プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

黒糖とレーズンのシフォンケーキを作ってみました

最近はヤマザキ製パンから販売されている「馬拉糕(マーラーカオ)」という黒糖とレーズンの入った蒸しパンがお気に入りで登山に行く時のおやつなんかにも持っていったりしていました。

そんなマーラーカオを食べている時にふと、「蒸しパンと焼き菓子という違いはあれどふわふわ感は似てるので、シフォンケーキに黒糖とレーズン入れて作ったらそれっぽくならないかな…?」と思い立ったので実際に作ってみる事にしました。





黒糖やレーズンを使ったシフォンケーキを作るのは初めてになりますが、過去に作ったレシピなどから考えて取りあえず試作段階としての材料はこんな感じでいってみる事にしました。

黒糖(メレンゲ用) 20g
黒糖(生地用) 25g
水 20ml
サラダ油 15ml
小麦粉 40g
レーズン お好みで(今回使ったのは20gくらい)
卵白 2個分
卵黄 2個

今回もダイソーで売っている紙型「シフォンケーキカップ4号/Φ13cm」に合わせた分量になります。

マーラーカオの作り方を見ると隠し味程度に醤油なども入るようですが、今回は無しにしました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:手作りお菓子 | GENRE:グルメ | TAGS:

にいつフードセンターの燕三条系背油醤油中華そばを食べてみました

「ラーメン王国」などと云われる事もある自県新潟。
その県央地域を代表するラーメンのひとつに「燕三条系背油醤油ラーメン」があります。

極太の麺に背油の浮いた濃厚スープが特徴の美味しいラーメン。

そんな背油醤油ラーメンを自宅でも食べられるという事で、今回はにいつフードセンターで買ってきた燕三条系背油醤油中華そばについて書いてみたいと思います。

にいつフードセンターとは、名前の通り新潟市は秋葉区の旧新津市を拠点に展開するローカルスーパーマーケット。
そちらの社長がラーメンブログをやっているほどのラーメン通らしく、そのこだわりを詰め込んだ独自のラーメンを発売していて、背油醤油ラーメンはその3弾との事。

スーパーに入店し、生麺のラーメンなどが置いてあるところを探してみると…ありました!

「燕三条系背油醤油中華そば」
価格は一食分一袋350円(税別)(2019年現在)
普通のインスタントラーメンと比べるとだいぶお高い感じがしますが、お店で食べる背油ラーメンの平均がだいたい700円くらいなのでその半分で食べられると思うとちょっとお得かな?
そして麺の茹で時間はなんと10分!
その時間を我慢できる者だけが食べられます(笑)





せっかくなので今回は、一緒に売っていたラーメン用メンマもトッピングします。

こちらも上の方ににいつフードセンターのロゴが入っているので独自商品のようですね。
ちなみに、「あっさりら~めん専用」と書いてあるのは買ってきてから気付きましたが、今回はそのまま使用します(笑)

あと写真には入れ忘れましたが、玉ねぎのみじん切りをトッピングに使います。





ラーメンの袋を開けてみると内容物はこんな感じ。

極太麺・スープ・背油、そしてパッケージの裏面には作り方がしっかりと記載されていました。
「○○なのじゃ!」口調の説明文が何ともユーモラスです。
こちらにも玉ねぎは必要不可欠なトッピングと書かれているので、食べる際はぜひ用意しましょう。
一応、極太麺の太さが伝わるかなと思い菜箸を横に置いてみましたが…微妙に分かりにくいですねf(^-^;)





作り方の手順に従って作っていき、トッピングを乗せて完成。

おお、お店で食べるそれっぽい!
チャーシューがあったらもっと良かったかな?





せっかくなのでラーメンライスで頂きます。

麺を食べてみると…ちょっとモソモソする感じ?
でもこれは自分の茹で加減のせいかもしれませんがf(^-^;)
それも含めたうえで個人的な好みだと、もう少し細めでもいいかな。
とはいえ極太麺の再現度はなかなかいいですね。

そしてスープ。
こちらは…すごい!美味い!
燕三条系背油ラーメンを謳った商品は他のメーカーからもカップ麺や乾燥麺のインスタントの物など数種類が発売されていますが、個人的にはこれが一番お店の味に近いというか、好みかも!

という事でズルズル~っとスープまで完食しました(^-^)

いやぁ、このレベルが家で食べられるのはなかなかいい!

にいつフードセンターは県央以北の下越地方にしか店舗が無くて自宅から最寄りでも車で片道30分の加茂店まで行かないと無いのでなかなか頻繁に買えないのが残念ですが、そっちの方面の山に行った帰りなんかにまた買って帰ろうかな~なんて思いました。


通販もできるようなので気になる人は食べてみてはいかがでしょうか(^-^)


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:ラーメン | GENRE:グルメ | TAGS:

バレンタインにガトーショコラを作りました

この記事をまとめるまでにずいぶん日が経ってしまいましたが、2月の14日といえばバレンタインデー。
という事で、久しぶりにチョコを使ったお菓子作りに挑戦してみました。

チョコを使ったお菓子、というと以前にも紹介した少ない材料で作るガトーショコラが思い浮かんだので今回もそれを作る事に。
前回は材料の分量も少なめで作ったので小ぶりで薄っぺらいものになったので、今回はほぼ倍量で作ってみる事にしました。

今回の分量としては、
・チョコレート 100g
・卵白 2個分
・卵黄 2個
・グラニュー糖(メレンゲ用) 約5g
・バター 約5g
・粉糖 少々
という感じですね。

作る手順や使用した道具については前回とほぼ同じなので詳しくはこちらを見て頂くとして割愛しますが、今回気づいた細かい所だけちょっと書いてみたいと思います。

メレンゲを作り、チョコを湯煎して卵黄・バターと混ぜる。
DSC_0391~2
前回チョコを湯煎した時に溶けたチョコが何だか塊のようになってしまいましたが、どうも湯煎するお湯の温度が高かったようで分離かなんかしていたようですねf(^-^;)
今回はあまり熱くし過ぎない程度(50~60℃くらい?)でやったら塊にならずにチョコを溶かせました。




そしてチョコ生地とメレンゲを混ぜたらバターを塗った型に流し入れて焼きへ。
今回、焼き時間をどのくらいだったかすっかり忘れていて、ドロッとしてて量も多いから30分くらいかな?と焼いてみました。

焼きあがってみると、やはりちょっと焼き過ぎたかな?といった印象。
食べた感じもちょっとパサッとしたかな~といった感じでしたね。





粉糖を振ると何となくそれっぽくなった気がします(笑)

ちょっと焼き過ぎはありましたが、やはりこのガトーショコラ、濃厚でおいしく、また前回より量を増やした事でよりギッシリした感じで満足感も高く食べられました。

ちなみにこの後にもう一度作るのに挑戦し、その時は焼き時間を22分ほどに減らし予熱~最初の10分は170℃、後の12分を160℃としてみたらしっとり感が増してよりおいしくなりました(*´ω`*)

少ない材料で手軽に作れるガトーショコラ、おススメです(^-^)



この辺と卵があればガトーショコラが簡単に作れます♪


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:手作りお菓子 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR