサリーとしても使われたりしますね。
こちらの商品は耐荷重192kg、ナイロン製の3本の内芯とポリエステルの外皮によって高い耐久性を持っているとの事です。




このパラコードを使ってキーホルダーを作るのを応用できないかなとネットで作り方を調べて挑戦したので、作り方の詳細については割愛しますf(^-^;)
まずは完成した鈴がこちら。

黒い樹脂の軸棒の部分とチェーンの部分をパラコードに交換しました。
パラコードは芯になる1本と、その周りを平編みで編む1本の2本構成。
パラコード部分の長さ的には3~4cmくらいです。
この鈴の大きさに対して3mm径のパラコードだとちょっとゴツくなった気がしますが、もうちょっと細いパラコードを使ったらもっとシュッとしたかなと思いますね(笑)





ちなみに細かい所だけ補足すると、芯になるパラコードの部分はこんな感じで作ってみました。
無題1
鈴の中は舌を吊り下げている金属の輪にパラコードを通し、遊びが無くピッタリと輪と鈴が固定されるように鈴の上でひと結びしました。
パラコードの端と端はライターで溶かしてくっつけて繋げてあります。





実際の鈴の内側はこんな感じ。

樹脂パーツが無くなり全て金属とパラコードになりました。
これでいきなり壊れるといった不安はだいぶ解消されたかなと思います(^-^)

鈴の鳴り自体も特に変わった感じはなく綺麗な音で鳴りました。
今回が初めてのパラコードを使ったアイテム作りとなりましたが、それでも今回のだと30分も掛からないくらいでできたので思っていたよりも簡単でしたね。
耐久性と共に個性も出たのでまた少しこの鈴に愛着も湧いて楽しかった。
この鈴持ってまた山行くぞ~♪









↓ブログランキング参加してます↓




THEME:こんなの作りました♪ | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

ドラレコの内装映り込み対策にレンズに偏光板を付けてみました

前記事「格安ドライブレコーダー Crosstour CR250 レビュー」でドラレコを車に設置した様子を紹介しました。

格安ドラレコながらそれなりに映像もよく撮れていましたが、ちょっと気になったのが内ガラスに反射する内装の映り込み。
これはこのドラレコ自体の性能ではなく他のドラレコやカメラなどでも起こる事だと思いますが、やっぱりもう少し綺麗に録れたらいいなぁと。





そこでふと、写真を撮るカメラなんかだと反射対策に偏光フィルターがあったりするのでドラレコにも使えそうなものなんて無いかな?と探してみたところ、こちらがヒットしました。
アーテック 偏光板(2枚組) ドラレコ ドライブレコーダー カメラ 反射 防止 映り込み 防止 あおり運転 あおられ運転 録画 科学 実験 サイエンス 自由研究

Amazonで購入し、購入時の価格は496円でした。(※価格は変動する事がありますので随時ご確認ください。)

偏光板とは、角度によって一定の光を通したり通さなかったりする事で反射を抑えたり光を通さなかったりするもの…といった感じでしょうか。
万華鏡なんかにも使われているみたいですね。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

格安ドライブレコーダー Crosstour CR250 レビュー

2020年6月30日以降、車の「あおり運転」への厳罰化が施行されました。
それでもまだ時おり耳に入る被害のニュース。

自分もいつ被害に遭うか、また自分が意図していなくてもついつい車間距離が狭くなった時などにあおり運転と思われてしまう事もあるかもしれない、ついでに万が一の事故の為にも証拠の残るドライブレコーダー(以下ドラレコ)が欲しいと思っていました。
(もっとついでで言えば、いい風景や登山口までの道を記録する為に今までデジカメでドライブ動画を撮る事がありましたが、毎回カメラをセッティングするのもなかなか面倒くさいのでドラレコがあったら楽だな~と思っていましたf(^-^;))
そこでドラレコの導入を考えていたんですが、自分の車はドラレコを設置するのにある程度の制限があり、メーカー純正で使えるものだと費用も高くてなかなか実行できずにいました。

そんな中、Amazonを物色していた時にこんなドラレコが目に入り、価格もとても手頃だった事から失敗も覚悟のうえで購入。
今回はそんなドラレコを紹介・レビューしてみたいと思います。

今回紹介・レビューするドラレコがこちら。
【令和モデル】Crosstour 小型ドライブレコーダー 高画質 170度広角 ドラレコ 1080PフルHD 駐車監視 Gセンサー ループ録画 動体検知 上書き機能 高速起動 緊急録画 車載カメラ 日本語説明書 13ヶ月保証 CR250

Amazonで購入し、購入時の価格は3,880円に1,000円引きのクーポンが付いていて2,880円でした。(※価格は変動する事がありますので随時ご確認下さい)
このくらいの値段ならダメでも諦めが付くかなと…f(^-^;)





開封していきます。

箱を開けると袋に包まれた本体とアクセサリーと書かれた箱がひとつ、そして取り扱い説明書と、CrosstourのサポートのEメールアドレス?とフェイスブックのQRコードの載った英語書きのカードが入っていました。
取扱説明書に関しては五ヵ国語の記載があり、そのうちの一つは日本語でした。
でも書いてあるのはちょっと簡易的な感じかな?





まずはアクセサリーの箱の中身から。

上から左→右の順に、
アクセサリーの箱
・内装を剥がすためのヘラ
・シガー電源コード
・USBコード
・カメラ取付土台と予備の両面テープ
が入っていました。





そしてドラレコ本体。

外装は樹脂製で価格なりの質感といった印象でしょうか。
レンズと液晶モニターには保護フィルムが貼られていました。





手を置いてサイズを比較してみるとこんな感じ。

Amazonの商品ページに載っているサイズによると3 x 4.8 x 7.6 cmとの事。
とても小さい印象でした。





本体右側。

こちらには電源を取ったりPCに接続するためのUSB差し込み口と、音声を記録するためのマイク。





本体左側。

こちらにはmicroSDカードの挿入口とリセットボタンがありました。
microSDカードは別売りで、32GBまで対応との事。





本体裏側(表側?)。

液晶画面と操作ボタンがあります。
画面サイズは1.5インチとの事。

操作ボタンは左から、
・電源ボタン
・メニュー選択ボタン▲
・決定ボタン(録画画面時は手動で録画開始・停止)
・メニュー選択ボタン▼(録画画面時はマイク録音オン・オフ)
・メニューボタン

メニューボタンは押す毎に、録画画面→カメラ設定メニュー(画質や露出補正等)→本体設定メニュー(日時や言語切替、フォーマット等)→録画画面と切り替わり、録画画面からの長押しで録画した映像をモニター上で確認できるモードへと切り替わりました。





レンズ部分の可動域は、

下がここから、

上はここまで調整が可能。

途中何ヵ所かでクリック感がありつつその間も結構抵抗があるので可動域内のほぼ自由な角度で固定できる感じでした。
左右の角度調整はできないので設置する時はそこだけ注意でしょうか。





電源オンで液晶モニターの録画画面はこんな感じ。

バッテリーが内蔵されているので電源コードを繋がなくても電源が入りました…が、設定などの調整で弄っている感じだとバッテリーが持つのは満充電でも10分もあるかないかくらいといったところ。
一応、エンジンオフ時の駐車監視モードは付いていますがあまり長くは録れなさそうですね。
モニターの上側に出ている時間が録画可能時間で、32GBのSDカード・最高解像度の1080FHDでこのくらい、解像度を下げればもっと長く録れるかと思います。
ループ録画では録画時間いっぱいになると古い方から上書きされていきます。
(ちなみにモニター下側に写っている日付は箱出し・設定前なのでズレてます。)
動画として作成されるファイルの形式はMOVで、5分刻みのループ録画・1080FHDの場合に作成されるファイル1つのサイズは5分だろうが数秒で止めようが708MB固定のようでした。

Amazonのレビューの方で、「マニュアル(設定画面の日本語)が無茶苦茶」というものが書かれていましたが、それよりバージョンが上がっていたためか修正されていて普通でした。
(レビューのバージョンはV2.2.0.1、今回購入したものはV2.2.0.3-A)





本体と取付け土台を合体するとこんな感じ。

赤い部分を剥がすと透明の両面テープになっていてガラスに張り付ける事ができます。





■実使用感

という事で、実際に車に設置した様子と車載動画、使用感にいってみたいと思います。

今回設置した車はスバルのアイサイト(Ver2)搭載車という事で、取付けには位置や大きさなど様々な制約がありました。
ネットで検索してみるとメーカーやディーラーだと社外ドラレコの装着は断られるらしく、そもそもフロントガラス中央付近はアイサイト禁止エリアなので×。
これまたネットで検索してみるとこの車だと左右のAピラーから両側30cm以内はなんとか禁止エリア外という事で、自己責任のもとワイパーの可動範囲内でもある運転席正面上部に設置しました。





内側から見るとこんな感じ。

フロントガラスに設置する場所によっては車検に通らなくなる場合もあるとの事ですが、一応規定内のフロントガラスの上部20%以内には入っていると思うし、最悪、車検時だけ外せばなんとか行けるかなと。

とりあえず設置してからこの記事を書くまでに約1ヵ月半は経過していますが、この場所に設置した感じではアイサイトには目立った不具合は無しでした。
Amazonのレビューの方ではカーナビのテレビやラジオに電波障害っぽい症状が出たというものもありましたが、こちらではそれもありませんでした。(ナビのアンテナのすぐ横だったのに結構意外(笑))
運転席の正面上部という事でモニターを点けっぱなしにしていると夜間はちょっと明るいのが気になりますが、画面の確認や操作はしやすいですね。(モニターを消しておくのももちろん可能です。)
本体がコンパクトなので視界の邪魔にもそれほど感じませんでした。

電源コードの取り回しについては、車をいじるのは興味あったもののほぼ素人なのでどうしようか迷いましたが、天井は内張りの隙間から押し込み、Aピラーのカバーを外して中を通し運転席の足元の方からセンターコンソールのシガーソケットへと繋ぐ方法にしました。
やってみたら意外と30分も掛からずにできましたね。

SDカードを入れる時はまず上下どっちから入れるのかちょっと迷いましたf(^-^;)
向きが合ってもロックされるまでは結構押し込まないとだったのでなかなか大変でしたね。
外すのもつまようじみたいな細い棒などがあった方が良さそうです。
PCに画像を取り込む時なんかはSDカードを外すより本体ごと外してPCにUSB接続した方が楽ですね、今のところはそうしています。

設置後の電源・録画のオン・オフについてはエンジン始動・停止と連動していたので基本ノータッチでOKでした。(エンジン停止時の駐車監視などは未使用です。)

内蔵の時計は早い方にズレやすい感じで、こまめに再設定した方がいいかもしれません。


そして実際に走行・録画した映像については動画にまとめてみましたのでよろしかったらご覧ください。

動画内でも書きましたが日中は内装の映り込み、夕方や夜間は明るさの明暗などちょっと気になる点はありましたが、価格から考えたら日中なんかはよく撮れてる方じゃないかなと思いましたね。

耐久性についてはこれから気になる所ですが、気付いたところがあれば追記していきたいと思います。
耐熱については60℃~-20℃までのようなので、冬はともかく真夏の日なたでの駐車時なんかは外して日陰にしまっておいた方がいいかななんて思いますね。


という事で、このCrosstour CR250 ドライブレコーダーを個人的に5点満点で評価するならば、価格と機能性も考慮して
★★★★☆
4点、としたいと思います(^-^)

価格の割には思っていたよりもいい感じでした♪
ただ、Amazonのレビューによると個体差のアタリハズレもありそうなのでアタリだったら、といったところでしょうかね。
夕方や夜間もしっかり録りたいならもっとしっかりとしたメーカーのものをオススメしますが、「とりあえずドラレコを使ってみたい」的な入門機としてはなかなかいいんじゃないかなと思いました(^-^)

あと気をつける事としては、ドラレコ全体に言える事ですが、周りの車などをを録っているだけでなく、自分の運転も録られている事も自覚してしっかりと安全運転していかないといけないですね。










↓ブログランキング参加してます↓




THEME:商品紹介 | GENRE:アフィリエイト | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR